内田 明

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/06 17:45
 
アバター
研究者氏名
内田 明
 
ウチダ アキラ
eメール
uchidahappy.email.ne.jp
URL
http://d.hatena.ne.jp/uakira/
所属
独立研究者連盟
Twitter ID
uakira2

プロフィール

◉十九世紀日本の、文を綴る字と、描き文字、板本の文字、初期活字書体の関係に、興味を持っています。
◉産業史、デザイン史など多角的な観点から、近代日本語活字の歴史を追いかけています。

論文

 
近代日本の活字サイズ――活字規格の歴史性(付・近代書誌と活字研究)
内田 明
近代文献調査研究論集 第二輯   71-93   2017年3月
活字史研究書としての徳永直『光をかかぐる人々』に見られる達成
内田明
タイポグラフィ学会誌   (06) 9-27   2013年7月   [査読有り]

Misc

 
大正・昭和期の築地系本文活字書体
内田明
タイポグラフィ学会誌   (08) 57-65   2015年9月
近代日本語活字書体小史
内田明
アイデア   (368) 166-169   2014年12月   [依頼有り]
江川次之進の事績と江川活版製造所の変遷
江川活版製造所研究会
タイポグラフィ学会誌   (07) 8-67   2014年11月
活字サイズ一覧
内田明
アイデア   (367) 4-5   2014年10月   [依頼有り]
「日本語活字の文化誌」第6回「〈オールド感〉を計る」
内田明
アイデア   (361) 202-205   2013年10月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
『アイデア』368号「日本オルタナ精神譜」
誠文堂新光社   2014年12月   
『アイデア』367号「日本オルタナ文学誌」
誠文堂新光社   2014年10月   
活字印刷の文化史
小宮山博史、府川充男〔企画編集〕、張秀民、大内田貞郎、豊島正之、鈴木広光、小宮山博史、宮坂弥代生、佐賀一郎、劉賢国、孫明遠、内田明、小形克宏〔著〕 (担当:共著, 範囲:「築地体後期五号活字の出現時期と初期「アンチック」活字について」)
勉誠出版   2009年5月   ISBN:978-4-585-03218-2

講演・口頭発表等

 
活字と活字見本帳が語るもの
内田 明
「金属活字と明治の横浜」展示関連講座『活版印刷と横浜』   2018年5月26日   横浜開港資料館
日本語活字を読み込む [招待有り]
内田 明
連続セミナー「タイポグラフィの世界」6「金属活字考」   2018年1月27日   
近代日本の活字サイズ――神話的・「伝統的」・歴史的
内田明
2016年度立命館明治大正文化研究会   2016年12月23日   
めくるめく近代日本語活字の世界 [招待有り]
内田明
とうほくあきんどでざいん塾   2016年10月8日   
弘道軒清朝体活字の周辺 [招待有り]
内田明
女子美術大学所蔵 弘道軒清朝体活字の世界 シンポジウム   2014年9月27日