内林 俊洋

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/24 13:52
 
アバター
研究者氏名
内林 俊洋
 
ウチバヤシ トシヒロ
所属
東北大学
部署
情報科学研究科
職名
特任助教
学位
博士(九州産業大学)
科研費研究者番号
90615353

研究分野

 
 

経歴

 
2017年12月
 - 
現在
東北大学 情報科学研究科 特任助教
 
2016年4月
 - 
2017年11月
東北大学 電気通信研究所 教育研究支援者
 
2011年4月
 - 
2014年3月
九州産業大学 情報科学部 助手
 
2009年4月
 - 
2010年3月
九州産業大学 情報科学部 実習助手
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年3月
九州産業大学大学院 情報科学研究科 情報科学専攻 博士後期課程
 
2006年4月
 - 
2008年3月
九州産業大学大学院 情報科学研究科 情報科学専攻 博士前期課程
 
2002年4月
 - 
2006年3月
九州産業大学 情報科学部 社会情報システム学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
情報処理学会 DPS研究会  運営委員
 

受賞

 
2017年6月
European Conference on Networks and Communications 2017 (EuCNC 2017) Best Booth Award iKaaS (intelligent Knowledge as a Service)
受賞者: 清本 晋作,披田野 清良,橋本 和夫,村上 陽亮,橋 祐一,内林 俊洋
 

論文

 
Access Control for Cross-Border Transfer of Sensor Data
Seira Hidano, Shinsaku Kiyomoto, Abdur Rahim Biswas, Toshihiro Uchibayashi, and Takuo Suganuma
Communications in Computer and Information Science (CCIS)   797 143-153   2018年3月   [査読有り]
iKaaS ―プライバシーに配慮したIoT プラットフォーム―
内林 俊洋,門間 陽樹,新城 龍成,久保 孝嘉,橋 祐一,加藤 尚徳,披田野 清良,菅沼 拓夫,樋地 正浩,橋本 和夫,清本 晋作
電子情報通信学会和文論文B   J101-B(1) 3-15   2018年1月   [査読有り][招待有り]
Toshihiro Uchibayashi, Bernady O. Apduhan, and Norio Shiratori
Telecommunication Systems   55(1) 125-135   2014年1月   [査読有り]
Toshihiro Uchibayashi, Bernady O. Apduhan, Norio Shiratori, and Yoshihiro Yasutake
International Journal of Web Information Systems   9(4) 330-343   2013年10月   [査読有り]

Misc

 
On Embedding Backdoor in Malware Detectors Using Machine Learning
Shoichiro Sasaki, Seira Hidano, Toshihiro Uchibayashi, Takuo Suganuma, Masahiro Hiji, Shinsaku Kiyomoto
Proc. of the 17th Annual Conference on Privacy, Security and Trust (PST 2019)   300-304   2019年8月   [査読有り]
Policy Management Technique Using Blockchain for Cloud VM Migration
Toshihiro Uchibayashi, Bernady Apduhan, Takuo Suganuma, and Masahiro Hiji
Proc. Of the 4th IEEE Cyber Science and Technology Congress (CyberSciTech 2019)   360-362   2019年8月   [査読有り]
機械学習に対するバックドアの脅威:マルウェア検知を例として
佐々木 祥一朗, 披田野 清良, 内林 俊洋, 菅沼 拓夫, 樋地 正浩, 清本 晋作
2019年電子情報通信学会総合大会, 企画講演セッションAI-2「AIへの攻撃と対策~10年後の脅威に備える」      2019年3月   [査読有り][依頼有り]
機械学習を用いたマルウェア検知に対するバックドア埋め込み手法に関する一考察
佐々木 祥一朗, 披田野 清良, 内林 俊洋, 菅沼 拓夫, 樋地 正浩, 清本 晋作
2019年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2019)   3F2-1   2019年1月   [査読有り]
AR技術を用いた技能習得支援システムの設計と実装
古川 詩帆, 内林 俊洋, 阿部 亨, 菅沼 拓夫
第26回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2018)   156-159   2018年11月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
センサデータ収集クラウドプラットフォームを対象としたブロックチェーン技術を用いるデータ流通システムの研究開発に向けた調査研究
科学技術振興機構: COI若手連携研究ファンド デジタル分野・調査研究 (FS)
研究期間: 2018年12月 - 2019年3月    代表者: 内林 俊洋
コンテナ技術による災害復旧容易なシステム構成法の研究
東北大学: 平成30年度東北大学-NICTマッチング研究支援事業
研究期間: 2018年8月 - 2019年3月    代表者: 内林 俊洋
プライバシーに配慮した情報提供を可能にする高度知識集約プラットフォームの研究開発(iKaaS)
総務省: 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)(国際連携型)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 清本 晋作
持続的ハイブリッドクラウドインフラサービスのための拡張オントロジー発見システム
独立行政法人 日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: Apduhan Bernady
ポスト・セマンティック・グリッドにおけるオントロジー誂えのための柔軟な作業管理
独立行政法人 日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: B.O. Apduhan