基本情報

所属
東北大学 名誉教授
国立仙台高等専門学校 名誉教授
学位
工学博士(東北大学)

J-GLOBAL ID
201201092117613041

外部リンク

学歴
1970年3月 東北大学 工学部 電子工学科 卒業
1972年3月 東北大学 大学院工学研究科 電子工学専攻 修士課程修了
1975年3月 東北大学 大学院工学研究科 電子工学専攻 博士課程修了
(工学博士)

職歴
1975年4月 東北大学 工学部 電子工学科 助手
1982年8月 同 助教授
1989年5月 同 教授
1997年4月 東北大学 大学院工学研究科 電子工学専攻 教授に配置換え
2001年-2006年 JST地域結集型プロジェクト(青森県)研究統括
2002年-2007年 21世紀COE拠点リーダー
2004年11月―2006年3月 東北大学 大学院工学研究科 副研究科長
2006年4月 ―2009年3月 東北大学 大学院工学研究科 工学研究科長・工学部長
2006年4月 ―2009年3月 東北大学 経営協議会委員
2006年4月 ―2009年3月 東北大学 総長選考会議委員
2006年4月 ―2008年3月 東北大学 先進医工学研究機構(TUBERO)副機構長
2006年4月 ―2009年3月 東北大学 未来科学技術研究センター 運営委員
2006年4月 ―2009年3月 東北大学 金属材料研究所 運営協議会委員
2006年4月 ―2009年3月 東北大学 電気通信研究所 運営協議会委員
2008年4月 ―20010年3月 東北大学 ディスティングイッシュトプロフェッサー
2010年3月 東北大学退職
2010年4月 国立仙台高等専門学校 校長
2013年4月 国立高等専門学校機構 理事
2016年3月 退職

研究歴
1974年4月~1975年3月 化合物半導体に関する研究
1975年4月~現在 液晶の諸物性、ディスプレイ、色度学、光コンピューティング、オプトエレクトロニクスデバイス等に関する研究

研究業績
液晶ディスプレイの黎明期に研究を開始し、有機物でしかも液体という電子工学材料としては未踏の分野に挑戦して以下のような成果をあげている。
(1)液晶分子の配向機構の解明ならびにその制御手法を確立し、液晶ディスプレイの実用化の基盤を形成。
(2)液晶ディスプレイの高性能化の研究を行い、カラー化方式、反射型方式、広視野角・高速液晶ディスプレイ等の考案・開発を行い、液晶ディスプレイの発展に貢献。

受賞
1985年 7月 第13回テレビジョン学会鈴木記念賞「ゲスト・ホスト型液晶セルの特性」
1986年 3月 第32回大河内記念技術賞「ゲスト・ホスト型二層式大型カラー液晶表示器の開発と量産化」
1986年 4月 第28回科学技術庁長官賞・科学技術功労者賞「ゲスト・ホスト型二層式カラー液晶表示の開発」
1987年 5月 第27回テレビジョン学会丹羽高柳賞・論文賞「反射型マルチカラー液晶ディスプレイ」
1988年 5月 Society for Information Display・Special Recognition Award (米国情報表示学会・特別業績賞)「For his important contributions to liquid crystal display technology, especially his development of technology for full color displays(液晶ディスプレイ技術、特にフルカラーディスプレイ技術の開発への重要な貢献)」
1990年 5月 Society for Information Display "1989 International Symposium Best Paper Award"(米国情報表示学1989年国際シンポジウム・ベスト論文賞)「Homeotropic alignment Full-Color LCD (ホメオトロピック配向フルカラー液晶ディスプレイ)」
1990年 5月 第31回テレビジョン学会・丹羽高柳賞・業績賞「高画質フルカラー液晶ディスプレイの基礎技術の確立」
1993年 4月 新技術開発財団・市村賞(貢献賞)「カラー液晶ディスプレイの考案と開発」
1994年 5月 Society for Information Display Fellow (米国情報表示学会フェロー)「For his important contributions to the theory and technology of liquid crystal displays, and for his leadership in the display community(液晶ディスプレイの理論と技術への重要な貢献およびディスプレイ学会におけるリーダーシップ」
2001年 7月 科学技術振興事業団・井上春成賞「超低消費電力反射型カラー液晶ディスプレイ」
2001年 9月 日本液晶学会・業績賞「液晶ディスプレイに関する技術および産業発展への貢献」
2003年 9月 電子情報通信学会・フェロー「液晶の分子配向機構の解明と制御およびカラー液晶ディスプレイの開発における極めて顕著な功績」
2004年 5月 Society for Information Display・Jan Rajchman Prize(米国情報表示学会・Jan Rajchman賞)「For his outstanding contributions to the science of liquid-crystal molecular alignment and the technology of high-performance LCDs(液晶ディスプレイの分子配向および高性能化技術への極めて顕著な貢献)」
2005年 4月 文部科学大臣表彰・科学技術賞・理解増進部門「サイエンスサマースクール開催による地域理科教育の普及啓発」
2005年 6月 内閣府産学官連携功労者表彰・文部科学大臣賞「超低電力反射型カラー液晶ディスプレイの開発」
2007年 5月 映像情報メディア学会・フェロー「映像情報メディア分野における業績及び貢献」
2008年 5月 Society for Information Display・Slottow-Owaki Prize(米国情報表示学会・Slottow-Owaki 賞)「For his remarkable contributions to the education of students and company researches in the field of liquid-crystal displays(液晶ディスプレイの分野における学生および企業の研究者の教育に関する顕著な貢献)」
2009年 5月 電子情報通信学会・業績賞「広視野角・高速液晶ディスプレイモードの研究開発およびその高精細フルハイビジョン液晶ディスプレイヘの応用」
2010年 1月 第59回河北文化賞「液晶の基礎研究おおよび高性能液晶ディスプレイの開発」
2013年 5月 映像情報メディア学会 丹羽高柳賞・功績賞「液晶ディスプレイの研究開発および画像表示技術の発展に対する貢献」
2013年 5月 映像情報メディア学会 名誉会員
2014年 3月 日本放送協会放送文化賞「液晶材料の基礎研究からデバイス開発まで表示分野の研究を長年にわたり先導し、大画面 ・高画質のハイビジョン液晶ディスプレイの実現に多大なる貢献を行った。特に、液晶ディスプレイ開発の草分けの一人として国際的にも指導的な役割を果たしてきた。」
2016年 9月 日本液晶学会・功績賞「カラー液晶ディスプレイ開発に対する様々な貢献」
2017年 1月 高柳健次郎賞「液晶の基礎物性の解明および高品位カラーテレビの研究開発に対する貢献」
2018年9月 日本液晶学会名誉会員

学会役員等
1) Society for Information Display 日本支部評議員 (1986年8月~現在)
2) The 9th International Display Research Conference (Japan Display)
プログラム委員会副委員長(1987年5月~1989年10月)
3) 液晶討論会世話人 (1987年5月~1997年10月)
4) The 12th International Display Research Conference (Japan Display)プログラム委員長(1990年5月~1992年10月)
5) テレビジョン学会評議員(1993年5月~1995年5月)
6) AM-LCD 国際会議プログラム副委員長(1993年~1994年)
7) AM-LCD 国際会議実行副委員長(1994年~1995年)
8) 電子情報通信学会電子ディスプレイ研究会副委員長 (1995年5月~1997年5月)
9) The 18th International Liquid Crystal Conference 実行委員長
(1996年10月~2000年7月)
10) The International Display Workshops プログラム委員長 (1996年11月~1997年11月)
11) 電子情報通信学会電子ディスプレイ研究会委員長 (1997年5月~1999年5月)
12) 映像情報メディア学会評議員 (1997年5月~1999年5月)
13) 日本液晶学会理事(1997年10月~1999年10月)
14) International Liquid Crystal Society 選賞委員(1998年~)
15) AM-LCD 国際会議副組織委員長(1999年~2000年)
16) 応用物理学会理事(2001年4月~2003年3月)
17) 映像メディア学会情報ディスプレイ研究会委員長(2001年5月~2003年5月)
18) 映像情報メディア学会評議員 (2002年5月~2004年5月)
19) International Liquid Crystal Society Board member(2002年~)
20) The International Display Workshops 組織委員長 (2002年12月~2003年12月)
21) 応用物理学会評議員(2003年4月~2008年3月)
22) 映像情報メディア学会 東北支部長(2003年5月~2004年5月)
23) 映像情報メディア学会 副会長(2004年5月~2006年5月)
24) 映像情報メディア学会評議員 (2006年5月~2008年5月)
25) 日本液晶学会 副会長(2007年1月~2007年12月)
26) 日本液晶学会 会長(2008年1月~2008年12月)
27) 映像情報メディア学会評議員 (2009年5月~2011年5月)
28) 映像情報メディア学会会長 (2011年5月~2012年5月)

経歴

  3

MISC

  413