Satoshi Uematsu

J-GLOBAL         Last updated: May 11, 2019 at 11:29
 
Avatar
Name
Satoshi Uematsu
E-mail
uematsu.satoshimed.osaka-cu.ac.jp
Affiliation
Osaka City University
Research funding number
50379088

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Aug 2018
 - 
Today
Professor, Immunology and Genomics, Osaka City University Graduate School of Medicine
 
Jun 2012
 - 
Today
Project Professor,, Division of Innate Immune Regulation, International Research and Development Center for Mucosal Vaccines, Institute of Medical Science, The University of Tokyo
 
Jun 2014
 - 
Jul 2018
Professor, Department of Mucosal Immunology, Graduate School of Medicine and School of Medicine, Chiba University
 
Nov 2009
 - 
May 2012
Associate Professor, Laboratory of Host Defense,, Immunology Frontier Research Center, Osaka University
 
Apr 2005
 - 
Oct 2009
Assistant Professor, Department of Host Defense, Research Institute for Microbial Diseases, Osaka University
 
Apr 2004
 - 
Mar 2005
Research Assistant, Department of Host Defense, Research Institute for Microbial Diseases, Osaka University
 
Apr 2003
 - 
Mar 2004
Research Fellow (DC2), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)
 
May 1997
 - 
Mar 1999
Residency of Medical Doctor, Internal Medicine II, Hospital of Osaka City University Medical School
 

Education

 
Apr 2000
 - 
Mar 2004
Graduate School of Medicine, Osaka University
 
Apr 1991
 - 
Mar 1997
Medical School, Osaka City University
 

Awards & Honors

 
Nov 2009
The fourth award of JSI Young Investigator, Japanese Society of Immunology
 

Published Papers

 
Ikeda-Matsuo Y, Miyata H, Mizoguchi T, Ohama E, Naito Y, Uematsu S, Akira S, Sasaki Y, Tanabe M
Neurobiology of disease   124 81-92   Apr 2019   [Refereed]
Komine O, Yamashita H, Fujimori-Tonou N, Koike M, Jin S, Moriwaki Y, Endo F, Watanabe S, Uematsu S, Akira S, Uchiyama Y, Takahashi R, Misawa H, Yamanaka K
Cell death and differentiation   25(12) 2130-2146   Dec 2018   [Refereed]
Lee EY, Zhang X, Miyamoto J, Kimura I, Taknaka T, Furusawa K, Jomori T, Fujimoto K, Uematsu S, Miki T
The Journal of endocrinology   239(3) 267-276   Dec 2018   [Refereed]
Yamamoto T, Endo Y, Onodera A, Hirahara K, Asou HK, Nakajima T, Kanno T, Ouchi Y, Uematsu S, Nishimasu H, Nureki O, Tumes DJ, Shimojo N, Nakayama T
Nature communications   9(1) 4231   Oct 2018   [Refereed]
Nishizawa N, Ito Y, Eshima K, Ohkubo H, Kojo K, Inoue T, Raouf J, Jakobsson PJ, Uematsu S, Akira S, Narumiya S, Watanabe M, Majima M
Journal of hepatology   69(1) 110-120   Jul 2018   [Refereed]
Usui Y, Kimura Y, Satoh T, Takemura N, Ouchi Y, Ohmiya H, Kobayashi K, Suzuki H, Koyama S, Hagiwara S, Tanaka H, Imoto S, Eberl G, Asami Y, Fujimoto K, Uematsu S
International immunology   30(7) 319-331   Jun 2018   [Refereed]
Ouchi Y, Patil A, Tamura Y, Nishimasu H, Negishi A, Paul SK, Takemura N, Satoh T, Kimura Y, Kurachi M, Nureki O, Nakai K, Kiyono H, Uematsu S
International immunology   30(4) 141-154   Apr 2018   [Refereed]
Takemura N, Kurashima Y, Mori Y, Okada K, Ogino T, Osawa H, Matsuno H, Aayam L, Kaneto S, Park EJ, Sato S, Matsunaga K, Tamura Y, Ouchi Y, Kumagai Y, Kobayashi D, Suzuki Y, Yoshioka Y, Nishimura J, Mori M, Ishii KJ, Rothenberg ME, Kiyono H, Akira S, Uematsu S
Science translational medicine   10(429)    Feb 2018   [Refereed]
Takahashi Y, Sato S, Kurashima Y, Yamamoto T, Kurokawa S, Yuki Y, Takemura N, Uematsu S, Lai CY, Otsu M, Matsuno H, Osawa H, Mizushima T, Nishimura J, Hayashi M, Yamaguchi T, Kiyono H
Stem cell reports   10(1) 314-328   Jan 2018   [Refereed]
Flores-Langarica A, Cook C, Müller Luda K, Persson EK, Marshall JL, Beristain-Covarrubias N, Yam-Puc JC, Dahlgren M, Persson JJ, Uematsu S, Akira S, Henderson IR, Lindbom BJ, Agace W, Cunningham AF
Frontiers in immunology   9 2409   2018   [Refereed]
Koyanagi N, Imai T, Shindo K, Sato A, Fujii W, Ichinohe T, Takemura N, Kakuta S, Uematsu S, Kiyono H, Maruzuru Y, Arii J, Kato A, Kawaguchi Y
The Journal of clinical investigation   127(10) 3784-3795   Oct 2017   [Refereed]
Eri T, Kawahata K, Kanzaki T, Imamura M, Michishita K, Akahira L, Bannai E, Yoshikawa N, Kimura Y, Satoh T, Uematsu S, Tanaka H, Yamamoto K
Scientific reports   7 46037   Apr 2017   [Refereed]
Kawano Y, Fukui C, Shinohara M, Wakahashi K, Ishii S, Suzuki T, Sato M, Asada N, Kawano H, Minagawa K, Sada A, Furuyashiki T, Uematsu S, Akira S, Uede T, Narumiya S, Matsui T, Katayama Y
Blood   129(5) 587-597   Feb 2017   [Refereed]
Kurashima Y, Yamamoto D, Nelson S, Uematsu S, Ernst PB, Nakayama T, Kiyono H
Frontiers in immunology   8 1787   2017   [Refereed]
Kuroda E, Ozasa K, Temizoz B, Ohata K, Koo CX, Kanuma T, Kusakabe T, Kobari S, Horie M, Morimoto Y, Nakajima S, Kabashima K, Ziegler SF, Iwakura Y, Ise W, Kurosaki T, Nagatake T, Kunisawa J, Takemura N, Uematsu S, Hayashi M, Aoshi T, Kobiyama K, Coban C, Ishii KJ
Immunity   45(6) 1299-1310   Dec 2016   [Refereed]
Goto Y, Uematsu S, Kiyono H
Nature immunology   17(11) 1244-1251   Oct 2016   [Refereed]
Maruzuru Y, Koyanagi N, Takemura N, Uematsu S, Matsubara D, Suzuki Y, Arii J, Kato A, Kawaguchi Y
Journal of virology   90(15) 6738-6745   Aug 2016   [Refereed]
Takemura N, Uematsu S
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1422 181-188   2016   [Refereed]
Matsuda H, Hosono K, Tsuru S, Kurashige C, Sekiguchi K, Akira S, Uematsu S, Okamoto H, Majima M
Life sciences   142 1-7   Dec 2015   [Refereed]
Inada M, Takita M, Yokoyama S, Watanabe K, Tominari T, Matsumoto C, Hirata M, Maru Y, Maruyama T, Sugimoto Y, Narumiya S, Uematsu S, Akira S, Murphy G, Nagase H, Miyaura C
The Journal of biological chemistry   290(50) 29781-29793   Dec 2015   [Refereed]
Flores-Langarica A, Bobat S, Marshall JL, Yam-Puc JC, Cook CN, Serre K, Kingsley RA, Flores-Romo L, Uematsu S, Akira S, Henderson IR, Toellner KM, Cunningham AF
European journal of immunology   45(8) 2299-2311   Aug 2015   [Refereed]
Maruyama K, Fukasaka M, Uematsu S, Takeuchi O, Kondo T, Saitoh T, Martino MM, Akira S
The Journal of biological chemistry   290(15) 9377-9386   Apr 2015   [Refereed]
Atif SM, Lee SJ, Li LX, Uematsu S, Akira S, Gorjestani S, Lin X, Schweighoffer E, Tybulewicz VL, McSorley SJ
European journal of immunology   45(2) 513-524   Feb 2015   [Refereed]
Reynolds LA, Harcus Y, Smith KA, Webb LM, Hewitson JP, Ross EA, Brown S, Uematsu S, Akira S, Gray D, Gray M, MacDonald AS, Cunningham AF, Maizels RM
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   193(6) 2984-2993   Sep 2014   [Refereed]
Goto Y, Obata T, Kunisawa J, Sato S, Ivanov II, Lamichhane A, Takeyama N, Kamioka M, Sakamoto M, Matsuki T, Setoyama H, Imaoka A, Uematsu S, Akira S, Domino SE, Kulig P, Becher B, Renauld JC, Sasakawa C, Umesaki Y, Benno Y, Kiyono H
Science (New York, N.Y.)   345(6202) 1254009   Sep 2014   [Refereed]
Takemura N, Kawasaki T, Kunisawa J, Sato S, Lamichhane A, Kobiyama K, Aoshi T, Ito J, Mizuguchi K, Karuppuchamy T, Matsunaga K, Miyatake S, Mori N, Tsujimura T, Satoh T, Kumagai Y, Kawai T, Standley DM, Ishii KJ, Kiyono H, Akira S, Uematsu S
Nature communications   5 3492   Mar 2014   [Refereed]
Schülke S, Wolfheimer S, Gadermaier G, Wangorsch A, Siebeneicher S, Briza P, Spreitzer I, Schiller D, Loeschner B, Uematsu S, Ryffel B, Akira S, Waibler Z, Vieths S, Toda M, Scheurer S
PloS one   9(2) e87822   2014   [Refereed]
Ogino T, Nishimura J, Barman S, Kayama H, Uematsu S, Okuzaki D, Osawa H, Haraguchi N, Uemura M, Hata T, Takemasa I, Mizushima T, Yamamoto H, Takeda K, Doki Y, Mori M
Gastroenterology   145(6) 1380-91.e1   Dec 2013   [Refereed]
Sugita K, Ikenouchi-Sugita A, Nakayama Y, Yoshioka H, Nomura T, Sakabe J, Nakahigashi K, Kuroda E, Uematsu S, Nakamura J, Akira S, Nakamura M, Narumiya S, Miyachi Y, Tokura Y, Kabashima K
Scientific reports   3 2973   Oct 2013   [Refereed]
Nyström S, Bråve A, Falkeborn T, Devito C, Rissiek B, Johansson DX, Schröder U, Uematsu S, Akira S, Hinkula J, Applequist SE
Vaccines   1(4) 415-443   Sep 2013   [Refereed]
Maruyama K, Uematsu S, Kondo T, Takeuchi O, Martino MM, Kawasaki T, Akira S
The Journal of experimental medicine   210(10) 1947-1960   Sep 2013   [Refereed]
Nguyen CT, Hong SH, Sin JI, Vu HV, Jeong K, Cho KO, Uematsu S, Akira S, Lee SE, Rhee JH
Vaccine   31(37) 3879-3887   Aug 2013   [Refereed]
Akitake Y, Nakatani Y, Kamei D, Hosokawa M, Akatsu H, Uematsu S, Akira S, Kudo I, Hara S, Takahashi M
Journal of neuroscience research   91(7) 909-919   Jul 2013   [Refereed]
Fujiwara N, Porcelli SA, Naka T, Yano I, Maeda S, Kuwata H, Akira S, Uematsu S, Takii T, Ogura H, Kobayashi K
Biochimica et biophysica acta   1831(6) 1177-1184   Jun 2013   [Refereed]
Fukasaka M, Ori D, Kawagoe T, Uematsu S, Maruyama K, Okazaki T, Kozaki T, Imamura T, Tartey S, Mino T, Satoh T, Akira S, Takeuchi O
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   190(11) 5702-5711   Jun 2013   [Refereed]
Kawashima T, Kosaka A, Yan H, Guo Z, Uchiyama R, Fukui R, Kaneko D, Kumagai Y, You DJ, Carreras J, Uematsu S, Jang MH, Takeuchi O, Kaisho T, Akira S, Miyake K, Tsutsui H, Saito T, Nishimura I, Tsuji NM
Immunity   38(6) 1187-1197   Jun 2013   [Refereed]
Kaiko GE, Loh Z, Spann K, Lynch JP, Lalwani A, Zheng Z, Davidson S, Uematsu S, Akira S, Hayball J, Diener KR, Baines KJ, Simpson JL, Foster PS, Phipps S
The Journal of allergy and clinical immunology   131(5) 1331-9.e10   May 2013   [Refereed]
Cording S, Fleissner D, Heimesaat MM, Bereswill S, Loddenkemper C, Uematsu S, Akira S, Hamann A, Huehn J
European journal of microbiology & immunology   3(1) 1-10   Mar 2013   [Refereed]
Takeuchi C, Matsumoto Y, Kohyama K, Uematsu S, Akira S, Yamagata K, Takemiya T
Neurochemistry international   62(3) 271-280   Feb 2013   [Refereed]
Flores-Langarica A, Marshall JL, Hitchcock J, Cook C, Jobanputra J, Bobat S, Ross EA, Coughlan RE, Henderson IR, Uematsu S, Akira S, Cunningham AF
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   189(12) 5745-5754   Dec 2012   [Refereed]
Shibata T, Takemura N, Motoi Y, Goto Y, Karuppuchamy T, Izawa K, Li X, Akashi-Takamura S, Tanimura N, Kunisawa J, Kiyono H, Akira S, Kitamura T, Kitaura J, Uematsu S, Miyake K
International immunology   24(10) 613-623   Oct 2012   [Refereed]
Kuroki Y, Sasaki Y, Kamei D, Akitake Y, Takahashi M, Uematsu S, Akira S, Nakatani Y, Kudo I, Hara S
Biochemical and biophysical research communications   424(3) 409-413   Aug 2012   [Refereed]
Chucair-Elliott AJ, Elliott MH, Wang J, Moiseyev GP, Ma JX, Politi LE, Rotstein NP, Akira S, Uematsu S, Ash JD
The Journal of biological chemistry   287(29) 24092-24102   Jul 2012   [Refereed]
Yoshioka W, Aida-Yasuoka K, Fujisawa N, Kawaguchi T, Ohsako S, Hara S, Uematsu S, Akira S, Tohyama C
Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology   127(2) 547-554   Jun 2012   [Refereed]
Kreutz M, Giquel B, Hu Q, Abuknesha R, Uematsu S, Akira S, Nestle FO, Diebold SS
PloS one   7(7) e40208   2012   [Refereed]
Moreira AP, Cavassani KA, Ismailoglu UB, Hullinger R, Dunleavy MP, Knight DA, Kunkel SL, Uematsu S, Akira S, Hogaboam CM
The Journal of clinical investigation   121(11) 4420-4432   Nov 2011   [Refereed]
Fujimoto K, Karuppuchamy T, Takemura N, Shimohigoshi M, Machida T, Haseda Y, Aoshi T, Ishii KJ, Akira S, Uematsu S
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   186(11) 6287-6295   Jun 2011   [Refereed]
Letran SE, Lee SJ, Atif SM, Flores-Langarica A, Uematsu S, Akira S, Cunningham AF, McSorley SJ
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   186(9) 5406-5412   May 2011   [Refereed]
Davidson S, Kaiko G, Loh Z, Lalwani A, Zhang V, Spann K, Foo SY, Hansbro N, Uematsu S, Akira S, Matthaei KI, Rosenberg HF, Foster PS, Phipps S
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   186(10) 5938-5948   May 2011   [Refereed]
Lousberg EL, Diener KR, Fraser CK, Phipps S, Foster PS, Chen W, Uematsu S, Akira S, Robertson SA, Brown MP, Hayball JD
Journal of virology   85(7) 3385-3396   Apr 2011   [Refereed]
Isono M, Suzuki T, Hosono K, Hayashi I, Sakagami H, Uematsu S, Akira S, DeClerck YA, Okamoto H, Majima M
Life sciences   88(15-16) 693-700   Apr 2011   [Refereed]
Kuroda E, Ishii KJ, Uematsu S, Ohata K, Coban C, Akira S, Aritake K, Urade Y, Morimoto Y
Immunity   34(4) 514-526   Apr 2011   [Refereed]
Takemiya T, Matsumura K, Sugiura H, Yasuda S, Uematsu S, Akira S, Yamagata K
Neurochemistry international   58(4) 489-496   Mar 2011   [Refereed]
Saitoh T, Satoh T, Yamamoto N, Uematsu S, Takeuchi O, Kawai T, Akira S
Immunity   34(3) 352-363   Mar 2011   [Refereed]
Numao A, Hosono K, Suzuki T, Hayashi I, Uematsu S, Akira S, Ogino Y, Kawauchi H, Unno N, Majima M
Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie   65(1) 77-84   Feb 2011   [Refereed]
Seo SU, Kwon HJ, Ko HJ, Byun YH, Seong BL, Uematsu S, Akira S, Kweon MN
PLoS pathogens   7(2) e1001304   Feb 2011   [Refereed]
Paveglio SA, Allard J, Foster Hodgkins SR, Ather JL, Bevelander M, Campbell JM, Whittaker LeClair LA, McCarthy SM, van der Vliet A, Suratt BT, Boyson JE, Uematsu S, Akira S, Poynter ME
American journal of respiratory cell and molecular biology   44(1) 11-23   Jan 2011   [Refereed]
Letran SE, Lee SJ, Atif SM, Uematsu S, Akira S, McSorley SJ
European journal of immunology   41(1) 29-38   Jan 2011   [Refereed]
Marre ML, Darcy CT, Yinh J, Akira S, Uematsu S, Steere AC, Hu LT
Infection and immunity   78(12) 5307-5313   Dec 2010   [Refereed]
Ae T, Ohno T, Hattori Y, Suzuki T, Hosono K, Minamino T, Sato T, Uematsu S, Akira S, Koizumi W, Majima M
American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology   299(5) G1139-46   Nov 2010   [Refereed]
Abe Y, Kawakami A, Osaka M, Uematsu S, Akira S, Shimokado K, Sacks FM, Yoshida M
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   30(11) 2242-2248   Nov 2010   [Refereed]
Uematsu S, Fujimoto K
Microbiology and immunology   54(11) 645-657   Nov 2010   [Refereed]
Suram S, Gangelhoff TA, Taylor PR, Rosas M, Brown GD, Bonventre JV, Akira S, Uematsu S, Williams DL, Murphy RC, Leslie CC
The Journal of biological chemistry   285(40) 30676-30685   Oct 2010   [Refereed]
Kamata H, Hosono K, Suzuki T, Ogawa Y, Kubo H, Katoh H, Ito Y, Uematsu S, Akira S, Watanabe M, Majima M
Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie   64(6) 409-416   Jul 2010   [Refereed]
Pan ZJ, Maier S, Schwarz K, Azbill J, Akira S, Uematsu S, Farris AD
Annals of the rheumatic diseases   69(6) 1195-1199   Jun 2010   [Refereed]
Santiago-Raber ML, Dunand-Sauthier I, Wu T, Li QZ, Uematsu S, Akira S, Reith W, Mohan C, Kotzin BL, Izui S
Journal of autoimmunity   34(4) 339-348   Jun 2010   [Refereed]
Fong DJ, Hogaboam CM, Matsuno Y, Akira S, Uematsu S, Joshi AD
Immunology   130(1) 125-136   May 2010   [Refereed]
Toma C, Higa N, Koizumi Y, Nakasone N, Ogura Y, McCoy AJ, Franchi L, Uematsu S, Sagara J, Taniguchi S, Tsutsui H, Akira S, Tschopp J, Núñez G, Suzuki T
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   184(9) 5287-5297   May 2010   [Refereed]
Rajagopal D, Paturel C, Morel Y, Uematsu S, Akira S, Diebold SS
Blood   115(10) 1949-1957   Mar 2010   [Refereed]
Takemiya T, Matsumura K, Sugiura H, Maehara M, Yasuda S, Uematsu S, Akira S, Yamagata K
Journal of neuroscience research   88(2) 381-390   Feb 2010   [Refereed]
Burns E, Eliyahu T, Uematsu S, Akira S, Nussbaum G
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   184(3) 1455-1462   Feb 2010   [Refereed]
Lundequist A, Nallamshetty SN, Xing W, Feng C, Laidlaw TM, Uematsu S, Akira S, Boyce JA
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   184(1) 433-441   Jan 2010   [Refereed]
Kamei D, Murakami M, Sasaki Y, Nakatani Y, Majima M, Ishikawa Y, Ishii T, Uematsu S, Akira S, Hara S, Kudo I
The Biochemical journal   425(2) 361-371   Dec 2009   [Refereed]
Kihara Y, Matsushita T, Kita Y, Uematsu S, Akira S, Kira J, Ishii S, Shimizu T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106(51) 21807-21812   Dec 2009   [Refereed]
Abe T, Kaname Y, Wen X, Tani H, Moriishi K, Uematsu S, Takeuchi O, Ishii KJ, Kawai T, Akira S, Matsuura Y
Journal of virology   83(15) 7629-7640   Aug 2009   [Refereed]
Tirapu I, Giquel B, Alexopoulou L, Uematsu S, Flavell R, Akira S, Diebold SS
International immunology   21(7) 871-879   Jul 2009   [Refereed]
Shin OS, Miller LS, Modlin RL, Akira S, Uematsu S, Hu LT
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   183(1) 491-498   Jul 2009   [Refereed]
Kayama H, Koga R, Atarashi K, Okuyama M, Kimura T, Mak TW, Uematsu S, Akira S, Takayanagi H, Honda K, Yamamoto M, Takeda K
PLoS pathogens   5(7) e1000514   Jul 2009   [Refereed]
Janot L, Sirard JC, Secher T, Noulin N, Fick L, Akira S, Uematsu S, Didierlaurent A, Hussell T, Ryffel B, Erard F
European journal of immunology   39(6) 1587-1596   Jun 2009   [Refereed]
[TLR5+ DC-mediated immune response to bacterial infection in the intestine].
Uematsu S
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   54(8 Suppl) 1020-1026   Jun 2009   [Refereed]
Bates JT, Uematsu S, Akira S, Mizel SB
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   182(12) 7539-7547   Jun 2009   [Refereed]
Ueta M, Uematsu S, Akira S, Kinoshita S
The Journal of allergy and clinical immunology   123(5) 1187-1189   May 2009   [Refereed]
Amiel E, Alonso A, Uematsu S, Akira S, Poynter ME, Berwin B
Journal of leukocyte biology   85(4) 595-605   Apr 2009   [Refereed]
Puliti M, Uematsu S, Akira S, Bistoni F, Tissi L
Infection and immunity   77(4) 1524-1531   Apr 2009   [Refereed]
Allard JB, Rinaldi L, Wargo MJ, Allen G, Akira S, Uematsu S, Poynter ME, Hogan DA, Rincon M, Whittaker LA
European journal of immunology   39(3) 776-788   Mar 2009   [Refereed]
Sanders CJ, Franchi L, Yarovinsky F, Uematsu S, Akira S, Núñez G, Gewirtz AT
European journal of immunology   39(2) 359-371   Feb 2009   [Refereed]
Kim JH, Kim SJ, Lee IS, Lee MS, Uematsu S, Akira S, Oh KI
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   182(4) 2458-2466   Feb 2009   [Refereed]
Uematsu S, Akira S
Journal of gastroenterology   44(8) 803-811   2009   [Refereed]
Kawakami A, Osaka M, Aikawa M, Uematsu S, Akira S, Libby P, Shimokado K, Sacks FM, Yoshida M
Circulation research   103(12) 1402-1409   Dec 2008   [Refereed]
Sheahan T, Morrison TE, Funkhouser W, Uematsu S, Akira S, Baric RS, Heise MT
PLoS pathogens   4(12) e1000240   Dec 2008   [Refereed]
Baragatti B, Sodini D, Uematsu S, Coceani F
Pediatric research   64(5) 523-527   Nov 2008   [Refereed]
Saitoh T, Fujita N, Jang MH, Uematsu S, Yang BG, Satoh T, Omori H, Noda T, Yamamoto N, Komatsu M, Tanaka K, Kawai T, Tsujimura T, Takeuchi O, Yoshimori T, Akira S
Nature   456(7219) 264-268   Nov 2008   [Refereed]
Zhu Q, Egelston C, Vivekanandhan A, Uematsu S, Akira S, Klinman DM, Belyakov IM, Berzofsky JA
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   105(42) 16260-16265   Oct 2008   [Refereed]
Uematsu S, Fujimoto K, Jang MH, Yang BG, Jung YJ, Nishiyama M, Sato S, Tsujimura T, Yamamoto M, Yokota Y, Kiyono H, Miyasaka M, Ishii KJ, Akira S
Nature immunology   9(7) 769-776   Jul 2008   [Refereed]
Evidence for genes in addition to Tlr7 in the Yaa translocation linked with acceleration of systemic lupus erythematosus.
Santiago-Raber ML, Kikuchi S, Borel P, Uematsu S, Akira S, Kotzin BL, Izui S
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   181(2) 1556-1562   Jul 2008   [Refereed]
Shin OS, Isberg RR, Akira S, Uematsu S, Behera AK, Hu LT
Infection and immunity   76(6) 2341-2351   Jun 2008   [Refereed]
Zhang B, Ramesh G, Uematsu S, Akira S, Reeves WB
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   19(5) 923-932   May 2008   [Refereed]
Hirata N, Yanagawa Y, Ebihara T, Seya T, Uematsu S, Akira S, Hayashi F, Iwabuchi K, Onoé K
Molecular immunology   45(10) 2734-2742   May 2008   [Refereed]
Cutting edge: Overlapping functions of TLR7 and TLR9 for innate defense against a herpesvirus infection.
Zucchini N, Bessou G, Traub S, Robbins SH, Uematsu S, Akira S, Alexopoulou L, Dalod M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   180(9) 5799-5803   May 2008   [Refereed]
Vijay-Kumar M, Aitken JD, Kumar A, Neish AS, Uematsu S, Akira S, Gewirtz AT
Infection and immunity   76(3) 1276-1281   Mar 2008   [Refereed]

Misc

 
好酸球除去による放射線誘導性腸線維症の新規治療戦略
植松 智
臨床免疫・アレルギー科   71(1) 71-77   Jan 2019
腸管の自然免疫機構と疾患制御法の開発
植松 智
大阪市医学会雑誌   67 1-6   Dec 2018
消化管は、侵入してくる病原微生物に対しては免疫応答を誘導して、適切に排除する。一方、食餌成分や常在細菌に対しては免疫寛容を誘導して過剰な免疫応答を起こさないようにしている。腸管粘膜固有層には、樹状細胞やマクロファージ、好酸球といった自然免疫細胞が存在し、腸管バリア機構の重要な役割を担っている。それらの免疫細胞は、自然免疫応答を通じて腸管免疫を制御していることが近年明らかとなってきた。例えば、腸管粘膜固有層の樹状細胞は、粘膜面の防御機構として非常に重要な免疫グロブリンA(immunoglob...
リンパ学の明日を探る〜免疫学領域 好酸球と筋線維芽細胞の相互作用は、放射線誘導性腸線維症に必須の役割を果たす
植松 智
リンパ学   41(2) 92-95   Dec 2018
がん進展に関わる腸内フローラの役割 腸管におけるウイルス叢の解析(The role of intestinal microbiota in cancer progression Virome analysis in intestine)
植松 智
日本癌学会総会記事   77回 81-81   Sep 2018
好酸球を標的とした放射線誘導性腸線維症の新規治療戦略
植松 智, 武村 直紀
放射線生物研究   53(2) 95-103   Jun 2018
放射線誘導性腸線維症(Radiation-induced intestinal fibrosis;RIF)は、腹部の放射線治療後に見られる重篤な合併症である。その治療を目的として病因の解析を進めた。まず、マウス腹部への放射線照射は、小腸の粘膜下組織に好酸球を過剰に蓄積させてRIFを引き起すことを示した。一方、好酸球欠損マウスでは、放射線照射後のRIFは顕著に抑制されることから好酸球の寄与が示唆された。照射による慢性の陰窩細胞死は、細胞外アデノシン三リン酸の遊離を促し、粘膜下組織の筋線維芽細...
リンパ系を多面的に解く リンパ球と免疫 腸管樹状細胞と粘膜ワクチンの開発
植松 智
リンパ学   41(1) 25-30   Jun 2018
【自然免疫の最前線】 内因性リガンドによる自然免疫系の活性化 腸管バリア機構と自然免疫
藤本 康介, 植松 智
医学のあゆみ   265(13) 1198-1203   Jun 2018
食べ物や微生物との接触をたえず避けることのできない消化管は、宿主が危険にさらされる病原微生物に対しては適切に排除する一方で、食事成分など宿主が必要とするものに対しては過剰な免疫応答を起こさないという免疫寛容が備わっている。腸管粘膜固有層には樹状細胞やマクロファージ、好酸球といった自然免疫細胞が存在し、腸管バリア機構の一端を担っている。それらの免疫細胞は、自然免疫応答を通じて腸管免疫を制御していることが近年明らかとなってきた。たとえば、腸管粘膜固有層の樹状細胞は、粘膜面の防御機構として非常に...
【糖尿病と動脈硬化Update】 腸内細菌からみて
藤本 康介, 植松 智
糖尿病の最新治療   9(3) 136-140   May 2018
次世代シークエンサーの台頭により、ゲノム解析技術が飛躍的に向上した。それによって、さまざまな疾患に関連する遺伝的素因(ゲノムワイド関連解析による一塩基多型、single-nucleotide polymorphism:SNPなど)が精力的に解明されてきた。一方で、近年では疾患の発症や増悪に関わる環境因子として、腸内微生物叢が非常に注目されている。とくに、腸内細菌叢の構成異常(dysbiosis)は、炎症性腸疾患(クローン病や潰瘍性大腸炎)などの消化管疾患だけでなく、関節リウマチや多発性硬化...
mPGES-1阻害薬のマウス脳梗塞障害改善機序
宿利 美香, 大内 彩子, 内藤 康仁, 岩井 孝志, 渡辺 俊, 尾山 実砂, 植松 智, 審良 静男, Jakobsson Per-Johan, 田辺 光男, 松尾 由理
日本薬学会年会要旨集   138年会(3) 95-95   Mar 2018
Lactococcus lactis JCM 5805含有食品摂取が健常な成人皮膚へ及ぼす効果
藤井 敏雄, 藤友 崇, 辻 亮平, 加藤 悠希子, 澤井 典子, 松岡 悠美, 植松 智, 金内 理
日本皮膚科学会雑誌   128(5) 1174-1174   May 2018
【近未来のワクチン-開発研究の潮流と課題】 ワクチン技術とサイエンスの新潮流 ワクチンアジュバントと粘膜ワクチンの基盤となる自然免疫細胞解析
藤本 康介, 植松 智
医学のあゆみ   264(5) 397-402   Feb 2018
さまざまな感染症を予防するためにワクチンは非常に重要であり、ワクチン開発によってこれまで私たちは重篤な感染症を克服してきた。ワクチン接種により免疫応答が誘導されるが、効率的な免疫応答がなければ有効な免疫記憶は成立しない。アルミニウム塩をはじめとしたアジュバントは自然免疫を活性化させる物質で、ワクチンにとって必要不可欠なものである。近年では、従来の注射型ワクチンだけでなく、次世代ワクチンとして粘膜ワクチンが注目されている。粘膜ワクチンは、全身性の免疫応答のみならず、粘膜局所での免疫応答も誘導...
免疫学 腸内真菌叢の解析
藤本 康介, 植松 智
医学のあゆみ   264(2) 180-181   Jan 2018
腸管における粘膜免疫と腸内微生物叢の解析
植松 智
日本内分泌学会雑誌   93(4) 1278-1278   Dec 2017
CRISPR/Cas9ゲノム編集技術を用いたがん抗原特異的CD8+T細胞の作製
大内 靖夫, Patil Ashwini, 西増 弘志, 濡木 理, 中井 謙太, 植松 智
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2P-0947]   Dec 2017
【生体バリア 粘膜や皮膚を舞台とした健康と疾患のダイナミクス】 (第2章)臓器特異的バリアとその破綻による疾患 消化管バリアと疾患 放射線性消化管症候群 放射線による腸上皮バリア破壊における自然免疫の役割
武村 直紀, 植松 智
実験医学   35(7) 1163-1168   May 2017
われわれの身体は皮膚や粘膜を介して外界と接しており、その表面には異物の侵入を阻止するために上皮バリアが形成されている。消化管は最も広大な面積をもつ粘膜組織で、口から入る食物や微生物、さらには腸内細菌に日頃から曝されており、上皮バリアの破綻は敗血症や腸炎などの重篤な病状へと直結する。放射線は消化管の上皮バリアを著しく傷害する危険性を秘めており、がん治療などでそれに関連した障害が発生する(消化管症候群)。本稿では、消化管症候群に関する従来の理解とともに、自然免疫がその予防のための新たな標的とな...
マウス脳出血モデルにおける膜結合型PGE2合成酵素-1の役割
松尾 由理, 與澤 智佳, 川野 早紀, 水口 愛香, 植松 智, 審良 静男, 内藤 康仁, 渡辺 俊, 岩井 孝志, 田辺 光男
日本薬学会年会要旨集   137年会(3) 69-69   Mar 2017
慢性炎症におけるリンパの役割 小腸の急性放射線腸障害におけるTLR3の役割
植松 智
リンパ学   39(2) 101-104   Dec 2016
Toll様受容体を標的とした急性放射線性消化管症候群の新たな予防戦略
武村 直紀, 植松 智
臨床免疫・アレルギー科   66(3) 267-273   Sep 2016
【細胞死 新しい実行メカニズムの謎に迫り疾患を理解する ネクロプトーシス、パイロトーシス、フェロトーシスとは?死を契機に引き起こされる免疫、炎症、再生の分子機構とは?】 (第2章)死細胞の認識、貪食、生体応答 放射線誘導性細胞死が引き起こす臓器障害に対する自然免疫学的治療戦略
武村 直紀, 植松 智
実験医学   34(7) 1118-1123   May 2016
われわれの細胞が放射線に曝されてDNAに傷害を受けると細胞死が誘導され、その影響がひいては放射線障害とよばれるさまざまな臓器機能障害を招来する。これまでに、放射線誘導性細胞死の分子機構は細緻に至るまで解明されているものの、その応答は傷害を受けた細胞のがん化を防ぐための重要な機能と考えられることから、その意義を損なうことなく組織の細胞を保存できる手段が求められていた。本稿では、自然免疫機能の活性化を制御することで放射線障害を抑制できるという全く新たな戦略を示唆する最近の研究について概括する。...
消化管自然免疫からみた食物アレルギーの成立機構
植松 智
日本職業・環境アレルギー学会雑誌   23(2) 9-14   May 2016
免疫系は病原体分子を異物として認識し、防御反応を誘導する。ところが、環境や個人の体質によっては、本来は無害な分子に対して獲得免疫が誘導され、炎症や組織障害が起こる。無害な環境抗原に対する免疫系の過剰反応を「アレルギー反応」といい、それを惹起する環境抗原をアレルゲンという。食物アレルギーは、原因物質を摂取した後に生じるアレルギー応答である。時にアナフィラキシーショックを誘導する。IgE依存性の一般的な食物アレルギーとIgE非依存性アレルギー(グルテン不耐症のセリアック病など)に分類される。I...
【自然免疫による炎症制御機構】 放射線誘導性腸管上皮傷害におけるTLR3の役割
武村 直紀, 植松 智
炎症と免疫   24(1) 10-16   Dec 2015
放射線事故あるいは放射線治療において消化管が高線量の放射線に曝されると、急性放射線性消化管症候群とよばれる重篤な障害が起きる。その病態機構について、これまでの研究によって多くの知見が得られてはいるものの、有効な予防・治療手段は確立されていない。Toll様受容体は代表的な自然免疫受容体の一つであり、感染防御において重要な免疫応答を誘導する。ところが近年では、本来の防御機能とは裏腹に、特定の疾患においてはTLRによる炎症応答が組織傷害を増悪させていることが明らかとなりつつある。本稿では、急性放...
【腸管免疫の制御】 小腸粘膜固有層の自然免疫細胞が担う腸管免疫応答
武村 直紀, 植松 智
臨床免疫・アレルギー科   64(4) 318-325   Oct 2015
粘膜関連リンパ組織形成における最新知見
植松 智, 清野 宏
リンパ学   38(1) 27-29   Jul 2015
放射線誘導性小腸上皮傷害におけるTLR3の役割
武村 直紀, 植松 智
臨床免疫・アレルギー科   64(1) 70-77   Jul 2015
感作経路とアレルギー 消化管自然免疫からみた食物アレルギーの成立機構
植松 智
日本職業・環境アレルギー学会雑誌   23(1) 29-29   Jun 2015
【粘膜免疫Update】 基礎 Toll様受容体と急性放射線性消化管症候群
武村 直紀, 植松 智
医学のあゆみ   253(5) 403-409   May 2015
電離放射線に被曝した臓器は、その感受性に応じてさまざまな機能障害を起こす。急性放射線性消化管症候群は、放射線事故あるいは癌の放射線治療において消化管が高線量の放射線に曝された場合に引き起こされる重篤な障害である。その病態機構についてヒトや動物で数多くの研究がなされているにもかかわらず、有効な予防・治療手段はいまだに確立されていない。Toll様受容体(TLR)は代表的な自然免疫受容体のひとつであり、病原体に対する感染防御において重要な免疫応答を惹起することで知られている。ところが近年では、本...
急性放射線性消化管症候群におけるToll様受容体の役割
武村 直紀, 植松 智
放射線生物研究   50(1) 84-97   Mar 2015
電離放射線は被曝臓器の感受性に応じて様々な障害を引き起こす。急性放射線性消化管症候群は放射線事故あるいは癌の放射線治療において、消化管が高線量の放射線に被曝した場合に引き起こされる重篤な障害である。その病態機構について、ヒトや動物で数多くの研究がなされているにもかかわらず、有効な治療手段は未だに確立されていない。Toll様受容体(TLR)は最も代表的な自然免疫受容体の一つであり、病原体の感染防御に対して重要な免疫応答を惹起することで知られている。ところが近年の報告によると、本来の防御機能と...
腸管粘膜固有層の自然免疫細胞群の機能解析
植松 智
日本獣医学会学術集会講演要旨集   155回 165-165   Mar 2013
自然免疫受容体と腸管免疫応答
植松 智
日本免疫学会総会・学術集会記録   41 225-225   Nov 2012
【樹状細胞とリンパ球の活性化】 小腸粘膜固有層の樹状細胞によるTh細胞応答の制御
武村 直紀, 植松 智
臨床免疫・アレルギー科   58(5) 508-516   Nov 2012
消化管免疫研究の最前線
植松 智
日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌   26(1) 53-53   Sep 2012
病理学を基盤とする分子標的医学の進歩と展望 自然免疫受容体と腸管免疫応答
植松 智
日本病理学会会誌   101(1) 188-188   Mar 2012
What's New in SURGERY FRONTIER(第71回) 粘膜の監視・排除・共生システム 小腸樹状細胞の新たな分類と免疫機構
藤本 康介, 植松 智
Surgery Frontier   18(4) 394-397   Dec 2011
ダニ抗原誘発マウス気管支喘息発症におけるTLR9の意義
田中 宏幸, 升田 雄士, 江崎 友哉, 村田 健司, 山下 弘高, 植松 智, 審良 静男, 稲垣 直樹, 永井 博弌
日本薬学会年会要旨集   131年会(3) 80-80   Mar 2011
【粘膜免疫システム 分子レベルで明らかになってきた監視・排除・共生機構と腸内細菌の全貌】 腸内細菌に対する粘膜防御機構における小腸樹状細胞の役割
武村 直紀, 植松 智
細胞工学   30(4) 353-360   Mar 2011
移植片対宿主病におけるSTAT3の役割に関する発生工学的手法を用いた検討
松 春子, 尾崎 勝俊, 畑中 恵子, 多々良 礼音, 目黒 明子, 翁 家国, 佐藤 一也, 森 政樹, 鈴木 隆浩, 室井 一男, 永井 正, 植松 智, 審良 静男, 小澤 敬也
臨床血液   51(9) 1097-1097   Sep 2010
膜結合型プロスタグランジンE合成酵素の誘導はマウス及びラット培養中脳神経細胞の6-ハイドロキシドパミンによるドパミン神経細胞死に寄与する(Induction of microsomal prostaglandin E synthase-1 contributes to dopaminergic neuronal death in rats and mice mesencephalic neuronal culture treated with 6-hydroxydopamine)
松尾 由理, 溝口 智子, 植松 智, 審良 静男, 佐々木 泰治
神経化学   49(2-3) 668-668   Aug 2010
多発性硬化症における膜型プロスタグランジンE合成酵素(mPGES-1)の修飾作用(Moduratory effect of Microsomal prostaglandin E synthase-1 on multiple sclerosis)
竹宮 孝子, 竹内 千仙, 松本 陽, 神山 邦子, 植松 智, 審良 静男, 山形 要人, 文沢 久美子
神経化学   49(2-3) 586-586   Aug 2010
腸管粘膜固有層CD11c陽性細胞はフコシル化上皮細胞を誘導し、腸内細菌との共生関係を構築する(Indigenous lamina propria CD11c+ cells establish a symbiosis with the gut microbiota)
後藤 義幸, 小幡 高士, 佐藤 慎太郎, 國澤 純, 植松 智, 審良 静夫, 笹川 千尋, 梅崎 良則, 辨野 義己, 清野 宏
日本細菌学雑誌   65(1) 71-71   Feb 2010
6-OHDA投与マウスパーキンソン病モデルにおいてmPGES-1は障害増悪に寄与する
溝口 智子, 松尾 由理, 植松 智, 審良 静男, 佐々木 泰治
日本薬理学雑誌   135(1) 10P-10P   Jan 2010
臨床医が知っておきたい自然免疫の知識 基本から最新知見まで
植松 智
大阪小児科医会会報   (152) 19-26   Jan 2010
腸管に存在する樹状細胞の機能解析におけるMultiplex Cytokine Assayの有用性
植松 智
日本免疫学会総会・学術集会記録   39 260-260   Nov 2009
【腸内共生菌と消化管免疫】 消化管におけるフラジェリンによるIgA産生とTh17細胞の誘導
植松 智
臨床免疫・アレルギー科   52(4) 377-383   Oct 2009
実験的自己免疫性脳脊髄炎におけるPGE2合成酵素の役割
木原 泰行, 石井 聡, 北 芳博, 松下 拓也, 植松 智, 審良 静男, 吉良 潤一, 清水 孝雄
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   82回 2T20p-16   Sep 2009
多発性硬化症における誘導型プロスタグランジンE合成酵素の役割(Role of microsomal prostaglandin E synthetase-1 in multiple sclerosis)
竹内 千仙, 松本 陽, 神山 邦子, 植松 智, 審良 静男, 山形 要人, 竹宮 孝子
神経化学   48(2-3) 200-200   Jun 2009
【感染現象 その理解の深化から疾患制御への展望】 細菌と宿主の相互作用 腸内細菌感染におけるTLR5陽性樹状細胞の免疫応答
植松 智
蛋白質・核酸・酵素   54(8) 1020-1026   Jun 2009
Toll-like receptor(TLR)は微生物の構成成分を認識し自然免疫応答を誘導する。TLR5は細菌のフラジェリンを認識する。他のTLRと異なりTLR5は脾臓の樹状細胞やマクロファージに発現しておらず、腸管粘膜固有層のCD11c+細胞(CD11c+LPC)に特異的に発現していた。CD11c+LPCはTLR4を発現しておらず、おもにTLR5を用いて病原細菌を認識し炎症性サイトカインを産生した。興味深いことにS.typhimuriumはCD11c+LPCをキャリヤーとして利用し、TL...
腸管粘膜固有層のTLR5陽性樹状細胞の免疫制御
植松 智
感染・炎症・免疫   39(1) 26-33   Apr 2009
Toll-like receptors(TLRs)は微生物の構成成分を認識し自然免疫応答を誘導する。TLR5は細菌のフラジェリンを認識する。他のTLRと異なりTLR5は脾臓の樹状細胞やマクロファージに発現しておらず、腸管粘膜固有層のCD11c+細胞(CD11c+LPC)に特異的に発現していた。CD11c+LPCはCD11cとCD11bの発現によって4つのサブセットに分かれ、CD11chigh CD11bhigh LPDCが特異的にTLR5を発現していることが分かった。LPDCはTLR5依存...
MPTP誘発パーキンソン病モデルでの黒質神経脱落における膜結合型プロスタグランジンE合成酵素の関与
鴨井 幹夫, 松尾 由理, 植松 智, 審良 静男, 佐々木 泰治
日本薬学会年会要旨集   129年会(3) 206-206   Mar 2009
6-OHDA投与マウスパーキンソン病モデルにおけるmPGES-1の役割の検討
溝口 智子, 松尾 由理, 植松 智, 審良 静男, 佐々木 泰治
日本薬学会年会要旨集   129年会(3) 206-206   Mar 2009
多発性硬化症モデルにおける包括的リピドミクスとプロスタグランジンE2の機能
木原 泰行, 石井 聡, 北 芳博, 松下 拓也, 植松 智, 審良 静男, 吉良 潤一, 清水 孝雄
神経免疫学   17(1) 104-104   Mar 2009
小腸粘膜固有層TLR5+樹状細胞によるIgA産生とTh17細胞の誘導
藤本 康介, 植松 智
臨床免疫・アレルギー科   51(2) 207-216   Feb 2009
タンパク質分解を介した新たな生理機能 オートファジー関連分子Atg16L1はエンドトキシンによるインフラマソーム活性化を制御する(Atg16L1, an autophagy protein, controls endotoxin-induced inflammasome activation)
齊藤 達哉, 藤田 尚信, 張 明浩, 植松 智, 梁 甫伎, 佐藤 荘, 大森 弘子, 野田 健司, 山本 直樹, 小松 雅明, 田中 啓二, 河合 太郎, 辻村 亨, 竹内 理, 吉森 保, 審良 静男
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回 4S3-7   Nov 2008
血管内皮細胞mPGES-1はEP3を介してアストロサイトのCa2+依存性グルタミン酸放出を制御する(Endothelial mPGES-1 regulates Ca2+-dependent glutamate release from astrocyte via EP3)
竹宮 孝子, 松村 潔, 杉浦 弘子, 安田 新, 植松 智, 審良 静男, 山形 要人
神経化学   47(2-3) 224-224   Aug 2008
TLR4とTLR2を介して刺激された樹状細胞における選択的かつ相乗的な抗炎症性サイトカインの産生
平田 徳幸, 柳川 芳毅, 海老原 敬, 瀬谷 司, 植松 智, 審良 静男, 林 史恵, 岩渕 和也, 小野江 和則
日本リンパ網内系学会会誌   48 103-103   May 2008
寄生体の宿主認識と宿主の寄生体認識 腸管におけるToll-like receptor 5の機能とSalmonella Typhimurium感染における役割
植松 智, 審良 静男
日本細菌学雑誌   63(1) 55-55   Feb 2008
植松 智, 審良 静男
皮膚の科学   7(1) 1-11   Feb 2008
自然免疫は侵入してくる病原微生物に対して第一線の防御を行う。自然免疫応答は微生物が持つ特徴的な分子パターンを認識するパターン認識受容体によって誘導される。Toll-like receptors(TLRs)は細胞表面またはエンドソームに局在し,細菌,寄生虫,真菌,ウイルスといったあらゆる病原体の認識を行い,自然免疫の活性化における主要な部分を担う。一方,細胞質内に寄生する細菌やウイルスは,NOD-like receptor(NLR)やRIG-like receptor(RLR)といった自然免...
自然免疫と結核
植松 智, 審良 静男
結核   83(2) 101-109   Feb 2008
【粘膜免疫からの感染と免疫応答機構 体の入口から呼吸器・消化器、生殖器、皮膚までの制御システム】 消化器官での病原体と宿主の攻防 腸管における自然免疫機構
植松 智, 審良 静男
実験医学   25(20) 3190-3195   Dec 2007
自然免疫は侵入してきた病原体に対し第一線の防御を行う。自然免疫の受容体は宿主には存在しない微生物特有の分子パターンを認識する。自然免疫の代表的な受容体であるTLR(Toll-like receptor)は細菌、真菌、寄生虫、ウイルスなどあらゆる微生物の侵入を認識し、免疫反応を誘導する。腸管においてもTLRの発現が認められ、感染防御やホメオスタシスの維持にかかわっている。細胞質内に局在する自然免疫受容体のNOD2は、細菌の構成成分を認識し自然免疫応答を誘導する。NOD2の変異がクローン病の原...
Toll-like receptorと自然免疫
植松 智, 審良 静男
生化学   79(8) 769-776   Aug 2007
膜結合型プロスタグランジンE合成酵素(mPGES-1)のがん悪性化への関与の解析
佐々木 由香, 亀井 大輔, 黒澤 まみ, 中谷 良人, 植松 智, 審良 静男, 石川 由起雄, 石井 壽晴, 村上 誠, 原 俊太郎, 工藤 一郎
日本薬学会年会要旨集   127年会(2) 76-76   Mar 2007
中大脳動脈閉塞-再灌流障害における膜結合型プロスタグランジンE2合成酵素の役割
松尾 由理, 太田 梓, 深田 哲也, 植松 智, 審良 静男, 佐々木 泰治
日本薬学会年会要旨集   127年会(2) 19-19   Mar 2007
膜結合型プロスタグランジンE合成酵素のカラゲニン誘導マウス胸膜炎への関与の解析
種本 明生, 亀井 大輔, 中谷 良人, 植松 智, 審良 静男, 原 俊太郎, 工藤 一郎
日本薬学会年会要旨集   127年会(2) 10-10   Mar 2007
【自然免疫】 Toll-like receptorとRNAヘリカーゼ
植松 智, 審良 静男
臨床とウイルス   35(1) 40-50   Mar 2007
【免疫研究最前線 2007】 自然免疫応答の制御 自然免疫によるウイルス認識
植松 智, 審良 静男
実験医学   24(20) 3130-3137   Dec 2006
自然免疫は侵入してきた病原体に対し第一線の防御を行う。自然免疫の受容体は宿主には存在しない病原体特有の分子パターンを認識する。自然免疫の代表的な受容体であるTLR(Toll-like receptor)ファミリーのなかでTLR2,4は細胞表面においてウイルス構成タンパク質を、TLR3,7,8,9はエンドソームにおいてウイルスの核酸を認識する。最近、細胞質内でTLR非依存的なウイルスの認識機構が報告された。自然免疫によるウイルス認識機構について最新の知見をまじえて概説する。(著者抄録)
がんの骨転移と骨破壊における膜型プロスタグランジンE合成酵素-1(mPGES-1)の関与 mPGES-1ノックアウトマウスを用いた解析
瀧田 守親, 稲田 全規, 植松 智, 審良 静男, 宮浦 千里
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   24回 174-174   Jul 2006
脳虚血障害における膜結合型プロスタグランジンE2合成酵素の役割の解析
松尾 由理, 太田 梓, 深田 哲也, 植松 智, 審良 静男, 佐々木 泰治
Inflammation and Regeneration   26(4) 326-326   Jul 2006
植松 智, 審良 静男
日本内科学会雑誌   95(6) 1115-1121   Jun 2006
植松 智, 審良 静男
ウイルス   56(1) 1-8   Jun 2006
Toll-like receptors(TLRs)は自然免疫における重要な分子で,様々な病原体においてよく保存された構造を認識して自然免疫応答を誘導する.ある種のTLRはウイルス構成成分を認識してI型インターフェロンを誘導することによって抗ウイルス応答を誘導する.TLR2やTLR4が細胞表面においてウイルス構成成分を認識するのに対し,TLR3,TLR7,TLR8,TLR9はエンドソームによく発現している.ファゴサイトーシスによってウイルスやウイルスに感染してアポトーシスを起こした細胞を取り...
【消化器疾患 state of arts 消化管(食道・胃・腸)】 病態生理の基礎的・臨床的研究の進歩 消化管免疫(Innate immunity) LPSとTLR4
植松 智
医学のあゆみ   別冊(消化器疾患Ver.3) 80-84   Apr 2006
Toll-like receptorsによる病原体の認識
植松 智, 審良 静男
小児感染免疫   18(1) 33-40   Apr 2006
自然免疫は感染において第一線の防御を行う.Toll-like receptorsは,細菌,真菌,原虫,ウイルス等の病原体に特異的な構造を認識する.リガンドの認識後,TLRはシグナル伝達経路を活性化し,樹状細胞の成熟やサイトカイン産生を促し,最終的に獲得免疫を活性化する.最近の知見より,各々のTLRは固有のシグナル伝達経路を有し,病原体に対して特異的な免疫反応を誘導することがわかってきた(著者抄録)
マウスstrawberry notch homologue遺伝子の解析
坂尾 宣充, 植松 智, 竹内 理, 安居 輝人, 竹田 潔, 改正 恒康, 審良 静男
日本免疫学会総会・学術集会記録   35 60-60   Nov 2005
IRAK-1はTLR7とTLR9を解するIFN-α産生に必須の役割を果たす
植松 智, 佐藤 慎太郎, 山本 雅裕, 加藤 博己, 石井 健, 河合 太郎, 竹内 理, 審良 静男
日本免疫学会総会・学術集会記録   35 47-47   Nov 2005
【解明が進むウイルス・細菌感染と免疫応答 分子メカニズムから新たな治療戦略まで】 病原体感染に対する免疫応答メカニズム Toll-like receptorによる生体防御
植松 智, 審良 静男
実験医学   23(17) 2660-2665   Oct 2005
細菌や寄生虫,ウイルスなどが体内に侵入した際にそれを排除しようとするシステムとして免疫系が存在する.免疫系は自然免疫と獲得免疫から成る.獲得免疫系に比べて非特異的であると思われていた自然免疫系について近年TLR(Toll-like receptor)の発見を通じて大きな進展が見られた.TLRファミリーメンバーはさまざまな病原微生物の構成成分を認識し,各メンバーごとに特異的な免疫応答を誘導することが明らかになった.自然免疫系の活性化の主要な部分はTLRを介して行われることがわかってきた(著者抄録)
大脳虚血において誘導されるミクロソームプロスタグランジンE2合成酵素1の神経毒性機能(Neurotoxic function of induced microsomal prostaglandin E2 synthase-1 in cerebral ischemia)
太田 梓, 松尾 由理, 植松 智, 審良 静男, 佐々木 泰治
神経化学   44(2-3) 185-185   Aug 2005
PGE2はカイニン酸によってもたらされる海馬神経細胞消失を調節している(PGE2 modulates the hippocampal neuron loss induced by kainic acid)
竹宮 孝子, 松村 潔, 前原 通代, 植松 智, 鈴木 香子, 杉浦 弘子, 審良 静男, 山形 要人
神経化学   44(2-3) 181-181   Aug 2005
膜型プロスタグランジンE2合成酵素-1(mPGES-1)の骨折治癒および変形性関節症への関与
山川 聖史, 亀倉 暁, 村上 誠, 工藤 一郎, 植松 智, 審良 静男, 中村 耕三, 川口 浩
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   23回 169-169   Jun 2005
【わかりやすい免疫疾患】 免疫の基礎 感染と免疫 感染に対する生体防御機構
植松 智, 審良 静男
日本医師会雑誌   134(特別1) S69-S72   Jun 2005
膜型プロスタグランジンE2合成酵素-1(mPGES-1)は炎症性骨吸収治療のための重要な標的分子である
山川 聖史, 三枝 正朋, 亀井 大輔, 竹越 唯衣, 植松 智, 審良 静男, 村上 誠, 工藤 一郎, 中村 耕三, 川口 浩
Osteoporosis Japan   13(2) 378-382   May 2005
骨吸収におけるmPGES-1の役割を骨芽・破骨細胞の培養系で検討するとともに,mPGES-1遺伝子欠損(KO)マウスを用いて生理的および各種病的条件下における役割を解析した.マウス骨芽培養細胞に骨吸収性サイトカインを加えるとmPGES-1の発現が誘導された.lipopolysaccharide投与3時間後のマウス長管骨においてもmPGES-1発現が誘導された.マウス破骨培養細胞にIL-1αを添加すると細胞形成が亢進したが,この亢進はmPGES-1アンチセンス(oligonucleotide...
膜結合型プロスタグランジンE合成酵素(mPGES-1)欠損マウスにおける炎症性肉芽形成の抑制
竹越 唯衣, 亀井 大輔, 大石 幸子, 植松 智, 審良 静男, 平澤 典保, 大内 和雄, 石川 由紀雄, 石井 壽晴, 村上 誠, 工藤 一郎
日本薬学会年会要旨集   125年会(3) 28-28   Mar 2005
植松 智, 審良 静男
日本内科学会雑誌   94(2) 355-361   Feb 2005
植松 智, 審良 静男
ウイルス   54(2) 145-151   Dec 2004
細菌やウイルス,寄生虫などの異物が体内に侵入した際にそれを排除しようとするシステムとして免疫系が存在する.この免疫系は自然免疫と獲得免疫からなる.T細胞やB細胞などによる獲得免疫系に比べて非特異的であると思われていた自然免疫系について近年TLR(Toll-like receptors)の発見を通じて大きな進展が見られた.TLRは当初細菌の菌体成分を認識すると考えられていたが,ある特定のTLRファミリーメンバーはウイルスの構成成分を認識しI型IFNを誘導してウイルスに対する免疫応答を行ってい...
免疫セマフォリン分子Sema4AのTh1/Th2制御における役割
識名 崇, 熊ノ郷 淳, 鈴木 一博, 植松 智, 筒井 ひろ子, 審良 静男, 竹田 潔, 菊谷 仁
日本免疫学会総会・学術集会記録   34 232-232   Nov 2004
RIG-I欠損マウスの作成および解析
加藤 博己, 佐藤 慎太郎, 山本 雅裕, 松井 孝介, 植松 智, 竹田 潔, 竹内 理, 審良 静男
日本免疫学会総会・学術集会記録   34 62-62   Nov 2004
Plasmacytoid DCにおけるToll-like receptor 9によるtype Iインターフェロンの誘導機構
植松 智, 佐藤 慎太郎, 山本 雅裕, 加藤 博己, 石井 健, 河合 太郎, 竹内 理, 審良 静男
日本免疫学会総会・学術集会記録   34 52-52   Nov 2004
Toll様受容体を介したI型IFN産生誘導のメカニズム
河合 太郎, 佐藤 慎太郎, 石井 健, Coban Cevayir, 辺見 弘明, 山本 雅裕, 植松 智, 竹内 理, 審良 静男
日本免疫学会総会・学術集会記録   34 51-51   Nov 2004
膜型プロスタグランジンE2合成酵素-1(mPGES-1)は炎症性骨吸収治療のための重要な標的分子である
山川 聖史, 三枝 正朋, 亀井 大輔, 竹越 唯衣, 植松 智, 審良 静男, 村上 誠, 工藤 一郎, 中村 耕三, 川口 浩
Osteoporosis Japan   12(Suppl.1) 151-151   Oct 2004
炎症性骨吸収における膜型プロスタグランジンE合成酵素(mPGES)の関与:mPGESノックアウトマウスを用いた解析
松本 千穂, 宮浦 千里, 植松 智, 審良 静男
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   22回 160-160   Aug 2004
膜型プロスタグランジンE2合成酵素-1(mPGES-1)の炎症性骨破壊への関与 mPGES-1遺伝子欠損マウスの解析
山川 聖史, 亀井 大輔, 竹越 唯衣, 植松 智, 審良 静男, 村上 誠, 工藤 一郎, 中村 耕三, 川口 浩
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   22回 110-110   Aug 2004
膜結合型プロスタグランジンE合成酵素(mPGES-1)欠損マウスにおける炎症性肉芽形成の抑制
竹越 唯衣, 亀井 大輔, 大石 幸子, 植松 智, 審良 静男, 平澤 典保, 大内 和雄, 石川 由紀雄, 石井 壽晴, 村上 誠, 工藤 一郎
炎症・再生   24(4) 455-455   Jul 2004
膜結合型PGE2合成酵素(mPGES-1)と腫瘍形成
亀井 大輔, 竹越 唯衣, 中谷 良人, 植松 智, 審良 静男, 石川 由起雄, 石井 壽晴, 馬嶋 正隆, 大石 幸子, 村上 誠, 工藤 一郎
脂質生化学研究   46 36-38   May 2004
膜結合型プロスタグランジンE合成酵素(mPGES-1)欠損マウスにおける炎症性疼痛反応及び肉芽形成の抑制
竹越 唯衣, 亀井 大輔, 三上 麻弥, 中谷 良人, 大石 幸子, 植松 智, 審良 静男, 平澤 典保, 大内 和雄, 村上 誠, 工藤 一郎
日本薬学会年会要旨集   124年会(3) 87-87   Mar 2004
【自然免疫と疾患】 Toll-like receptorsと疾患
植松 智, 審良 静男
炎症と免疫   12(2) 171-177   Feb 2004
自然免疫系で中心となる好中球をはじめマクロファージ,樹状細胞などの貪食細胞はTLRsを用いて病原体を認識している.このTLRsは哺乳類には存在しない微生物に特異的でよく保存されたモチーフを認識する.TLRsが刺激されると,抗菌ペプチドやサイトカインなどの産生を介して迅速な生体防御反応が起こる.近年では,この防御反応に至る細胞内シグナル伝達機構が詳細に解析されてきた.そこで,感染症におけるTLRsによる病原体の認識とそのシグナル伝達について概説した
【疾患モデル動物 病因解析での役割と限界】 生体防御機構 Toll様受容体ノックアウトマウスの解析
植松 智, 審良 静男
医学のあゆみ   別冊(疾患モデル動物-病因解析での役割と限界) 76-79   Jan 2004
自然免疫は進化的に古くから存在する生体防御機構で,近年その病原体認識機構が免疫学の分野で注目を浴びている.この免疫機構で重要な働きをしているのがToll-like receptor(TLR)であり,現在までに10のファミリーが報告されている.TLRは様々な病原体成分の認識に必須であり,自然免疫を活性化させることが明らかになってきた
Microsomal PGE Synthase 1は感染・炎症時の脳内PGE2産生と発熱に必須である 遺伝子欠損マウスを用いた研究
松村 潔, 井上 渉, 水島 由美子, 細川 浩, 植松 智, 審良 静男, 小林 茂夫
炎症・再生   23(6) 477-477   Nov 2003
【消化器疾患と免疫】 基礎 消化器疾患と自然免疫機構
植松 智, 竹田 潔, 審良 静男
現代医療   35(11) 2533-2540   Nov 2003
膜結合型プロスタグランジンE2合成酵素の生体内機能の解析
三上 麻弥, 亀井 大輔, 中谷 良人, 植松 智, 審良 静男, 大石 幸子, 村上 誠, 工藤 一郎
日本薬学会年会要旨集   123年会(3) 77-77   Mar 2003
心嚢液貯留をきたしたミトコンドリア心筋症の一例
白田 淳, 佐藤 涼子, 斎藤 博子, 植松 智富美, 猪口 宏, 手塚 明美, 平 カヤノ
米沢市立病院医学雑誌   23(1) 77-80   Mar 2003
72歳男.2年前,腰部脊椎管狭窄症の術前検査でミトコンドリア病と診断された.以後,ユビデカレノンの投与を受けていた.10mの歩行でも息切れを感じるようになり,胸部写真で心胸郭比の拡大を指摘されたため,精査目的で入院となった.BMIPPによる心筋シンチでは,心筋肥大とりこみの不均一性が全体に見られ,心筋の脂肪酸代謝の異常が推測された.心嚢液に対して利尿剤を静注,経口で開始し,少量の心嚢液が残る程度に回復したあと心臓カテーテル検査を行った.心筋生検は左心室,右心室の両方から行った.ミトコンドリ...
疾患モデル動物 病因解析での役割と限界 生体防御機構 Toll様受容体ノックアウトマウスの解析
植松 智, 審良 静男
医学のあゆみ   204(10) 758-761   Mar 2003
自然免疫は進化的に古くから存在する生体防御機構で,近年その病原体認識機構が免疫学の分野で注目を浴びている.この免疫機構で重要な働きをしているのがToll-like receptor(TLR)であり,現在までに10のファミリーが報告されている.TLRは様々な病原体成分の認識に必須であり,自然免疫を活性化させることが明らかとなってきた.このTLRファミリーの研究で,特にノックアウトマウスの解析を中心に,生体防御における自然免疫の活性化機構について概説した
TIRAP/MalはTLR4シグナルだけでなく,TLR2シグナルにも関わっている
山本 雅裕, 佐藤 慎太郎, 辺見 弘明, 山条 秀樹, 植松 智, 改正 恒康, 星野 克明, 竹田 潔, 審良 静男
日本免疫学会総会・学術集会記録   32 38-38   Oct 2002
膜結合型PGE2合成酵素の発現様式とノックアウトマウスの解析
植松 智, 松本 真琴, 竹田 潔, 審良 静男
日本免疫学会総会・学術集会記録   32 37-37   Oct 2002