UESUGI Kenta

J-GLOBAL         Last updated: Jan 7, 2019 at 17:34
 
Avatar
Name
UESUGI Kenta
Affiliation
National Agriculture and Food Research Organization
Section
Kyushu Okinawa Agricultural Research Center, Division of Agro-Environment Research, Applied Nematology Group
Job title
senior researcher
Research funding number
00414798

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
上杉謙太, 串田篤彦, 桂真昭, 上床修弘, 村田岳, 岩渕慶
九州病害虫研究会報   64 73‐79   Nov 2018   [Refereed]
Uesugi Kenta, Katsura Masaaki, Uwatoko Naohiro, Tateishi Yasushi, Murata Gaku, Iwabuchi Kei
NEMATOLOGY   20(4) 387-396   2018   [Refereed]
UESUGI Kenta, IWAHORI Hideaki
Nematological Research   46(2) 59‐63   Dec 2016   [Refereed]
Koyama Yuki, Toyota Koki, Miyamaru Naoko, Yoshida Koichi, Uesugi Kenta
NEMATOLOGY   18 687-695   2016   [Refereed]
Uesugi Kenta, Iwahori Hideaki, Tateishi Yasushi
NEMATOLOGY   17 425-432   2015   [Refereed]
Uesugi Kenta
Japanese Journal of Applied Entomology and Zoology   57(2) 61-67   2013   [Refereed]
ネグサレセンチュウはティレンクス目,プラティレンクス科,プラティレンクス属(Pratylenchus)に属する線虫の総称である。植物根内と土壌中を行き来しながら根組織を摂食する移住性の内部寄生性線虫であり,定着性のネコブセンチュウやシストセンチュウとは寄生生態が大きく異なる(Castillo and Vovlas,2007)。国内では,記録のはっきりしているものだけで19種,種名や国内分布の確定しないものも含めると24種が報告されている(水久保,1992,2002;Mizukubo et ...
Uesugi Kenta, Sasaki Tohru, Iwahori Hideaki, Tateishi Yasushi
Nematological Research (Japanese Journal of Nematology)   44(2) 43-47   2014   [Refereed]
Reproduction of Meloidogyne incognita, Meloidogyne arenaria, Pratylenchus coffeae, and Pratylenchus penetrans on two Neotyphodium uncinatum-infected Italian ryegrasses, Bishamon and JFIR-18, was examined. All tes...
Suzuki Takayuki, Kobayashi Tooru, Adachi Katsuki, Mochida Hideyuki, Iwahori Hideaki, Tateishi Yasushi, Uesugi Kenta
PLANT PRODUCTION SCIENCE   15(1) 48-56   Jan 2012   [Refereed]
Uesugi Kenta, Iwahori Hideaki, Tateishi Yasushi
Nematological Research (Japanese Journal of Nematology)   42(2) 31-34   2012   [Refereed]
ニセミナミネグサレセンチュウ(以下ニセミナミ)がキク「神馬」の根病斑形成および生育に与える影響について調査した結果、ニセミナミの存在下で根腐程度が有意に高くなり、草丈の低下も認められた。また、23作物におけるニセミナミの増殖性を調査した結果、キク、ゴボウ、レタス、シュンギク、インゲンでは著しい線虫の増殖が認められた。キュウリ、トマト、ナス、ダイズでは2回行った試験のうち、少なくとも一方で増殖率が1を超えたが、前述の5作物よりも増殖率が低かった。主要な線虫抑制作物を含む他の14作物では増殖率...
上杉 謙太, 住友 克彦, 岩堀 英晶, 立石 靖
Nematological research   41(1) 23-25   Jul 2011   [Refereed]
キク16品種および22作物におけるクマモトネグサレセンチュウ(以下クマモト)の増殖性を調査した。キク品種調査ではキクのポット苗にクマモト300頭を接種し、90日後に根内および土壌中の線虫数を調査した。また、比較としてキタネグサレセンチュウ(以下キタ)も同時に調査した。クマモトはすべての品種で高い増殖率を示し、増殖と品種グループ間には明瞭な関係は見られなかったが、「つくば1号」では他品種に比べ1/10以下と比較的増殖率が低かった。クマモトの増殖率はすべての品種でキタよりも有意に高かった。22...

Association Memberships