NAGAOKA Takashi

J-GLOBAL         Last updated: Aug 22, 2019 at 21:17
 
Avatar
Name
NAGAOKA Takashi
Nickname
ukon30
E-mail
ukon30komazawa-u.ac.jp
Affiliation
Komazawa University
Section
Faculty of Arts and Sciences Department of Philosophy and Religious Studies
Research funding number
30725297

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
Sep 2016
The Japanese Association for Religious Studies Award for Outstanding Scholarship, Japanse Association for Religious Studies
 

Published Papers

 
永岡 崇
日本史研究 = Journal of Japanese history   (663) 42-62   Nov 2017   [Invited]
NAGAOKA Takashi
Journal of Humanities   107 103-129   Sep 2015   [Refereed]
永岡 崇
人文学報 = Journal of humanities   (108) 143-158   2015
特集 : 日本宗教史像の再構築 --トランスナショナルヒストリーを中心として-- ≪第III部 :神の声を聴く --カオダイ教, 道院, 大本教の神託比較研究--≫本稿は, 近代日本において「神の声を聴く」という営みがどのような宗教史的・思想史的可能性をもちえたのかを, 大本を事例として検討するものである。大正期大本の思想・実践は, 異端的な神話的世界を語り出しながら, 近代国家が排除した霊魂との直接的交流の道を開くものであった。しかしそれは, 霊魂を統御するという志向性を, 近代天皇制な...
Cultures/critiques : journal of international Japanese cultural studies   (0) 149-156   Mar 2012

Misc

 
永岡 崇
佛教大学総合研究所紀要 = Bulletin of the Research Institute of Bukkyo University   (26) 19-26   Mar 2019
大本は、一九五〇〜六〇年代における日本の宗教者平和運動のなかで、もっともアクティヴな活動をおこなった集団のひとつである。世界連邦運動と原水爆禁止運動に代表される彼らの活動が、戦前期における聖師・出口王仁三郎の思想・実践を受け継いだものであることはよく知られている。だが、その戦前│戦後の連続性がいかなる葛藤を孕み、戦後の政治状況でどのような意味をもつものであったのかは充分に認識されていない。本稿では、大本の平和運動をめぐる従来のナラティヴを批判的に検討し、この問題にとりくむための予備的な考察...
永岡 崇
日本思想史学   (50) 3-11   2018
NAGAOKA Takashi
Journal of religious studies   88(1) 220-226   Jun 2014

Books etc

 
Entanglements of Religion and Science
Nagaoka Takashi (Part:Joint Editor)
Nanzan Institute for Religion & Culture   May 2015   ISBN:9784990783822