基本情報

所属
上智大学 基盤教育センター 思考と表現領域 特任助教
(兼任)研究機構常設研究部門 中世思想研究所 凖所員
立教大学 兼任講師
学位
博士(哲学)(2014年3月 上智大学)

J-GLOBAL ID
201401014975876402
researchmap会員ID
B000236706

 

博士(哲学)、上智大学大学院哲学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、上智大学特任助教。

専門は哲学・倫理学、とりわけニーチェやショーペンハウアーをはじめとする近現代ドイツ思想。また、クリティカルシンキング。哲学プラクティスの活動にも取り組んでいる。


主要な書籍等出版物

  5
  • 梅田, 孝太
    法政大学出版局 2021年3月 (ISBN: 9784588151170)
  • 齋藤, 元紀, 梅田, 孝太, 大久保, 歩, 大森, 一三, 川口, 茂雄, 渡邉, 和典 (担当:共訳, 範囲:第5章「ヤン・アスマン――モーセ的区別と宗教的暴力」(207–254頁))) (原著:R・J. バーンスタイン)
    法政大学出版局 2020年12月 (ISBN: 9784588011269)
  • 川口, 茂雄, 越門, 勝彦, 三宅, 岳史編著 (担当:分担執筆, 範囲:コラム「フランスでニーチェはどう語られてきたか」(329-330頁)))
    ミネルヴァ書房 2020年7月 (ISBN: 9784623084982)
  • Trabant, Jürgen, 村井, 則夫, 斎藤, 元紀, 伊藤, 敦広, 梅田, 孝太, 辻, 麻衣子 (担当:共訳, 範囲:「第6章 新たな言語の成立――ロマンス諸語の誕生」(149–172頁)、「第7章 ヴィーコとフンボルトにおける想像力と言語」(173–210頁)) (原著:トラバント, ユルゲン)
    岩波書店 2020年 (ISBN: 9784000613965)
  • 高桑, 和巳, 鵜飼, 哲, 江島, 泰子, 梅田, 孝太, 増田, 一夫, 郷原, 佳以, 石塚, 伸一 (担当:共著, 範囲:第3章「デリダの死刑論とニーチェ――有限性についての考察」)
    白水社 2018年12月 (ISBN: 9784560096710)

主要な論文

  11

主要な講演・口頭発表等

  20

担当経験のある科目(授業)

  14

MISC

  6

学術貢献活動

  3

社会貢献活動

  1

その他

  6
  • 2019年11月 - 2019年11月
    上智大学中世思想研究所主催ワークショップ「近世オランダにおけるカトリックの生存戦略」(神学・哲学史研究会共催、Sophia Open Research Weeks 2019参加企画)の企画・運営・司会を阿部善彦氏・加藤喜之氏とともに務める。2019年11月19日、上智大学にて開催。
  • 2018年11月 - 2018年11月
    上智大学中世思想研究所主催講演会「近世スコラ学における共同体思想の発展」(神学・哲学史研究会共催、Sophia Open Research Weeks 2018参加企画)の企画・運営・司会を阿部善彦氏・坂本邦暢氏とともに務める。2018年11月17日、上智大学にて開催。
  • 2017年11月 - 2017年11月
    上智大学中世思想研究所主催講演会「キリスト教霊性の本質」(神学・哲学史研究会共催、Sophia Open Research Weeks 2017参加企画)の企画・運営・司会を阿部善彦氏・坂本邦暢氏・加藤喜之氏とともに務める。2017年11月19日、上智大学にて開催。
  • 2016年11月 - 2016年11月
    上智大学中世思想研究所主催講演会「中世における平和の諸相」(神学・哲学史研究会共催、Sophia Open Research Weeks 2016参加企画)の企画・運営・司会を阿部善彦氏とともに務める。2016年11月20日、上智大学にて開催。
  • 2015年11月 - 2015年11月
    上智大学中世思想研究所主催講演会「中世における愛の諸相」(女性神秘思想研究会共催、Sophia Open Research Weeks 2015参加企画)の企画・運営・司会を阿部善彦氏とともに務める。2015年11月22日、上智大学にて開催。
  • 2014年11月 - 2014年11月
    上智大学中世思想研究所主催講演会「中世における悪の諸相」(女性神秘思想研究会共催、Sophia Open Research Weeks 2014参加企画)の企画・運営・司会を阿部善彦氏とともに務める。2014年11月16日、上智大学にて開催。