Takaaki KATSUMATA

J-GLOBAL         Last updated: May 16, 2019 at 16:24
 
Avatar
Name
Takaaki KATSUMATA
E-mail
umigaeruhotmail.com
Affiliation
Tokai University
Section
Liberal Arts Education Senter ,Shimizu Campus
ORCID ID
0000-0002-8913-718X

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Takaaki Katsumata, Masato Niki, Akihiko Tanaka, Hiroyuki Tan, Kyoko Takashima, Gen Fukuda
2019(40) 32-41   Apr 2019
勝間田高明, 田中昭彦, 丹佑之, 仁木将人
ISSN 2189-0617   (39) 27-35   Mar 2018
Katsumata T.
Continental Shelf Research   123 9-17   2016   [Refereed]
仁木将人, 勝間田高明, 杉本隆成
土木学会論文集 B2(海岸工学)(Web)   70(2) I.486-I.490 (J-STAGE)-I_490   2014   [Refereed]
In order to estimate the quantification of the material flux or material circulation, it is necessary to separate the tidal flow from the observation raw date measured by Acoustic Doppler Current Profiler (ADCP). This study was carried out to exam...
仁木将人, 杉本隆成, 勝間田高明, 坂口央
土木学会論文集 B2(海岸工学)   67(2,Pt.1) I.346-I.350-350   Oct 2011   [Refereed]
仁木将人, 勝間田高明, 杉本隆成, 萩原直樹, 古島靖夫
海岸工学論文集   56(1) 431-435   Oct 2009   [Refereed]
The observation using mooring system (Electromagnetic current meters, Temperature-Salinity meters and Fluorescence-Turbidity meter) at the set net and mounted Acoustic Doppler Current Profiler (ADCP) on the Suruga-wan ferry were performed in the i...
仁木将人, 萩原直樹, 杉本隆成, 勝間田高明, 古島靖夫
海岸工学論文集   56(2) 956-960   Oct 2009   [Refereed]
Continuous observation of current, temperature and water quality in the inner part of Suruga Bay were carried out since August 2007. In middle April 2008, sudden temperature rise about 4 degree was observed. The temperature rise was influenced by ...
轡田邦夫, 谷川雅浩, 萩原快次, 勝間田高明
海の研究   16(4) 277-290   Jul 2007   [Refereed]
静岡県水産試験場実施の過去40年間(1965年~2004年)の定線観測資料を用いて,駿河湾内外における表層(200m以浅)水温・塩分の長期変動特性とその要因を研究した。水温の経年変動には,(1)湾口から湾外の亜表層で高振幅を有し,1970年代後半の高温化で特徴づけられる変動と,(2)湾内表層で振幅が卓越し,1990年代後半以降高温化する変動がみられる。前者は,黒潮流軸の大王崎からの離岸距離と高相関であり,黒潮流路変動に伴う外洋海況の変動に支配される。塩分にも湾口から湾外の亜表層で卓越する変...
勝間田高明
海―自然と文化   3(2) 51-60   Nov 2005   [Refereed]
駿河湾口東部で係留式上向きADCP を用いた流動観測を行っている. 駿河湾における動物プランクトンの時空間変動を把握する目的でADCP により得られた散乱強度データを解析した. その結果, 散乱強度は表層で大きく下層で小さい鉛直分布を持ち, 春と秋に急激に増大した. 音響散乱体は顕著な日周変動を持ち, 夜間に表層に集中的に分布することが分かった. さらに音響散乱体は日の出と共に下降し, 日の入りと共に上昇する. これは動物プランクトンの日周鉛直運動と考えられる. また動物プランクトンは春と...
Intrusion process of oceanic water to Suruga Bay
Takaaki KATSUMATA
Tokai University   (甲558)    Mar 2004   [Refereed]
稲葉栄生, 勝間田高明
海―自然と文化   1(1) 71-77   Nov 2003
1993年11月中旬と1994年1月上旬、駿河湾の湾口東部と湾奥西部で、3日間に約4.5℃の水温急上昇が観測された。湾口東部の水温急上昇の原因は黒潮系暖水の流入の影響であった。湾奥西部の水温急上昇は流入した暖水が湾岸沿いに反時計回りに巡った為であった。従って、両地点での水温上昇は急潮と呼ぶ事が出来る。急潮をもたらした黒潮系外洋水の流入原因は同湾沖での黒潮流路の北上と考えられる。両地点における水温上昇の時間差と距離から求めた2度の急潮の」移動速度は1993年11月中旬は39cm sec(-1...
稲葉栄生, 安田訓啓, 川畑広紀, 勝間田高明
海の研究   12(1) 59-67   Jan 2003   [Refereed]
In early March 1992, a steep temperature rise of about 5.5°C for 5.5 days was observed in the eastern part of the mouth of Suruga Bay and the western part of the bay head. The warm water in the eastern part of the bay mouth was influenced by a...
安田訓啓, 稲葉栄生, 川畑広紀, 守屋洋, 勝間田高明
東海大学紀要 海洋学部   (51) 63-88   Feb 2001   [Refereed]
INABA Hideo, KATSUMATA Takaaki, YASUDA Kuniaki
DEEP OCEAN WATER RESEARCH   2(1) 1-8   2001   [Refereed]
In order to investigate the temporal variations of the current and temperature at 300 m in Suruga Bay, the current and temperature data obtained from a moored ADCP observation in the sea at the eastern part of the bay mouth were analyzed. Observed...
勝間田高明, 稲葉栄生, 川畑広紀
東海大学紀要 海洋学部   (48) 193-207   Aug 1999   [Refereed]

Misc

 
勝間田高明, 勝間田高明, 勝間田高明
水産海洋研究   80(1) 84   Feb 2016
萩原直樹, 澤本彰三, 仁木将人, 勝間田高明, 杉本隆成
月刊海洋   41(3) 130-138   Mar 2009
仁木 将人, 勝間田 高明, 杉本 隆成
Kaiyo monthly   41(3) 139-147   Mar 2009

Conference Activities & Talks

 
Long term measurement of the current at the bay head in the Suruga Bay, Japan
Takaaki KATSUMATA, Masato Niki, Akihiko Tanaka, Hiroyuki Tan
2018 AOGS 15th Annual Meeting, Honolulu, Hawaii   5 Jun 2018   
A view of the Mount Fuji
Takaaki KATSUMATA
13 Feb 2016   
田中昭彦, 勝間田高明
日本海洋学会大会講演要旨集   10 Mar 2014   
勝間田高明, 仁木将人, 杉本隆成
日本海洋学会大会講演要旨集   10 Mar 2014   
田中潔, 長尾誠也, 北出裕二郎, 仁木将人, 勝間田高明, 程霊巧, 井口千鶴, 道田豊, 小松輝久
日本海洋学会大会講演要旨集   13 Mar 2012   
勝間田高明, 轡田邦夫
東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター研究報告   5 Nov 2010   
勝間田高明, 仁木将人, 萩原直樹, 轡田邦夫, 杉本隆成
日本海洋学会大会講演要旨集   11 Sep 2009   
勝間田高明, 長谷川雅俊, 萩原快次, 仁木将人, 萩原直樹, 轡田邦夫, 杉本隆成
東京大学海洋研究所国際沿岸海洋研究センター研究報告   31 Jul 2009   
勝間田高明, 轡田邦夫, 萩原直樹, 千賀康弘, 仁木将人, 杉本隆成
日本海洋学会大会講演要旨集   23 Mar 2009   
勝間田高明, 長谷川雅俊, 萩原快次, 仁木将人, 萩原直樹, 轡田邦夫, 杉本隆成
日本海洋学会大会講演要旨集   8 Sep 2008   
仁木将人, 杉本隆成, 勝間田高明
水産海洋学会研究発表大会講演要旨集   2008   
勝間田高明, 乙部弘隆, 轡田邦夫
東京大学海洋研究所国際沿岸海洋研究センター研究報告   30 Jul 2007   
萩原直樹, 勝間田高明
日本地球化学会年会講演要旨集   2007   
ShinFuttu Nori Culture is established to the south of cape Futtu in location a mouth of Tokyo Bay.As this field is shallower than 10 meters in depth it is affected by tide,rainfall,wind, vertical mixing,ocean water so that nutrient variation is co...
勝間田高明, 轡田邦夫, 乙部弘隆, 守屋洋, 千賀康弘, 萩原直樹
日本海洋学会大会講演要旨集   5 Sep 2006   
勝間田高明
東京大学海洋研究所国際沿岸海洋研究センター研究報告   30 Jul 2006   
Kyucho detected by multi-layer current observation in Suruga Bay, Japan
Takaaki KATSUMATAH. Inaba, K. Kutsuwada, K. Yasuda, H. Moriya, K. Kawabata and H Otobe
2006 WPGM in Peking, China   25 Jul 2006   
長谷川雅俊, 勝間田高明
日本海洋学会大会講演要旨集   15 Mar 2006   
谷川雅浩, 轡田邦夫, 勝間田高明, 萩原快次
日本海洋学会大会講演要旨集   15 Mar 2006   
秋元香甫璃, 轡田邦夫, 加藤義久, 安田訓啓, 成田尚史, 勝間田高明, 守屋洋
日本海洋学会大会講演要旨集   5 Sep 2005   
勝間田高明, 稲葉栄生
日本海洋学会大会講演要旨集   23 Sep 2004   
中村恵一, 勝間田高明, 稲葉栄生, 安田訓啓
日本海洋学会大会講演要旨集   1 Oct 2002   
勝間田高明, 稲葉栄生
日本海洋学会大会講演要旨集   27 Mar 1999   
勝間田高明, 稲葉栄生
日本海洋学会大会講演要旨集   1998   
安田訓啓, 稲葉栄生, 川畑広紀, 守屋洋, 勝間田高明
日本海洋学会大会講演要旨集   1998   
勝間田高明, 稲葉栄生
日本海洋学会大会講演要旨集   1997   
安田訓啓, 稲葉栄生, 川畑広紀, 守屋洋, 勝間田高明
日本海洋学会大会講演要旨集   1997   
稲葉栄生, 勝間田高明, 川畑広紀
日本海洋学会大会講演要旨集   1996   
稲葉栄生, 勝間田高明, 川畑広紀
日本海洋学会大会講演要旨集   1996   

Research Grants & Projects

 
the Sasakawa Scientific Research Grant
THE JAPAN SCIENCE SOCIETY: the Sasakawa Scientific Research Grant
Project Year: Apr 2005 - Mar 2006    Investigator(s): Takaaki KATSUMATA