海野直樹

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/25 18:15
 
アバター
研究者氏名
海野直樹
eメール
unnohmedc.or.jp
所属
浜松医療センター
部署
血管外科
職名
病院長
学位
医学博士
その他の所属
浜松医科大学

プロフィール

血管外科医として、常にbench-to-bedside、bedside-to-benchを念頭に診療しています。したがって血管外科医が担当する動脈、静脈、リンパのすべての脈管領域で研究を行っています。動脈の領域では、大動脈瘤の研究を、新しい動物モデルを開発してその成因を基礎的に検討するとともに、臨床で応用可能な新しい治療方法の開発について検討しています。また、閉塞性動脈硬化症の領域では、新しい下肢虚血を評価する新規医療機器の開発と、その治療への応用を行っています。静脈の領域では、静脈瘤、静脈血栓症、内シャントについての臨床研究を行っています。リンパの領域では、リンパ還流不全を捕らえる新しい画像診断法の開発を行っています。またリンパ浮腫の病態を動物モデルを用いて基礎的に検討しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
浜松医療センター 院長
 
2017年4月
 - 
現在
浜松医科大学 特定教授
 
2017年2月
 - 
2017年3月
浜松医科大学 外科学第二講座 病院教授
 
2013年7月
 - 
2017年1月
浜松医科大学 外科学第二講座 准教授
 
2000年4月
 - 
2013年6月
浜松医科大学 外科学第二講座 講師
 

学歴

 
1989年3月
   
 
浜松医科大学大学院 医学研究科卒業  
 
1985年3月
   
 
鳥取大学 医学部卒業  
 

論文

 
Yata T, Sano M, Kayama T, Naruse E, Yamamoto N, Inuzuka K, Saito T, Katahashi K, Yamanaka Y, Uchida T, Niwayama M, Kanayama N, Takeuchi H, Unno N
Annals of vascular diseases   12(1) 36-43   2019年3月   [査読有り]
Tanaka H, Zaima N, Kugo H, Yata T, Iida Y, Hashimoto K, Miyamoto C, Sasaki T, Sano H, Suzuki Y, Moriyama T, Shimizu H, Inuzuka K, Urano T, Unno N
Annals of vascular surgery      2019年10月   [査読有り]
Katahashi K, Sano M, Takehara Y, Inuzuka K, Sugiyama M, Alley MT, Takeuchi H, Unno N
Journal of vascular surgery   70(1) 107-116.e1   2019年2月   [査読有り]
Sano M, Hirakawa S, Yamanaka Y, Naruse E, Inuzuka K, Saito T, Katahashi K, Yata T, Kayama T, Tsuyuki H, Yamamoto N, Takeuchi H, Unno N
Lymphatic research and biology      2019年6月   [査読有り]
Tanaka H, Inuzuka K, Iida Y, Shimizu H, Unno N, Urano T
Journal of oleo science   67(10) 1355-1360   2018年10月   [査読有り]
Sugisawa R, Sano M, Yamamoto N, Inuzuka K, Tanaka H, Saito T, Katahashi K, Yata T, Kayama T, Yamanaka Y, Takeuchi H, Unno N
Vascular and endovascular surgery   52(7) 573-578   2018年10月   [査読有り]
Shibasaki Y, Sakaguchi T, Kitajima R, Furuhashi S, Kiuchi R, Takeda M, Hiraide T, Morita Y, Unno N, Takeuchi H
Clinical journal of gastroenterology   11(4) 327-332   2018年8月   [査読有り]
Hashimoto K, Kugo H, Tanaka H, Iwamoto K, Miyamoto C, Urano T, Unno N, Hayamizu K, Zaima N, Moriyama T
Journal of vascular research   55(2) 63-74   2018年   [査読有り]
Tanaka H, Unno N, Suzuki Y, Sano H, Yata T, Urano T
Current drug targets   19(11) 1327-1332   2018年   [査読有り]
Tanaka H, Unno N, Yata T, Kugo H, Zaima N, Sasaki T, Urano T
Journal of visualized experiments : JoVE   (129)    2017年11月   [査読有り]
Kugo H, Zaima N, Tanaka H, Hashimoto K, Miyamoto C, Sawaragi A, Urano T, Unno N, Moriyama T
Journal of oleo science   66(5) 499-506   2017年5月   [査読有り]
Ishii H, Iwatsuki K, Tatebe M, Hirata H, Kikumori T, Tsunoda N, Hyodo I, Ogawa T, Unno N
Nagoya journal of medical science   79(2) 221-227   2017年2月   [査読有り]
Tanaka H, Zaima N, Sasaki T, Yamamoto N, Inuzuka K, Yata T, Iwaki T, Umemura K, Sano H, Suzuki Y, Urano T, Setou M, Unno N
Journal of vascular research   54(4) 200-208   2017年   [査読有り]
Unno N, Yamamoto N, Higashiura W, Inuzuka K, Sano M, Konno H
Asian cardiovascular & thoracic annals   24(7) 699-702   2016年9月   [査読有り]
Kugo H, Zaima N, Tanaka H, Mouri Y, Yanagimoto K, Hayamizu K, Hashimoto K, Sasaki T, Sano M, Yata T, Urano T, Setou M, Unno N, Moriyama T
Scientific reports   6 31268   2016年8月   [査読有り]
Sakata M, Takehara Y, Katahashi K, Sano M, Inuzuka K, Yamamoto N, Sugiyama M, Sakahara H, Wakayama T, Alley MT, Konno H, Unno N
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   80(8) 1715-1725   2016年7月   [査読有り]
Tanaka H, Zaima N, Sasaki T, Yamamoto N, Inuzuka K, Sano M, Konno H, Urano T, Setou M, Unno N
Journal of atherosclerosis and thrombosis   23(6) 673-680   2016年6月   [査読有り]
Sugisawa R, Unno N, Saito T, Yamamoto N, Inuzuka K, Tanaka H, Sano M, Katahashi K, Uranaka H, Marumo T, Konno H
Lymphatic research and biology   14(2) 95-103   2016年6月   [査読有り]
Kugo H, Zaima N, Mouri Y, Tanaka H, Yanagimoto K, Urano T, Unno N, Moriyama T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   80(6) 1186-1191   2016年6月   [査読有り]
Sano M, Unno N, Sasaki T, Baba S, Sugisawa R, Tanaka H, Inuzuka K, Yamamoto N, Sato K, Konno H
Atherosclerosis   247 127-134   2016年4月   [査読有り]
[IMPORTANT REMINDERS IN VASCULAR SURGERY].
Unno N
Nihon Geka Gakkai zasshi   117(1) 57   2016年1月   [査読有り]
Saito T, Tanaka H, Yamamoto N, Inuzuka K, Sano M, Unno N
Annals of vascular diseases   9(3) 216-219   2016年   [査読有り]
Tanaka H, Yamamoto N, Suzuki M, Mano Y, Sano M, Zaima N, Sasaki T, Setou M, Unno N
Annals of vascular diseases   9(4) 277-284   2016年   [査読有り]
Unno N, Yamamoto N, Inuzuka K, Mano Y, Sano M, Saito T, Sugisawa R, Katahashi K, Konno H
Surgery today   45(6) 688-694   2015年6月   [査読有り]
Saito T, Unno N, Yamamoto N, Inuzuka K, Tanaka H, Sano M, Sugisawa R, Katahashi K, Konno H
Lymphatic research and biology   13(2) 154-159   2015年6月   [査読有り]
Kamiya K, Unno N, Miyazaki S, Sano M, Kikuchi H, Hiramatsu Y, Ohta M, Yamatodani T, Mineta H, Konno H
The Journal of surgical research   194(2) 394-399   2015年4月   [査読有り]
Miyazaki S, Kikuchi H, Hiramatsu Y, Ozaki Y, Iino I, Ohta M, Kamiya K, Sakaguchi T, Unno N, Konno H
Asian journal of endoscopic surgery   8(1) 54-58   2015年2月   [査読有り]
Tanaka H, Zaima N, Sasaki T, Sano M, Yamamoto N, Saito T, Inuzuka K, Hayasaka T, Goto-Inoue N, Sugiura Y, Sato K, Kugo H, Moriyama T, Konno H, Setou M, Unno N
PloS one   10(8) e0134386   2015年   [査読有り]
Tanaka H, Zaima N, Sasaki T, Yamamoto N, Inuzuka K, Sano M, Saito T, Hayasaka T, Goto-Inoue N, Sato K, Kugo H, Moriyama T, Konno H, Setou M, Unno N
Journal of vascular research   52(2) 127-135   2015年   [査読有り]
Unno N, Yamamoto N, Suzuki M, Tanaka H, Mano Y, Sano M, Saito T, Sugisawa R, Konno H
Surgery today   44(3) 436-442   2014年3月   [査読有り]
Current venous thromboembolism management and outcomes in Japan.
Nakamura M, Miyata T, Ozeki Y, Takayama M, Komori K, Yamada N, Origasa H, Satokawa H, Maeda H, Tanabe N, Unno N, Shibuya T, Tanemoto K, Kondo K, Kojima T
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   78(3) 708-717   2014年   [査読有り]
Sano M, Sasaki T, Hirakawa S, Sakabe J, Ogawa M, Baba S, Zaima N, Tanaka H, Inuzuka K, Yamamoto N, Setou M, Sato K, Konno H, Unno N
PloS one   9(3) e89830   2014年   [査読有り]
Utilization of oxidative stress biomarkers is important to assess treatment effects on exercise capacity in patients with intermittent claudication.
Unno N
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   78(6) 1327-1328   2014年   [査読有り]
Tanaka H, Zaima N, Ito H, Hattori K, Yamamoto N, Konno H, Setou M, Unno N
Journal of vascular surgery   58(5) 1366-1374   2013年11月   [査読有り]
Morita Y, Sakaguchi T, Unno N, Shibasaki Y, Suzuki A, Fukumoto K, Inaba K, Baba S, Takehara Y, Suzuki S, Konno H
International journal of clinical oncology   18(2) 232-241   2013年4月   [査読有り]
Tanaka H, Zaima N, Sasaki T, Hayasaka T, Goto-Inoue N, Onoue K, Ikegami K, Morita Y, Yamamoto N, Mano Y, Sano M, Saito T, Sato K, Konno H, Setou M, Unno N
PloS one   8(2) e57398   2013年   [査読有り]
Unno N, Yamamoto N, Higashiura W, Suzuki M, Mano Y, Sano M, Saito T, Sugisawa R, Konno H
Annals of vascular diseases   6(3) 642-650   2013年   [査読有り]
Iwakura T, Takehara Y, Yamashita S, Nasu H, Unno N, Nishiyama M, Yamamoto N, Isoda H, Alley M, Konno H, Sakahara H
Journal of magnetic resonance imaging : JMRI   36(5) 1231-1233   2012年11月   [査読有り]
Tanaka H, Zaima N, Sasaki T, Yamamoto N, Sano M, Konno H, Setou M, Unno N
Journal of vascular surgery   55(5) 1440-1448   2012年5月   [査読有り]
Sano M, Unno N, Yamamoto N, Tanaka H, Konno H
Archives of internal medicine   172(2) 189-191   2012年1月   [査読有り]
Zaima N, Sasaki T, Tanaka H, Cheng XW, Onoue K, Hayasaka T, Goto-Inoue N, Enomoto H, Unno N, Kuzuya M, Setou M
Atherosclerosis   217(2) 427-432   2011年8月   [査読有り]
Tanaka H, Zaima N, Yamamoto N, Suzuki M, Mano Y, Konno H, Unno N, Setou M
Analytical and bioanalytical chemistry   400(7) 1873-1880   2011年6月   [査読有り]
Unno N, Nishiyama M, Suzuki M, Tanaka H, Yamamoto N, Sagara D, Mano Y, Konno H
Journal of vascular surgery   52(4) 946-952   2010年10月   [査読有り]
Inuzuka K, Unno N, Yamamoto N, Sagara D, Suzuki M, Nishiyama M, Tanaka H, Mano Y, Konno H
Surgery today   40(8) 738-744   2010年8月   [査読有り]
Sakaguchi T, Suzuki A, Unno N, Morita Y, Oishi K, Fukumoto K, Inaba K, Suzuki M, Tanaka H, Sagara D, Suzuki S, Nakamura S, Konno H
American journal of surgery   200(1) e19-23   2010年7月   [査読有り]
Inagawa S, Unno N, Yamashita S, Tanaka H, Sakahara H
Cardiovascular and interventional radiology   33(1) 191-195   2010年2月   [査読有り]
Sagara D, Unno N, Yamamoto N, Suzuki M, Nishiyama M, Tanaka H, Konno H, Mitsuoka H
Annals of vascular diseases   3(2) 131-139   2010年   [査読有り]
Yamamoto N, Unno N, Sagara D, Suzuki M, Nishiyama M, Tanaka H, Mano Y, Konno H
Annals of vascular diseases   3(3) 247-250   2010年   [査読有り]
Suzuki M, Unno N, Yamamoto N, Nishiyama M, Sagara D, Tanaka H, Mano Y, Konno H
Journal of vascular surgery   50(5) 1085-1091   2009年11月   [査読有り]
Tanaka H, Unno N, Nakamura T, Kurachi K, Yamamoto N, Inuzuka K, Sagara D, Suzuki M, Nishiyama M, Konno H
Annals of vascular diseases   2(1) 47-60   2009年   [査読有り]
Inuzuka K, Unno N, Yamamoto N, Sagara D, Suzuki M, Nishiyama M, Konno H
Surgery   142(1) 57-66   2007年7月   [査読有り]
Unno N, Yamamoto N, Nishiyama M, Fujimoto H
Journal of vascular surgery   45(6) 1262   2007年6月   [査読有り]
Unno N, Inuzuka K, Suzuki M, Yamamoto N, Sagara D, Nishiyama M, Konno H
Journal of vascular surgery   45(5) 1016-1021   2007年5月   [査読有り]
Unno N, Yamamoto N, Inuzuka K, Sagara D, Suzuki M, Konno H, Tsuru N, Ushiyama T, Suzuki K
Surgery today   37(2) 169-172   2007年   [査読有り]
Inuzuka K, Unno N, Yamamoto N, Mitsuoka H, Sagara D, Suzuki M, Nishiyama M, Konno H
Surgery today   37(7) 618-621   2007年   [査読有り]
Saito T, Unno N, Yamamoto N, Inuzuka K, Sagara D, Suzuki M, Konno H
Shock (Augusta, Ga.)   26(6) 620-624   2006年12月   [査読有り]
Unno N, Inuzuka K, Yamamoto N, Sagara D, Suzuki M, Konno H
Journal of vascular surgery   44(6) 1170-1175   2006年12月   [査読有り]
Unno N, Uchiyama T, Yamamoto N, Inuzuka K, Sagara D, Konno H
The Journal of surgical research   135(2) 213-217   2006年10月   [査読有り]
Unno N, Sakaguchi T, Nakamura T, Yamamoto N, Sugatani J, Miwa M, Konno H
The Journal of surgical research   134(1) 36-43   2006年7月   [査読有り]
Unno N, Inuzuka K, Mitsuoka H, Ishimaru K, Sagara D, Konno H
Surgery today   36(3) 257-261   2006年   [査読有り]
Peritoneal lavage with oxygenated perfluorochemical improves hemodynamics, intestinal injury, and survival in a rat model of severe hemorrhagic shock and resuscitation.
Yamamoto N, Unno N, Mitsuoka H, Uchiyama T, Saito T, Konno H
Shock (Augusta, Ga.)   24(2) 171-176   2005年8月   [査読有り]
Ota S, Suzuki S, Mitsuoka H, Unno N, Inagawa S, Takehara Y, Sakaguchi T, Konno H, Nakamura S
Journal of hepato-biliary-pancreatic surgery   12(1) 88-92   2005年   [査読有り]
Butyrate suppresses hypoxia-inducible factor-1 activity in intestinal epithelial cells under hypoxic conditions.
Miki K, Unno N, Nagata T, Uchijima M, Konno H, Koide Y, Nakamura S
Shock (Augusta, Ga.)   22(5) 446-452   2004年11月   [査読有り]
Pancreatic proteases and inflammatory mediators in peritoneal fluid during splanchnic arterial occlusion and reperfusion.
Ishimaru K, Mitsuoka H, Unno N, Inuzuka K, Nakamura S, Schmid-Schönbein GW
Shock (Augusta, Ga.)   22(5) 467-471   2004年11月   [査読有り]
Videodensitometric blood flow analysis of abdominal aortic aneurysm and intravascular coagulation.
Mitsuoka H, Unno N, Takei Y, Saito T, Ishimaru K, Miki K, Nakamura S
Journal of vascular surgery   38(2) 340-345   2003年8月   [査読有り]
Yamamoto N, Unno N, Mitsuoka H, Saito T, Miki K, Ishimaru K, Kaneko H, Nakamura S
Journal of vascular surgery   36(6) 1225-1230   2002年12月   [査読有り]
Unno N, Mitsuoka H, Takei Y, Igarashi T, Uchiyama T, Yamamoto N, Saito T, Nakamura S
Journal of endovascular therapy : an official journal of the International Society of Endovascular Specialists   9(4) 529-534   2002年8月   [査読有り]
Single nucleotide polymorphism (G994-->T) in the plasma platelet-activating factor-acetylhydrolase gene is associated with graft patency of femoropopliteal bypass.
Unno N, Nakamura T, Mitsuoka H, Saito T, Miki K, Ishimaru K, Sugatani J, Miwa M, Nakamura S
Surgery   132(1) 66-71   2002年7月   [査読有り]
Relationship between the platelet activating factor acetylhydrolase gene and intractability of ulcerative colitis.
Nakamura T, Sakaguchi T, Unno N, Sugatani J, Miwa M, Nakamura S
Diseases of the colon and rectum   45(3) 389-393   2002年3月   [査読有り]
Unno N, Nakamura T, Mitsuoka H, Uchiyama T, Yamamoto N, Saito T, Sugatani J, Miwa M, Nakamura S
Annals of surgery   235(2) 297-302   2002年2月   [査読有り]
Revascularization to prevent postoperative bowel infarction after surgery for acute superior mesenteric artery thromboembolism.
Sakaguchi S, Minowa K, Shibanushi T, Ichino M, Mitsuoka H, Unno N, Yamamoto N, Nakamura S
Surgery today   32(3) 243-248   2002年   [査読有り]
Gastrojejunocolic fistula after gastrectomy with Billroth II reconstruction: report of a case.
Ohta M, Konno H, Tanaka T, Baba M, Kamiya K, Mitsuoka H, Unno N, Sugimura H, Nakamura S
Surgery today   32(4) 367-370   2002年   [査読有り]
Superficial thrombophlebitis of the lower limbs in patients with varicose veins.
Unno N, Mitsuoka H, Uchiyama T, Yamamoto N, Saito T, Ishimaru K, Kaneko H, Nakamura S
Surgery today   32(5) 397-401   2002年   [査読有り]
Yamamoto N, Unno N, Mitsuoka H, Uchiyama T, Saito T, Kaneko H, Nakamura S
Surgery today   32(11) 970-973   2002年   [査読有り]
Acidic conditions exacerbate interferon-gamma-induced intestinal epithelial hyperpermeability: role of peroxynitrous acid.
Unno N, Hodin RA, Fink MP
Critical care medicine   27(8) 1429-1436   1999年8月   [査読有り]
Chavez AM, Morin MJ, Unno N, Fink MP, Hodin RA
Gut   44(5) 659-665   1999年5月   [査読有り]
Nitric oxide donor-induced hyperpermeability of cultured intestinal epithelial monolayers: role of superoxide radical, hydroxyl radical, and peroxynitrite.
Menconi MJ, Unno N, Smith M, Aguirre DE, Fink MP
Biochimica et biophysica acta   1425(1) 189-203   1998年9月   [査読有り]
Differential expression of inducible nitric oxide synthase messenger RNA along the longitudinal and crypt-villus axes of the intestine in endotoxemic rats.
Morin MJ, Unno N, Hodin RA, Fink MP
Critical care medicine   26(7) 1258-1264   1998年7月   [査読有り]
Unno N, Baba S, Fink MP
The American journal of physiology   274(4) G700-8   1998年4月   [査読有り]
Inhibition of inducible nitric oxide synthase ameliorates endotoxin-induced gut mucosal barrier dysfunction in rats.
Unno N, Wang H, Menconi MJ, Tytgat SH, Larkin V, Smith M, Morin MJ, Chavez A, Hodin RA, Fink MP
Gastroenterology   113(4) 1246-1257   1997年10月   [査読有り]
Nitric oxide-induced hyperpermeability of human intestinal epithelial monolayers is augmented by inhibition of the amiloride-sensitive Na(+)-H+ antiport: potential role of peroxynitrous acid.
Unno N, Menconi MJ, Fink MP
Surgery   122(2) 485-91; discussion 491   1997年8月   [査読有り]
Acidic conditions ameliorate both adenosine triphosphate depletion and the development of hyperpermeability in cultured Caco-2BBe enterocytic monolayers subjected to metabolic inhibition.
Unno N, Menconi MJ, Smith M, Hagen SJ, Brown DA, Aguirre DE, Fink MP
Surgery   121(6) 668-680   1997年6月   [査読有り]
Menconi MJ, Salzman AL, Unno N, Ezzell RM, Casey DM, Brown DA, Tsuji Y, Fink MP
The American journal of physiology   272(5 Pt 1) G1007-21   1997年5月   [査読有り]
Unno N, Menconi MJ, Smith M, Aguirre DE, Fink MP
The American journal of physiology   272(5 Pt 1) G923-34   1997年5月   [査読有り]
Nitric oxide donors increase cytosolic ionized calcium in cultured human intestinal epithelial cells.
Tsuji Y, Unno N, Menconi MJ, Smith M, Fink MP
Shock (Augusta, Ga.)   6(1) 19-24   1996年7月   [査読有り]
Unno N, Menconi MJ, Salzman AL, Smith M, Hagen S, Ge Y, Ezzell RM, Fink MP
The American journal of physiology   270(6 Pt 1) G1010-21   1996年6月   [査読有り]
Nitric oxide mediates interferon-gamma-induced hyperpermeability in cultured human intestinal epithelial monolayers.
Unno N, Menconi MJ, Smith M, Fink MP
Critical care medicine   23(7) 1170-1176   1995年7月   [査読有り]
Salzman AL, Menconi MJ, Unno N, Ezzell RM, Casey DM, Gonzalez PK, Fink MP
The American journal of physiology   268(2 Pt 1) G361-73   1995年2月   [査読有り]
Microvascular anastomosis using a new diode laser system with a contact probe.
Unno N, Sakaguchi S, Koyano K
Lasers in surgery and medicine   9(2) 160-168   1989年   [査読有り]
[Principle of treatment of intermittent claudication due to arteriosclerosis obliterans--reconstruction or conservative treatment].
Hachiya T, Kaneko H, Shiraishi A, Unno N, Baba S, Sakaguchi S, Koyano K
Nihon Geka Gakkai zasshi   93(9) 1040-1042   1992年9月   [査読有り]

Misc

 
われわれの静脈血栓塞栓症に対するDOACの使い分け
山本 尚人, 海野 直樹, 山中 裕太, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山本 希誉仁
日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   49回 [PR36-3]   2019年2月
盲腸0-IIa病変が先進部となった大腸重積症の1例
原田 岳, 林 忠毅, 立田 協太, 宮崎 真一郎, 山本 尚人, 西脇 由朗, 海野 直樹
日本腹部救急医学会雑誌   39(2) 416-416   2019年2月
リンパ浮腫画像検査の実態について 日本形成外科学会認定施設を対象とした全国アンケート調査から
品岡 玲, 海野 直樹, 前川 二郎, 木股 敬裕, 秋田 新介, 藤原 忠美
リンパ学   41(2) 81-85   2018年12月
日本形成外科学会認定施設全318施設にアンケートを行い、36施設から回答を得た。リンパ浮腫の診察を実施していると答えたのは35施設(97%)で、検査の内容は、メジャーによる周径測定が32施設(91%)、インドシアニングリーン蛍光リンパ管造影(ICG-LG)が27施設(77%)、インピーダンス法が13施設(37%)、リンパシンチグラフィが13施設(37%)、SPECT-CTリンパ管造影が4施設(11%)、MRIリンパ管造影が1施設(3%)、CTリンパ管造影が1施設(3%)であった。このうちI...
左腕頭静脈狭窄に対する血管内治療後に心不全を呈した透析シャント高血圧症の1例
斉藤 貴明, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 露木 肇, 山中 裕太, 山本 尚人, 海野 直樹, 竹内 裕也
静脈学   29(3) 413-417   2018年12月
症例は45歳女性。糖尿病性腎症のため左上腕内シャントで透析を行っていた。透析導入から6年後にシャント静脈高血圧による左顔面および左上肢の浮腫が出現し、当科紹介となった。造影CT検査でシャント静脈高血圧の原因となる左腕頭静脈の高度狭窄を認めた。最初に左腕頭静脈の経皮経管的バルーン拡張術を行ったが、3週間後には症状が再燃したため14mm×40mmステント(SMART,Cordis,Dublin,Ohio,USA)留置術を施行した。以降、顔面および上肢の浮腫は軽減したが、術後1ヵ月で左胸水が出現...
大腸穿孔緊急手術症例の初療におけるqSOFAの有用性
立田 協太, 原田 岳, 山中 裕太, 大菊 正人, 宮崎 真一郎, 林 忠毅, 田村 浩章, 山本 尚人, 金井 俊和, 池松 禎人, 西脇 由朗, 海野 直樹
日本外科感染症学会雑誌   15(5) 616-616   2018年10月
治療に難渋した直腸癌骨盤内臓全摘術後複雑性尿路感染の1例
原田 岳, 立田 協太, 山中 裕太, 宮崎 真一郎, 大菊 正人, 林 忠毅, 田村 浩章, 山本 尚人, 金井 俊和, 平山 一久, 池松 禎人, 西脇 由朗, 海野 直樹
日本外科感染症学会雑誌   15(5) 617-617   2018年10月
腹部ステントグラフト内挿術(AFX2)術後に中枢屈曲によりグラフト閉塞を来たした1例
矢田 達朗, 斉藤 貴明, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 片橋 一人, 嘉山 貴文, 山中 裕太, 山本 尚人, 海野 直樹, 竹内 裕也
日本臨床外科学会雑誌   79(増刊) 668-668   2018年10月
指装着型オキシメータによる術中血流モニタリングが有用であった下肢閉塞性動脈硬化症の1例
嘉山 貴文, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 片橋 一人, 矢田 達朗, 山中 裕太, 成瀬 絵奈, 山本 尚人, 竹内 裕也, 海野 直樹
日本臨床外科学会雑誌   79(増刊) 749-749   2018年10月
悪性腫瘍に対する化学療法中に発見された静脈血栓塞栓症の特徴と悪性腫瘍の状態
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太
日本癌治療学会学術集会抄録集   56回 O40-4   2018年10月
4D-flow MRIを用いたEVAR術後II型エンドリークの血行動態学的な検討
片橋 一人, 佐野 真規, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 斉藤 貴明, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太, 露木 肇, 竹内 裕也
脈管学   58(Suppl.) S150-S150   2018年9月
前腕尺側皮静脈転位によるバスキュラーアクセスの有用性
犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太, 露木 肇, 山本 尚人, 海野 直樹, 竹内 裕也
脈管学   58(Suppl.) S155-S156   2018年9月
当院における頸部・上肢静脈血栓症の現状
斉藤 貴明, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 露木 肇, 海野 直樹, 山本 尚人, 山中 裕太
脈管学   58(Suppl.) S162-S162   2018年9月
指装着型オキシメータによる重症虚血肢の評価
嘉山 貴文, 佐野 真規, 犬塚 和徳, 斉藤 貴明, 片橋 一人, 矢田 達朗, 山中 裕太, 成瀬 絵奈, 山本 尚人, 竹内 裕也, 海野 直樹
脈管学   58(Suppl.) S164-S164   2018年9月
皮下脂肪細胞の二次性リンパ浮腫の病態への関与
佐野 真規, 嘉山 貴文, 矢田 達朗, 片橋 一人, 斉藤 貴明, 犬塚 和徳, 海野 直樹, 竹内 裕也
脈管学   58(Suppl.) S167-S167   2018年9月
左大腿動脈閉塞性動脈硬化症に対し血管内治療を施行され治療に苦慮した1例
山中 裕太, 山本 尚人, 嘉山 貴文, 矢田 達朗, 片橋 一人, 斎藤 貴明, 佐野 真規, 山本 希誉人, 犬塚 和徳, 海野 直樹, 竹内 裕也
脈管学   58(Suppl.) S235-S235   2018年9月
血管壁に異常出現する脂肪細胞が腹部大動脈瘤破裂に及ぼす影響の評価
財満 信宏, 久後 裕菜, 田中 宏樹, 佐々木 健, 浦野 哲盟, 海野 直樹, 森山 達哉
脈管学   58(Suppl.) S255-S255   2018年9月
EPA高含有魚油投与が腹部大動脈瘤の進展と破裂に及ぼす影響の評価
久後 裕菜, 財満 信宏, 田中 宏樹, 柳本 賢一, 佐々木 健, 浦野 哲盟, 海野 直樹, 森山 達哉
脈管学   58(Suppl.) S255-S255   2018年9月
当科における腸骨・腹部大動脈瘤に対する腸骨動脈分岐用デバイスの使用経験
山中 裕太, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 竹内 裕也, 海野 直樹, 山本 尚人
日本臨床外科学会雑誌   79(7) 1548-1548   2018年7月
線維筋性異形成が原因と考えられた両側腋窩動脈瘤の1例
斉藤 貴明, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 海野 直樹, 山本 尚人, 竹内 裕也
日本血管外科学会雑誌   27(3) 209-212   2018年6月
腋窩動脈瘤は比較的稀な疾患である。その成因は反復性外傷や医原性、胸郭出口症候群やMarfan症候群などの全身疾患に伴うものなどが報告されているが、線維筋性異形成(Fibromuscular dysplasia;FMD)によるものは極めて稀である。症例は68歳の女性。発熱の原因精査のための造影CT検査にて右最大径40×長さ69mm、左最大径39×長さ67mmの両側腋窩動脈瘤を指摘され当科紹介となった。全身麻酔下に両側鎖骨下アプローチで動脈瘤切除、両側ともに8mm外部サポート付きニットダクロン...
4D-flow MRIを用いた腹部大動脈瘤分枝の血行動態解析 2型エンドリークとEVAR術後瘤径増大の術前予測因子の検討
片橋 一人, 佐野 真規, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太
日本血管外科学会雑誌   27(Suppl.) SS(M)1-4   2018年6月
静脈血栓塞栓症に対する治療戦略とエビデンス 静脈血栓塞栓症に対する治療方針とその変遷
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太, 山本 希誉仁
日本血管外科学会雑誌   27(Suppl.) S3-2   2018年6月
EVAR術後の瘤径変化に対する抗凝固・抗血小板剤の影響についての検討
斉藤 貴明, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太, 海野 直樹, 山本 尚人
日本血管外科学会雑誌   27(Suppl.) PR12-7   2018年6月
ICGリンパ管造影検査による健康成人69人の上肢リンパ管走行の解剖学的検討
杉澤 良太, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 斉藤 貴明, 佐野 真規, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太
日本血管外科学会雑誌   27(Suppl.) O25-2   2018年6月
下腿血管病変を伴うPAD症例における全身状態評価と生命予後予測
佐野 真規, 嘉山 貴文, 矢田 達朗, 片橋 一人, 斉藤 貴明, 犬塚 和徳, 海野 直樹
日本血管外科学会雑誌   27(Suppl.) O26-3   2018年6月
指装着型オキシメータによるPAD症例の下肢血流評価
嘉山 貴文, 佐野 真規, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 山中 裕太
日本血管外科学会雑誌   27(Suppl.) P33-1   2018年6月
解離性大動脈瘤破裂に対してTEVARによるentry閉鎖後、偽腔コイル塞栓術を追加した1例
山本 希誉仁, 山本 尚人, 田中 敬三, 平岩 卓根, 海野 直樹
日本血管外科学会雑誌   27(Suppl.) P25-2   2018年6月
有症状肺動脈血栓塞栓症の傾向と特徴 その予防と対策のために
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太
静脈学   29(1) 33-40   2018年5月
【背景】有症状肺動脈血栓塞栓症(pulmonary thromboembolism;PTE)は医療行為中に発症する重篤な合併症である。これまでわれわれが経験した有症状PTE症例を振り返り今後のさらなる予防対策を検討することを目的とした。【対象と方法】2005年以降に経験した静脈血栓塞栓症患者600例中有症状PTE患者75例を検討対象とした。PTE発症場所は院内と院外に分けた。手術や外傷後の症例(外科系)とそれ以外(非外科系)に分け検討した。【結果】院内38例(外科系23例、非外科系15例)...
新しいラット二次性リンパ浮腫モデルの開発とヒトリンパ浮腫との比較
佐野 真規, 山中 裕太, 嘉山 貴文, 矢田 達朗, 片橋 一人, 斉藤 貴明, 犬塚 和徳, 山本 尚人, 海野 直樹
静脈学   29(2) 179-179   2018年5月
下肢手術後に呈したリンパ漏をICG蛍光リンパ管造影検査で同定した2例
山中 裕太, 嘉山 貴文, 山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗
静脈学   29(2) 182-182   2018年5月
医療事故の再発防止に向けた提言を受けての当院での取り組みと、圧迫療法による医療関連機器圧迫創予防ケア ジレンマを抱えて
山本 尚人, 海野 直樹
静脈学   29(2) 230-230   2018年5月
静脈血栓塞栓症:末梢型(下腿型)深部静脈血栓症をどう治療するか? われわれの下腿型DVTに対する治療選択
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太
静脈学   29(2) 245-245   2018年5月
下大静脈フィルターの抜去:合併症と抜去技術 下大静脈フィルターの長期留置における破損状況の検討
佐野 真規, 山本 尚人, 山中 裕太, 嘉山 貴文, 矢田 達朗, 片橋 一人, 斉藤 貴明, 犬塚 和徳, 海野 直樹
静脈学   29(2) 249-249   2018年5月
高ホモシステイン血症を伴う下大静脈血栓症に憩室出血を併発しIVCフィルターを要した一例
杉澤 良太, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 斉藤 貴明, 佐野 真規, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太
静脈学   29(2) 258-258   2018年5月
右心不全ともなう外傷性浅大腿動静脈瘻に対してステントグラフト内挿術を施行した1例
犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太, 海野 直樹, 竹内 裕也
静脈学   29(2) 273-273   2018年5月
有症状深部静脈血栓症診療の変化
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太
日本血栓止血学会誌   29(2) 172-172   2018年5月
下肢神経障害をきたした巨大遺残坐骨動脈瘤の1例
嘉山 貴文, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 犬塚 和徳, 山本 尚人, 海野 直樹
日本血管外科学会雑誌   27(2) 69-72   2018年4月
症例は73歳女性。左下腿脱力しびれを主訴に近医を受診した。左臀部から大腿に圧痛を伴う非拍動性腫瘤を触知し左下腿筋群の筋力低下と脛骨神経・総腓骨神経領域の知覚障害を認めた。造影CT検査では左臀部から大腿下部に最大短径60mmの血栓閉塞した遺残坐骨動脈瘤を認め膝窩動脈以下は大腿深動脈からの側副路により造影された。動脈瘤の圧迫による坐骨神経障害の診断で当科に紹介入院となった。全身麻酔下に腹臥位で動脈瘤を露出した。脛骨神経・総腓骨神経は動脈瘤に高度に癒着しており神経を温存しつつ可及的に瘤切除術を施...
腎門部腎動脈瘤に対する鏡視下腎摘、ex vivo動脈瘤切除・血管形成、自家腎移植の有用性
犬塚 和徳, 海野 直樹, 山本 尚人, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太, 竹内 裕也
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 1191-1191   2018年4月
外科系悪性腫瘍に対する化学療法中に発症したVTE症例の特徴
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太, 宮崎 真一郎
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 1195-1195   2018年4月
当科で侵襲的治療を行った腹部内臓動脈瘤25例の検討
片橋 一人, 犬塚 和徳, 海野 直樹, 山本 尚人, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太, 竹内 裕也
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 2077-2077   2018年4月
指装着型オキシメータを用いた新たな非侵襲下肢血流評価方法の検討
嘉山 貴文, 犬塚 和徳, 海野 直樹, 山本 尚人, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 山中 裕太, 竹内 裕也
日本外科学会定期学術集会抄録集   118回 2081-2081   2018年4月
消化器悪性腫瘍治療中に生じた静脈血栓塞栓症の検討
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 西脇 由朗, 池松 禎人, 金井 俊和, 平山 一久, 田村 浩章, 林 忠毅, 大菊 正人, 宮崎 真一郎, 関本 晃, 立田 協太
日本臨床外科学会雑誌   79(3) 633-633   2018年3月
慢性解離性大動脈瘤のre-entry閉鎖にカバードステント留置とAFXによるEVARを行った1例
山本 希誉仁, 山本 尚人, 夫津木 綾乃, 田中 敬三, 平岩 卓根, 海野 直樹
日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 610-610   2018年2月
静脈血栓塞栓症治療の変遷
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山中 裕太, 平岩 卓根, 田中 敬三, 山本 希誉仁, 夫津木 綾乃
日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回 929-930   2018年2月
血管生物学 腹部大動脈瘤のモデル動物
田中 宏樹, 海野 直樹
医学のあゆみ   263(7) 605-607   2017年11月
深部静脈血栓症の治療法選択 深部静脈血栓症に対する治療選択の変遷
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
日本臨床外科学会雑誌   78(増刊) 424-424   2017年10月
指装着型オキシメータを用いて上腸間膜動脈血栓塞栓症の腸管血流を術中評価した1例
嘉山 貴文, 犬塚 和徳, 海野 直樹, 山本 尚人, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 竹内 裕也
日本臨床外科学会雑誌   78(増刊) 825-825   2017年10月
リンパ浮腫の病理、病態について最近の知見
海野 直樹, 佐野 真規, 犬塚 和徳, 斎藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山本 尚人
脈管学   57(Suppl.) S92-S92   2017年10月
ICGリンパ管造影検査による健常人157人の下肢リンパ管走行の解剖学的検討
斉藤 貴明, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 山本 尚人, 海野 直樹
脈管学   57(Suppl.) S127-S127   2017年10月
Phosphodiesterase3阻害薬による大動脈瘤破裂抑制効果についての実験的検討
矢田 達朗, 田中 宏樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 嘉山 貴文, 山本 尚人, 浦野 哲盟, 海野 直樹
脈管学   57(Suppl.) S129-S129   2017年10月
孤立性上腸間膜動脈解離の発症に関与する血流力学的影響の検討
犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 海野 直樹, 山本 尚人
脈管学   57(Suppl.) S182-S182   2017年10月
当院における腹部内臓動脈瘤19例の治療経験
片橋 一人, 犬塚 和徳, 海野 直樹, 山本 尚人, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 竹内 裕也
脈管学   57(Suppl.) S182-S183   2017年10月
大動脈食道瘻に対してTEVARのみを行い良好な経過をたどった1例
山本 希誉仁, 山本 尚人, 夫津木 綾乃, 田中 敬三, 平岩 卓根, 海野 直樹
脈管学   57(Suppl.) S250-S250   2017年10月
指装着型オキシメータを用いて透析シャント血流過多を評価した1例
嘉山 貴文, 山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗
脈管学   57(Suppl.) S263-S263   2017年10月
膀胱内BCG注入療法後に発生した結核性腹部大動脈周囲膿瘍の1例
山中 裕太, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 竹内 裕也, 海野 直樹, 山本 尚人
日本外科感染症学会雑誌   14(5) 589-589   2017年10月
悪性腫瘍治療時期別にみたcancer associated thrombosisと予後
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 嘉山 貴文, 矢田 達朗
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 O32-3   2017年10月
感染性腹部大動脈瘤に対しRifampicin浸漬人工血管置換術を施行した1例
矢田 達朗, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 嘉山 貴文
日本臨床外科学会雑誌   78(7) 1659-1659   2017年7月
周術期以外でも消化器悪性腫瘍に伴う静脈血栓塞栓症予防は必要である
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 倉地 清隆, 神谷 欣志, 坂口 孝宣, 菊池 寛利, 今野 弘之
日本消化器外科学会総会   72回 PM8-4   2017年7月
末梢動脈疾患の新しい非侵襲的血流評価法 指装着型オキシメータの臨床応用
矢田 達朗, 犬塚 和徳, 山本 尚人, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 嘉山 貴文, 海野 直樹
日本血管外科学会雑誌   26(Suppl.) YIA-8   2017年6月
腎動脈瘤に対する鏡視下腎摘、ex vivo動脈瘤切除・血管形成、自家腎移植の経験
犬塚 和徳, 海野 直樹, 山本 尚人, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
日本血管外科学会雑誌   26(Suppl.) O25-7   2017年6月
当科における産科危機的出血に対するIVR施行例の検討
斉藤 貴明, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
日本血管外科学会雑誌   26(Suppl.) P31-10   2017年6月
腹部大動脈瘤の破裂機構の解明と破裂予防法の検討
財満 信宏, 久後 裕菜, 田中 宏樹, 柳本 賢一, 佐々木 健, 浦野 哲盟, 海野 直樹, 森山 達哉
脂質生化学研究   59 43-43   2017年6月
肺塞栓症を契機に発見された膝窩静脈Venous Aneurysmの1例
斉藤 貴明, 犬塚 和徳, 海野 直樹, 山本 尚人, 佐野 真規, 杉澤 良太
静脈学   28(3) 301-304   2017年6月
膝窩静脈性血管瘤(popliteal venous aneurysm;PVA)は限局的拡張病変で稀な疾患である。無症状のことが多いが、肺塞栓症の原因となることがあり、外科治療の適応となる。症例は62歳女性。呼吸困難を主訴に当院救急外来を受診し、造影CT検査で両側肺動脈塞栓症および内腔に血栓を有し多発する右PVAを認めた。当院入院後、血栓溶解療法と抗凝固療法により、呼吸症状は改善したが、肺塞栓症の原因となったPVAに対して手術を行うこととした。腹臥位での後方アプローチで、PVAの中枢側は縫縮...
血管外科における他科連携手術の現状
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
日本外科系連合学会誌   42(3) 520-520   2017年5月
【動脈・静脈の疾患(上)-最新の診断・治療動向-】 動脈・静脈疾患(四肢体幹) 深部静脈血栓症 深部静脈血栓症に対する治療
山本 尚人, 海野 直樹
日本臨床   75(増刊4 動脈・静脈の疾患(上)) 510-513   2017年5月
VTE 安全管理と院内発症APEの予防 有症状肺血栓塞栓症の傾向と特徴 その予防と対策のために
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
静脈学   28(2) 165-165   2017年5月
中枢静脈の狭窄がシャント過剰血流による心不全リスクを抑制していたシャント静脈高血圧の1例
杉澤 良太, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 田中 宏樹, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
静脈学   28(2) 199-199   2017年5月
肺塞栓症を契機に発見された右膝窩静脈の静脈性血管瘤の1例
斉藤 貴明, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
静脈学   28(2) 204-204   2017年5月
左大腿部脂肪肉腫術後リンパ漏をICG蛍光リンパ管造影検査で同定した1例
嘉山 貴文, 山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗
静脈学   28(2) 206-206   2017年5月
血管壁に異常出現した脂肪細胞が腹部大動脈瘤破裂を誘導する
久後 裕菜, 財満 信宏, 田中 宏樹, 毛利 陽平, 柳本 賢一, 佐々木 健, 浦野 哲盟, 海野 直樹, 森山 達哉
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   71回 340-340   2017年4月
術後有症状VTE症例の発症時期と患者背景の特徴
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 SF-02   2017年4月
腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術後2型エンドリーク症例の動脈瘤分枝血管に対する4D-flow MRIを用いた血行動態学的解析
片橋 一人, 海野 直樹, 竹原 康雄, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 今野 弘之
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 SF-09   2017年4月
腹腔鏡下部直腸腫瘍に対する直腸反転法超低位前方切除術の検討
倉地 清隆, 山本 真義, 原田 岳, 石松 久人, 阪田 麻裕, 川村 崇文, 石川 慎太郎, 小坂 隼人, 鈴木 雄飛, 鈴木 克徳, 海野 直樹
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 SF-35   2017年4月
治療成績から考える破裂性腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の位置づけ
犬塚 和徳, 海野 直樹, 山本 尚人, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 PS-060   2017年4月
地域の災害医療を支えるために外科医に必要な能力とは?
高橋 善明, 神谷 欣志, 坂口 孝宣, 海野 直樹, 吉野 篤人, 今野 弘之
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 PS-166   2017年4月
脾摘後門脈血栓発症の予測因子と治療戦略
柴崎 泰, 坂口 孝宣, 山本 尚人, 古橋 暁, 木内 亮太, 武田 真, 平出 貴乗, 森田 剛文, 菊池 寛利, 海野 直樹
日本外科学会定期学術集会抄録集   117回 PS-213   2017年4月
腹部大動脈瘤モデル動物の病理組織像 既存モデルのヒトとの相違と新規モデルの優位性
田中 宏樹, 海野 直樹, 佐野 秀人, 鈴木 優子, 浦野 哲盟
日本血栓止血学会誌   28(2) 239-239   2017年4月
一期的手術を施行したS状結腸癌を合併した腹部大動脈瘤の1例
嘉山 貴文, 犬塚 和徳, 海野 直樹, 山本 尚人, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 今野 弘之
日本臨床外科学会雑誌   78(3) 624-624   2017年3月
シャント血流過剰に対する人工血管を用いた修復
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 77-77   2017年2月
前腕尺側皮静脈を用いたバスキュラーアクセスの成績と意義
犬塚 和徳, 海野 直樹, 山本 尚人, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回 78-78   2017年2月
巨大膝窩動脈瘤に対して内側・後方アプローチが有用であった1例
嘉山 貴文, 山本 尚人, 佐野 真規, 矢田 達朗, 片橋 一人, 杉澤 良太, 斉藤 貴明, 犬塚 和徳, 海野 直樹
血管外科   35(1) 85-89   2016年11月
症例は74歳、男性。左下肢痛で前医救急外来を受診し、下肢造影CTで血栓閉塞した左膝窩動脈瘤(67mm)、右膝窩動脈瘤(47mm)、右大腿深動脈瘤(32mm)、左大腿深動脈瘤(20mm)を指摘され、緊急左膝窩動脈瘤切除・人工血管置換術を施行された。約1ヵ月後に、右膝窩動脈瘤と右大腿深動脈瘤に対して瘤切除・人工血管置換術を施行された。術後、前医外来にて経過観察されていたが、左膝窩動脈中枢側吻合部に新たに生じた動脈瘤が増大し、初回手術より7年後に手術目的に当科を紹介受診された。内側・後方の両方向...
EVAR術後type II endoleakの遷延、瘤径増大に影響を及ぼすendoleak分枝について、4D-flowMRIによる血行動態学的危険因子の検討
片橋 一人, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
脈管学   56(Suppl.) S125-S125   2016年10月
術後静脈血栓塞栓症を合併した悪性腫瘍症例の予後と血栓症因子の関連
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
脈管学   56(Suppl.) S150-S150   2016年10月
ヒト大動脈の外膜血管・リンパ管の分布と大動脈疾患による変化
佐野 真規, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
脈管学   56(Suppl.) S153-S153   2016年10月
脾摘後門脈血栓症に対しrivaroxabanが有効であった1例
柴崎 泰, 坂口 孝宣, 古橋 暁, 木内 亮太, 武田 真, 平出 貴乗, 森田 剛文, 菊池 寛利, 山本 尚人, 海野 直樹, 今野 弘之
日本臨床外科学会雑誌   77(増刊) 963-963   2016年10月
総合 難治がん・難治病態に対する挑戦 悪性腫瘍治療中に有症状静脈血栓塞栓症を合併した症例の予後
山本 尚人, 海野 直樹, 神谷 欣志, 坂口 孝宣, 倉地 清隆, 菊池 寛利, 原田 岳, 松本 知拓, 今野 弘之
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 MS1-4   2016年10月
消化器癌を合併した有症状静脈血栓塞栓症患者の予後不良因子の検討
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 今野 弘之
日本消化器外科学会総会   71回 P3-60   2016年7月
血管内治療とバイパス手術のコンビネーションで、より長い救肢期間を獲得する
相良 大輔, 小谷野 憲一, 鈴木 実, 田中 宏樹, 海野 直樹
日本血管外科学会雑誌   25(Suppl.) 191-191   2016年6月
静脈血栓塞栓症に対するカテーテル血栓溶解療法と下大静脈フィルターの当科での適応と施行頻度
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
日本血管外科学会雑誌   25(Suppl.) 266-266   2016年6月
孤立性上腸間膜動脈解離の好発部位に関する血流力学的検討
犬塚 和徳, 海野 直樹, 山本 尚人, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
日本血管外科学会雑誌   25(Suppl.) 271-271   2016年6月
EVAR術後6ヵ月における抗血小板・抗凝固剤とendoleakの関連についての検討
斉藤 貴明, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
日本血管外科学会雑誌   25(Suppl.) 282-282   2016年6月
CLI症例の全身状態評価と生命予後について
佐野 真規, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 海野 直樹
日本血管外科学会雑誌   25(Suppl.) 304-304   2016年6月
リンパ浮腫患者のケアにおける患肢挙上の効果の検討 ICG蛍光造影法を用いたリンパ駆出圧の測定
杉澤 良太, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 田中 宏樹, 佐野 真規, 斎藤 貴明, 片橋 一人, 矢田 達郎, 嘉山 貴文
日本血管外科学会雑誌   25(Suppl.) 342-342   2016年6月
近年のAAAと消化器疾患合併症例の治療戦略
矢田 達朗, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 嘉山 貴文
日本血管外科学会雑誌   25(Suppl.) 455-455   2016年6月
下肢神経症状をきたした遺残坐骨動脈瘤の1例
嘉山 貴文, 犬塚 和徳, 海野 直樹, 山本 尚人, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗
日本血管外科学会雑誌   25(Suppl.) 476-476   2016年6月
4D-Flow MRIによってELのtype分類ができた馬蹄腎を伴うEVARの1例
片橋 一人, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 矢田 達朗, 嘉山 貴文, 今野 弘之
日本血管外科学会雑誌   25(Suppl.) 520-520   2016年6月
悪性腫瘍とVTE 悪性腫瘍を合併した静脈血栓塞栓症患者における予後と血栓症因子の関連
山本 尚人, 海野 直樹, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
静脈学   27(2) 116-116   2016年5月
ICGリンパ管造影検査による下肢リンパ管走行の解剖学的検討
斉藤 貴明, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
静脈学   27(2) 211-211   2016年5月
利き肢と非利き肢におけるリンパ駆出圧の比較
杉澤 良太, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 佐野 真規, 斎藤 貴明, 片橋 一人, 矢田 達郎, 嘉山 貴文
静脈学   27(2) 211-211   2016年5月
リンパ鬱滞の治療 リンパ浮腫皮膚由来線維芽細胞を用いたエイコサペント酸エチルの二次性リンパ浮腫に対する治療効果の検討
佐野 真規, 海野 直樹, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
静脈学   27(2) 214-214   2016年5月
前腕の尺側皮静脈転移による透析用ブラッドアクセスの早期成績
犬塚 和徳, 海野 直樹, 山本 尚人, 佐野 真規, 斉藤 貴明, 杉澤 良太, 片橋 一人, 矢田 達朗, 嘉山 貴文
静脈学   27(2) 223-223   2016年5月

書籍等出版物

 
海野 直樹, 今野 弘之
メジカルビュー社   2015年   ISBN:9784758315197

特許

 
海野 直樹, 斉藤 貴明, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 田中 宏樹
海野 直樹, 斉藤 貴明, 山本 尚人, 犬塚 和徳, 田中 宏樹
海野 直樹, 服部 貴應, 三輪 光春
海野 直樹, 服部 貴應, 三輪 光春
海野 直樹, 田中 宏樹, 眞野 勇記, 佐野 真規, 財満 信宏, 瀬藤 光利, 佐々木 健
瀬藤 光利, 財満 信宏, 海野 直樹, 田中 宏樹