中村 亮

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/26 12:38
 
アバター
研究者氏名
中村 亮
 
ナカムラ リョウ
URL
http://resweb2.jhk.adm.fukuoka-u.ac.jp/FukuokaUnivHtml/info/7344/R107J.html
所属
福岡大学
部署
人文学部
職名
准教授
学位
博士(文学)(名古屋大学), 修士(文学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
40508868

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
福岡大学 人文学部 准教授
 
2016年10月
 - 
2019年3月
国立民族学博物館 共同研究員
 
2016年5月
 - 
2018年3月
国立民族学博物館 人類文明誌研究部 外来研究員
 
2014年6月
 - 
2018年3月
福井県立大学 海洋生物資源学部 研修員
 
2014年4月
 - 
2018年3月
福井県里山里海湖研究所 研究員
 
2014年4月
 - 
2016年4月
総合地球環境学研究所 研究部 外来研究員
 
2008年4月
 - 
2014年3月
総合地球環境学研究所 研究部 プロジェクト研究員
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2008年3月
名古屋大学 大学院文学研究科 比較人文学講座博士後期課程 修了
 
2001年4月
 - 
2003年3月
名古屋大学 大学院文学研究科 比較人文学講座博士前期課程 修了
 

委員歴

 
2016年7月
 - 
2018年3月
三方五湖世界農業遺産推進協議会  有識者
 
2017年1月
 - 
2017年3月
平成28年度海外水産振興政策基礎調査委員会  委員
 
2011年6月
 - 
2012年3月
文化遺産国際協力コンソーシアム・アフリカ分科会  委員
 

論文

 
刺し網漁とジュゴン混獲:スーダン紅海北部ドンゴナーブ湾海洋保護区の事例
中村亮, Adel Mohamed Saleh
アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明   7 95-104   2019年3月   [査読有り]
Bycatch: an accidental death of protected animals such as dugong by gillnets is a problem. In order to establish a model of harmonious co-existence between local fishery and dugongs in a Marine Protected Area (MPA) through the consideration of a p...
福井県小浜市内外海地域の郷土食ナレズシを活用した地域振興の可能性を探る
中村亮
地域漁業研究   58(3) 120-127   2018年9月   [査読有り]
The decreasing population in seashore societies in Japan is a serious problem. Some fishing villages cannot use and manage well their coastal resources because of the lack of number of fishers. For the continued existence of seashore societies, it...
彌美神社例大祭をめぐる公共人類学的研究
中村 亮
福井県里山里海湖研究所年報2018   1 44-53   2018年7月
タンザニア南部キルワ島にみるスワヒリ漁業経済の変容
中村亮
アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明   6 49-59   2018年3月   [査読有り]
With the resent increase in food-fish demand, socio-economic changes are arriving in the Swahili maritime society, especially on the Kilwa Island. A highway road integrating the island to the metropole center was completed in 2013. The island had ...
ナレズシがつなぐ地域社会:里売りネットワークの活かし方をさぐる
中村亮
福井県里山里海湖研究所年報2017   43-51   2017年6月
メンバーの研究紹介と研究成果
中村亮
アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明   5 249-271   2017年3月
東アフリカ・スワヒリ海岸キルワ島における精霊ジニ信仰
中村亮
宗教研究 別冊   (90) 136-137   2017年3月
北潟湖の里湖文化:寒ブナ漁にみる資源利用と管理の地域知
中村亮
福井県里山里海湖研究所年報2016   35-42   2016年6月
中村亮、北窓時男
アフリカ研究   87 29-36   2015年5月   [査読有り]
中村亮, Adel Mohamed Saleh
アフリカ研究   (87) 77-90   2015年5月   [査読有り]
本稿では,海洋保護区において漁民と保護動物ジュゴンがいかに調和的に共存可能かについて,スーダン紅海北部ドンゴナーブ湾海洋保護区の漁撈活動より考察する。77漁場の水深と底質を分析した結果,水深30 m以下の漁場が84%,底質がサンゴ礁の漁場が70%であった。この海域の漁撈活動は,サンゴ礁に生息する魚介類を主な漁獲対象とし,浅海の利用頻度が高い傾向がある。湾外の水深40~50 mの深い海は,高級魚スジハタ (Plectropomus maculatus) の漁場である。スジハタは産卵期 (5~...
Tomohiro Teraminami, Atsushi Nakashima, Mao Ominami, Naoko Matsuo, Ryo Nakamura, Hiroshi Nawata, Abdelwahab A. Abdelwahab, Amgad A. El-Shaffai, Ken Yoshikawa
Landscape and Ecological Engineering   10 285-293   2014年1月   [査読有り]
We examined the effects of shoot position on shoot growth and morphology of Avicennia marina (Forssk.) Vierh. in the Red Sea coastal region of Egypt. To determine differences in morphological characteristics, we collected shoots from the upper and...
Ryo NAKAMURA
AWERProcedia Advances in Applied Sciences   1 364-370   2013年8月   [査読有り]
This study analyzed the exploitation and sharing of coastal resources in Swahili maritime society, where many ethnic groups intersect. Bantu people and people of Arab/Persian descent have long coexisted in the use of fishery resources on Kilwa Isl...
Utumiaji wa mikoko katika Kilwa Kisiwani, kusini mwa mwambao wa kiswahili, Tanzania (in Swahili with English abstract)
Ryo NAKAMURA
African Religious Dynamics   1 111-125   2013年3月
スワヒリ海村キルワ島の漁撈文化:バントゥ起源の内海漁撈とアラブ起源の外海漁撈
中村亮
イスラーム圏アフリカ論集   5 135-162   2013年2月
This paper examines the detail of fishery practiced on Kilwa, a Swahili island off the south coast of Tanzania. The maritime environment of Kilwa Island surrounded by mangrove and coral reef consists of three ecological sea zones (ecozone): an inl...
メンバーによる研究紹介:中村亮
中村亮
アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明   2 179-186   2012年12月   [査読有り]
Maritime Environments of Swahili Civilizations: The Mangrove Inland Sea of Kilwa Island, Tanzania
Ryo NAKAMURA
Afro-Eurasian Inner Dry Land Civilizations   1 81-89   2012年3月   [査読有り]
Ryo NAKAMURA
SHIMA: The International Journal of Research into Island Cultures   5(1) 44-68   2011年4月   [査読有り]
Ryo NAKAMURA
Annals of Japan Association for Middle East Studies   26(1) 215-240   2010年7月   [査読有り]
東アフリカのスワヒリ海岸はアフリカでも有数のマングローブ面積を保有する地域である。ここのマングローブは、紀元前よりのインド洋交易をつうじて、木材資源が少ないアラブ・ペルシャ地域へ建築材として輸出されてきた歴史背景をもつ。スワヒリ海岸のなかでも、タンザニア南部のルフィジ川流域とキルワ沿岸部は、国内のマングローブ面積の64%(69,785ha)を保有する海資源の豊かな地域である[Wang et al.2002]。本論文の目的は、タンザニア南部のキルワ島を事例に、住民によるマングローブ資源利用の...
スワヒリ海村キルワ島のバントゥ系住民とアラブ系住民の居住空間の棲み分け
中村亮
イスラーム圏アフリカ論集   4 153-162   2008年3月
中村 亮
アフリカ研究   71 1-19   2007年12月   [査読有り]
スワヒリ海岸南部の河口域に立地する隆起サンゴと砂洲に由来する小島キルワ島は, 波風の穏やかなマングローブの内海と, 波風の荒いサンゴ礁をもつ外海とに囲まれている。人々の生活はこのような対照的な二つの海の利用のうえに成り立ち, キルワ島の船の文化もこうした海環境に対応して展開している。キルワ島には5種類の船 (丸木舟, 平底船, ダウ船, マシュア船, 船外機付ボート) があるが, それらの船は内海専用の小舟 (丸木舟と平底船) と, 外海でも使用可能な竜骨構造船 (ダウ船, マシュア船, ...
旧海洋イスラーム王国キルワ島にみるスワヒリ海村の構造(博士論文)
中村亮
名古屋大学      2007年11月
中村亮
比較人文学研究年報   4 49-62   2007年3月   [査読有り]
本稿では,スワヒリ海岸キルワ島の海環境と居住空間との関係を分析してゆく。その結果,現在の村落は,マングローブに囲まれた「内海」と,マングローブとサンゴ礁環境を兼ね備えた「境海」に接した,島の北西岸に形成されていることが分かった。キルワ王国の石造遺跡の分布も,王国時代の居住空間がここにあったことを示している。キルワ島では,内海と境海を中心に漁撈活動が営まれており,村落の立地は,このどちらの海の利用にも適している。また,インド洋から奥まっているので,キルワ王国にとって防衛の観点からしてもよい場...
滅亡したキルワ王国の石造遺跡と遺跡をめぐる信仰
中村亮
アフリカ伝統王国研究   3 282-306   2006年6月
This paper studies how the historical ruins of a perished Kingdom are lived by the population who live among them by examining a case of Kilwa Kisiwani, Swahili coast island, situated in the southern coast region of the United Republic of Tanzania...

Misc

 
中村亮
フィールドで出会う風と人と土(編集:田中樹、宮嵜英寿、石本雄大)   2 79-83   2018年2月
乾燥地の水辺の魅力
中村亮
沙漠学会沙漠誌分科会ニューズレター   4 7-9   2016年3月
水辺の環境保全をめぐる二つの事例
中村亮
第20回水シンポジウム inふくい報告書   108-112   2015年8月
Resources Uses of Coastal Fisheries in Sudan
Adel Mohamed SALEH, Ryo NAKAMURA, and Moamer Elraib Ali MOHAMAD
Abstracts of RIHN 8th International Symposium: Risk Societies, Edge Environments   3   2013年10月
Maritime Anthropology on Fishery in Jizan and Farasan Islands, Southern Part of the Red Sea in the Kingdom of Saudi Arabia (13 March to 29 March, 2013)
Ryo NAKAMURA
A Study of Human Impacts on Mangrove Habitats along the Northern and Southern Parts of the Red Sea Coast in the Kingdom of Saudi Arabia. (2011-2013)   1-22   2013年3月
Maritime Anthropology along the Red Sea in Sudan: Fishing Culture in Dungonab and Boat Culture in Suakin
Ryo NAKAMURA
Investigative Report 2012: A Study of Human Subsistence Ecosystems in Arab Societies along the Red Sea in Sudan (2011-2013)   73-86   2012年8月
Mangrove Inland Sea and Swahili Civilizations: A Case Study on Kilwa Island, Southern Swahili Coast, Tanzania
Ryo NAKAMURA
Progress report on previous research for Tanzania Commission for Science and Technology, Tanzania   1-10   2012年4月
風と潮にいきるひとびと:スワヒリ海岸キルワ島の魚柵漁
中村亮
BIOSTORY   16 68-69   2011年12月
Anthropological Study on the Ababda Maritime Society in the Southern Parts of the Red Sea Coast in Egypt
Ryo NAKAMURA
Investigative Report: Study of Human Impacts on Mangrove Habitats in Egypt (2009-2013)   12-21   2010年8月
男子割礼にともなう唄の文化:タンザニア南部の島社会と伝統
中村亮
地球研ニュース   (25) 9   2010年4月
Socio-Cultural Structure in Swahili Maritime Society: From the Case of Kilwa Island, Southern Swahili Coast, Tanzania
Ryo NAKAMURA
Progress report on previous research for Tanzania Commission for Science and Technology, TanzaniaProgress report on previous research for Tanzania Commission for Science and Technology, Tanzania   1-25   2010年3月
Seafood Preservation and Economic Strategy in a Maritime Society: A Case Study of the Dried Fish Trade in Kilwa Kisiwani on the Southern Swahili Coast
Ryo NAKAMURA
Comparative Perspectives on Moral Economy: Africa and Southeast Asia, SUGIMURA Kazuhiko (ed.)   195-209   2009年2月
Maritime Environment and Life of the Former Islamic Kilwa Kingdom formed at Mangrove Inland Sea
Ryo NAKAMURA
Progress report on previous research for Tanzania Commission for Science and Technology, Tanzania   1-12   2008年3月
Dried Fish Trade and Moral Economy of Kilwa Kisiwani on the Southern Swahili Coast: On the Seafood Keep and the Economic Strategy of Maritime Society
Ryo NAKAMURA
Progress report on previous research for Tanzania Commission for Science and Technology, Tanzania   1-15   2007年3月
On The Local Trading of Dried Fish
Ryo NAKAMURA
Progress report on previous research for Tanzania Commission for Science and Technology, Tanzania   1-14   2004年3月
書評:早川千晶著『アフリカ日和』
中村亮
アフリカ研究   62 89-91   2003年3月
A Maritime Ethnography on Kilwa Kisiwani, Swahili Coast
Ryo NAKAMURA
Progress report on previous research for Tanzania Commission for Science and Technology, Tanzania   1-11   2003年3月

書籍等出版物

 
民俗学読本:フィールドへのいざない、髙岡弘幸・島村恭則・川村清志・松村薫子編
中村 亮 (担当:分担執筆, 範囲:21世紀のフィールドワークに向けて:福井県小浜市田烏のナレズシをめぐる地域振興と文化人類学、pp.165-180.)
晃洋書房   2019年11月   ISBN:9784771032668
アフリカ漁民文化論:水域環境保全の視座、今井一郎編
中村 亮 (担当:分担執筆, 範囲:アフリカ漁民文化の研究(今井と共著), pp.9-25、アフリカ漁民社会の地域振興と資源管理の課題:タンザニア南部キルワ島の「魚景気」から, pp.269-291.)
春風社   2019年3月   ISBN:978861106439
中村亮 (担当:分担執筆, 範囲:隠された文化遺産:タンザニア南部キルワ島の世界遺産をめぐる観光と信仰、pp.99-119.)
臨川書店   2017年5月   ISBN:4653043620
中村亮/アーディル・ムハンマド・サーリフ (担当:分担執筆, 範囲:乾燥地のサンゴ礁海をめぐる資源の利用と管理:スーダン紅海沿岸ドンゴナーブ村の漁撈文化, pp.285-324.)
臨川書店   2015年3月   ISBN:4653042152
アーディル・モハメド・サーリフ/中村亮 (担当:分担執筆, 範囲:漁師とジュゴンの共存をめざして:スーダン紅海北部ドンゴナーブ湾海洋保護区のジュゴン混獲問題, pp.163-178.)
臨川書店   2014年7月   ISBN:4653042179
中村亮 (担当:共著, 範囲:砂漠の海に生きる:スーダン紅海北部ドンゴナーブ湾の漁撈文化, pp.305-311.)
東海大学出版部   2014年4月   ISBN:448602012X
アフリカ漁民の世界、中村亮・稲井啓之編著
中村亮 (担当:共編者, 範囲:アフリカ漁民文化への視点, pp.1-7、沙漠の漁撈民:スーダン紅海北部ドンゴナーブ湾海洋保護区の資源利用と管理, pp.41-71、スワヒリ海村の干物考:キルワ島の海産物保存と経済戦略, pp.133-156. ISSN2187-0853)
名古屋大学文学研究科   2014年3月   
中村亮 (担当:共編者, 範囲:乾燥地マングローブへの視点, pp.5-19、スワヒリ海岸のマングローブの利用と歴史的役割:タンザニア南部キルワ島の事例より, pp.121-150、マングローブと海辺の生態基盤の回復, pp.303-317.)
臨川書店   2013年12月   ISBN:4653042136
Ryo Nakamura (担当:分担執筆, 範囲:Mangrove Use on the Kilwa Island, Southern Swahili Coast in Tanzania, pp.38-41.)
松香堂書店   2013年2月   ISBN:4879746703
Hiroshi Nawata, Shun Ishiyama, Ryo Nakamura (担当:分担執筆, 範囲:Utumiaji wa Mikoko katika Kilwa Kisiwani, Kusini mwa Mwambao wa Kiswahili, Tanzania (Direct and Environmental Uses of Mangrove Resources on Kilwa Island, Southern Swahili Coast, Tanzania). pp.103-132.)
松香堂書店   2013年1月   ISBN:487974672X
Comparative Perspectives on Moral Economy: Africa and Southeast Asia, Sam Maghimbi, Isaria N. Kimambo, Kazuhiko Sugimura (eds.)
Ryo NAKAMURA (担当:分担執筆, 範囲:Seafood Preservation and Economic Strategy of the Dried Fish Trade in Kilwa Kisiwani, Southern Swahili Coast, Tanzania)
Dar es Salaam University Press   2011年9月   
中村亮 (担当:分担執筆, 範囲:スワヒリ海村社会のジニ信仰:キルワ島の場合, pp.168-192.)
勉誠出版   2011年5月   ISBN:4585226079
A study of Human Subsistence Ecosystems with Mangrove in Drylands: To Prevent a New Outbreak of Environmental Problems, Hiroshi NAWATA (ed.)
Ryo NAKAMURA (担当:分担執筆, 範囲:Local Mangrove Resource Use on Kilwa Island, Southern Swahili Coast)
Research Institute for Humanity and Nature   2008年10月   
神話・象徴・文化3、篠田知和基編
中村亮 (担当:分担執筆, 範囲:スワヒリ海岸キルワ島の男子割礼の唄, pp.185-206.)
楽瑯書院   2007年5月   
スワヒリ社会研究、嶋田義仁・中村亮編
日野舜也 (担当:共編者)
名古屋大学文学研究科   2007年4月   

講演・口頭発表等

 
乾燥熱帯沿岸域の刺し網漁:スーダン紅海北部ドンゴナーブ湾海洋保護区のジュゴン混獲防止にむけて
中村 亮
日本アフリカ学会第56回学術大会   2019年5月18日   
刺し網漁とジュゴン混獲問題:スーダン紅海北部ドンゴナーブ湾海洋保護区の事例
中村 亮
アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明 第二回国際シンポジウム:アフロ・ユーラシアの現代動態   2019年2月18日   
海の豊かさは誰が守る:海女文化から考える沿岸保全
中村 亮
中部ESD拠点2019「SDGsフォーラム」   2019年2月2日   中部ESD拠点
旧海洋イスラーム王国キルワ島(タンザニア)の海洋民族誌
中村 亮
九州人類学研究会/九州・沖縄地区研究懇談会、平成30年度研究発表会   2018年7月29日   
Some Aspects of Socio-economic Characteristics of the Fisheries in the Northern Sudanese Red Sea Coast
Gaiballa Abdelmoneim Karamalla, Mahadalle Omar Abdulkadir, Hiroshi Nawata, Ryo Nakamura, Kotaro Ichikawa
第27回日本ナイル・エチオピア学会学術大会   2018年4月22日   
漁民とジュゴンの共存型海洋保護区にむけて:スーダン紅海北部ドンゴナーブ湾の漁撈活動
中村 亮
第27回日本ナイル・エチオピア学会学術大会   2018年4月22日   
スーダン・ドンゴナーブ湾海洋保護区での漁民とジュゴンの共存にむけて
中村亮
第3回シンポジウム「アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明の近代動態」   2018年2月24日   
旧海洋イスラーム王国キルワ島にみるスワヒリ海村社会の近年の変化:ジニ信仰と海村経済を中心に
中村亮
第2回シンポジウム「アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明の近代動態」   2018年2月3日   
福井県小浜市内外海湾のナレズシをめぐる地域振興の事例
中村亮
地域漁業学会第59回大会   2017年10月28日   
1.問題意識
日本にある6,298の漁村の内、4,226が漁港背後集落であり、その62.8%が過疎地域に立地している(農林水産庁「漁業センサス」2008、2013)。漁村における人口減少や少子高齢化は深刻であり、漁場に近く立地していながらも、漁家人口が少ないために沿岸資源をうまく利用・管理できない地域もある。海辺の集落の存続のためには、地域の特性に応じて、水産物以外の地域資源をいかに活用してゆくかが問題である。
2.目的と課題
福井県小浜市の内外海(うちとみ)湾に位置する集落では、漁師の減...
実践的大学教育と自然再生:北潟湖周辺地域との協働(ポスター発表)
中村亮・石井潤
第8回自然再生学会全国大会 福井県敦賀市大会   2017年6月24日   
隠された文化遺産:タンザニア南部キルワ島の世界遺産をめぐる観光と信仰
中村亮
文化遺産国際協力コンソーシアム 第8回アフリカ分科会   2017年6月22日   
ユネスコ世界遺産をめぐる観光開発と信仰実践の共存について、タンザニアのキルワ島の事例より考えてみたい。
キルワ島は、タンザニア南部沿岸に大陸とわずかな距離を隔てて浮かぶ、マングローブとサンゴ礁に囲まれた小さなイスラーム海村である(人口約1000人)。中世インド洋交易ではスワヒリ海岸一帯を支配したキルワ王国として興隆した。王国時代の石造建築物(モスク、王宮、砦、墓地)が世界遺産一覧表に記載されている(1981年)。島民は世界遺産の中で生活しているのである。
観光開発や交通インフラ整備により、...
スワヒリ海岸キルワ島における魚需要の増加と海村経済の展開
中村亮
日本アフリカ学会第54回学術大会   2017年5月21日   日本アフリカ学会
近年のアフリカにおける「魚」需要の増加がスワヒリ海村の生活にあたえる影響について、タンザニア南部キルワ島(人口1000ほどの半漁半農の小海村)の海産物をめぐる経済活動の変化より考察することが本研究の目的である。
中部アフリカや西アフリカで野生動物の入手が困難になったことより、その代わりとなる「安価な動物性タンパク質」として魚の需要が増加している。タンザニアにおいては、遠くコンゴ共和国から商人が小魚の干物(ダガー)を買いつけに沿岸部にまできている。流通インフラが整備されたことで、タンザニア国...
福井の生物文化多様性の特徴と魅力:北潟湖の里湖文化
中村亮
2017 ふくい里(まるさと)フォーラム:実践から研究まで   2017年3月25日   
アフリカ地域漁業の変化 ―タンザニア南部キルワ島に新登場した「鮮魚商売」の影響―
中村亮
地域漁業学会第58回大会   2016年10月30日   
海村社会の経済活動について考えるとき、短時間で腐ってしまう海産物をいかに「保存」して、広範囲に流通可能な商品とするかが問題である。冷蔵設備の普及が遅れているスワヒリ海岸(東アフリカ沿岸部)の小海村では、長年、鮮魚を干物(乾燥魚や塩干魚)に加工することでこの問題に対処してきた。しかし近年、都市部や内陸部での魚需要の増大や、流通インフラの整備によって市場が遠隔の大量消費地へとつながったことにより、海産物流通の形態が変化してきた。その一つが「鮮魚商売」の登場である。人口1000人ほどのイスラーム...
ダウ船からわかること:インド洋西海域の船の比較研究のこころみ
中村亮
民博共同研究「物質文化から見るアフロ・ユーラシア沙漠社会の 移動戦略に関する比較研究(代表:縄田浩志)」   2016年10月8日   
地域と協働でおこなう実践的大学教育「福井県立大学の学生が北潟湖で実習をしました」文化・動物・植物
中村亮・石井潤
北潟湖フォーラム 2016   2016年9月25日   
東アフリカ・スワヒリ海岸キルワ島における精霊ジニ信仰
中村亮
日本宗教学会第75回学術大会   2016年9月11日   
東アフリカ・スワヒリ海村の精霊信仰:旧海洋イスラーム王国キルワ島の事例
中村亮
アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明の歴史生態人類学研究 第5回シンポジウム「黒アフリカ・イスラーム文明の形成と黒アフリカ宗教文化」   2016年8月5日   
タンザニア南部キルワ島にみるスワヒリ海村経済の変化
中村亮
日本アフリカ学会第53回学術大会   2016年6月4日   日本アフリカ学会
目的
海村社会の経済活動について考えるとき、短時間で腐ってしまう海産物をいかに「保存」して、広範囲に流通可能な商品とするかという問題がある。冷蔵設備の普及が遅れているスワヒリ海岸の小海村では、長年、鮮魚を干物(乾燥魚や塩干魚)に加工することでこの問題に対処してきた。しかし近年、都市部や内陸部での魚需要の増大や、流通インフラの整備によって市場が遠隔の大量消費地へとつながったことによって、海産物流通の形態が変化してきた。その一つが「鮮魚」商売の登場である。人口1000人ほどの小海村キルワ島に2...
北潟湖の自然と文化の魅力を探る
中村亮
第16回地球研地域連携セミナー 北潟湖の未来可能性:身近な湖の活かしかた   2016年3月6日   
スワヒリ海岸キルワ島の海村経済の変化
中村亮
アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明の歴史生態人類学的研究第4回シンポジウム「西アフリカの海洋文化」   2016年1月21日   
水辺の環境保全をめぐる二つの事例
中村亮
第20回水シンポジウム2015 in ふくい:第2分科会   2015年8月28日   
隠された文化遺産:タンザニア・キルワ島のユネスコ世界文化遺産の今日的意義
中村亮
国立民族学博物館機関研究「文化遺産の人類学グローバル・システムにおけるコミュニティとマテリアリティ」公開フォーラム   2014年11月7日   
スワヒリ海岸キルワ島をめぐる環境保全と精霊信仰
中村亮
地域漁業学会第56回大会   2014年10月24日   
環境保全政策が地域の文化・社会構造におよぼす影響について、スワヒリ海岸キルワ島を事例に報告する。キルワ島は、タンザニア南部(南緯9度ほど)の三河川河口域に立地し、大陸側にマングローブ内海、インド洋に面して裾礁をもつ外海という対照的な二つの海に囲まれている。2008年以降、キルワ島では精霊(スワヒリ世界におけるイスラームの精霊)信仰が活発化した。それまでは島に一人の精霊司祭(精霊を自身に憑依させて儀礼を司り治療行為をする者)しかいなかったが、2008年に一挙に三人の精霊司祭が誕生したのである...
Cultural and Social Changes impacted by the Environmental Conservation in the Coastal Region of Kilwa, southern Tanzania
Ryo NAKAMURA
Japan-German SATOYAMA Forum   2014年8月31日   
This study used the case of Kilwa Island, located on the southern Swahili Coast in Tanzania, to analyze how a change in the traditional use of resources due to a new environmental conservation policy influenced local cultural and social structures...
スワヒリ海村の干物考:タンザニア・キルワ島の海産物保存と経済戦略(ポスター発表)
中村亮
日本アフリカ学会第51回学術大会   2014年5月24日   日本アフリカ学会
スワヒリ海村における海産物の保存の知恵と実践について、タンザニア南部キルワ島の「干物」に焦点を当てて論じてゆく。海村社会の特産品である海産物は、農作物に比べてすぐに「腐る」という欠点をもっている。海村経済について考えるとき、短時間で腐ってしまう海産物をいかに「保存」して、広範囲で流通可能な商品とするかという問題が浮上してくる。冷蔵設備の普及が遅れているスワヒリ海岸の小海村ではこの問題はより深刻である。キルワ島では、腐る海産物の保存の問題に三通りの方法で対処している。
まず、干物に加工するこ...
Maritime culture in dry land: Conservation and management in dry land coastal resources
Ryo NAKAMURA
IUAES2014   2014年5月15日   
乾燥熱帯沿岸域の資源の利用と保全:スーダン紅海北部ドンゴナーブ海洋保護区の漁撈文化
中村亮
地域漁業学会第55回大会   2013年10月26日   
スーダンの海洋保護区の一つであるドンゴナーブ湾の資源利用について、この地域の漁撈文化の事例より報告する。ドンゴナーブ湾(21°06N, 37°07E)は、面積約285 km2におよぶスーダン紅海沿岸で最大の湾である。ドンゴナーブ湾が海洋保護区とされるのは、その半閉鎖湾の地形的特徴や、サンゴ礁、海草藻場、マングローブ(A. marina)の豊かな生態系が、多様な生物の生息地となっているからである。また、紅海に4000頭しかいないと推定されるジュゴンの希少な生息地でもある。
漁師とともに77箇...
Resources Use of Coastal Fisheries in Sudan
Adel Mohamed SALEH, Ryo NAKAMURA, Moamer Eltaib Ali MOHAMAD
RIHN 8th International Symposium: Risk Societies, Edge Environments: Ecosystems and Livelihoods in the Balance   2013年10月23日   
スーダン紅海沿岸ドンゴナーブにみる乾燥熱帯沿岸域の漁撈文化:海洋保護区における資源の利用と管理
中村亮
日本アフリカ学会第50回学術大会   2013年5月25日   日本アフリカ学会
スーダンの海洋保護区の一つであるドンゴナーブ湾の資源利用と管理について、この地域の漁撈文化の事例より報告する。ドンゴナーブ湾(21°06N, 37°07E)は、面積約285 km2におよぶスーダン紅海沿岸で最大の湾である。ドンゴナーブ湾が海洋保護区とされるのは、その半閉鎖湾の地形的特徴や、サンゴ礁、海草藻場、マングローブ(A. marina)の豊かな生態系が、多様な生物の生息地となっているからである。また、紅海に4000頭しかいないと推定されるジュゴンの希少な生息地でもある。
漁師とともに...
Coastal resource use and management of Kilwa Island in the southern Swahili Coast, Tanzania
Ryo NAKAMURA
Global Conference on Environmental Studies (CENVISU-2013)   2013年4月24日   
Multi-ethnic Coexistence in a Swahili Maritime Society as seen through Basic Ecology and Fishing Cultures of Kilwa Island, Tanzania
Ryo NAKAMURA
Workshop on Afro-Eurasian Dry Lands in the Central Eurasian Studies Society 2012 Annual Conference   2012年10月17日   
スワヒリ海岸キルワ島のジニ(精霊)信仰
中村亮
日本アフリカ学会第48回学術大会   2011年5月20日   
The Dryland Fishing Culture of the Ababda Maritime Society along the Red Sea Coast of Southern Egypt
Ryo NAKAMURA
RIHN Satellite Symposium for IAS International Conference 2010 at Kyoto, Keystone Species of Human Subsistence Ecosystems in Arab Societies   2010年12月21日   
インド洋西海域世界のマングローブ海村文化の比較:タンザニア、ケニア、そしてエジプト
中村亮
第16回日本マングローブ学会大会   2010年11月6日   
Maritime Environments of the Swahili Coastal Civilizations
Ryo NAKAMURA
IUAES, 2009   2009年7月31日   
スワヒリ海村の漁撈文化:タンザニア・キルワ島におけるバントゥ起源の内海漁撈とアラブ起源の外海漁撈(ポスター発表)
中村亮
日本アフリカ学会第46回学術大会   2009年5月23日   
中村 亮
日本文化人類学会研究大会発表要旨集   2009年   
スワヒリ海村キルワ島(タンザニア南部)の漁撈を中心とした「なりわい」型海村生活は,マングローブ内海を舞台として,さらにマングローブ内海のローカル・ネットワークを通じて,キルワ沿岸地域が結びつくことによって成立している。自給自足的な「なりわい」の生業形態は,それだけにとどまると脆弱なものであるが,周辺地域と結びつくことによってその脆弱性は相互補完のうちに克服される。
Local Mangrove Resource Use of Kilwa Island in Southern Swahili Coast
Ryo NAKAMURA
INTERNATIONAL DRYLAND DEVELOPMENT COMMISSION (IDDC), Ninth International Conference on the Development of Drylands   2008年11月7日   
Multi-Ethnic Coexistence in Swahili Society: Multiple Ecological Sea Zones and Two Fishing Cultures in Kilwa Island, Tanzania
Ryo NAKAMURA
The 3rd RIHN International Symposium, The Futurability of Islands: Beyond Endemism and Vulnerability   2008年10月22日   
スワヒリ海岸キルワ島の海環境と住民生活:マングローブ資源利用を中心に
中村亮
日本アフリカ学会第45回学術大会   2008年5月24日   
Eco-Sea and Mode of Living of Kilwa Island, Southern Swahili Coast
Ryo NAKAMURA
The Comparative Studies of Ethnic Relations in Swahili and Sahel   2008年3月   
African State Formations and Indian Ocean: A Case of Kilwa Island, Southern Swahili Coast
Ryo NAKAMURA
International Symposium on African Kingdoms with Professor Emanuel Terray   2008年2月27日   
スワヒリ海岸キルワ島の干物交易に見る海の経済活動
中村亮
日本アフリカ学会第43回学術大会   2006年5月   
スワヒリ海岸/風と潮に生きる人びと:キルワ・キシワニの魚柵漁の事例より
中村亮
日本アフリカ学会第42回学術大会   2005年5月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤B)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 飯田卓
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤A)
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 荒井修亮
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤A)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 嶋田義仁
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 中村亮
里山・里海ライフスタイルの被災時危機適応力とその評価手法の構築(研究協力者)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 深町加津枝
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究A)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 今井 一郎
自然資本・生態系サービス管理における参加型管理オプションと伝統・地域知の評価(研究協力者)
環境省: 環境省推進費S15-2(3)
研究期間: 2016年4月       代表者: 吉田丈人
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究A)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 嶋田 義仁
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 中村 亮
初年度は主要調査地であるスワヒリ海岸タンザニアと紅海沿岸スーダンにおいて研究体制の確認と課題についての打ち合わせを行った。タンザニアでは天然ガス採掘にともなうマングローブ林伐採と地域住民の生活混乱について南部ムトゥワラ州沿岸で調査を行った。また、スワヒリ語・英語・アラビア語の多言語対訳で発刊した論文("Utumiaji wa Mikoko katika Kilwa Kisiwani, Kusini mwa Mwambao wa Kiswahili, Tanzania")を、現地研究機関と村...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究S)
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 嶋田 義仁
本年の研究成果は論文総数42本、書籍30冊に及んだ。本年の課題アフロ・ユーラシア中央部研究推進は、本研究の「叢書」4巻と「研究」4の発刊、5回の国際シンポジウム・Wショップ開催により試みられた。叢書8.大野編『中央ユーラシアにおける牧畜文明の変遷と社会主義」、10.児玉、サランゲレル他編『極乾内モンゴル・ゴビ砂漠、黒河オアシスに生きる男たち23人の人生』、国際シンポジウム7.「アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明 総合シンポジウム」、8.「岩絵文化と人類文明の形成」、9.「中国北部辺境地域にお...
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 中村 亮
歴史的に多民族が混住する東アフリカ・スワヒリ海岸のキルワ島と マフィア島(タンザニア)、ラム島とパテ島(ケニア)において、民族に応じた沿岸資源の利用 と管理について比較研究した。その結果、いずれの海村においても、波風が穏やかで魚影の濃 いマングローブ内海が居住空間・生業空間として重要であった。主要調査地のキルワ島では、 マングローブ内海ではバントゥ漁師による採集中心漁撈、外海では主にアラブ系漁師によって 刺し網中心漁撈という民族に応じた生業空間と漁獲対象の棲み分けがあった。しかし、2004...
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 中村 亮
本研究の目的は,スワヒリ海村社会の資源利用と多民族共存に焦点をあてて,歴史・自然環境分析を用いて比較研究することで,スワヒリ海村社会全体の構造を解明することである。ケニアのラム諸島(ラム,マンダ,パテ)とタンザニアのキルワ島で比較研究を行った。ラム諸島とキルワ島はともに,初期スワヒリ交易都市であり,自然環境も類似している(マングローブとサンゴ礁の海)しかし,現在のキルワ島が人口1000人足らずの小海村である一方,交易や観光業で栄えるラム島の人口は2万人ちかくもあり,民族構成もキルワ島より複...
スワヒリ海村社会の資源利用と民族共存に関する文化人類学的比較研究:キルワ島イスラーム海村社会とイブ島キリスト教海村社会を事例に
日本科学協会: 平成20年度笹川研究助成
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 中村 亮

その他

 
2017年10月   専門社会調査士(第002339号)