城川美佳

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 18:12
 
アバター
研究者氏名
城川美佳
 
キガワ ミカ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10177785.ja.html

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
 - 
2009年
東邦大学 医学部 助教
 

論文

 
Effects of physical activity during pregnancy on preterm delivery and mode of delivery: The Japan Environment and Children’s Study, birth cohort study
Takami M., Tsuchida A., Takamori A., Aoki S., Ito M., Kigawa M., Kawakami C., Hirahara F., Hamazaki k., Inadera H., Ito S., and the Japan Environment & Children’s Study (JECS) Group
PLOS ONE      2018年10月   [査読有り]
日本の統合医療の利用状況,インターネット調査を利用して
石橋由基, 堀口逸子, 川南公代, 城川美佳, 丸井英二
厚生の指標   63(13) 25-30   2016年11月   [査読有り]
Yoneda N, Yoneda S, Niimi H, Ueno T, Hayashi S, Ito M, Shiozaki A, Urushiyama D, Hata K, Suda W, Hattori M, Kigawa M, Kitajima I, Saito S
American Journal Of Reproductive Immunology   75(2) 112-125   2016年2月   [査読有り]
Yoneda S, Shiozaki A, Yoneda N, Ito M, Shima T, Fukuda K, Ueno T, Niimi H, Kitajima I, Kigawa M, Saito S
'Am J Reprod Immunol   75(4) 440-450   2016年1月   [査読有り]
富山県における産後うつの実態と母親の対児愛着について:「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」富山ユニットセンターのデータから
三浦佳代子,浜崎景,城川美佳,島尾萌子,田中朋美,足立雄一,稲寺秀邦
とやま小児保健   13 8-9   2015年11月   [査読有り]

Misc

 
Hiroshi TANUMA, Makiko TAKAYANAGI, Hiroaki NISHIKAWA, Mika KIGAWA
Japanese Journal of Health and Human Ecology   59(5) 225-240   1993年   [査読有り]
Hiroshi TANUMA, Makiko TAKAYANAGI, Hiroaki NISHIKAWA, Mika KIGAWA, 1993, 'A Follow-up Study of Subcutaneous Fat Thickness and Medical Examination in a Rural Village.', Japanese Journal of Health and Human Ecology, vol. 59, no. 5, pp. 225-240
Mika KIGAWA, Hiroaki NISHIKAWA, Masako SHIZUKA, Hiroyuki TOYOKAWA
Japanese Journal of Health and Human Ecology   62(5) 251-259   1996年   [査読有り]
Mika KIGAWA, Hiroaki NISHIKAWA, Masako SHIZUKA, Hiroyuki TOYOKAWA, 1996, 'A Study of Respondent Bias in Interview Survey by Telephone.', Japanese Journal of Health and Human Ecology, vol. 62, no. 5, pp. 251-259
Makiko TAKAYANAGI, Nobuhiro KUMAKURA, Hiroaki NISHIKAWA, Mika KIGAWA, Hiroshi TANUMA, Kenji SUZUKI, Hiroyuki TOYOKAWA
Japanese Journal of Health and Human Ecology   56(2) 72-86   1990年   [査読有り]
Makiko TAKAYANAGI, Nobuhiro KUMAKURA, Hiroaki NISHIKAWA, Mika KIGAWA, Hiroshi TANUMA, Kenji SUZUKI, Hiroyuki TOYOKAWA, 1990, 'A study on the relationship between subcutaneous fat thickness and serum cholesterol in three field surveys.', Japanes...
Mika KIGAWA, Makiko TAKAYANAGI, Hiroaki NISHIKAWA, Hiroshi TANUMA, Nobuhiro KUMAKURA, Hiroyuki TOYOKAWA, Ayako TAKAMINE, Kazuhiko MOJI
Japanese Journal of Health and Human Ecology   57(2) 47-61   1991年   [査読有り]
Mika KIGAWA, Makiko TAKAYANAGI, Hiroaki NISHIKAWA, Hiroshi TANUMA, Nobuhiro KUMAKURA, Hiroyuki TOYOKAWA, Ayako TAKAMINE, Kazuhiko MOJI, 1991, 'Food images among Japanese junior high school students. With a comparison between images found in 1967 a...
Tomonori HASEGAWA, Mika KIGAWA
Nippon Eiseigaku Zasshi (Japanese Journal of Hygiene)   64(3) 699-703   2009年   [査読有り]
Tomonori HASEGAWA, Mika KIGAWA, 2009, 'Sick House Syndrome: Governmental Actions and Challenges', Nippon Eiseigaku Zasshi (Japanese Journal of Hygiene), vol. 64, no. 3, pp. 699-703

書籍等出版物

 
成 和子, 城川 美佳, 宮本 慶子 (担当:共著)
建帛社   2008年4月   ISBN:4767943434
成 和子, 宮本 慶子, 城川 美佳 (担当:共著)
建帛社   2003年5月   ISBN:4767943396

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 城川 美佳
平成21年度は、米国AHRQ(Agency for Healthcare Research and Quality)の開発した医療安全文化の調査票の日本語版を使用し、全国の19病院の全職員を対象として、無記名自記式の質問紙法による調査を実施した。調査票の回収率は79.1%(8,771/11,095)であった。AHRQのマニュアルに従って医療安全文化の評価を行い、米国のベンチマークのデータと比較すると、「出来事報告の頻度」と「エラーに対する処罰のない対応」を除き、多くの項目で日本の評価が下回...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 井原 一成
体操教室の軽症うつ病に対する改善効果を明らかにすることを目的に、高齢者を対象とするランダム化比較対照試験を開始した。体操教室は低頻度低強度で、そのグループダイナミクスの影響を除いた効果を評価するため、待機群とともに回想法群を対照群として設定した。3つの調査フィールドから、計35人のサンプルを得たが、必要サンプル数にはまだ到達していない。現在、追加サンプルを得るべく新たなリクルートの計画中である。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 長谷川 友紀
各国のIT技術活用状況や医療の質・効率性に対する影響に関して、電子カルテおよび導入病院、オーダリング・システム導入病院へのアンケート調査を実施した。さらに、医療施設静態調査、患者調査を用いた実証分析を行い、同一疾患同一手術における平均在院日数を効率性の尺度とし、電子カルテのもたらす効率性を定量的に明らかにした。分析の結果、手術件数の多い上位15疾患・手術のうち8疾患・手術で電子カルテ導入施設と非導入施設間に有意な差が認められた。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 熊倉 伸宏, 藤城 有美子
研究1では,精神障害者(原疾患:統合失調症)の障害の実態把握のための質問紙調査を行った.研究2では,質問紙調査の結果を基に,生活満足度改善に関わる要因についてのインタビュー調査を行った.そして,それぞれについて身体障害者(原疾患:ポリオ,脊髄損傷)の結果との比較を行った.研究1:地域で生活する統合失調症の精神障害者を対象として,自記式質問紙調査の追加調査を行った.調査票の構造は,「心身の状態」「活動状況」「社会参加状況」「環境因子」「生活満足度」からなり,それをれについて,WHOの国際障害...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 井原 一成
本研究は、中高年男性における眼底の細動脈硬化とうつ状態との関連を明らかにするためにコホート研究の追跡調査を実施するものである。この研究のベースライン調査は、某企業の神奈川県内の3つの事業所で1997年から1999年にかけて実施されたものである。継続申請2年度にあたる本年は、某企業の個人情報保護ポリシーの変更のため追跡調査の実施は見合わせ、代わりに調査対象者の離職状況の調査を産業医の協力の下で実施した。また、これまで実施した追跡調査のデータクリーニングを行い、データベースの整理を行い電子化さ...