Masami Usui

J-GLOBAL         Last updated: Oct 20, 2017 at 20:35
 
Avatar
Name
Masami Usui
Affiliation
Yokohama City University

Research Areas

 
 

Misc

 
産後早期退院の条件に関する選好と支援体制 医療職種別の視点から
坂梨 薫, 勝川 由美, 臼井 雅美, 鍋田 美咲, 大賀 明子, 永井 祥子
横浜看護学雑誌   4(1) 71-77   Mar 2011
産後早期退院の条件を探るため、「3日目退院の条件」を設定し、複数条件の組合せ(退院後の支援、児の体重、血清ビリルビン値、育児技術到達度)について、順序型回答法を用いたコンジョイント分析を行った。助産師、産科医師、小児科医師は「退院後の支援」、新生児科医師は「育児技術到達度」が重要としていた。各々の属性で最も好まれたのは、産後ケア施設入所、体重増加、ビリルビン値15mg/dl未満、育児技術70%であり全ての医療職者が同一であった。退院後の支援条件から、母子の健やかな成長を保証する医療的モデル...
Takubo Yumiko, Munemura Yayoi, Usui Masami, Sato Remi, Nireki Shiho, Shimizu Wakana, Kenmochi Naoyo, Sakamoto Tomomi
Journal of Japanese Society of Child Health Nursing   20(1) 93-99   Mar 2011
小児の生体腎移植は、子どもと親が同時期に手術患者となる特別な環境を生じさせ、移植後も生涯にわたる治療が必要となる。そこで、子ども自身が、親の手術を理解し、主体的に移植に臨むことで、子どもと家族双方によりよい影響があると考え、小児の腎移植に携わる看護師、看護系大学教員、看護学部学生が協力してプレパレーションに取り組んだ。手術前のプレパレーションを目指して始めた取り組みは、2年以上にわたる活動を続ける中で、入院前から退院後までの継続したプレパレーションへと発展した。さらに、途中から児童精神科医...
産後退院後の母親が望む支援 4ヵ月未満の乳児をもつ母親の選好から
坂梨 薫, 勝川 由美, 水野 祥子, 臼井 雅美, 鍋田 美咲
関東学院大学看護学会誌   1(1) 16-24   Mar 2014
インターネット調査会社マクロミルに登録している「生後4ヵ月未満の乳児をもつ母親」で本研究に協力が得られた516名に対して自作質問紙によるWEBアンケートを行い、「産後退院後に望む支援」について順序型の回答法を用いて調査し、以下の結果を得た。1)本研究で用いた4つの属性【退院後支援形態】【利用期間・頻度・時期】【費用】【主な支援内容】の中で平均相対重要度が最も高かったのは【退院後支援形態】であり、次いで【主な支援内容】であった。2)【退院後支援形態】の中で最も好まれていた形態は「産科外来受診...
Sakanashi Kaoru, Katsukawa Yumi, Usui Masami, Nabeta Misaki, Ohga Akiko, Nagai Shoko
Maternal health   51(2) 482-489   Jul 2010
This study was conducted to clarify the situation and issues of the postnatal care center in Korea and consider the possibility of introducing the postnatal care center as a new support system in Japan. By listening to the opinions obtained by "in...
Sato Remi, Takubo Yumiko, Munemura Yayoi, Usui Masami, Nireki Shiho, Shimizu Wakana, Kenmochi Naoyo, Sakamoto Tomomi
Journal of Japanese Society of Child Health Nursing   20(1) 100-106   Mar 2011
小児の生体腎移植は、家族内に同時期に2名の手術患者が発生し、子どもは術直前、術直後に心の拠り所である親と接することが出来ないという体験をする。そこで、生体腎移植の特徴を踏まえたプレパレーションを8歳から14歳の子どもと親7組に実施した。プレパレーションは一事例ごとに、情報交換を行い、どのように進めるかを他職種間で検討、評価しながら進めた。プレパレーションによる子どもの反応は、「頑張れそう」との前向きな発言もあれば、「こわい」「泣く」といった反応もあり様々であったが、子ども気持ちの表出を促し...