宇都木玄

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/31 09:19
 
アバター
研究者氏名
宇都木玄
eメール
utsugiffpri.affrc.go.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40353601
所属
独立行政法人森林総合研究所
職名
研究ディレクター(林業生産技術研究担当)
学位
農学博士(東京大学)

プロフィール

1992/4/1 森林総合研究所入所
2000/4/1 森林総合研究所北海道支所
2001/4/1 森林総合研究所北海道支所 主任研究員
2005/4/1 森林総合研究所北海道支所 チーム長(CO2収支担当)
2012/10/1 森林総合研究所 植物生態研究領域 チーム長(育成林施業担当)
2017/4/1 森林総合研究所 植物生態研究領域 領域長
2018/4/1 森林総合研究所 研究ディレクター(林業生産技術研究担当)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
   
 
北海道大学 森林総合研究所・北海道支所 チーム長
 
2008年
   
 
独立行政法人森林総合研究所 北海道支所 主任研究員
 
2007年
 - 
2010年
独立行政法人森林総合研究所 研究員
 
2007年
 - 
2008年
独立行政法人森林総合研究所 北海道支所 チーム長
 

論文

 
Kitao Mitsutoshi, Kitaoka Satoshi, Harayama Hisanori, Tobita Hiroyuki, Agathokleous Evgenios, Utsugi Hajime
SCIENTIFIC REPORTS   8    2018年1月   [査読有り]
Han Qingmin, Harayama Hisanori, Uemura Akira, Ito Eriko, Utsugi Hajime
JOURNAL OF FOREST RESEARCH   22(2) 131-134   2017年   [査読有り]
Ishihara Masae I., Utsugi Hajime, Tanouchi Hiroyuki, Aiba Masahiro, Kurokawa Hiroko, Onoda Yusuke, Nagano Masahiro, Umehara Toru, Ando Makoto, Miyata Rie, Hiura Tsutom
ECOLOGICAL APPLICATIONS   25(5) 1433-1446   2015年7月   [査読有り]
Kitao M, Kitaoka S, Komatsu M, Utsugi H, Tobita H, Koike T, Maruyama Y
Physiologia plantarum   146(2) 192-204   2012年10月   [査読有り]
Kamakura M, Kosugi Y, Takanashi S, Uemura A, Utsugi H, Kassim AR
Tree physiology   35(1) 61-70   2015年1月   [査読有り]
Ishihara MI, Utsugi H, Tanouchi H, Aiba M, Kurokawa H, Onoda Y, Nagano M, Umehara T, Ando M, Miyata R, Hiura T
Ecological applications : a publication of the Ecological Society of America   25(5) 1433-1446   2015年7月   [査読有り]
Ishii H., Hamada Y.,Utsugi H.
Tree Physiology   32(10) 1227-1236   2012年10月   [査読有り]
Falster Daniel S., Duursma Remko A., Ishihara Masae I., Barneche Diego R., Fitzjohn Richard G., Varhammar Angelica, Aiba Masahiro, Ando Makoto, Anten Niels, Aspinwall Michael J., Baltzer Jennifer L., Baraloto Christopher, Battaglia Michael, Battles John J., Bond-Lamberty Ben, van Breugel Michiel, Camac James, Claveau Yves, Coll Lluis, Dannoura Masako, Delagrange Sylvain, Domec Jean-Christophe, Fatemi Farrah, Feng Wang, Gargaglione Veronica, Goto Yoshiaki, Hagihara Akio, Hall Jefferson S., Hamilton Steve, Harja Degi, Hiura Tsutom, Holdaway Robert, Hutley Lindsay S., Ichie Tomoaki, Jokela Eric J., Kantola Anu, Kelly Jeff W. G., Kenzo Tanaka, King David, Kloeppel Brian D., Kohyama Takashi, Komiyama Akira, Laclau Jean-Paul, Lusk Christopher H., Maguire Douglas A., le Maire Guerric, Makela Annikki, Markesteijn Lars, Marshall John, McCulloh Katherine, Miyata Itsuo, Mokany Karel, Mori Shigeta, Myster Randall W., Nagano Masahiro, Naidu Shawna L., Nouvellon Yann, O'Grady Anthony P., O'Hara Kevin L., Ohtsuka Toshiyuki, Osada Noriyuki, Osunkoya Olusegun O., Peri Pablo Luis, Petritan Any Mary, Poorter Lourens, Portsmuth Angelika, Potvin Catherine, Ransijn Johannes, Reid Douglas, Ribeiro Sabina C., Roberts Scott D., Rodriguez Rolando, Saldana-Acosta Angela, Santa-Regina Ignacio, Sasa Kaichiro, Selaya N. Galia, Sillett Stephen C., Sterck Frank, Takagi Kentaro, Tange Takeshi, Tanouchi Hiroyuki, Tissue David, Umehara Toru, Utsugi Hajime, Vadeboncoeur Matthew A., Valladares Fernando, Vanninen Petteri, Wang Jian R., Wenk Elizabeth, Williams Richard, Ximenes Fabiano de Aquino, Yamaba Atsushi, Yamada Toshihiro, Yamakura Takuo, Yanai Ruth D., York Robert A.
ECOLOGY   96(5) 1445   2015年5月   [査読有り]
Matsuda O, Hara M, Tobita H, Yazaki K, Nakagawa T, Shimizu K, Uemura A, Utsugi H
PloS one   10(6)    2015年6月   [査読有り]
Kitao M, Tobita H, Utsugi H, Komatsu M, Kitaoka S, Maruyama Y, Koike T
Tree physiology   32(8) 998-1007   2012年8月   [査読有り]
近赤外域ハイパースペクトルカメラを用いた、樹木葉代謝物質の解析方法の提案
北岡哲、宇都木玄、松田修、上村章、原山尚徳、飛田博順、射場厚
森林総合研究所研究報告   11(4) 233-241   2012年12月   [査読有り]
Kamakura M., Takanashi S., Kosugi Y., Uemura A., Tobita H., Utsugi H.
Tree Physiology   32(7) 839-846   2012年6月   [査読有り]
菅沼秀樹、小泉賢、近藤乾悠、黒沢克彦、相川真一、宇都木玄、濱野裕之、酒井裕司、加藤茂、小島紀徳
日本海水学会誌   6 86-91   2012年7月
Kojima.T., Saito N., Tanaka Y., Kato S., Tahara K., Takahashi N., Utsugi H., Yamada K. and Hamano H.
Journal of Chemical Engineerin​g of Japan   44(9) 668-676   2011年10月   [査読有り]
Hideki Suganuma,Yasuyuki Egashira,Hajime Utsugi,Toshinori Kojima
2012 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium, IGARSS 2012, Munich, Germany, July 22-27, 2012   7216-7219   2012年   [査読有り]
Tobita H., Uemura A., Kitao M., Kitaoka S., Maruyama Y., Utsugi H.
Functional Plant Biology   38(8/9) 702-710   2011年8月   [査読有り]
Watanabe M, Watanabe Y, Kitaoka S, Utsugi H, Kita K, Koike T
Tree physiology   31(9) 965-975   2011年9月   [査読有り]
Araki, M.G., Utsugi, H., Kajimoto, T., Han, Q., Kawasaki, T. and Chiba, Y.
Journal of Forest Research   15(2) 115-122   2010年10月   [査読有り]
Tobita Hiroyuki., Uemura Akira., Kitao Mitsutoshi., Kitaoka Satoshi., Utsugi Hajime
Symbiosis   50(1-2) 59-69   2010年3月   [査読有り]
Hiroyuki Tobita, Utsugi Hajime, Mitsutoshi Kitao, Masazumi Kayama, Akira Uemura, Satoshi Kitaoka, Yutaka Maruyama
Trees   24(2) 307-319   2010年4月   [査読有り]
Eucalyptus camaldulensisのアロメトリー関係-オーストラリア半乾燥とベトナム熱帯モンスーンのデータを用いて-
宇都木玄、菅沼秀樹、山ノ下(山田)麻木乃、田内裕之、相川真一、小島紀徳、森川靖
沙漠研究   20 27-33   2010年6月   [査読有り]
Kawarasaki H.S.,Hamano H., Aikawa S., Utsugi H., Saito M., Tanouchi H., Kojima T. and Yamada k.
JARQ   44(1) 37-43   2010年1月   [査読有り]
Verification of the effect of afforestation with Eucalyptus camaldulensis as a countermeasure against salinity of abandoned farmland in Awestern Australia
Aikawa S., Kawarasaki S., Hamano H., Suganuma H, Utsugi H., Saito M., Tanouchi H. and Kojima T.
Journal of Arid Land Studies   19 491-499   2010年1月   [査読有り]
The above ground biomass on the Mangrove forest: Analysis of potential biomass of Mangrove forest at Pohnpei Island in Micronesia.
Utsugi H. and Tabuchi R.
International workshop on Local conservation and sustainable use of swanp forest in toropical asia   39-43   2009年12月   [査読有り]
Qu L.Y., Kitaoka S., Makoto K., KuromaruM., Osaki M., Sasa K., Utsugi H. and Koike T.
Landscape and Ecological Engineering   5 115-123   2009年8月   [査読有り]
E. camaldulensis Optimal Planting Density in Desert Western Australia in View of Its Photosynthetic Properties.
Utsugi H., Kawarasaki S., Aikawa S., Tanouch H., Takahashi N., Hamano H., Kojima T. and Yamada K.
Journal of Arid Land Studies   19 25-28   2009年4月   [査読有り]
Relation between growth of planted trees and soil chemical propaties in afforestation sites of semi-arid land, WA
Kurosawa K, Kojima T., Kato S., SuganumaH., Kawarasaki S., Hamano H., AikawaS., Utsugi H., Tanouchi H., Saito M., Kinnear A.,and Yamada K.
Journal of Arid Land Studies   19 33-36   2009年4月   [査読有り]
Utsugi H., Okuda S., Luna A. and Gascon A.F.
JARQ   43(1) 45-53   2009年1月   [査読有り]
Kitao M, Utsugi H, Kuramoto S, Tabuchi R, Fujimoto K, Lihpai S
Physiologia plantarum   117(3) 376-382   2003年3月   [査読有り]
宇都木玄、飯田滋生、阿部真、田内裕之
日本林学会誌   89(3) 174-182   2007年7月   [査読有り]
S.Kitaoka, T. Sakata, T. Koike, H. Tobita, A. Uemura, M. Kitao, Y.Maruyama, K. Sasa and H. Utsugi
J. Agric. Meteorol.   63(4) 201-206   2007年6月   [査読有り]
Utsugi H., Araki M., Kawasaki T., Ishizuka M.
Forest Ecology and Management   225 104-112   2006年4月   [査読有り]
Suganuma H.,Abe Y., Taniguchi M.,Tanouchi H.,Utsugi H., Kojima T. and Yamada K.
Forest Ecology and Management   222 75-87   2006年2月   [査読有り]
LIDARによる落葉広葉樹林の風倒害の評価
鷹尾元、宇都木玄、佐々木尚三、飯田滋生、阿部真、飛田博順
写真測量とリモートセンシング   44(6) 18-21   2005年3月   [査読有り]
Scaling energy and CO2 fluxes from leaf to canopy using Multilayered Implementation for Natural Canopy-Environment Relations (MINCER)
Watanabe T.,Nakai Y.,Kitamura K.,Utsugi H.,Tobita T.,Ishizuka M.
Phyton   45(4) 353-360   2005年1月   [査読有り]
Spatial and Seasonal Variations in Leaf Mass per Area and Their Relationship to Leaf Nitrogen in a Secondary Northern Hardwood Forest in Japan.
Utsugi H., Tobita H., Maruyama Y., Ishizuka M.
Phyton   45(4) 245-251   2005年1月   [査読有り]
Novriyanti E.,Watanabe M., Kitao M.,Utsugi H., Uemura A., Koike T.
Environmental Pollution   170 124-130   2012年7月   [査読有り]
宇都木玄、荒木眞岳、川崎達郎、石塚森吉
日本林学会誌   83(4) 359-362   2001年11月   [査読有り]
Growth and photosynthetic traits of hybrid larch F1 (Larix gmeliniivar. japonica × L. kaempferi) under elevated CO2 concentration with low nutrient availability
Watanabe, M., Watanebe Y., Kitaoka, S., Utsugi, H., Kita, K. and Koike, T.
Tree Physiology   31(9) 965-975   2011年8月   [査読有り]

Misc

 
原山尚徳, 上村章, 津山幾太郎, 倉本惠生, 北尾光俊, 山田健, 佐々木尚三, 宇都木玄
日本森林学会大会学術講演集   128th 251   2017年3月
宇都木玄
海外の森林と林業   (97) 48‐53   2016年10月
宇都木玄, 黒田美穂, 高橋功
日本森林学会大会学術講演集   128th 206   2017年3月
飛田博順, 山下直子, 宇都木玄, 奥田史郎, LEI Thomas Ting, 矢崎健一, 梶本卓也
日本森林学会大会学術講演集   128th 247   2017年3月
山下直子, 飛田博順, 宇都木玄, 奥田史郎, LEI Thomas Ting, 矢崎健一, 梶本卓也
日本森林学会大会学術講演集   128th 247   2017年3月

書籍等出版物

 
沙漠を森に 温暖化への処方箋
宇都木玄 (担当:共著, 範囲: -4. 乾燥地の植物生理とモデル化-)
コロナ社   2011年3月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 小池孝良
変動環境(高CO2・オゾン・窒素沈着)を樹体・林分レベルでの光合成産物の分配を制御する要因として捉え、制御環境でのモデル試験とFACE実験を組み合わせ、精度高く炭素の分配を調べることによってスケールアップし、将来環境での土壌呼吸の実態を解明する。さらに、"活力と健全性"を炭素代謝の視点から変動環境をシミュレートした実験系によって、生産期間が長年月に渡る森林の機能を樹体生理・林分レベルの応答から定量的に解明する。当初予定していた安定同位体の予備分析からは圧縮CO2の影響が小さく、樹体レベルで...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 宇都木玄
本研究では、台風撹乱を受けた落葉広葉樹林の撹乱前後で、森林生態系炭素収支がどのように変化するかを、タワーフラックス観測、要素フラックス測定とプロセスモデル及び生態学的純生産量(NPP)推定手法を駆使して明らかにすることを目的とする。本年度はタワーフラックスを引き続き観測し、土壌呼吸速度の撹乱後の変化を明らかにする。さらに環境条件を面的に拡張するために、レイザーライダーによる撹乱強度の情報と環境条件との対応関係を明らかにする。2006年及び2007年の森林生態系炭素収支(NEE)は、森林生態...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 上村章
樹木種がその分布北限で環境ストレスを受けているかを明らかにすることを目的に調査を行った。ブナ自然分布北限域(北海道寿都町)において、7月に、共存するブナ、ミズナラ、シナノキ、ホオノキ、イタヤカエデ成木樹冠部個葉のガス交換速度(光合成速度、蒸散速度)、クロロフィル蛍光値の日変化、環境応答性を調べた。
夜明け前の樹冠部木部の水ポテンシャルの測定から、測定日は、土壌の乾燥ストレスがなく気温も平年並みであったため、この季節のガス交換速度のポテンシャルが得られたと思われる。冷温帯の主要樹種であり北海...