Teruhisa Uwatoko

J-GLOBAL         Last updated: Apr 20, 2019 at 22:34
 
Avatar
Name
Teruhisa Uwatoko
Affiliation
Kyoto University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Isobe M, Kawabata M, Murao E, Noda T, Matsukawa N, Kawada R, Uwatoko T, Murai T, Noma S, Takahashi H
BioPsychoSocial medicine   12 19   2018   [Refereed]
Uwatoko T, Luo Y, Sakata M, Kobayashi D, Sakagami Y, Takemoto K, Collins LM, Watkins E, Hollon SD, Wason J, Noma H, Horikoshi M, Kawamura T, Iwami T, Furukawa TA
Trials   19(1) 353   Jul 2018   [Refereed]
Koelkebeck K, Uwatoko T, Tanaka J, Kret ME
Social neuroscience   12(2) 1-11   Mar 2016   [Refereed]
Uwatoko T, Yoshizumi M, Miyata J, Ubukata S, Fujiwara H, Kawada R, Kubota M, Sasamoto A, Sugihara G, Aso T, Urayama S, Fukuyama H, Murai T, Takahashi H
PloS one   10(11) e0142018   2015   [Refereed]
Noma S, Uwatoko T, Ono M, Miyagi T, Murai T
Journal of psychiatric practice   21(3) 198-207   May 2015   [Refereed]
S. Ubukata; J. Miyata; M. Yoshizumi; T. Uwatoko; K. Hirao; H. Fujiwara; R. Kawada; S. Fujimoto; Y. Tanaka; M. Kubota; A. Sasamoto; N. Sawamoto; H. Fukuyama; H. Takahashi; T. Murai
Journal of Psychiatric Research   47(4) 548-554   Apr 2013   [Refereed]
Effects of milnacipran on binge eating - A pilot study
S. Noma; T. Uwatoko; H. Yamamoto; T. Hayashi
Neuropsychiatric Disease and Treatment   4(1 B) 295-300   Feb 2008   [Refereed]
Y. Funabiki; H. Kawagishi; T. Uwatoko; S. Yoshimura; T. Murai
Research in Developmental Disabilities   32(3) 995-1003   May 2011   [Refereed]

Misc

 
UWATOKO TERUHISA, TAKEMOTO KAZUMI, IWAMI TAKU, OKABAYASHI RIE, MATSUZAKI KEIICHI, KAWAMURA TAKASHI
Campus Health   52(1) 406-408   Mar 2015
平成24年度と25年度にA大学の学生健診を受けた5788名を対象に、自閉症スペクトラム指数日本語版(AQ-J)と、精神健康調査票短縮版(GHQ-28)、および「友人関係」「課外活動・授業への参加」「生活の充実感」「携帯電話やネット依存傾向」などについて問う自作の学生生活調査票(CLQ)からなる質問紙調査を行い、各指標の関連性について検討した。2382名から回答が得られた。検討の結果、AQ-JとGHQ-28との間に有意な相関が認められたほか、AQ-JとCLQとの間、GHQ-28とCLQとの間...
研修医と現代のうつについて ゆとり世代の到来を踏まえた、現代的解釈と対応
藤原 広臨, 上床 輝久, 内藤 知佐子, 小西 靖彦, 上本 伸二, 村井 俊哉, 伊藤 和史
日本プライマリ・ケア連合学会誌   40(1) 46-51   Mar 2017
近年、特に若年者においてうつ病が多様化し、医学教育の現場でも対応困難な場面を体験することは多い。本稿では、「ゆとり世代」の特徴も踏まえたうえで若者のうつ病について概説し、医学生・研修医のメンタル面での初期対応に資する情報を提供する。(著者抄録)
UWATOKO TERUHISA, FUJIWARA HIRONOBU
産業ストレス研究   22(1) 70-70   Nov 2014
fMRIを用いた摂食障害患者における脳内報酬系の脳活動に関する研究
村尾 英真, 磯部 昌憲, 川端 美智子, 野田 智美, 松河 理子, 孫 樹洛, 鶴身 孝介, 川田 良作, 杉原 玄一, 上床 輝久, 高橋 英彦, 村井 俊哉, 野間 俊一
精神神経学雑誌   (2015特別) S375-S375   Jun 2015
UWATOKO TERUHISA
産業精神保健   22(増刊) 103-103   Jul 2014
大学における留学生が抱えるメンタルヘルス問題
上床 輝久, 阪上 優
精神神経学雑誌   (2015特別) S540-S540   Jun 2015
AQおよびGHQを用いた健康診断における大学生のメンタルヘルス評価
上床 輝久, 武本 一美, 安藤 昌彦, 後藤 雅史, 石見 拓, 岡林 里枝, 義村 さや香, 川村 孝
CAMPUS HEALTH   50(1) 463-463   Mar 2013
【幸福感と精神医学】 幸福感と抑うつ感の神経回路網
上床 輝久, 生方 志浦, 高橋 英彦
最新精神医学   17(4) 309-315   Jul 2012
初発、再発の統合失調症患者におけるアリピプラゾールの有用性についての検討
久保田 学, 諏訪 太朗, 宮田 淳, 上床 輝久, 上原 美奈子, 義村 さや香, 笹本 彰彦, 村井 俊哉
精神神経学雑誌   113(7) 720-720   Jul 2011
高機能広汎性発達障害児の母親のQOL
川岸 久也, 上床 輝久, 岡田 俊
精神神経学雑誌   111(11) 1438-1438   Nov 2009
トゥレット障害のコプロラリアにみる強迫性と衝動性
上床 輝久, 岡田 俊
強迫性障害の研究   9 45-50   May 2008
トゥレット障害にコプロラリアを伴った自験2例をもとに、コプロラリアの出現機序について強迫性・衝動性の観点から検討した。その結果、コプロラリアは大部分が衝動性に基づくものの、強迫性と重なり合う中で出現すること、何らかのストレスへの過敏さや心的負荷が契機となることなどが示唆された。
高原 世津子, 野間 俊一, 種村 留美, 上床 輝久, 種村 純
高次脳機能研究   25(3) 251-258   Sep 2005
欧米で広く推奨されている学習方法であるPQRST法は,Preview,Question,Read,Self-Recitation,Testからなり,他の記憶ストラテジーに比べ有効であることが示されている.今回われわれは,両側側頭葉前下部,前頭葉眼窩面に広範な脳内出血を認め,受傷後7ヵ月半を経過した健忘症患者にPQRST法を用いた記憶訓練を施行し,良好な結果を得たので報告する.PQRST法は本来言語的手がかりを使用するが,今回は,症例に相対的に残存していた視覚性記憶もあわせて利用した.PQR...
医療情報 電子メールとWWW
大塚 博紀, 宮司 正道, 上床 輝久, 木村 映善, 新盛 英世, 石原 謙
綜合臨床   48(9) 2243-2248   Sep 1999

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2014 - 2018    Investigator(s): 上床 輝久
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(挑戦的萌芽研究)
Project Year: 2011 - 2013    Investigator(s): Teruhisa UWATOKO
The aim of this study is to construct a model for supportive environment for the students with autistic trait in university. We conducted investigations for all second year students at the health checkups. We used a self-rating questionnaire inclu...