基本情報

所属
総合研究大学院大学 文化科学研究科 国際日本研究専攻 日本学術振興会特別研究員DC1
学位
文学士(2016年3月 京都大学)
文学修士(2018年3月 京都大学大学院)

連絡先
schwarzerpanther634ybb.ne.jp
J-GLOBAL ID
201801000780001095
researchmap会員ID
B000292393

外部リンク

近現代の文化交渉史と歴史思想を専攻しています。


⑴ 博士論文:「戦間期日本知識人のソヴィエト経験」
 博士論文では文化人や知識人を通じたロシア革命像・ソ連像の日本での形成過程を明らかにすべく、実際にソ連を訪れた人々の経験とその影響を、日ソ交渉を担った組織(国家・民間・党の各レベル)や諸制度(出版社・欧亜連絡列車・在満研究機関など)に注目しながら再構成していきます。
 その際、戦間期の日ソ文化交渉史のミクロな検討にとどまらず、それを当時の全球的な規模で展開したソヴィエト文化の影響(及びソ連の文化宣伝)というマクロな枠組に位置づけるため、西洋諸国(主に英・独・仏語圏)での事例についても比較史的な検討(日本でのロシア革命・ソ連像の形成が西欧諸国や中国での形成と比べていかなる特徴をもつのか)を行っています。その一環として現代ギリシャ文学研究者との共同研究も進め、論文の執筆や文学資料の解題・翻訳といった面で協力しています。

⑵ PD研究課題:「20世紀前半の日本の歴史思想とその〈外部〉」
 以上と同時並行で、インターナショナルな相互交渉が求められるなか、人文学に相応しい歴史叙述や歴史観のあり方そのものを探るべく、史学史や歴史哲学、歴史理論の研究(具体的には言語論的転回やグローバル・ヒストリーに対する自らの方法論的立場を批判的に構築すること)を進めています。
 さしあたり、博士課程後は20世紀前半の日本知識人たちの歴史思想を欧州・ロシア・中国といった〈外部〉との接触や共振のなかで位置づけ直すつもりです。世紀転換期に欧州の人文・社会研究を襲った「実証主義」への懐疑(S・ヒューズ)、日本にも上陸し、戦間期には「西洋中心主義」や「直線的進歩史観」が限界を迎えるなか、「時代区分」や「世界史」といった概念をめぐり、イデオロギーや学問領域を越えた議論が生まれました。

⑶ アウトリーチ・研究委託
 学校法人(カルチャースクール)での授業や文化・学術団体での一般向け講演会、研究業務委託を引き受けることで、自らの学問と知識の幅を拡げるとともに、学界で生産された知識を専門分野を越えた世界へと「翻訳」する方法を研鑽しています。
 最近(2022年春以降)はインターネットチャンネル「ことのは」の対談番組を通じて、スラヴ・ユーラシア研究の専門家をお呼びして、ますます緊迫化するウクライナ情勢に対して人文・社会科学の立場から中長期的な把握を助けるお手伝い(司会・インタビュアー)をしております(以下よりご覧ください)。
https://www.kotonoha-rondan.com/


※本ページでダウンロードできない論文その他記事に関しては、吉川のメールアドレスにお問い合わせくださればPDFをお送りいたします。

 

⑷ ブログ・SNS・ラジオ放送

日々の研究生活や成果報告についてはブログやSNSを通じて発信しておりますので、ご覧いただけると幸いです。

https://h-yoshikawa.hatenablog.com/

https://twitter.com/IN_Japanologie

なお、2022年2月より、ラジオ番組「〈史想〉の雑音録」の配信を開始しました。1週間に3〜4本分(できれば毎日1本)のペースでの投稿を目指しています。これからはブログやSNSよりはラジオでの発信に力を入れていくつもりです。よろしくお願いいたします。

https://radiotalk.jp/program/100688

 


委員歴

  4

論文

  3

主要な講演・口頭発表等

  29

主要な所属学協会

  10

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

社会貢献活動

  4

メディア報道

  8

その他

  8