基本情報

所属
九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 教授
学位
理学博士(東京大学)

連絡先
yasuhideimi.kyushu-u.ac.jp
J-GLOBAL ID
201101056796879329
researchmap会員ID
B000001261

外部リンク

1959年兵庫県生まれ。東京大学理学部物理学科卒業。九州大学マス・フォア・インダストリ教授。専門は流体力学。ミクロからマクロスケール、さらには、宙空スケールから銀河スケールにいたるまで、われわれを取り巻く世界はひも状構造に満ち満ちている。これら特異構造の非線形・非定常ダイナミックスと安定性が世界の形成に大きな役割を果たしていることは想像に難くない。渦の運動やその安定性を計算するための数学的・数値的手法の開発を行っている。

電磁流体力学においては、磁場と渦度場には理想流体中では流れに凍結して運ばれるという共通項がある。このトポロジカルな属性は運動量やエネルギーといったダイナミカルな属性とは明確に区別されるべきもので、前者の表現にはEuler的よりもむしろLagrange的記述の方が優れている。流体粒子個々の運動をたどるLagrange的記述は、従来は、冗長であるとして避けられてきたが、渦の運動や安定性の計算にはより直接的で、強大な威力を発揮することを明らかにしてきた。トポロジカル流体力学を深化させながら、Lagrange的記述によって渦運動を再構成し、それを複雑な波動乱流のモデル化につなげることを目標としている。最近、知られている電磁流体運動のすべてのトポロジカル不変量をネーターの定理によって特徴づけることに成功した。

2010年頃より、産学連携研究や異分野融合研究に取り組んでいる。化学材料メーカーとの共同研究においてマテリアルズインフォマティクスの研究に、地盤工学の研究者や関連企業と土砂災害予測と防災の研究に取り組んでいる。地下水流のダルシ―則による解析の研究では、ヨーロッパでの産業数学スタディグループ ESGI135(2023.6, アイルランド)に問題提供者として招待された。


論文

  128

MISC

  196

書籍等出版物

  15

共同研究・競争的資金等の研究課題

  39