Wakako Sanefuji

J-GLOBAL         Last updated: Dec 10, 2018 at 13:31
 
Avatar
Name
Wakako Sanefuji
Affiliation
Kyushu University
Section
Faculty of Human-Environment Studies

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2014
 - 
Today
Associate Professor, Faculty of Human-Environment Studies, Kyushu University
 

Published Papers

 
Yamaguchi S, Sanefuji W
The Journal of genetic psychology   179(5) 324-328   Sep 2018   [Refereed]
Sanefuji W, Haryu E
Frontiers in psychology   9 955   Jun 2018   [Refereed]
Taniguchi Y, Sanefuji W
Journal of experimental child psychology   159 83-95   Jul 2017   [Refereed]
Song Y, Hakoda Y, Sanefuji W, Cheng C
PloS one   10(7) e0133237   2015   [Refereed]
Sanefuji W, Wada K, Yamamoto T, Mohri I, Taniike M
Developmental psychology   50(4) 979-985   Apr 2014   [Refereed]

Misc

 
実藤和佳子
臨床心理学   14(3) 351-355   May 2014
松嵜順子, 下野九理子, 後藤哲, 實藤和佳子, 山本知加, 酒井佐枝子, 平田雅之, 毛利育子, 依藤史郎, 谷池雅子
臨床神経生理学   39(5) 405   Oct 2011
【多分野連携と子どものこころの解明への試み】 他者のこころを知る 赤ちゃんがみせる他者理解のきざし
実藤 和佳子, 谷池 雅子
脳21   13(2) 127-132   Apr 2010
近年の発達心理学では、他者の"こころ"をいつからどのように理解していくのかについて明らかにしようとしてきた。非言語的な測定手法の開発に伴い、乳児期から他者の心的状態に一定の理解を示すことが明らかとなった。こうした他者の心的状態の理解には生直後からみられる他者知覚が深く関連していると仮定されているが、どの知覚がどの心的状態の理解にいかに連関しているのかについて直接的に検討した研究はまだみられない。最近、自閉症の早期発見に関する研究が目覚ましく進展しているが、一貫した知見はまだ得られていない。...
「自分に似ている」という他者理解がコミュニケーションにもたらすもの 他者と注意を共有していく背景として
実藤 和佳子
乳幼児医学・心理学研究   18(1) 29-35   Jul 2009
大神英裕, 実藤和佳子
教育心理学年報   45 145-154   Mar 2006