和田 崇

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/09 12:40
 
アバター
研究者氏名
和田 崇
 
ワダ タカシ
eメール
wadatakaedu.mie-u.ac.jp
所属
三重大学
部署
教育学部
職名
講師
学位
博士(文学)(立命館大学)
科研費研究者番号
10759624

プロフィール

昭和初期に展開された日本のプロレタリア文学運動について研究しています。プロレタリア文学運動は、作者と読者の関係をめぐる文学大衆化の問題を内包し、また、日本文学史上で早い時期に国際性を持った文学運動としても位置付けられます。これらの多角的な視点から、プロレタリア文学の日本文学史上における意義を検討しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
三重大学 教育学部 講師
 
2017年4月
 - 
現在
三重看護専門学校 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2014年9月
武庫川女子大学 短期大学部 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2014年9月
立命館大学 文学部 非常勤講師
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2014年3月
立命館大学大学院 文学研究科 日本文学専攻 博士後期課程
 

委員歴

 
2016年6月
 - 
現在
三重大学出版会  理事
 
2013年6月
 - 
現在
日本社会文学会  評議員(関西ブロック)
 
2015年6月
 - 
2017年5月
日本社会文学会  監事
 
2013年4月
 - 
2017年3月
日本近代文学会関西支部  運営委員
 
2015年6月
 - 
2015年6月
日本国語教育学会第40回西日本集会(三重大会)  実行委員
 

書籍等出版物

 
昭和戦前期プロレタリア文化運動資料集
和田 崇 (担当:共編者)
丸善雄松堂   
柳瀬正夢, 柳瀬正夢全集刊行委員会(資料協力:柳瀬正夢装幀の徳永直初版本の提供)
三人社(京都)   2016年12月   ISBN:4906943373
添田 唖蝉坊, 中村 敦, 白鳥 博康, 吉﨑 雅規, 厚 香苗, 和田 崇 (担当:共著, 範囲:啞蟬防の演歌と替歌の連鎖)
社会評論社   2016年8月   ISBN:4784519173
日本近代文学会関西支部編 (担当:共編者, 範囲:編集委員,全体討議のまとめ)
和泉書院   2015年11月   ISBN:4757607741
柳瀬正夢, 柳瀬正夢全集刊行委員会(資料協力:柳瀬正夢装幀の徳永直初版本の提供)
三人社(京都)   2014年7月   ISBN:4906943357

論文

 
日独プロレタリア文学の往来―雑誌 “Die Links-kurve” を中心に―
和田 崇
立命館文學   (652) 92-105   2017年8月
和田 崇
フェンスレス : 文学・映画・演劇・文化運動研究誌   (4) 53-74   2016年
和田 崇, WADA Takashi
三重大学教育学部研究紀要. 自然科学・人文科学・社会科学・教育科学・教育実践   67 99-108   2016年3月
本稿は、現行の筑摩書房の国語教科書(高校一年生用)に収録された南木佳士の短編小説「急須」を分析した作品論である。同社の作成した『指導書』によると、この小説の主題は、青少年期の苦悩を背景として主人公が「自分の生き方を発見するという成長の物語」であり、それを読み取るためには、作中に登場する「お茶屋の主人」と、彼が愛好する芥川龍之介の小説が象徴する意味を考察する必要がある。しかし、テクストを精緻に分析すると、お茶屋の主人は主人公の「成長」に対しそれほど重要な役割を果たしていないと考えられる。本稿...
「欲しくない指輪」小論
和田 崇
徳永直の会会報   (65) 2-5   2015年1月   [招待有り]
『貴司山治日記』における中野重治
和田 崇
梨の花通信   (62) 10-15   2013年12月   [招待有り]

Misc

 
〔書評〕祖父江昭二著『二〇世紀文学としての「プロレタリア文学」――さまざまな経路から』
和田 崇
社会文学   (45) 157-158   2017年2月   [依頼有り]
流言蜚語
和田 崇
徳永直の会会報   (69) 2-2   2017年1月   [依頼有り]
〔書評〕白石康代著『占領下の新聞―別府からみた戦後ニッポン―』』
和田 崇
図書新聞   (3235) 8-8   2015年12月   [依頼有り]
徳永直宛書簡/浅井花子筆
和田崇翻刻・注
徳永直の会会報   (66) 2-6   2015年7月   [依頼有り]
総目次『実録文学』(文学案内社)
和田 崇
フェンスレス(オンライン版)   (3) 99-108   2015年5月

講演・口頭発表等

 
純粋小説論の裏側で [招待有り]
和田 崇
横光利一文学会第17回研究集会   2017年8月26日   
"Doublethink" in Seisan-Bungaku Theory [招待有り]
和田 崇
Tenkō in Trans-war Japan: Politics, Culture, History. An international workshop   2017年6月30日   
書評会 内藤由直『国民文学のストラテジー:プロレタリア文学運動批判の理路と隘路』 [招待有り]
和田 崇
第18回占領開拓期文化研究会   2014年12月20日   
勤労者文学とその時代 [招待有り]
和田 崇
日本社会文学会関西ブロック例会   2014年1月25日   
『貴司山治全日記』における中野重治―揺らぐ「人間性」 [招待有り]
和田 崇
―歿後三十三年― 中野重治 研究と講演の会   2012年12月1日   

担当経験のある科目

 

Works

 
和田 崇   Webサービス   2011年9月 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
戦前期ドイツにおける日本プロレタリア文学の翻訳と受容に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 和田 崇
戦前期プロレタリア文化運動資料研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 村田 裕和
戦前期プロレタリア文化運動資料研究会
立命館大学: アート・リサーチセンター萌芽的研究支援プログラム
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 中川 成美

社会貢献活動

 
中学・高校の現代文定番教材を読みなおす(旧題:定番教材を読みなおす)
【講師】  三重大学  教員免許状更新講習  2016年7月23日 - 2017年7月8日