基本情報

所属
茨城工業高等専門学校 国際創造工学科 電気・電子系 教授
福島工業高等専門学校 教授
学位
博士(工学)(新潟大学)
工学修士(東北大学)

研究者番号
80220838
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-9259-404X
J-GLOBAL ID
200901084506251297
researchmap会員ID
1000140337

福島県いわき市出身の若松 孝 です。私は、計測工学(光計測、光学分析等)と材料工学(有機電子材料、金属等)を専門分野としており、これをベースに異分野の研究者との共同研究に取り組んでおります。
最近では、タンパク質等の溶媒と強く結合している溶液中の凝集・結晶化を高感度に分析できる分析装置(プロトタイプ)を開発しております(特許3件)。また、低電圧印加でタンパク質の結晶化を促進させる技術も開発しました(国内特許1件,米国特許1件)。
これらの研究・技術開発にご関心のある方は、ぜひお問い合わせください。


論文

  76

MISC

  89

書籍等出版物

  6

講演・口頭発表等

  208

共同研究・競争的資金等の研究課題

  26

産業財産権

  14

社会貢献活動

  11

その他

  16
  • 2020年10月 - 2021年3月
  • 2019年3月 - 2019年3月
    S. Obata, R. Hijiya, H. Shimoyama, T. Wakamatsu, M. Ogata and D. Tanaka, International Symposium on Innovative Engineering 2019 (ISIE2019),"Effect of applied AC electric field with low frequency and low intensity on the size and the amount of generated HEWL crystals"
  • 2017年12月 - 2017年12月
    鈴木萌花,青木大地,田中大輔,尾形慎,若松孝,第3回北関東磐越地区化学技術フォーラム,「リゾチーム結晶化における電場印加と温度の効果」
  • 2009年8月 - 2009年8月
    青木克仁,若松孝,「有機薄膜の可視ATRスペクトル」,平成21年度電子情報通信学会東北支部大会
  • 2005年3月 - 2005年3月
    黒澤昌志,若松孝,「水晶振動子膜厚計の作製と評価」,第10回電子情報通信学会東京支部学生発表会
  • 2004年3月 - 2004年3月
    山形定子,会澤見斗,若松孝,斎藤和裕,「金属膜光導波路における光学モードの特性」,第9回電子情報通信学会東京支部学生発表会
  • 2003年8月 - 2003年8月
    S.Yamagata, K. Aizawa, and T. Wakamatsu, Analysis of Surface-Plasmon-Coupled Waveguides, 2003年電気関係学会東北支部連合大会講演論文集
  • 2002年8月 - 2002年8月
    K.Watanabe and T.Wakamatsu, Optical Characteristics of Photoisomeric Spiropyran Molecular Films, 2002年電気関係学会東北支部連合大会講演論文集
  • 2002年3月 - 2002年3月
    渡辺慶太,若松孝,第7回電子情報通信学会東京支部学生発表会,「スピロピラン光異性化分子膜の複素屈折率」
  • 1998年12月 - 1998年12月
    中野貴之,金子双男,新保一成,加藤景三,若松孝,川上貴浩,「プリズム/Al薄膜構造におけるエバネッセント波検出」,応用物理学会北陸支部大会
  • 1998年3月 - 1998年3月
    馬場暁,金子双男,新保一成,若松孝,加藤景三,小林敏志,「全反射減衰法によるポリイミドLB膜上液晶分子の評価(Ⅲ)」,第45回応用物理学関係連合講演会