共同研究・競争的資金等の研究課題

2018年4月 - 2021年3月

飲酒パターンと動脈硬化リスク要因としての血液凝固能との関連における性差の解明

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 久保田 芳美
  • ,
  • 丸茂 幹雄
  • ,
  • 若林 一郎

課題番号
18K10115
配分額
(総額)
4,290,000円
(直接経費)
3,300,000円
(間接経費)
990,000円

篠山研究では、517名(男性234名、女性283名)の市民より研究調査への協力を得て、血液凝固・線溶を反映する指標を測定した。同時に、血栓のできやすさに関連する可能性がある飲酒や食事状況などについて聴き取り調査を行った。さらに調査協力者のうち251名(男性109名、女性142 名)において、CAVI(キャビ:心臓足首血管指数:血管年齢の検査)を測定した。同時に、過去に研究調査のCAVI測定を受けたことがある、65歳以上の協力者97名(男性28名、女性69名)に、追跡のCAVI検査を実施した。神戸研究については4回目の追跡調査の段階であり、475名(男性144名、女性331名)に食事調査、味覚検査、CAVIなどの来所の検査を実施した。現在飲酒している人の割合は、男性71%、女性33%であった。適正飲酒量は日本酒に換算して1日あたり男性1合未満、女性0.5合未満とされている。飲酒量が適正飲酒の範囲の人は、現在飲酒している人のうち男性50%、女性57%であった。一方で1日あたり2合以上飲酒している多量飲酒の人が、男性19%、女性10%でみとめられた。飲酒量については、男女とも「ふだんよりたくさん飲む日がある」と答えた人の方が、「ない」と答えた人よりも、「1日あたりに飲む量」が多い傾向にあった。血液の凝固系や線溶系のマーカーが極端に高い場合、血栓ができやすい状態と考えられる。抗凝固薬の投与を受けていない人において、血栓リスクがやや高いと判断された人の割合は、男性、女性ともに6%であった。CAVIの測定結果から動脈硬化の疑いありと判定された人は、64歳以下では男性9%、女性6%であった。65歳以上を対象とした追跡の検査においては、男性43%、女性33%であった。