共同研究・競争的資金等の研究課題

2018年4月 - 2021年3月

非小細胞肺癌におけるVEGF非依存性の新規血管新生因子の同定

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 江口 良二
  • ,
  • 若林 一郎

課題番号
18K07278
配分額
(総額)
4,420,000円
(直接経費)
3,400,000円
(間接経費)
1,020,000円

本研究では、非小細胞肺癌細胞株A549、EBC-1およびLu99に対して無血清培養を行い、①EBC-1のみ無血清培養条件下でも生存できること、②EBC-1の無血清培養上清が3次元血管モデルに対して血管新生を誘導すること、③その血管新生は抗VEGF抗体による抗中和実験およびEBC-1が発現するVEGFに対するRNA干渉では完全には抑制されなかったことが既に示されており、EBC-1はVEGFとVEGF非依存性の血管新生因子を分泌することが示唆された。また、EBC-1におけるVEGF非依存性の血管新生因子を明らかにするため、EBC-1の無血清培養上清に対してLC-MS/MSを用いたショットガン解析を行ったところ、④1007個のタンパク質がこれまでの本研究で同定された。
平成30年度では、この1007個のタンパク質の中からVEGF以外で血管新生を直接誘導する報告のある10個の候補タンパク質に焦点を当て、中和抗体およびRNA干渉を用いた実験を行った。その結果、タンパク質XがEBC-1におけるVEGF非依存性の新規血管新生因子であることを見出した(論文投稿準備中のためXと呼称する)。Xは本研究で使用した他の非小細胞肺癌細胞株A549およびLu99においても同等以上に発現していることが半定量PCR法で確認されたので、無血清培養下では生存できないLu99の培養上清(血清を含む)を、濃縮することなく高濃度のLu99由来分泌タンパクを含んだ培養上清を回収できる3次元培養モデルを新たに開発した。Lu99の3次元培養上清を3次元血管モデルに添加したところ、血管新生が誘導され、その血管新生はVEGFおよびタンパク質Xのどちらも関与しないことを見出した。現在、VEGFおよびタンパク質X非依存性の血管新生因子を探索中である。