共同研究・競争的資金等の研究課題

2016年4月 - 2018年3月

悪性中皮腫におけるVEGF非依存性の新規血管新生因子の探索

日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
  • 江口 良二
  • ,
  • 若林 一郎

課題番号
16K14626
配分額
(総額)
3,770,000円
(直接経費)
2,900,000円
(間接経費)
870,000円

悪性中皮腫は胸膜等の中皮細胞から発症する悪性腫瘍であり、腫瘍の進展に必須な血管新生を伴う。血管内皮増殖因子(VEGF)、特にVEGF-Aが腫瘍血管新生において重要な役割を担っており、VEGF-Aの抗体製剤が中皮腫患者の全生存期間の延長を改善することが最近報告された。その一方で、同様のケースでは無増悪生存期間の延長を改善しないことも報告されていることから、悪性中皮腫においてVEGF以外の血管新生因子の存在が示唆されるが、その因子は不明であった。本研究では、悪性中皮腫における新規血管新生因子を探索した結果、グラニュリン遺伝子産物がVEGF非依存性の血管新生因子であることを明らかにした。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-16K14626/16K14626seika.pdf