基本情報

所属
愛媛大学 先端研究・学術推進機構 沿岸環境科学研究センター(CMES) 教授
学位
博士(工学)(2005年3月 東北大学)

連絡先
watanabe.kozo.mjehime-u.ac.jp
研究者番号
80634435
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-7062-595X
J-GLOBAL ID
201601015238635420
researchmap会員ID
B000255025

外部リンク

グルーバルな視野で都市・淡水・沿岸生態系における人間・動物・環境の健康を守るワンヘルスに資する質の高い研究を推進。以下の例を含む多様な研究テーマとフィールド調査、実験、データ駆動型研究まで多様なアプローチ

1)熱帯・亜熱帯におけるデング熱など蚊を媒介とする感染症の生態学的制御のための環境疫学

2)河川生物試料や環境DNAを用いたハイスループットな生物多様性評価技術の開発

3)都市・沿岸生態系における薬剤耐性菌(ARB)の発生機構と動態の研究

4)メタゲノム、全ゲノム、メタバーコーディング、RNAseqなどの次世代シークエンサーとバイオインフォマティクス解析を活用した分子生態学研究

キーワード: 分子生態学,河川生態学,蚊媒介感染症,薬剤耐性菌,次世代シークエンシング,機械学習


経歴

  21

論文

  147

MISC

  55

書籍等出版物

  1
  • Carvajal, T. M, H. T. Ho, L. F. T. Hernandez, K. M. Viacrusis, D. M. Amalin, K. Watanabe (担当:共著, 範囲:An Ecological Context towards Understanding Dengue Disease Dynamics in Urban Cities: a Case Study in Metropolitan Manila, Philippines)
    Springer 2018年11月 (ISBN: 9789811325267)

講演・口頭発表等

  44

共同研究・競争的資金等の研究課題

  38