Wataru Noda

J-GLOBAL         Last updated: Oct 11, 2019 at 02:17
 
Avatar
Name
Wataru Noda
E-mail
wnodacc.osaka-kyoiku.ac.jp
Affiliation
Osaka Kyoiku University
Section
Faculty of Education
Research funding number
70611440

Academic & Professional Experience

 
Apr 2017
 - 
Today
Associate Professor, Faculty of Education, Osaka Kyoiku University
 
Apr 2015
 - 
Mar 2017
Associate Professor, Osaka Kyoiku University
 

Published Papers

 
Murayama Yasuo, Ito Hiroyuki, Nakajima Shunji, Hamada Megumi, Katagiri Masatoshi, Tanaka Yoshihiro, Takayanagi Nobuya, Noda Wataru, Tsujii Masatsugu
Journal of Health Psychology Research   31(1) 31-41   Aug 2018
<p>Bullying is a major problem in schools. Many studies conducted in the U.S. and Europe have indicated relationships between parenting behaviors and bullying and peer victimization. However, only a few studies in Japan have investigated these rel...
野田 航, 吉田 雅幸
LD研究 = Japanese journal of learning disabilities   27(3) 331-339   Aug 2018
Noda Wataru, Tsujii Masatsugu, Ito Hiroyuki, Hamada Megumi, Uemiya Ai, Katagiri Masatoshi, Takayanagi Nobuya, Nakajima Syunji, Murayama Yasuo, Myogan Mitsunori
JJDP   27(2) 158-166   Jun 2018
<p>The present study investigated the stability of aggression by analyzing five-year longitudinal data of elementary and junior high school students in one suburban Japanese city. Approximately 2,500 students (3rd grade through 9th grade) particip...
NODA WATARU
The Annual Report of Educational Psychology in Japan   57(0) 179-191   2018
<p>  An increasing number of educational research and practices regarding applied behavior analysis has been conducted in Japanese educational settings. However, few studies have addressed behavioral instruction for academic skills in Japan. This ...
Effect of number family instruction on improving fluency of addition and subtraction facts in Japanese second-grade students
Wataru Noda
Psychology   8 2377-2389   Dec 2017   [Refereed]
野田航, 豊永博子
行動分析学研究   31(2) 153‐162-162   Feb 2017
<p>Study objective: The present study examined the generalization and social validity of a stimulus pairing procedure used to teach 2 elementary school students with intellectual disabilities to read kanji. Design: Multiple-probe des...
伊藤大幸, 村山恭朗, 片桐正敏, 中島俊思, 浜田恵, 田中善大, 野田航, 高柳伸哉, 辻井正次
教育心理学研究   64(2) 170‐183-183   Jun 2016
&nbsp;&nbsp;The present study surveyed the current status of abnormal eating behavior among elementary and junior high school students, using a self-report questionnaire designed by the authors.&nbsp;&nbsp;Valid responses were obtained from 4,952 ...
浜田 恵, 伊藤 大幸, 田中 善大, 高柳 伸哉, 片桐 正敏, 中島 俊思, 村山 恭朗, 野田 航, 辻井 正次
小児の精神と神経 = Psychiatria et neurologia paediatrica Japonica : 日本小児精神神経学会機関誌   56(1) 47-56   Apr 2016
本研究は、抑うつの早期発見のためのひとつの指標として、より抑うつ傾向が低い日常生活習慣を明らかにすることを目的とした質問紙調査を行った。単一市内にある全公立小中学校に在籍する、小学校4年生から中学校3年生までの児童生徒5,021名を対象とした。日常生活習慣(起床時刻・就寝時刻・朝食・夕食・宿題・宿題以外の学習・手伝い・昼寝)を要因として、抑うつ傾向との関連について分散分析を行った。結果、すべての日常生活習慣において、抑うつ傾向に関する主効果が認められ、日常生活習慣と抑うつ傾向との関連性が明...
伊藤大幸, 野田航, 中島俊思, 田中善大, 浜田恵, 片桐正敏, 高柳伸哉, 村山恭朗, 辻井正次
発達心理学研究   27(1) 59-71   Mar 2016
We examined the extent to which developmental appraisal by nursery teachers predicts psychosocial maladaptation in elementary school, and developed the Developmental Scale for Nursery Record (DSNR). A 7-year longitudinal investigation was conducte...
田中善大, 伊藤大幸, 村山恭朗, 野田航, 中島俊思, 浜田恵, 片桐正敏, 高柳伸哉, 辻井正次
発達心理学研究   26(4) 332-343   Dec 2015
This study investigated the relationship between experiences of bullying and victimization with the traits of autism spectrum disorder (ASD) and attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD) in nursery school, elementary school, and junior high ...
KATAGIRI MASATOSHI, ITO HIROYUKI, NAKAJIMA SHUNJI, TANAKA YOSHIHIRO, NODA WATARU, HAMADA MEGUMI, MURAYAMA YASUO, TAKAYANAGI NOBUYA, TSUJII MASATSUGU
小児の精神と神経   55(2) 117-126   Jul 2015
強迫性障害は、強迫観念および強迫行為といった強迫症状によって特徴づけられる児童思春期に好発する精神疾患であり、一般児童生徒でも強迫症状の傾向を持つ子どもが存在することが知られている。本研究では子どもの強迫傾向を質問紙で測定し、一般児童生徒の強迫傾向から抑うつ、攻撃性の問題がどの程度予測することが可能かを縦断的に検討した。単一市内全校調査によって、4年間にわたり公立小中学校の児童生徒2,275名に対して質問紙調査を実施した。その結果、一般児童生徒では強迫傾向が高いほど、のちに抑うつの出現する...
MURAYAMA YASUO, ITO HIROYUKI, HAMADA MEGUMI, NAKAJIMA SHUNJI, NODA WATARU, KATAGIRI MASATOSHI, TAKAYANAGI NOBUYA, TANAKA YOSHIHIRO, TSUJII MASATSUGU
発達心理学研究   26(1) 13-22   Mar 2015
Although previous studies in Japan have reported on the prevalence of bullying behaviors and peer victimization, little is known about the severity of internalizing and externalizing problems exhibited by students in Japan. The purpose of the pres...
Ito Hiroyuki, Nakajima Syunji, Mochizuki Naoto, Takayanagi Nobuya, Tanaka Yoshihiro, Matsumoto Kaori, Ohtake Satoko, Harada Shin, Noda Wataru, Tsujii Masatsugu
The Japanese Journal of Developmental Psychology   25(3) 221-231   Sep 2014
This study identified 7 subordinate concepts of parenting behaviors (involvement, positive responsivity, monitoring, respect for will, overprotection, inconsistency, and harsh discipline) based on factor structures of existing scales and findings ...
研究と報告 小中学生用社会的不適応尺度の開発と構成概念妥当性の検証
伊藤 大幸, 田中 善大, 村山 恭朗, 中島 俊思, 高柳 伸哉, 野田 航, 望月 直人, 松本 かおり, 辻井 正次
精神医学   56(8) 699-708   Aug 2014
本研究は,小中学生の社会的環境への不適応を測定する自記式の評価尺度「小中学生用社会的不適応尺度」を開発し,小学4年生から中学3年生までの5,217名から得たデータに基づいて,その構成概念妥当性を検証した。探索的因子分析の結果,当初想定した4領域構造(友人関係,家族関係,学業,教師関係)が完全に再現され,因子的妥当性が確認された。また,相関係数および重回帰分析によって外在基準(友人問題,否定的養育,学業成績,抑うつ,攻撃性)との関連を検討したところ,理論的な予測および先行研究の知見に整合的な...
研究と報告 小中学校における友人関係問題に対するASD傾向およびADHD傾向の影響の検討
田中 善大, 伊藤 大幸, 高柳 伸哉, 原田 新, 野田 航, 大嶽 さと子, 中島 俊思, 望月 直人, 辻井 正次
精神医学   56(6) 501-510   Jun 2014
本研究では,単一市内の全公立小中学校の児童生徒の保護者を対象に調査を実施し,ASD傾向およびADHD傾向が小中学校の友人関係問題に与える影響について検討した。ASSQによってASD傾向を,ADHD-RSによってADHD傾向を,SDQによって友人関係問題を測定した。小学1年生から中学3年生までの計7,413名の児童生徒のデータに対する相関および重回帰分析の結果,小中学校の友人関係問題とASD傾向に強い関連がある一方で,友人関係問題とADHD傾向との関連は小さなものであることが示された。これら...
Application of a three-tiered instruction model for Japanese second-grade students to improve accuracy and fluency of multiplication facts
Wataru Noda
Journal of Special Education Research   2(2) 71-79   Feb 2014   [Refereed]
研究と報告 中学生の非行行為と攻撃性,抑うつとの関連
望月 直人, 伊藤 大幸, 原田 新, 野田 航, 松本 かおり, 高柳 伸哉, 中島 俊思, 大嶽 さと子, 田中 善大, 辻井 正次
精神医学   56(1) 4-11   Jan 2014
本研究では,中学生における非行行為(喫煙,怠学,飲酒,夜遊び,万引き,自転車盗)と抑うつ,攻撃性の関連について検討した。単一市内全校調査を行い,2,334名の中学生を対象とした。全非行行為で経験あり群と経験なし群に分け,攻撃性と抑うつの差異について検討した結果,経験あり群は全非行行為でより高い攻撃性を示し,万引き以外の5つの非行行為でより高い抑うつを示した。また,ロジスティック回帰分析の結果,攻撃性の中で,身体的攻撃は全非行行為に有意な効果を示し,抑うつは,喫煙,万引きを除く4つの非行行為...
NODA Wataru, TANAKA-MATSUMI Junko
The Japanese Journal of Special Education   52(4) 287-296   2014
The present study examined the impact of behavioral instruction on 2 second-grade students' fluency with multiplication facts. The participants were public elementary school students who had difficulty in learning multiplication facts. After-schoo...
研究と報告 小中学生における欠席行動と教師評定による学校適応との関連
高柳 伸哉, 伊藤 大幸, 野田 航, 田中 善大, 大嶽 さと子, 染木 史緒, 原田 新, 中島 俊思, 望月 直人, 辻井 正次
精神医学   55(4) 355-362   Apr 2013
本研究では,小中学生における欠席行動と教師評定による学校適応の関連について検討した。小中学校の児童生徒7,183名(男子3,719名,女子3,464名)を対象に調査を行った。小学校低学年と高学年,中学生の3群に分け,学年群ごとに1学期における欠席日数から分類した3群の各尺度得点を一元配置分散分析によって比較した。その結果,欠席が10日以上の多欠席群は4日以下の一般群より,低学年では学業面と心身面,情緒面の問題,高学年では心身面と情緒面の問題,さらに中学生では心身面をはじめとした学校適応全般...
研究と報告 保育記録による発達尺度改訂版(NDSC-R)の開発 信頼性および妥当性の比較
伊藤 大幸, 田中 善大, 高柳 伸哉, 望月 直人, 染木 史緒, 野田 航, 大嶽 さと子, 中島 俊思, 原田 新, 辻井 正次
精神医学   55(3) 263-272   Mar 2013
本研究は,適応行動の発達と不適応行動の出現を包括的に評価する保育士評定形式の尺度である「保育記録による発達尺度」(NDSC)について,項目数の縮小,尺度構成のバランス化,一部下位尺度の信頼性・妥当性の改善を目的として,改訂版(NDSC-R)を開発し,その信頼性・妥当性を検討した。外在基準との関連,主成分分析結果に基づき,尺度構成を再検討し,165項目から94項目への短縮を行った。内的整合性を示すα係数は,項目を削減した尺度では.90前後の値を維持し,項目を追加した尺度では原版より改善がみら...
3歳児健診おける広汎性発達障害児早期発見のためのスクリーニングツールPARS短縮版導入の試み
中島 俊思, 伊藤 大幸, 大西 将史, 高柳 伸哉, 大嶽 さと子, 染木 史緒, 望月 直人, 野田 航, 林 陽子, 瀬野 由衣, 辻井 正次
精神医学   54(9) 911-914   Sep 2012
広汎性発達障害(pervasive developmental disorder;PDD)特性把握のための評定尺度PARS(PDD-Autism Society Japan Rating Scale)幼児期短縮版を,自治体保健センターの3歳児健診におけるスクリーニングツールとして導入した。PARS短縮版は12項目からなる半構造化面接式のアセスメントツールであり,カットオフポイントは5点である。内的整合性はα=.76と十分な信頼性を示した。スクリーニングによる陽性児の男女比がおおむね3:1と...
NODA WATARU, TANAKA-MATSUMI JUNKO
Japanese Journal of Behavior Analysis   24(1) 13-25   Jan 2010
Study objective: The present study examined the effect of fluency building on the retention, endurance, and application of kanji oral reading of an elementary school student. Design: Within-subject comparison design. Setting: A public elementary s...
OTSUI KANAKO, NODA WATARU, YOKOYAMA AKIKO, MATSUMI JUNKO
行動分析学研究   20(1) 28-39   Aug 2006   [Refereed]
Study objectives: We evaluated the effectiveness of a behavioral intervention package for improving elementary school children's sitting posture in the regular classroom. Design: ABCA design, consisting of baseline, intervention 1, intervention 2,...

Misc

 
野田航
LD研究   28(2) 238‐239   May 2019
佐藤 克敏, 干川 隆, 関 あゆみ, 野田 航, 海津 亜希子
LD研究 = Japanese journal of learning disabilities   28(2) 234-240   May 2019
【発達障害のある子どもたちのインクルーシブ教育システムの構築】日本におけるプログレスモニタリングの可能性 カリキュラムに基づく尺度(CBM)の標準化と活用に向けて 算数CBMの開発と実践
野田 航
LD研究   28(2) 238-239   May 2019
YAMAMOTO JUNICHI, TSUGE MASAYOSHI, SAKUTA RYOICHI, NODA WATARU
The Annual Report of Educational Psychology in Japan   58(0) 236-247   2019
月本彈, 榎本大貴, 大対香奈子, 田中善大, 野田航, 大久保賢一
日本認知・行動療法学会大会抄録集(CD-ROM)   44th 182‐183-183   Oct 2018
山本淳一, 柘植雅義, 作田亮一, 野田航
日本教育心理学会総会発表論文集   60th 4‐5   Aug 2018
干川隆, 関あゆみ, 野田航, 海津亜希子
日本LD学会大会(Web)   27th ROMBUNNO.KENKYUIINKAIKIKAKUSHIMPOJIUMU2(RS2) (WEB ONLY)   2018
野田航, 福井司
日本LD学会大会(Web)   27th ROMBUNNO.P5‐102 (WEB ONLY)   2018
田中善大, 月本弾, 野田航, 大対香奈子, 大久保賢一
日本行動分析学会年次大会発表論文集   35th 68   2017
三浦巧也, 橋本創一, 野田航, 枡千晶, 惠羅修吉
日本教育心理学会総会発表論文集   58th 118‐119   Sep 2016
野田 航, 上岡 美月
大阪教育大学紀要. 第4部門, 教育科学 = Memoirs of Osaka Kyoiku University   64(2) 75-83   Feb 2016
本研究の目的は,大学生の漢字の書字学習におけるCover-copy-compare(Nies & Belfiore, 2006: 3C学習法)の効果について,反復学習法との比較を通して検討することであった。大学生6名が本研究に参加した。漢字検定1級および準1級の試験に出題される漢字を用いて,2つの異なる難易度の漢字セット(10文字ずつ)を作成した。対象者は,3C学習法および反復学習法の両方を用いて漢字学習を行った。漢字テストの平均正答率を従属変数とし,学習法・難易度・試行数を要因とする3要...
Noda Wataru, Morimatsu Kotaro
日本行動分析学会年次大会プログラム・発表論文集   (33)    Aug 2015
関係フレーム理論(RFT)の展開 臨床発達心理学への寄与
大月 友, 武藤 崇, 野田 航, 丹治 敬之, 上村 碧, 野呂 文行
日本心理学会大会発表論文集   78回 SS31-SS31   Aug 2014
否定的・肯定的養育行動尺度の開発 因子的妥当性および収束的・弁別的妥当性の検証
伊藤 大幸, 望月 直人, 田中 善大, 野田 航
日本心理学会大会発表論文集   77回 936-936   Aug 2013
小学校3年生への社会的スキル・プログラム効果の検討 担任教師より相談を受けて、実施した介入プログラム
望月 直人, 小関 俊祐, 大西 将史, 中島 俊思, 野田 航, 辻井 正次
日本心理学会大会発表論文集   75回 364-364   Aug 2011
MOCHIZUKI Naoto, KOSEKI Shunsuke, OHNISHI Masafumi, NAKAJIMA Shunji, NODA Wataru, TSUJII Masatsugu
The Proceedings of the Annual Convention of the Japanese Psychological Association   75(0) 2EV054-2EV054   2011
野田 航, 松見 淳子
Japanese journal of behavior analysis   24(1) 13-25   2010
NODA Wataru, TANAKA-MATSUMI Junko
The Proceedings of the Annual Convention of the Japanese Psychological Association   74(0) 1AM063-1AM063   2010