築山 忠維

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/16 17:05
 
アバター
研究者氏名
築山 忠維
 
ツキヤマ タダスケ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/20399819.ja.html
所属
北海道大学
部署
医学研究院
職名
助教
学位
医学博士(九州大学), 農学修士(明治大学)

プロフィール

明治大学農学部
明治大学大学院農学研究科
九州大学大学院医学研究科
米国国立癌研究所
日本学術振興会海外派遣特別研究員(NIH)
北海道大学大学院医学研究科

研究分野

 
 

受賞

 
2015年12月
公益財団法人 日本膵臓病研究財団 膵臓病研究奨励賞
 

論文

 
Mika Watanabe, Ken Natsuga, Wataru Nishie, Yasuaki Kobayashi, Giacomo Donati, Shotaro Suzuki, Yu Fujimura, Tadasuke Tsukiyama, Hideyuki Ujiie, Satoru Shinkuma, Hideki Nakamura, Masamoto Murakami, Michitaka Ozaki, Masaharu Nagayama, Fiona M Watt, Hiroshi Shimizu
eLife   6(e26635) 1-24   2017年7月   [査読有り]
Kanno Y, Mitsui T, Kitta T, Moriya K, Tsukiyama T, Hatakeyama S, Nonomura K.
Neurourology and urodynamics      2016年3月   [査読有り]
Tsukiyama T, Fukui A, Terai S, Fujioka Y, Shinada K, Takahashi H, Yamaguchi TP, Ohba Y, Hatakeyama S.
Molecular and Cellular Biology      2015年3月   [査読有り]
Takahashi H, Takigawa I, Watanabe M, Anwar D, Shibata M, Tomomori-Sato C, Sato S, Ranjan A, Seidel CW, Tsukiyama T, Mizushima W, Hayashi M, Ohkawa Y, Conaway JW, Conaway RC, Hatakeyama S.
Nature Communications   6(5941)    2015年1月   [査読有り]
Tsukiyama T, Matsuda-Tsukiyama M, Bohgaki M, Terai S, Tanaka S, Hatakeyama S
Molecular medicine (Cambridge, Mass.)   18 587-597   2012年5月   [査読有り]
Tsukiyama T, Yamaguchi TP
Neuroscience letters   512 48-52   2012年3月   [査読有り]
Sho T, Tsukiyama T, Sato T, Kondo T, Cheng J, Saku T, Asaka M, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta   1813 1245-1253   2011年6月   [査読有り]
Sugiyama N, Tsukiyama T, Yamaguchi TP, Yokoyama T
Kidney international   79(9) 957   2011年5月   [査読有り]
Shinada K, Tsukiyama T, Sho T, Okumura F, Asaka M, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications   404(1) 143-147   2011年1月   [査読有り]
Kikuchi M, Okumura F, Tsukiyama T, Watanabe M, Miyajima N, Tanaka J, Imamura M, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta   1793 1828-1836   2009年12月   [査読有り]
Watanabe M, Tsukiyama T, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications   388(2) 422-427   2009年10月   [査読有り]
Maeda H, Miyajima N, Kano S, Tsukiyama T, Okumura F, Fukuda S, Hatakeyama S
Molecular cancer research : MCR   7(9) 1553-1562   2009年9月   [査読有り]
Goss AM, Tian Y, Tsukiyama T, Cohen ED, Zhou D, Lu MM, Yamaguchi TP, Morrisey EE
Developmental cell   17(2) 290-298   2009年8月   [査読有り]
Suzuki K, Yamaguchi Y, Villacorte M, Mihara K, Akiyama M, Shimizu H, Taketo MM, Nakagata N, Tsukiyama T, Yamaguchi TP, Birchmeier W, Kato S, Yamada G
Development (Cambridge, England)   136(3) 367-372   2009年2月   [査読有り]
Kameda H, Watanabe M, Bohgaki M, Tsukiyama T, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications   378(4) 744-749   2009年1月   [査読有り]
Bohgaki M, Tsukiyama T, Nakajima A, Maruyama S, Watanabe M, Koike T, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta   1783 826-837   2008年5月   [査読有り]
Takahata M, Bohgaki M, Tsukiyama T, Kondo T, Asaka M, Hatakeyama S
Molecular immunology   45 2045-2054   2008年4月   [査読有り]
Maruyama S, Miyajima N, Bohgaki M, Tsukiyama T, Shigemura M, Nonomura K, Hatakeyama S
Molecular and cellular biochemistry   307(1-2) 73-82   2008年1月   [査読有り]
Nakajima A, Maruyama S, Bohgaki M, Miyajima N, Tsukiyama T, Sakuragi N, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications   357(1) 245-251   2007年5月   [査読有り]
Matsuda M, Tsukiyama T, Bohgaki M, Nonomura K, Hatakeyama S
Immunology letters   109 175-181   2007年4月   [査読有り]
Watanabe M, Tsukiyama T, Hatakeyama S
Neuroscience letters   411 228-232   2007年1月   [査読有り]
Fujii M, Lyakh LA, Bracken CP, Fukuoka J, Hayakawa M, Tsukiyama T, Soll SJ, Harris M, Rocha S, Roche KC, Tominaga S, Jen J, Perkins ND, Lechleider RJ, Roberts AB
Molecular cell   24(5) 771-783   2006年12月   [査読有り]
Nakaya MA, Biris K, Tsukiyama T, Jaime S, Rawls JA, Yamaguchi TP
Development (Cambridge, England)   132(24) 5425-5436   2005年12月   [査読有り]
Nishiyama M, Nakayama K, Tsunematsu R, Tsukiyama T, Kikuchi A, Nakayama KI
Molecular and cellular biology   24(19) 8386-8394   2004年10月   [査読有り]
Miyamoto A, Nakayama K, Imaki H, Hirose S, Jiang Y, Abe M, Tsukiyama T, Nagahama H, Ohno S, Hatakeyama S, Nakayama KI
Nature   416(6883) 865-869   2002年4月   [査読有り]
Down-regulation of p27Kip1 expression is required for development and function of T cells.
Tsukiyama T, Ishida N, Shirane M, Minamishima YA, Hatakeyama S, Kitagawa M, Nakayama K, Nakayama K
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   166 304-312   2001年1月   [査読有り]
Development of dendritic epidermal T cells with a skewed diversity of gamma delta TCRs in V delta 1-deficient mice.
Hara H, Kishihara K, Matsuzaki G, Takimoto H, Tsukiyama T, Tigelaar RE, Nomoto K
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   165 3695-3705   2000年10月   [査読有り]
Kitagawa K, Kawamoto T, Kunugita N, Tsukiyama T, Okamoto K, Yoshida A, Nakayama K, Nakayama K
FEBS letters   476(3) 306-311   2000年7月   [査読有り]
Aberrant cell cycle checkpoint function and early embryonic death in Chk1(-/-) mice.
Takai H, Tominaga K, Motoyama N, Minamishima YA, Nagahama H, Tsukiyama T, Ikeda K, Nakayama K, Nakanishi M, Nakayama K
Genes & development   14 1439-1447   2000年6月   [査読有り]
Nakayama K, Nagahama H, Minamishima YA, Matsumoto M, Nakamichi I, Kitagawa K, Shirane M, Tsunematsu R, Tsukiyama T, Ishida N, Kitagawa M, Nakayama K, Hatakeyama S
The EMBO journal   19(9) 2069-2081   2000年5月   [査読有り]
Nagafuchi S, Katsuta H, Kogawa K, Akashi T, Kondo S, Sakai Y, Tsukiyama T, Kitamura D, Niho Y, Watanabe T
FEBS letters   455(1/2) 101-104   1999年7月   [査読有り]

Misc

 
ユビキチン化酵素RNF43によるWntシグナル制御とその破綻による発がん
築山 忠維
日本応用酵素協会誌   52 27-33   2017年   [依頼有り]
メディエーター複合体のサブユニットMED26はLittle elongation complexをリクルートすることでsnRNA遺伝子の転写を制御する
高橋秀尚,瀧川一学,渡部昌,Delnur Anwar,柴田美音,佐藤チエリ,佐藤滋生,Amol Ranjan,Chris W. Seidel,築山忠維,水島航,林正康,大川恭行,Joan W. Conaway,Ronald C. Conaway,畠山鎮次
北海道医学雑誌   90(1) 76-76   2015年
ダイオキシン受容体内因性リガンドによる前立腺癌細胞におけるアンドロゲンレセプター発現低下と増殖抑制
丸山覚, 築山忠維, 宮島直人, 土屋邦彦, 安部崇重, 佐澤陽, 篠原信雄, 畠山鎮次, 野々村克也
日本泌尿器科学会雑誌   104(2) 415   2013年3月

講演・口頭発表等

 
発がん型変異RNF43はリン酸化により正常ながん抑制因子へ機能回復する
築山 忠維
第77回日本癌学会学術総会   2018年9月28日   
幹細胞特異的ユビキチンリガーゼRNF43のリン酸化によるWntシグナル調節は個体発生 ・恒常性維持・発がん過程に関与する
築山 忠維
第91回日本生化学会大会   2018年9月25日   
RNF43のリン酸化によるWntシグナルの活性制御は個体の恒常性を制御する
築山 忠維
Wnt研究会2017   2017年12月10日   
様々な動物モデルを用いたWntシグナル調節異常による発がん機構の解析
築山 忠維
2017年度生命科学系学会合同年次大会   2017年12月8日   
RNF43によるWntシグナルの活性制御は形態形成と発がんを制御する
築山 忠維
第76回日本癌学会学術総会   2017年9月28日   
Wntシグナル:私たちのからだを作る・支えるユーティリティプレイヤー [招待有り]
築山 忠維
第39回日本分子生物学会年会   2016年11月30日   
Wntシグナルの分子スイッチ;RNF43のリン酸化による活性制御 [招待有り]
築山 忠維
第39回日本分子生物学会年会   2016年11月30日   
RNF43の翻訳後修飾はWntシグナル調節のスイッチとして機能する
築山 忠維
第75回日本癌学会学術総会   2016年10月7日   
Post-translational modification of RNF43; a molecular switch of Wnt signaling
築山 忠維
Wnt meeting 2016   2016年9月15日   
カエルモデルを用いたRNF43のリン酸化によるWntシグナル調節機構の解明
築山 忠維
平成27年度「個体レベルでのがん研究支援活動」ワークショップ   2016年2月4日   
カエルモデルを用いたRNF43のWntシグナル調節と発がんにおける機能検討
築山 忠維
第74回日本癌学会学術総会   2015年10月8日   
カエルモデルから明らかになったWntシグナル調節とがんにおけるRNF43の機能
築山 忠維
日本生化学会北海道支部 第52回支部例会   2015年7月17日   
Missense mutations of RNF43 establish a positive feedback loop of Wnt/βcatenin signaling
築山 忠維
2015「個体レベルでのがん研究支援活動」ワークショップ   2015年2月5日   
RNF43遺伝子のミスセンス変異によるWnt/βcatenin経路のポジティブフィードバックループ形成
築山 忠維
第37回日本分子生物学会年会   2014年11月27日   
RNF43のミスセンス変異はWnt/βcateninシグナルの正のフィードバックループを形成する
築山 忠維
第73回日本癌学会年会   2014年9月27日   
RNF43遺伝子のミスセンス変異によるWnt/βcatenin経路のポジティブフィードバックループ形成
築山 忠維
日本生化学会北海道支部 第51回支部例会   2014年7月18日   
RNF43遺伝子変異によるがん抑制遺伝子からがん遺伝子への機能転換
築山 忠維
第36回日本分子生物学会年会   2013年12月3日   
がん抑制遺伝子RNF43は異なるメカニズムによってWnt/beta-catenin経路とnoncanonical Wnt経路を抑制する
築山 忠維
第72回日本癌学会学術総会   2013年10月4日   
RNF43はcanonical/noncanonical Wntシグナルの両方を抑制する
築山 忠維
第35回日本分子生物学会年会   2012年12月11日   
RNF43はNEDL1と結合し、p53依存性の転写を調節する
築山 忠維
第71回日本癌学会学術総会   2012年9月19日   
Ymer functions as a multifunctional regulator in NF-kB and Fas signaling pathways.
築山 忠維
41st Australasian Society for Immunology Annual Meeting   2011年12月13日   
ポリユビキチン結合タンパク質Ymer は 炎症反応を抑制する
築山 忠維
第48回日本生化学会北海道支部例会   2011年8月5日   
Ymerトランスジェニックマウスの解析
築山 忠維
第32回日本分子生物学会年会   2009年12月9日   
がん抑制遺伝子としてのWnt5a [招待有り]
築山 忠維
Wntシグナルシンポジウム   2009年3月24日   
K63-ポリユビキチン鎖を介してNF-kBシグナルを抑制するYmerの機能解析
築山 忠維
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会 (BMB2008)   2008年12月9日   
改良型NF-κB活性検出システムの構築
築山 忠維
第73回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会   2008年7月11日   
改良型NF-kB活性検出システムの構築
築山 忠維
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会 (BMB2007)   2007年12月11日   
Wnt5a is a haploinsufficient tumor suppressor that cooperates with Tcf1 to suppress T cell lymphomas
築山 忠維
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress   2006年6月22日   
Wnt5a synergizes with Tcf1 to suppress T-cell lymphoma
築山 忠維
日本分子生物学会年会   2004年12月10日   
Evidence that Wnt5a functions as a tumor suppressor in T-cell lymphoma
築山 忠維
Cold Spring Harboer-Mouse molecular Genetics meeting   2004年9月3日   
Wnt5a is a tumor suppressor in T-cell lymphoma
築山 忠維
Wnt meeting   2004年5月22日   
Wnt signaling regulates mammalian body plan and tumorigenesis.
築山 忠維
NCI retreat   2003年10月22日   
Wnt signaling pathway and anterior- posterior body axis formation
築山 忠維
Society for Developmental Biology Annual Meeting   2003年8月3日   
Downregulation of p27Kip1 is required for T cell development
築山 忠維
Cold Spring Harbor Laboratory-The cell cycle meeting   2000年5月18日   
T細胞の分化と細胞周期:p27Kip1トランスジェニックマウスの解析
築山 忠維
日本分子生物学会年会   1999年12月9日   
胸腺細胞特異的発現p27Kip1トランスジェニックマウスの作製と解析
築山 忠維
日本分子生物学会年会   1998年12月19日   
DNA-リポソームcomplexの前核注入によるTgマウス胚の作出
築山 忠維
日本繁殖学会   1996年10月1日   
DNA-リポソームcomplexの前核注入によるTgマウス胚の作出
築山 忠維
日本畜産学会   1996年3月28日   

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 築山 忠維
幹細胞で発現しているユビキチンリガーゼRNF43 は、さまざまながん細胞でその変異が報告されている。申請者は、RNF43 がWnt 受容体であるFrizzled やがん抑制遺伝子であるp53 と結合し、がん化を抑制していることを報告してきた。近年、RNF43 がWnt シグナルを調節するメカニズムは徐々に解明されているもののRNF43 の機能異常ががん化に寄与する分子機構については、まだ不明な点が多い。
本研究申請では、RNF43 の遺伝子変異による機能異常が恒常性を破綻に導くメカニズムに...
ユビキチン化酵素RNF43による発がん制御機構の解明
公益財団法人 日本応用酵素協会: 酵素研究助成
研究期間: 2016年9月 - 2017年8月    代表者: 築山 忠維
Wntシグナル調節メカニズムの解明と膵臓がんの診断治療への応用
公益財団法人 日本膵臓病研究財団: 膵臓病研究奨励賞
研究期間: 2015年10月 - 2016年10月    代表者: 築山 忠維
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 築山 忠維
国内外を問わず、大腸がんはがんによる死亡原因の上位を占めている。我々は以前、大腸がんで発現の亢進している分子として知られているユビキチンリガーゼRNF43がNEDL1と結合し、p53依存的転写を抑制することで細胞死を抑制していることを報告した。さらに最近、RNF43がWnt受容体複合体のエンドサイトーシスに関与し、Wntシグナルと腸管幹細胞の増殖の調節を行っていることが報告され注目され始めている。しかしその分子メカニズムには不明な点が多い。
そこで本研究では、RNF43によるWntシグナル...
日本学術振興会: 科学研究費補助金・若手研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 築山 忠維
我々はガン、免疫異常、炎症などの多くの疾患に重要な役割を果たしていると考えられるNF-κBシグナルに注目し、そのシグナル活性を検出するためのシステム、改良型NF-κBレポーターシステム(NATシステム)を構築し、さらにそのレポータートランスジェニックマウスを作製した。また同様の手法でがんや発生、さらには神経形成にも重要な働きをNotchシグナルに対してもレポーターシステムとそのトランスジェニックマウスを作製し(cNotch mouse)、現在解析中である。