基本情報

所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター 気候変動対応研究領域 上級研究員
学位
博士(農学)(東京大学)

J-GLOBAL ID
201601009226411276

大気二酸化炭素の増加や温暖化などの気候変動は、農作物の収量以外にも農業生態系に様々な影響を与えると考えられます。例えば、二酸化炭素の 増加は農作物の成長を促進する反面、メタンや亜酸化窒素などの温室効果ガスの排出を増加させることが実験的に分かってきています。このような気候変動の影響を国あるいは地球規模で評価するために、気候変動が農業生態系の炭素・窒素循環に与える影響を予測する数理モデルを開発しています。具体的な研究成果としては、気象や土壌条件に応じて水田からのメタン排出量を予測できるDNDC-Riceというモデルを開発しました。日本国温室効果ガスインベントリ報告書では、このモデルを用いて全国の水田からのメタン排出量を計算しています。

研究キーワード

  3

論文

  10

所属学協会

  1