基本情報

所属
総合研究大学院大学 先導科学研究科 准教授
学位
Ph. D.(2002年 Harvard University)

連絡先
kenjiito67gmail.com
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-7000-431X
J-GLOBAL ID
201101006070481795

外部リンク

基本的には科学史家です。しかしいわゆる科学技術社会論にも足を突っ込んでいたり、ゲーム研究にもちょっと手を出していたりしました。現在では科学技術社会論とゲーム研究は直接にはやっておらず、さらに今後は、科学史そのものより、そこから出発して別のことをやりたいと考えています。

現在、総合研究大学院大学という国立大学に所属しています。神奈川県葉山町の湘南国際村にあるこの大学の本部キャンパスに勤務し、葉山高等研究センターおよび生命共生体進化学専攻というところで、准教授をしています。こちらのほうでは、「科学と社会」という分野を担当して教えています。


略歴

学部から修士までは、東大の駒場にある科学史科学哲学というところで学びました。そこでは主として、量子力学の解釈問題をめぐる論争の科学史的な研究を行いました。学部生のときには、量子力学の解釈をめぐるボーアとアインシュタインの論争について卒業論文を書き、修士課程では、コペンハーゲン解釈について、それを歴史的・社会的に分析して、修士論文を書きました。

修士を終えてから、運よくフルブライト奨学金を貰えたので、ハーバード大学の科学史学科に留学しました。ピーター・ギャリソンに師事し、そこで日本の物理学の歴史、日本への量子力学の移入についての学位論文を書きました。

2002年初めにギャリソンについてドイツのマックスプランク研究所に数か月滞在した後、2002年の6月より日本に帰国し、東京大学の先端科学技術研究センターに特任助手として着任しました。ここでは、主に技術史の研究をしていました。とくにテーマとしたのが、日本におけるロボットとコンピュータ・ゲームでした。コンピュータ・ゲームについて調べる過程で、メディア論や、カルチュラル・スタディーズに関心を抱くようになりました。

2006年4月に、東大情報学環へ特任講師として移り、コンテンツ関係の研究を続けました。しかし、同じ年の12月に総合研究大学院大学に助教授として着任し、そこで「科学と社会」の教育を担当しつつ、科学技術史、科学技術社会論の研究を続けて、現在に至っています。


研究活動の概要

現在、メインとしている研究分野は日本の現代物理学史であり、戦前から戦後まで、20世紀全体を対象としています。

これらの研究から、次の三つの研究に軸足を移しつつあります。

一つめは、科学と外交についての歴史的研究です。これは主に核物理学・原子力に関して行っているもので、一国内での研究開発の歴史から、複数国や国際的組織を対象としたトランスナショナルな知識生産を扱おうというものです。これについては、2020年度内に最初の二つの成果が出る予定です。

二つめは、学術雑誌についての歴史研究です。これについては、2020年の初めに最初の総説論文が出ています。これを出発点にして物理学を中心とした日本の学術雑誌についての歴史研究を行う計画ですが、次の成果が出るのは少し先になると思います。

三つめは、知識生産のグローバル・ヒストリーです。これについては、現在は理論研究の段階です。

 

教育活動の概要

現在、総合研究大学院大学を本務校とし、先導科学研究科生命共生体進化学専攻というところで教えています。総研大というのは、日本で最初にできた大学院大学で、授業はすべて大学院生向けです。また、うちの専攻では修士課程というものはなく、3年制または5年制の博士課程のみです。

担当しているのは、科学技術社会論であり、一方で科学技術論・科学技術史を専攻する大学院生向けの授業・指導をおこなうと同時に、本専攻の生命科学専攻の大学院生向けに科学技術社会論の授業(科学・技術と倫理)を担当し、「科学と社会」分野の副論文の指導を行っています。科学技術論・科学技術史を専攻とする大学院生向けの授業として、科学史特論と科学技術社会論特論を交互に一年置きに開講しています。こちらのほうは、セミナー形式で、それぞれ科学技術史とSTSの基礎文献を、出席者の関心にあわせて多少アレンジして読みます。


論文

  23

書籍等出版物

  3
  • 遠藤 雅伸, 久保 雅一, 新 清士, 川端 裕人, 井上 明人, 伊藤 憲二, 土居 純, 三淵 啓自, 鈴木 健, 森田 沙保里, 山根 信二, 松山 遥, 公文 俊平
    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター  2006年12月20日 (ISBN: 4904305035) 
  • Cassidy, David Charles, 伊藤, 憲二(担当:共訳)(原著:デヴィッド・C. キャシディ)
    白揚社  1998年 (ISBN: 482690083X) 
  • 新田, 義弘, 佐々木, 力, Beaulieu, Liliane, 赤堀, 庸子, Davis, Chandler, 坂口, 勝彦, Pyenson, Lewis, 板垣, 良一, 伊藤, 憲二, Darrigol, Olivier, 岡本, 拓司, 田中, 裕, 橋本, 毅彦, 古川, 安(担当:分担執筆, 範囲:「量子力学の思想」 185-210)
    岩波書店  1995年 (ISBN: 4000105418) 

講演・口頭発表等

  64

共同研究・競争的資金等の研究課題

  9

メディア報道

  5

その他

  14
  • 2019年3月 - 2019年3月
    The Birth of the Kagakusha: aims and objectives Co-organized with Ian Rapley and Ruselle Meade There is a body of work (e.g. Cantor et al,2004; Lightman, 2007) outlining how in Europe public experiments, popular writing, and other activities not only helped to establish the idea of science as a practice and a means of acquiring knowledge about the world, it also helped to establish the social category of practitioners – scientists -defining what they did, their role in society, and the right to speak as experts in the public square. However nations beyond Europe and America came to this developing process in a different context – without the prior tradition of natural philosophy, and with the explicit sense of the knowledge base and surrounding set of institutions as foreign in origin. Thus, the first Japanese scientists were faced not only with the challenge of defining and justifying their position in domestic society, they also had to make transnational links to access bodies of knowledge, and the work they did to popularise science had a distinctly foreign dimension. The first Japanese to engage with modern Western science were the Rangakusha, scholars operating largely
  • 2018年11月 - 2018年11月
    Co-Organized with Maria Rentetzi Friday, 9 November 2018 9:00 OPENING BY KENJI ITO, MARIA RENTETZI AND AMY SLATON SESSION 1 (CHAIR: AMY SLATON) 9:30-10:15 Barbara Curli, University of Turin Euratom's Fusion Diplomacy: Cold War Politics and European Integration, 1958-1971 10:15-11:00 Anna Åberg, Chalmers University of Technology Saving the World Through International Nuclear Collaboration: ITER and the History of Nuclear Fusion Diplomacy 11:00-11:30 BREAK SESSION 2 (CHAIR: MATTHEW ADAMSON) 11:30-12:15 Alexandros-Andreas Kyrtsis, National Kapodistrian University of Athens Maria Rentetzi, National Technical University of Athens From Lobbyists to Backstage Diplomats: How Insurers in the Field of Third Party Nuclear Liability Shaped Science Diplomacy 12:15-13:30 LUNCH MEETING OPEN-TO-THE PUBLIC SESSION (CHAIR: KENJI ITO) VENUE: SOKENDAI, MAIN BUILDING 103/104 13:50-14:00 WELCOMING ADDRESS BY KENTARO ARIKAWA, CHAIR, THE DEPARTMENT OF EVOLUTIONARY STUDIES OF BIOSYSTEMS, SOKENDAI 14:00-15:00 Masakatsu Yamazaki, Tokyo Institute of Technology China’s Nuclear Tests and ‘Atoms for Peace’ as a Measure for Preventing Nuclear Arma https://hssonline.org/resources/publications/newsletter/january-2019-newsletter/diplomatic-studies-of-science-the-nuclear-diplomacies-workshop-in-japan-and-greece/
  • 2018年6月 - 2018年6月
    1. Introduction (Welcome Address) by Dr. Kenji ITO10:30 – 11:00 2. Nozomi MIZUSHIMA, Assistant Professor, SOKENDAI 3. Jongmin LEE, Assistant Professor, UST 4. Walter E. Grunden, Visiting Researcher, SOKENDAI, Associate Professor, Bowling Green State University 5. Zae-Young GHIM, Full-time Lecturer, KAIST 6. Yasu FURUKAWA, Visiting Researcher, SOKENDAI 7. Yeonsil KANG, Postdoctoral Research Fellow, Catholic University of Korea 8. Kenji ITO, Associate Professor, SOKENDAI 9. Wonseok HAN, UST Student 10. Youngsun JANG, UST Student 11. Closing Remarks by Dr. Jongmin LEE
  • 2018年5月 - 2018年5月
    ○ワークショップの概要 ・待機室(休憩室)に用意したポスターを使って行います。会期中(5月26・27日)の出入りは自由です。 ・参加者は、自分の知っている学術雑誌を付箋に書いて、ポスターに貼っていきます。ポスターには、年代、学協会の関与、審査(査読)方法という3つの軸が設定されており、これにより、学術雑誌の分類を試みます。 https://historyofscience.jp/blog/2018/05/14/%E5%B9%B4%E7%B7%8F%E4%BC%9A%E3%83%BB%E3%80%8C%E5%AD%A6%E8%A1%93%E9%9B%91%E8%AA%8C%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%80%8D%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E3%81%8A/
  • 2017年7月 - 2017年7月
    Venue: 25th International Congress of History of Science and Technology, July 23-29, Rio de Janeiro Abstract: One of the central features of science, technology and medicine is the purported agility with which these inquiries leap across cultural borders. Investigating the transmission of knowledge requires that we consider relations between the local and the global. Conversely, articulating the local and the global requires that issues raised by the circulation of knowledge be addressed. Since the 18th century, historians of science and technology have raised questions, not only about how knowledge originates, but also how knowledge gets from one part of the world to another. Presently, scholars tend to presume knowledge is produced locally and that what is known becomes global only after it travels to other places. Concurrently, scholars realize that what counts as a successful transmission of knowledge is closely connected with our assumptions about possible relations between the global and the local. Various models have been proposed to explain how knowledge travels: transmission, diffusion, circulation, dissemination,