共同研究・競争的資金等の研究課題

2012年10月 - 2015年3月

大規模災害と法

日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(A)

課題番号
24243018
体系的課題番号
JP24243018
配分額
(総額)
15,600,000円
(直接経費)
12,000,000円
(間接経費)
3,600,000円

本研究は、大規模災害からの復旧・復興のための法制度・法理論に関する総合的研究を目的とするものであり、その主要な成果は、次のとおりである。①防災法の現状と課題を体系的かつ具体的に論じ、解決の方向を示した。②法概念としての「復興」の意味を解明した。③応急仮設住宅問題を災害復旧期の課題として位置づけ直す提案をした。④地区防災計画について本格的検討を行った。⑤緊急時対応のための民法理論のあり方を明らかにした。⑥国際法・保険法・国家補償法などに関する諸課題を論じ、⑦中心的な成果を『研究報告論集・大規模災害と法』(2015年3月)として一書にまとめた。

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-24243018
ID情報
  • 課題番号 : 24243018
  • 体系的課題番号 : JP24243018

この研究課題の成果一覧

論文

  2
  • 中原茂樹
    鈴木庸夫編『大規模震災と行政活動』日本評論社 267-282 2015年3月20日  招待有り
  • 中原茂樹
    公法研究 (76) 150-159 2014年10月  招待有り

MISC

  2

講演・口頭発表等

  4

メディア報道

  1