MISC

2019年

4価バナジウムを含んだバルク酸化バナジウム触媒の低温(150oC以下)におけるNH3-SCR活性

石油学会 年会・秋季大会講演要旨集
  • 猪股 雄介
  • ,
  • 清永 英嗣
  • ,
  • 盛田 啓一郎
  • ,
  • 吉田 和広
  • ,
  • 窪田 博愛
  • ,
  • 鳥屋尾 隆
  • ,
  • 清水 研一
  • ,
  • 春田 正毅
  • ,
  • 村山 徹

2019
0
開始ページ
175
終了ページ
175
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.11523/sekiyu.2019f.0_175
出版者・発行元
公益社団法人 石油学会

<p>150oC以下での低温脱硝を目指し、バルク酸化バナジウムをベースとしたNH3-SCR触媒を検討した。前駆体にバナジウムシュウ酸錯体を用い、焼成温度を270oC、焼成時間を1-4hとすることで4価および5価バナジウム成分が共存した酸化バナジウム触媒を合成した。この触媒のNH3-SCR活性を測定したところ、酸化チタン担持酸化バナジウム触媒および5価バナジウムのみからなるV2O5触媒と比較し、NO転化率および反応速度の増大が確認された。4価バナジウム成分が存在することによる活性化エネルギーの低下に起因することが示唆された。</p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11523/sekiyu.2019f.0_175
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007778037

エクスポート
BibTeX RIS