Kita Yoshikuni

J-GLOBAL         Last updated: Apr 7, 2019 at 13:25
 
Avatar
Name
Kita Yoshikuni
Nickname
y-kita
E-mail
y-kitatsuruga-nu.ac.jp
Affiliation
TSURUGA Nursing University

Published Papers

 
Widhi Nugroho A, Arima H, Miyazawa I, Fujii T, Miyamatsu N, Sugimoto Y, Nagata S, Komori M, Takashima N, Kita Y, Miura K, Nozaki K
Journal of atherosclerosis and thrombosis   25(7) 570-579   Jul 2018   [Refereed]
Nakamura Y, Okamura T, Kita Y, Okuda N, Kadota A, Miura K, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA90 Research Group.
European journal of clinical nutrition   72(6) 841-847   Jun 2018   [Refereed]
Tomiyama H, Ohkuma T, Ninomiya T, Mastumoto C, Kario K, Hoshide S, Kita Y, Inoguchi T, Maeda Y, Kohara K, Tabara Y, Nakamura M, Ohkubo T, Watada H, Munakata M, Ohishi M, Ito N, Nakamura M, Shoji T, Vlachopoulos C, Yamashina A, collaborative group for J-BAVEL-IAD (Japan Brachial-Ankle Pulse Wave Velocity Individual Participant Data Meta-Analysis of Prospective Studies to Examine the Significance of Inter-Arm Blood Pressure Difference).
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   71(6) 1030-1038   Jun 2018   [Refereed]
Widhi Nugroho A, Arima H, Takashima N, Fujii T, Shitara S, Miyamatsu N, Sugimoto Y, Nagata S, Komori M, Kita Y, Miura K, Nozaki K
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association      Jun 2018   [Refereed]
Ohkuma T, Ninomiya T, Tomiyama H, Kario K, Hoshide S, Kita Y, Inoguchi T, Maeda Y, Kohara K, Tabara Y, Nakamura M, Ohkubo T, Watada H, Munakata M, Ohishi M, Ito N, Nakamura M, Shoji T, Vlachopoulos C, Aboyans V, Yamashina A, collaborative group for the Japan Brachial-Ankle pulse wave VELocity individual participant data meta-analysis of prospective studies to examine the significance of the Ankle-Brachial Index (J-BAVEL-ABI).
Atherosclerosis   275 141-148   May 2018   [Refereed]
Sasakabe T, Wakai K, Kawai S, Hishida A, Naito M, Suzuki S, Nindita Y, Arisawa K, Kita Y, Hara M, Kuriyama N, Hirata A, Mikami H, Oze I, Kubo M, Tanaka H, Hamajima N
Journal of epidemiology   28(4) 185-193   Apr 2018   [Refereed]
Nakamura T, Nakamura Y, Saitoh S, Okamura T, Yanagita M, Yoshita K, Kita Y, Murakami Y, Yokomichi H, Nishi N, Okuda N, Kadota A, Ohkubo T, Ueshima H, Okayama A, Miura K
Journal of epidemiology   28 Suppl 3 S10-S16   2018   [Refereed]
Imamura H, Kogure M, Kita Y, Nakagawa H, Hozawa A, Okamura T, Murakami Y, Nishi N, Okuda N, Kadota A, Ohkubo T, Ueshima H, Okayama A, Miura K
Journal of epidemiology   28 Suppl 3 S53-S58   2018   [Refereed]
Takashima N, Arima H, Kita Y, Fujii T, Miyamatsu N, Komori M, Sugimoto Y, Nagata S, Miura K, Nozaki K
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   81(11) 1636-1646   Oct 2017   [Refereed]
Ohkuma T, Tomiyama H, Ninomiya T, Kario K, Hoshide S, Kita Y, Inoguchi T, Maeda Y, Kohara K, Tabara Y, Nakamura M, Ohkubo T, Watada H, Munakata M, Ohishi M, Ito N, Nakamura M, Shoji T, Vlachopoulos C, Yamashina A, Collaborative Group for Japan Brachial-Ankle pulse wave VELocity individual participant data meta-analysis of prospective studies (J-BAVEL).
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   81(10) 1540-1542   Sep 2017   [Refereed]
Ohkuma T, Ninomiya T, Tomiyama H, Kario K, Hoshide S, Kita Y, Inoguchi T, Maeda Y, Kohara K, Tabara Y, Nakamura M, Ohkubo T, Watada H, Munakata M, Ohishi M, Ito N, Nakamura M, Shoji T, Vlachopoulos C, Yamashina A, Collaborative Group for J-BAVEL (Japan Brachial-Ankle Pulse Wave Velocity Individual Participant Data Meta-Analysis of Prospective Studies)*.
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   69(6) 1045-1052   Jun 2017   [Refereed]
Hachiya T, Kamatani Y, Takahashi A, Hata J, Furukawa R, Shiwa Y, Yamaji T, Hara M, Tanno K, Ohmomo H, Ono K, Takashima N, Matsuda K, Wakai K, Sawada N, Iwasaki M, Yamagishi K, Ago T, Ninomiya T, Fukushima A, Hozawa A, Minegishi N, Satoh M, Endo R, Sasaki M, Sakata K, Kobayashi S, Ogasawara K, Nakamura M, Hitomi J, Kita Y, Tanaka K, Iso H, Kitazono T, Kubo M, Tanaka H, Tsugane S, Kiyohara Y, Yamamoto M, Sobue K, Shimizu A
Stroke   48(2) 253-258   Feb 2017   [Refereed]
Ito T, Arima H, Fujiyoshi A, Miura K, Takashima N, Ohkubo T, Kadota A, Hayakawa T, Kita Y, Miyagawa N, Okayama A, Okamura T, Ueshima H, NIPPON DATA90 Research Group.
International journal of cardiology   220 262-267   Oct 2016   [Refereed]
Nakamura Y, Ueshima H, Okuda N, Miura K, Kita Y, Miyagawa N, Yoshita K, Nakagawa H, Sakata K, Saitoh S, Okamura T, Okayama A, Choudhry SR, Rodriguez B, Masaki KH, Chan Q, Elliott P, Stamler J
European journal of nutrition   55(4) 1515-1524   Jun 2016   [Refereed]
ALDH2 polymorphism is associated with fasting blood glucose through alcohol consumption in Japanese men.
Yin G, Naito M, Wakai K, Morita E, Kawai S, Hamajima N, Suzuki S, Kita Y, Takezaki T, Tanaka K, Morita M, Uemura H, Ozaki E, Hosono S, Mikami H, Kubo M, Tanaka H, Japan Multi-institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study Group.
Nagoya journal of medical science   78(2) 183-193   May 2016   [Refereed]
Ueshima H, Kadowaki T, Hisamatsu T, Fujiyoshi A, Miura K, Ohkubo T, Sekikawa A, Kadota A, Kadowaki S, Nakamura Y, Miyagawa N, Okamura T, Kita Y, Takashima N, Kashiwagi A, Maegawa H, Horie M, Yamamoto T, Kimura T, Kita T, ACCESS and SESSA Research Groups.
Atherosclerosis   246 141-147   Mar 2016   [Refereed]
Wen W, Kato N, Hwang JY, Guo X, Tabara Y, Li H, Dorajoo R, Yang X, Tsai FJ, Li S, Wu Y, Wu T, Kim S, Guo X, Liang J, Shungin D, Adair LS, Akiyama K, Allison M, Cai Q, Chang LC, Chen CH, Chen YT, Cho YS, Choi BY, Gao Y, Go MJ, Gu D, Han BG, He M, Hixson JE, Hu Y, Huang T, Isono M, Jung KJ, Kang D, Kim YJ, Kita Y, Lee J, Lee NR, Lee J, Wang Y, Liu JJ, Long J, Moon S, Nakamura Y, Nakatochi M, Ohnaka K, Rao D, Shi J, Sull JW, Tan A, Ueshima H, Wu C, Xiang YB, Yamamoto K, Yao J, Ye X, Yokota M, Zhang X, Zheng Y, Qi L, Rotter JI, Jee SH, Lin D, Mohlke KL, He J, Mo Z, Wu JY, Tai ES, Lin X, Miki T, Kim BJ, Takeuchi F, Zheng W, Shu XO
Scientific reports   6 17958   Jan 2016   [Refereed]
Chowdhury Turin T, Kita Y, Rumana N
Journal of epidemiology and global health   5(1) 99-101   Mar 2015   [Refereed]
Hwang JY, Sim X, Wu Y, Liang J, Tabara Y, Hu C, Hara K, Tam CH, Cai Q, Zhao Q, Jee S, Takeuchi F, Go MJ, Ong RT, Ohkubo T, Kim YJ, Zhang R, Yamauchi T, So WY, Long J, Gu D, Lee NR, Kim S, Katsuya T, Oh JH, Liu J, Umemura S, Kim YJ, Jiang F, Maeda S, Chan JC, Lu W, Hixson JE, Adair LS, Jung KJ, Nabika T, Bae JB, Lee MH, Seielstad M, Young TL, Teo YY, Kita Y, Takashima N, Osawa H, Lee SH, Shin MH, Shin DH, Choi BY, Shi J, Gao YT, Xiang YB, Zheng W, Kato N, Yoon M, He J, Shu XO, Ma RC, Kadowaki T, Jia W, Miki T, Qi L, Tai ES, Mohlke KL, Han BG, Cho YS, Kim BJ
Diabetes   64(1) 291-298   Jan 2015   [Refereed]
Sugiyama D, Okamura T, Watanabe M, Higashiyama A, Okuda N, Nakamura Y, Hozawa A, Kita Y, Kadota A, Murakami Y, Miyamatsu N, Ohkubo T, Hayakawa T, Miyamoto Y, Miura K, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA 80/90 Research Group.
Journal of atherosclerosis and thrombosis   22(1) 95-107   2015   [Refereed]
Rumana N, Kita Y, Turin TC, Nakamura Y, Takashima N, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Hirose K, Kawakami K, Okayama A, Miura K, Ueshima H
International journal of stroke : official journal of the International Stroke Society   9 Suppl A100 69-75   Oct 2014   [Refereed]
Hisamatsu T, Miura K, Ohkubo T, Yamamoto T, Fujiyoshi A, Miyagawa N, Kadota A, Takashima N, Okuda N, Yoshita K, Kita Y, Murakami Y, Nakamura Y, Okamura T, Horie M, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA80 Research Group.
Journal of cardiology   64(3) 218-224   Sep 2014   [Refereed]
Katsuura-Kamano S, Uemura H, Arisawa K, Yamaguchi M, Hamajima N, Wakai K, Okada R, Suzuki S, Taguchi N, Kita Y, Ohnaka K, Kairupan TS, Matsui D, Oze I, Mikami H, Kubo M, Tanaka H
Endocrine   47(1) 81-89   Sep 2014   [Refereed]
Nakamura Y, Okuda N, Okamura T, Kadota A, Miyagawa N, Hayakawa T, Kita Y, Fujiyoshi A, Nagai M, Takashima N, Ohkubo T, Miura K, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA Research Group.
The British journal of nutrition   112(6) 916-924   Sep 2014   [Refereed]
Chen P, Takeuchi F, Lee JY, Li H, Wu JY, Liang J, Long J, Tabara Y, Goodarzi MO, Pereira MA, Kim YJ, Go MJ, Stram DO, Vithana E, Khor CC, Liu J, Liao J, Ye X, Wang Y, Lu L, Young TL, Lee J, Thai AC, Cheng CY, van Dam RM, Friedlander Y, Heng CK, Koh WP, Chen CH, Chang LC, Pan WH, Qi Q, Isono M, Zheng W, Cai Q, Gao Y, Yamamoto K, Ohnaka K, Takayanagi R, Kita Y, Ueshima H, Hsiung CA, Cui J, Sheu WH, Rotter JI, Chen YD, Hsu C, Okada Y, Kubo M, Takahashi A, Tanaka T, van Rooij FJ, Ganesh SK, Huang J, Huang T, Yuan J, Hwang JY, CHARGE Hematology Working Group., Gross MD, Assimes TL, Miki T, Shu XO, Qi L, Chen YT, Lin X, Aung T, Wong TY, Teo YY, Kim BJ, Kato N, Tai ES
Diabetes   63(7) 2551-2562   Jul 2014   [Refereed]
Al Mamun M, Rumana N, Kita Y, Turin TC
Environmental pollution (Barking, Essex : 1987)   189 252-253   Jun 2014   [Refereed]
Hishida A, Takashima N, Turin TC, Kawai S, Wakai K, Hamajima N, Hosono S, Nishida Y, Suzuki S, Nakahata N, Mikami H, Ohnaka K, Matsui D, Katsuura-Kamano S, Kubo M, Tanaka H, Kita Y
Journal of nephrology   27(2) 143-149   Apr 2014   [Refereed]
Hara M, Nakamura K, Nanri H, Nishida Y, Hishida A, Kawai S, Hamajima N, Kita Y, Suzuki S, Mantjoro EM, Ohnaka K, Uemura H, Matsui D, Oze I, Mikami H, Kubo M, Tanaka H, Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study Group.
Journal of epidemiology   24(5) 379-384   2014   [Refereed]
Sakurai M, Saitoh S, Miura K, Nakagawa H, Ohnishi H, Akasaka H, Kadota A, Kita Y, Hayakawa T, Ohkubo T, Okayama A, Okamura T, Ueshima H, NIPPON DATA90 Research Group.
Diabetes care   36(11) 3759-3765   Nov 2013   [Refereed]
Kelly TN, Takeuchi F, Tabara Y, Edwards TL, Kim YJ, Chen P, Li H, Wu Y, Yang CF, Zhang Y, Gu D, Katsuya T, Ohkubo T, Gao YT, Go MJ, Teo YY, Lu L, Lee NR, Chang LC, Peng H, Zhao Q, Nakashima E, Kita Y, Shu XO, Kim NH, Tai ES, Wang Y, Adair LS, Chen CH, Zhang S, Li C, Nabika T, Umemura S, Cai Q, Cho YS, Wong TY, Zhu J, Wu JY, Gao X, Hixson JE, Cai H, Lee J, Cheng CY, Rao DC, Xiang YB, Cho MC, Han BG, Wang A, Tsai FJ, Mohlke K, Lin X, Ikram MK, Lee JY, Zheng W, Tetsuro M, Kato N, He J
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   62(5) 853-859   Nov 2013   [Refereed]
Nakamura Y, Ueshima H, Okuda N, Murakami Y, Miura K, Kita Y, Okamura T, Okayama A, Turin TC, Choudhry SR, Rodriguez B, David Curb J, Stamler J
European journal of nutrition   52(6) 1641-1648   Sep 2013   [Refereed]
Hisamatsu T, Miura K, Ohkubo T, Yamamoto T, Fujiyoshi A, Miyagawa N, Kadota A, Takashima N, Okuda N, Matsumura Y, Yoshita K, Kita Y, Murakami Y, Nakamura Y, Okamura T, Horie M, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA80 Research Group.
Heart (British Cardiac Society)   99(14) 1024-1029   Jul 2013   [Refereed]
Hisamatsu T, Ohkubo T, Miura K, Yamamoto T, Fujiyoshi A, Miyagawa N, Kadota A, Takashima N, Nagasawa SY, Kita Y, Murakami Y, Okayama A, Horie M, Okamura T, Ueshima H, NIPPON DATA90 Research Group.
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   77(5) 1260-1266   2013   [Refereed]
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Nakamura Y, Takashima N, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Hirose K, Okayama A, Miura K, Ueshima H
European neurology   69(6) 354-359   2013   [Refereed]
Nakamura Y, Ueshima H, Okuda N, Miura K, Kita Y, Okamura T, Okayama A, Choudhury SR, Rodriguez B, Masaki KH, Stamler J
International journal of vascular medicine   2013 601364   2013   [Refereed]
Takashima N, Ohkubo T, Miura K, Okamura T, Murakami Y, Fujiyoshi A, Nagasawa SY, Kadota A, Kita Y, Miyagawa N, Hisamatsu T, Hayakawa T, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA80 Research Group.
Journal of hypertension   30(12) 2299-2306   Dec 2012   [Refereed]
Higashibata T, Hamajima N, Naito M, Kawai S, Yin G, Suzuki S, Kita Y, Niimura H, Imaizumi T, Ohnaka K, Arisawa K, Shigeta M, Ito H, Mikami H, Kubo M, Tanaka H, Wakai K
Lipids in health and disease   11 150   Nov 2012   [Refereed]
Turin TC, Murakami Y, Miura K, Rumana N, Kita Y, Hayakawa T, Okamura T, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA80/90 Research Group.
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   35(9) 954-958   Sep 2012   [Refereed]
Kim JW, Hong KW, Go MJ, Kim SS, Tabara Y, Kita Y, Tanigawa T, Cho YS, Han BG, Oh B
American journal of human genetics   91(1) 180-184   Jul 2012   [Refereed]
Hiyoshi M, Uemura H, Arisawa K, Nakamoto M, Hishida A, Okada R, Matsuo K, Kita Y, Niimura H, Kuriyama N, Nanri H, Ohnaka K, Suzuki S, Mikami H, Kubo M, Tanaka H, Hamajima N, J-MICC Study Group.
Gene   496(2) 97-102   Apr 2012   [Refereed]
Kobayashi Y, Hirawa N, Tabara Y, Muraoka H, Fujita M, Miyazaki N, Fujiwara A, Ichikawa Y, Yamamoto Y, Ichihara N, Saka S, Wakui H, Yoshida S, Yatsu K, Toya Y, Yasuda G, Kohara K, Kita Y, Takei K, Goshima Y, Ishikawa Y, Ueshima H, Miki T, Umemura S
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   59(4) 854-860   Apr 2012   [Refereed]
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Nakamura Y, Ueda K, Takashima N, Sugihara H, Morita Y, Ichikawa M, Hirose K, Nitta H, Okayama A, Miura K, Ueshima H
Neuroepidemiology   38(2) 84-92   2012   [Refereed]
Matsui K, Lie RK, Turin TC, Kita Y
Journal of epidemiology   22(4) 308-316   2012   [Refereed]
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Nakamura Y, Ueda K, Takashima N, Sugihara H, Morita Y, Ichikawa M, Hirose K, Nitta H, Okayama A, Miura K, Ueshima H
Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland)   34(2) 130-139   2012   [Refereed]
Ohashi Y, Shimamoto K, Sato S, Iso H, Kita Y, Kitamura A, Saito I, Kiyohara Y, Kawano H, Nakagawa H, Toyoshima H, Ando T, Taguri M, Haradai A, Ueshima H, Japan Arteriosclerosis Longitudinal Study Group.
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   58(12) 1007-1015   Dec 2011   [Refereed]
International Consortium for Blood Pressure Genome-Wide Association Studies., Ehret GB, Munroe PB, Rice KM, Bochud M, Johnson AD, Chasman DI, Smith AV, Tobin MD, Verwoert GC, Hwang SJ, Pihur V, Vollenweider P, O'Reilly PF, Amin N, Bragg-Gresham JL, Teumer A, Glazer NL, Launer L, Zhao JH, Aulchenko Y, Heath S, Sõber S, Parsa A, Luan J, Arora P, Dehghan A, Zhang F, Lucas G, Hicks AA, Jackson AU, Peden JF, Tanaka T, Wild SH, Rudan I, Igl W, Milaneschi Y, Parker AN, Fava C, Chambers JC, Fox ER, Kumari M, Go MJ, van der Harst P, Kao WH, Sjögren M, Vinay DG, Alexander M, Tabara Y, Shaw-Hawkins S, Whincup PH, Liu Y, Shi G, Kuusisto J, Tayo B, Seielstad M, Sim X, Nguyen KD, Lehtimäki T, Matullo G, Wu Y, Gaunt TR, Onland-Moret NC, Cooper MN, Platou CG, Org E, Hardy R, Dahgam S, Palmen J, Vitart V, Braund PS, Kuznetsova T, Uiterwaal CS, Adeyemo A, Palmas W, Campbell H, Ludwig B, Tomaszewski M, Tzoulaki I, Palmer ND, CARDIoGRAM consortium., CKDGen Consortium., KidneyGen Consortium., EchoGen consortium., CHARGE-HF consortium., Aspelund T, Garcia M, Chang YP, O'Connell JR, Steinle NI, Grobbee DE, Arking DE, Kardia SL, Morrison AC, Hernandez D, Najjar S, McArdle WL, Hadley D, Brown MJ, Connell JM, Hingorani AD, Day IN, Lawlor DA, Beilby JP, Lawrence RW, Clarke R, Hopewell JC, Ongen H, Dreisbach AW, Li Y, Young JH, Bis JC, Kähönen M, Viikari J, Adair LS, Lee NR, Chen MH, Olden M, Pattaro C, Bolton JA, Köttgen A, Bergmann S, Mooser V, Chaturvedi N, Frayling TM, Islam M, Jafar TH, Erdmann J, Kulkarni SR, Bornstein SR, Grässler J, Groop L, Voight BF, Kettunen J, Howard P, Taylor A, Guarrera S, Ricceri F, Emilsson V, Plump A, Barroso I, Khaw KT, Weder AB, Hunt SC, Sun YV, Bergman RN, Collins FS, Bonnycastle LL, Scott LJ, Stringham HM, Peltonen L, Perola M, Vartiainen E, Brand SM, Staessen JA, Wang TJ, Burton PR, Soler Artigas M, Dong Y, Snieder H, Wang X, Zhu H, Lohman KK, Rudock ME, Heckbert SR, Smith NL, Wiggins KL, Doumatey A, Shriner D, Veldre G, Viigimaa M, Kinra S, Prabhakaran D, Tripathy V, Langefeld CD, Rosengren A, Thelle DS, Corsi AM, Singleton A, Forrester T, Hilton G, McKenzie CA, Salako T, Iwai N, Kita Y, Ogihara T, Ohkubo T, Okamura T, Ueshima H, Umemura S, Eyheramendy S, Meitinger T, Wichmann HE, Cho YS, Kim HL, Lee JY, Scott J, Sehmi JS, Zhang W, Hedblad B, Nilsson P, Smith GD, Wong A, Narisu N, Stančáková A, Raffel LJ, Yao J, Kathiresan S, O'Donnell CJ, Schwartz SM, Ikram MA, Longstreth WT Jr, Mosley TH, Seshadri S, Shrine NR, Wain LV, Morken MA, Swift AJ, Laitinen J, Prokopenko I, Zitting P, Cooper JA, Humphries SE, Danesh J, Rasheed A, Goel A, Hamsten A, Watkins H, Bakker SJ, van Gilst WH, Janipalli CS, Mani KR, Yajnik CS, Hofman A, Mattace-Raso FU, Oostra BA, Demirkan A, Isaacs A, Rivadeneira F, Lakatta EG, Orru M, Scuteri A, Ala-Korpela M, Kangas AJ, Lyytikäinen LP, Soininen P, Tukiainen T, Würtz P, Ong RT, Dörr M, Kroemer HK, Völker U, Völzke H, Galan P, Hercberg S, Lathrop M, Zelenika D, Deloukas P, Mangino M, Spector TD, Zhai G, Meschia JF, Nalls MA, Sharma P, Terzic J, Kumar MV, Denniff M, Zukowska-Szczechowska E, Wagenknecht LE, Fowkes FG, Charchar FJ, Schwarz PE, Hayward C, Guo X, Rotimi C, Bots ML, Brand E, Samani NJ, Polasek O, Talmud PJ, Nyberg F, Kuh D, Laan M, Hveem K, Palmer LJ, van der Schouw YT, Casas JP, Mohlke KL, Vineis P, Raitakari O, Ganesh SK, Wong TY, Tai ES, Cooper RS, Laakso M, Rao DC, Harris TB, Morris RW, Dominiczak AF, Kivimaki M, Marmot MG, Miki T, Saleheen D, Chandak GR, Coresh J, Navis G, Salomaa V, Han BG, Zhu X, Kooner JS, Melander O, Ridker PM, Bandinelli S, Gyllensten UB, Wright AF, Wilson JF, Ferrucci L, Farrall M, Tuomilehto J, Pramstaller PP, Elosua R, Soranzo N, Sijbrands EJ, Altshuler D, Loos RJ, Shuldiner AR, Gieger C, Meneton P, Uitterlinden AG, Wareham NJ, Gudnason V, Rotter JI, Rettig R, Uda M, Strachan DP, Witteman JC, Hartikainen AL, Beckmann JS, Boerwinkle E, Vasan RS, Boehnke M, Larson MG, Järvelin MR, Psaty BM, Abecasis GR, Chakravarti A, Elliott P, van Duijn CM, Newton-Cheh C, Levy D, Caulfield MJ, Johnson T
Nature   478(7367) 103-109   Sep 2011   [Refereed]
Rumana N, Turin TC, Miura K, Nakamura Y, Kita Y, Hayakawa T, Choudhury SR, Kadota A, Nagasawa SY, Fujioshi A, Takashima N, Okamura T, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA80 Research Group.
The American journal of cardiology   107(12) 1718-1724   Jun 2011   [Refereed]
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Nakamura Y, Takashima N, Sugihara H, Morita Y, Matsui K, Okayama A, Miura K, Ueshima H
Emergency medicine journal : EMJ   28(3) 239-241   Mar 2011   [Refereed]
Kadota A, Miura K, Okamura T, Hozawa A, Murakami Y, Fujiyoshi A, Takashima N, Hayakawa T, Kita Y, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H, NIPPON DATA90 Research Group.
Atherosclerosis   215(1) 209-213   Mar 2011   [Refereed]
Turin TC, Kita Y, Ueshima H
Stroke   42(1) e11-2   Jan 2011   [Refereed]
Wakai K, Hamajima N, Okada R, Naito M, Morita E, Hishida A, Kawai S, Nishio K, Yin G, Asai Y, Matsuo K, Hosono S, Ito H, Watanabe M, Kawase T, Suzuki T, Tajima K, Tanaka K, Higaki Y, Hara M, Imaizumi T, Taguchi N, Nakamura K, Nanri H, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Kita Y, Turin TC, Rumana N, Matsui K, Miura K, Ueshima H, Takashima N, Nakamura Y, Suzuki S, Ando R, Hosono A, Imaeda N, Shibata K, Goto C, Hattori N, Fukatsu M, Yamada T, Tokudome S, Takezaki T, Niimura H, Hirasada K, Nakamura A, Tatebo M, Ogawa S, Tsunematsu N, Chiba S, Mikami H, Kono S, Ohnaka K, Takayanagi R, Watanabe Y, Ozaki E, Shigeta M, Kuriyama N, Yoshikawa A, Matsui D, Watanabe I, Inoue K, Ozasa K, Mitani S, Arisawa K, Uemura H, Hiyoshi M, Takami H, Yamaguchi M, Nakamoto M, Takeda H, Kubo M, Tanaka H, J-MICC Study Group.
Journal of epidemiology   21(3) 223-235   2011   [Refereed]
Tabara Y, Kohara K, Kita Y, Hirawa N, Katsuya T, Ohkubo T, Hiura Y, Tajima A, Morisaki T, Miyata T, Nakayama T, Takashima N, Nakura J, Kawamoto R, Takahashi N, Hata A, Soma M, Imai Y, Kokubo Y, Okamura T, Tomoike H, Iwai N, Ogihara T, Inoue I, Tokunaga K, Johnson T, Caulfield M, Munroe P, Global Blood Pressure Genetics Consortium., Umemura S, Ueshima H, Miki T
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   56(5) 973-980   Nov 2010   [Refereed]
Matsui K, Kita Y
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   57(11) 977-987   Nov 2010   [Refereed]
Liu L, Okamura T, Kadowaki T, Murakami Y, Hozawa A, Kita Y, Takashima N, Okuda N, Okayama A, Ueshima H
International journal of cardiology   143(3) 432-440   Sep 2010   [Refereed]
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Takashima N, Kadota A, Matsui K, Sugihara H, Morita Y, Nakamura Y, Miura K, Ueshima H
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   33(9) 922-925   Sep 2010   [Refereed]
Takashima N, Miura K, Hozawa A, Okamura T, Hayakawa T, Okuda N, Kadowaki T, Murakami Y, Kita Y, Nakamura Y, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA80 Research Group.
Nicotine & tobacco research : official journal of the Society for Research on Nicotine and Tobacco   12(9) 944-949   Sep 2010   [Refereed]
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Nakamura Y, Takashima N, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Hirose K, Okayama A, Miura K, Ueshima H
Stroke   41(9) 1871-1876   Sep 2010   [Refereed]
Yatsuya H, Toyoshima H, Yamagishi K, Tamakoshi K, Taguri M, Harada A, Ohashi Y, Kita Y, Naito Y, Yamada M, Tanabe N, Iso H, Ueshima H, Japan Arteriosclerosis Longitudinal Study (JALS) group.
Circulation. Cardiovascular quality and outcomes   3(5) 498-505   Sep 2010   [Refereed]
Zhang X, Matsui K, Krohmal B, Zeid AA, Muthuswamy V, Koo YM, Kita Y, Lie RK
BMC medical ethics   11 16   Sep 2010   [Refereed]
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Takashima N, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Hirose K, Miura K, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H
Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   17(7) 869-873   Jul 2010   [Refereed]
Takashima N, Miura K, Hozawa A, Kadota A, Okamura T, Nakamura Y, Hayakawa T, Okuda N, Fujiyoshi A, Nagasawa SY, Kadowaki T, Murakami Y, Kita Y, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA 90 Research Group.
BMC public health   10 306   Jun 2010   [Refereed]
Turin TC, Rumana N, Kita Y, Nakamura Y, Miura K, Ueshima H
Journal of cardiology   55(2) 283-284   Mar 2010   [Refereed]
Hayakawa T, Okamura T, Okayama A, Kanda H, Watanabe M, Kita Y, Miura K, Ueshima H
Journal of atherosclerosis and thrombosis   17(1) 64-72   Feb 2010   [Refereed]
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Takashima N, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Hirose K, Murakami Y, Miura K, Okayama A, Nakamura Y, Abbott RD, Ueshima H
Neuroepidemiology   34(1) 25-33   2010   [Refereed]
Nakamura Y, Ueshima H, Okuda N, Murakami Y, Miura K, Kita Y, Okamura T, Turin TC, Rodriguez B, Curb JD, Stamler J, International Study of Macro/Micronutrients and Blood Pressure,Japan and Hawaii Research Group.
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   54(6) 1416-1422   Dec 2009   [Refereed]
Nakamura Y, Ueshima H, Kadota A, Hozawa A, Okamura T, Kadowaki S, Kadowaki T, Hayakawa T, Kita Y, Abbott RD, Okayama A, NIPPON DATA80 Research Group.
Alcohol (Fayetteville, N.Y.)   43(8) 635-641   Dec 2009   [Refereed]
Tamaki S, Nakamura Y, Tabara Y, Okamura T, Kanda H, Kita Y, Kadowaki T, Tsujita Y, Chowdhury Turin T, Horie M, Miki T, Ueshima H
International journal of cardiology   136(3) 354-355   Aug 2009   [Refereed]
Nakamura Y, Ueshima H, Okamura T, Kadowaki T, Hayakawa T, Kita Y, Abbott RD, Okayama A, National Integrated Project for Prospective Observation of Non-Communicable Diseases and its Trends in the Aged,1980 Research Group.
The British journal of nutrition   101(11) 1696-1705   Jun 2009   [Refereed]
Nakamura Y, Sekikawa A, Kadowaki T, Kadota A, Kadowaki S, Maegawa H, Kita Y, Evans RW, Edmundowicz D, Curb JD, Ueshima H
Obesity (Silver Spring, Md.)   17(6) 1269-1273   Jun 2009   [Refereed]
Higashiyama A, Hozawa A, Murakami Y, Okamura T, Watanabe M, Nakamura Y, Hayakawa T, Kadowaki T, Kita Y, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA80 Research Group.
Journal of atherosclerosis and thrombosis   16(1) 40-50   Mar 2009   [Refereed]
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Murakami Y, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Tomioka N, Okayama A, Nakamura Y, Abbott RD, Ueshima H
Neuroepidemiology   32(1) 53-60   2009   [Refereed]
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Sugihara H, Morita Y, Tomioka N, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H
European journal of epidemiology   24(2) 93-100   2009   [Refereed]
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Takashima N, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Miura K, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H
Neuroepidemiology   33(3) 240-246   2009   [Refereed]
Nakamura Y, Hozawa A, Turin TC, Takashima N, Okamura T, Hayakawa T, Kita Y, Okayama A, Miura K, Ueshima H, NIPPON DATA80 Research Group.
Gerontology   55(6) 707-713   2009   [Refereed]
Abbott RD, Ueshima H, Hozawa A, Okamura T, Kadowaki T, Miura K, Okuda N, Nakamura Y, Okayama A, Kita Y, Rodriguez BL, Yano K, Curb JD
Annals of epidemiology   18(12) 913-918   Dec 2008   [Refereed]
Turin TC, Rumana N, Kita Y, Nakamura Y, Ueshima H
Australian and New Zealand journal of public health   32(6) 581-582   Dec 2008   [Refereed]
Ueshima H, Sekikawa A, Miura K, Turin TC, Takashima N, Kita Y, Watanabe M, Kadota A, Okuda N, Kadowaki T, Nakamura Y, Okamura T
Circulation   118(25) 2702-2709   Dec 2008   [Refereed]
Rumana N, Kita Y, Turin TC, Murakami Y, Sugihara H, Morita Y, Tomioka N, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H
The American journal of cardiology   102(10) 1307-1311   Nov 2008   [Refereed]
Healthy cognitive aging and leisure activities among the oldest old in Japan: Takashima study.
Dodge HH, Kita Y, Takechi H, Hayakawa T, Ganguli M, Ueshima H
The journals of gerontology. Series A, Biological sciences and medical sciences   63(11) 1193-1200   Nov 2008   [Refereed]
Nakamura Y, Ueshima H, Okuda N, Higashiyama A, Kita Y, Kadowaki T, Okamura T, Murakami Y, Okayama A, Choudhury SR, Rodriguez B, Curb JD, Stamler J, INTERLIPID Research Group.
The American journal of clinical nutrition   88(2) 424-430   Aug 2008   [Refereed]
Kadota A, Okamura T, Hozawa A, Kadowaki T, Murakami Y, Hayakawa T, Kita Y, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H, NIPPON DATA80 Research Group.
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   31(8) 1525-1531   Aug 2008   [Refereed]
Hozawa A, Okamura T, Oki I, Murakami Y, Kadowaki T, Nakamura K, Miyamatsu N, Hayakawa T, Kita Y, Nakamura Y, Nakamura Y, Abbott RD, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA80 Study Group.
Obesity (Silver Spring, Md.)   16(7) 1714-1717   Jul 2008   [Refereed]
Rumana N, Kita Y, Turin TC, Murakami Y, Sugihara H, Morita Y, Tomioka N, Okayama A, Nakamura Y, Abbott RD, Ueshima H
American journal of epidemiology   167(11) 1358-1364   Jun 2008   [Refereed]
Yamamoto T, Nakamura Y, Hozawa A, Okamura T, Kadowaki T, Hayakawa T, Murakami Y, Kita Y, Okayama A, Abbott RD, Ueshima H, NIPPON DATA80 Research Group.
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   72(4) 545-550   Apr 2008   [Refereed]
Okamura T, Hayakawa T, Hozawa A, Kadowaki T, Murakami Y, Kita Y, Abbott RD, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA80 Research Group.
Journal of the American Geriatrics Society   56(3) 529-535   Mar 2008   [Refereed]
Turin TC, Kita Y, Murakami Y, Rumana N, Sugihara H, Morita Y, Tomioka N, Okayama A, Nakamura Y, Abbott RD, Ueshima H
Stroke   39(3) 745-752   Mar 2008   [Refereed]
Kato N, Miyata T, Tabara Y, Katsuya T, Yanai K, Hanada H, Kamide K, Nakura J, Kohara K, Takeuchi F, Mano H, Yasunami M, Kimura A, Kita Y, Ueshima H, Nakayama T, Soma M, Hata A, Fujioka A, Kawano Y, Nakao K, Sekine A, Yoshida T, Nakamura Y, Saruta T, Ogihara T, Sugano S, Miki T, Tomoike H
Human molecular genetics   17(4) 617-627   Feb 2008   [Refereed]
Kohara K, Tabara Y, Nakura J, Imai Y, Ohkubo T, Hata A, Soma M, Nakayama T, Umemura S, Hirawa N, Ueshima H, Kita Y, Ogihara T, Katsuya T, Takahashi N, Tokunaga K, Miki T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   31(2) 203-212   Feb 2008   [Refereed]
Ishihara J, Iso H, Inoue M, Iwasaki M, Okada K, Kita Y, Kokubo Y, Okayama A, Tsugane S, JPHC Study Group.
Journal of the American College of Nutrition   27(1) 127-136   Feb 2008   [Refereed]
Matsui K, Lie RK, Kita Y, Ueshima H
Journal of epidemiology   18(5) 217-224   2008   [Refereed]
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Tomioka N, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H
Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland)   26(6) 606-611   2008   [Refereed]
Hozawa A, Okamura T, Murakami Y, Kadowaki T, Nakamura K, Hayakawa T, Kita Y, Nakamura Y, Abbott RD, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA80 Research Group.
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   30(12) 1169-1175   Dec 2007   [Refereed]
El-Saed A, Sekikawa A, Zaky RW, Kadowaki T, Takamiya T, Okamura T, Edmundowicz D, Kita Y, Kuller LH, Ueshima H
Journal of epidemiology   17(6) 179-185   Nov 2007   [Refereed]
Hozawa A, Okamura T, Kadowaki T, Murakami Y, Nakamura K, Hayakawa T, Kita Y, Nakamura Y, Okayama A, Hirotsugu Ueshima for NIPPON DATA80 Research group.
International journal of epidemiology   36(5) 1060-1067   Oct 2007   [Refereed]
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Sugihara H, Morita Y, Tomioka N, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   71(10) 1617-1621   Oct 2007   [Refereed]
Hozawa A, Okamura T, Kadowaki T, Murakami Y, Nakamura K, Hayakawa T, Kita Y, Nakamura Y, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA90 Research Group.
Atherosclerosis   194(2) 498-504   Oct 2007   [Refereed]
Nakamura Y, Kita Y, Iso H, Ueshima H, Okada K, Konishi M, Inoue M, Tsugane S, JPHC Study Group.
Atherosclerosis   194(2) 512-516   Oct 2007   [Refereed]
Matsui K, Lie RK, Kita Y
Journal of empirical research on human research ethics : JERHRE   2(3) 39-48   Sep 2007   [Refereed]
Nakamura K, Okamura T, Hayakawa T, Hozawa A, Kadowaki T, Murakami Y, Kita Y, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA90 Research Group.
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   30(8) 663-668   Aug 2007   [Refereed]
Nakamura Y, Ueno Y, Tamaki S, Kadowaki T, Okamura T, Kita Y, Miyamatsu N, Sekikawa A, Takamiya T, El-Saed A, Sutton-Tyrrell K, Ueshima H
Metabolism: clinical and experimental   56(8) 1060-1064   Aug 2007   [Refereed]

Misc

 
日本国民における1日の強度別身体活動時間の実態 NIPPON DATA2010
大橋 瑞紀, 宮川 尚子, 藤吉 朗, 高嶋 直敬, 三浦 克之, 門田 文, 上島 弘嗣, 中村 好一, 永井 雅人, 柳田 昌彦, 宮本 恵宏, 森 満, 西 信雄, 宮地 元彦, 奥田 奈賀子, 大久保 孝義, 喜多 義邦, 岡村 智教, 岡山 明, NIPPON DATA2010研究グループ
厚生の指標   63(15) 1-7   Dec 2016
目的 国民の身体活動の現状を把握することは,循環器疾患リスク等の低減や健康増進に資する情報として重要である。そこで,2010年国民健康・栄養調査と同時に実施した「循環器病の予防に関する調査(NIPPON DATA2010)」の参加者を対象に1日の身体活動を調査し,わが国を代表する一般集団の1日の強度別身体活動時間および身体活動指数を性・年齢階級別に分析した。方法 NIPPON DATA2010の参加者2,883人(男性割合42.7%,平均年齢58.8歳)を対象に,自記式質問票と調査員による...
高嶋 直敬, 三浦 克之, 喜多 義邦, 野崎 和彦
公衆衛生   79(9) 593-597   Sep 2015
運動習慣と総死亡および死因別死亡との関連(NIPPON DATA90)
高辻 由布子, 石黒 彩, 浅山 敬, 大久保 孝義, 三浦 克之, 門田 文, 藤吉 朗, 柳田 昌彦, 有馬 久富, 宮川 尚子, 高嶋 直敬, 喜多 義邦, 早川 岳人, 中村 保幸, 岡山 明, 岡村 智教, 上島 弘嗣, NIPPON DATA90 Research Group
日本循環器病予防学会誌   51(2) 127-127   May 2016
大腿骨近位部骨折の発症要因に関する検討 NIPPON DATA90の16年追跡
齋藤 祥乃, 三浦 克之, 早川 岳人, 喜多 義邦, 奥田 奈賀子, 藤吉 朗, 高嶋 直敬, 宮川 尚子, 鳥居 さゆ希, 門田 文, 大久保 孝義, 岡山 明, 岡村 智教, 上島 弘嗣
日本公衆衛生学会総会抄録集   73回 197-197   Oct 2014
国民代表集団における腎機能低下者のリスク因子および生活習慣の状況 NIPPON DATA2010
近藤 慶子, 門田 文, 平田 匠, 筒井 秀代, 高嶋 直敬, 喜多 義邦, 大久保 孝義, 岡村 智教, 清原 裕, 上島 弘嗣, 岡山 明, 三浦 克之, NIPPON DATA2010 Research Group
日本循環器病予防学会誌   51(2) 148-148   May 2016
わが国の30年間の脂質レベルの推移 NIPPON DATA80/90/2010・2000年循環器疾患基礎調査での検討
桑原 和代, 杉山 大典, 岡村 智教, 藤吉 朗, 野田 龍也, 栗田 修司, 岡山 明, 田中 太一郎, 中川 秀昭, 尾島 俊之, 喜多 義邦, 佐藤 敦, 鈴木 仙太郎, 奥田 奈賀子, 上島 弘嗣, 中村 保幸, 三浦 克之, NIPPON DATA80/90/2010研究グループ
日本循環器病予防学会誌   49(2) 151-151   Jul 2014
患者調査に基づく疾病分類別入院者推計数からみた福井県嶺南地域の疾病構造
鈴木 隆史, 野沢 和也, 喜多 義邦, 交野 好子
敦賀市立看護大学ジャーナル   (1) 25-36   Oct 2015
福井県は、第6次医療計画において県内の2次医療圏を4地域(福井・坂井、奥越、丹南、領南)に分けている。今回、平成23年度患者調査の結果に基づき、領南地域の疾病構造について検討した。結果、男性では「精神及び行動の障害」が最も多く、次いで「循環器疾患」、「悪性新生物」、「呼吸器系疾患」の順であった。女性では「循環器疾患」が最も多く、次いで「精神及び行動の障害」、「損傷、中毒及びその他の外傷の影響」、「悪性新生物」の順であった。年齢区分別にみると、20歳未満の群では「呼吸器系疾患」が最も多く、2...
一般市民における脳卒中初発症状認識の性・年齢階級別の検討
片寄 亮, 宮松 直美, 森野 亜弓, 野崎 和彦, 三浦 克之, 森本 明子, 園田 奈央, 呉代 華容, 一浦 嘉代子, 村上 義孝, 喜多 義邦, 高嶋 直敬, 永井 雅人, 柏木 厚典
滋賀医科大学看護学ジャーナル   12(1) 40-43   Mar 2014
本研究は、本邦の一般市民を対象に脳卒中初発症状の「突然の言語障害」、「突然の片麻痺」、「突然の激しい頭痛」、「突然のふらつき」、「突然の視覚障害」に対する認識を性・年齢階級別に検討することを目的とした。対象者はRandom Digit Dialing法を用いて近畿圏内3地域から4,200人を無作為に抽出し電話調査を行った。脳卒中の初発症状に関する問い10項目全てを選択した53名を除外した4,147名を解析対象とした。脳卒中初発症状に対する認識割合は、性別では「突然の視覚障害」以外の4項目に...
患者調査に基づく疾病分類別入院者推計数からみた福井県嶺南地域の疾病構造
鈴木 隆史, 野沢 和也, 喜多 義邦, 交野 好子
敦賀市立看護大学ジャーナル   (1) 25-36   Oct 2015
一般地域住民の脳卒中初発症状の認識における性・年代差
森野 亜弓, 森本 明子, 片寄 亮, 三浦 克之, 村上 義孝, 喜多 義邦, 高嶋 直敬, 永井 雅人, 宮松 直美
日本公衆衛生学会総会抄録集   72回 184-184   Oct 2013
【脳卒中診療の最新情報】 脳卒中の疫学
高嶋 直敬, 喜多 義邦, 三浦 克之
臨牀と研究   90(6) 711-716   Jun 2013
【若い人にも起こる脳卒中-本邦若年性脳血管障害の現況】 本邦の脳血管障害
高嶋 直敬, 喜多 義邦, 上島 弘嗣
成人病と生活習慣病   42(12) 1408-1413   Dec 2012
脳血管障害発症については限られた地域で行われている脳卒中発症登録から日本全体の脳血管障害の発症状況を推測する必要がある。日本の脳血管障害の発症率は、欧米に比べて高かったが、1970年代以降死亡率は低下し、現在では同程度まで低下している。日本の脳血管障害の年齢階級別の発症率は高齢者の方が高く、脳梗塞、脳内出血、クモ膜下出血の病型別でも同様である。脳血管障害のうち若年者(45歳未満)が占める割合は死亡では1.3%、発症では2〜3%である。脳血管障害発症の病型別割合は脳梗塞が約7割、脳出血が約3...
【高血圧に対する効果的な運動療法】 高血圧の疫学
永井 雅人, 三浦 克之, 喜多 義邦, 上島 弘嗣
臨床スポーツ医学   29(11) 1097-1101   Nov 2012
baPWVのカットオフ値に関して一般住民におけるbaPWVと予後との関連について 高島研究
高嶋 直敬, 喜多 義邦, 高島研究グループ
Arterial Stiffness: 動脈壁の硬化と老化   (18) 22-23   Oct 2012
NIPPON DATAを活用した健康寿命の算定(第一報) 算定方法について
村上 義孝, 早川 岳人, 三浦 克之, 大久保 孝義, 喜多 義邦, 高嶋 直敬, 藤吉 朗, 岡村 智教, 岡山 明, 上島 弘嗣, NIPPON DATA80/90研究グループ
日本公衆衛生学会総会抄録集   71回 211-211   Oct 2012
NIPPON DATAを活用した健康寿命の算定(第二報) 喫煙・高血圧の健康寿命
早川 岳人, 村上 義孝, 三浦 克之, 大久保 孝義, 喜多 義邦, 高嶋 直敬, 藤吉 朗, 岡山 明, 岡村 智教, 上島 弘嗣, NIPPON DATA80/90研究グループ
日本公衆衛生学会総会抄録集   71回 212-212   Oct 2012
一般地域住民におけるbaPWVと循環器疾患発症リスク 高島研究
高嶋 直敬, 喜多 義邦, 三浦 克之, 上島 弘嗣
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   35回 400-400   Sep 2012
人口動態調査の調査票情報を用いた大規模コホート研究における死因照合作業の問題点の検討
原田 亜紀子, 岡山 明, 喜多 義邦, 大橋 靖雄, 上島 弘嗣, 安村 誠司, 日本動脈硬化縦断研究(JALS)グループ
厚生の指標   59(11) 1-8   Sep 2012
目的 循環器疾患の発症と死亡をエンドポイントとした疫学研究であるJapan Arteriosclerosis Longitudinal Study(JALS)参加者を対象として,新統計法のもとで人口動態調査の二次利用申請から死因の照合作業までを実際に行い,人口動態調査を疫学研究で活用する際の課題を検討した。方法 人口動態調査の二次利用の申請を行い,性,生年月日,死亡年月日,死亡時の居住市町村名を照合変数とし,JALSで登録された死亡者(3,220件)のデータと照合することで原死因を確定した...
地域住民を対象にした生活習慣と認知機能低下との関連
早川 岳人, 喜多 義邦, 武地 一, Dodge Hiroko, 上島 弘嗣
日本老年医学会雑誌   49(5) 652-652   Sep 2012
循環器疾患による早世(65歳未満死亡)の要因の検討 NIPPON DATA80
高嶋 直敬, 三浦 克之, 大久保 孝義, 村上 義孝, 喜多 義邦, 門田 文, 藤吉 朗, 宮川 尚子, 久松 隆史, 鳥居 さゆ希, 斎藤 祥乃, 早川 岳人, 岡村 智教, 岡山 明, 上島 弘嗣
日本循環器病予防学会誌   47(2) 113-113   Apr 2012
大橋 靖雄, 島本 和明, 佐藤 眞一, 磯 博康, 喜多 義邦, 北村 明彦, 斉藤 功, 清原 裕, 河野 宏明, 中川 秀昭, 豊嶋 英明, 安藤 高志, 田栗 正隆, 原田 亜紀子, 上島 弘嗣, 日本動脈硬化(JALS)グループ
日本公衆衛生雑誌   58(12) 1007-1015   Dec 2011
目的 前向きコホート研究の個票ベースのメタアナリシスにより、メタボリックシンドロームを構成するリスク因子の重積と脳卒中発症の関連に肥満の有無が影響を与えているかを明らかにする。方法 1985年以降にベースライン時調査が行われた合計10コホート19,173人を対象とした。メタボリックシンドロームを構成するリスク因子を国内の8学会合同の診断基準を参考に定義し、リスク因子(血圧高値、脂質異常、高血糖)の保有数とBMI25(kg/m2)以上で定義した肥満の有無の組み合わせによってリスクの階層化を行...
地域一般住民を対象にした橈骨Augmentation Indexと心腎機能指標との関連の検討
喜多 義邦, 高嶋 直敬, Chowdhury Turin, Nahid Rumana, 門田 文, 中村 保幸, 三浦 克之, 上島 弘嗣
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   34回 621-621   Oct 2011
【わが国の心筋梗塞死亡率の低下要因】 地域における心筋梗塞罹患率の推移 高島スタディー
喜多 義邦, Rumana Nahid, Turin Tanvir Chowdhuly, 高嶋 直敬, 中村 保幸, 上島 弘嗣
動脈硬化予防   10(2) 5-10   Jul 2011
滋賀県高島市における1990年代の心筋梗塞の罹患率の推移を明らかにするため、1990年1月〜2001年12月に登録された初発症例を用いてその動向を明らかにした。1990〜2001年までの急性心筋梗塞の初発登録症例数は352例(男224例、女128例)で、初発時平均年齢は男67.8歳、女75.4歳、65歳以上の症例数は255例であった。急性心筋梗塞の年齢調整罹患率の推移は1996年から男女ともに罹患率が上昇し始め、その傾向は男性のほうが顕著であった。1990〜2001年の全観察期間における急...
松井 健志, 喜多 義邦
日本公衆衛生雑誌   57(11) 977-987   Nov 2010
目的 ゲノム疫学研究への参加協力依頼に対して、一般地域住民が研究への参加又は不参加を決める理由を明らかにすることを目的とした。方法 本研究は、滋賀県高島町およびマキノ町(現高島市)で住民基本健診に併せて実施された、ゲノム疫学研究(高島研究)2003年度ベースライン調査(対象者2,195人)における参加・不参加の意思確認の場を用いて実施した。匿名自記式調査票(複数選択式)を用いて、高島研究の「基本調査」ならびに「ゲノム解析」への参加・不参加を決めるに至った理由について調査を行った。回答の得ら...
選択的レプチン抵抗性はヒトにも存在するか? 日本人とハワイ在住日系米人での検討
中村 保幸, 上島 弘嗣, 奥田 奈賀子, 三浦 克之, 喜多 義邦, 岡村 智教, チューリン・タンビール
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   33回 281-281   Oct 2010
日本の心臓血管疾患の疫学研究 大規模コホート統合研究(JALS) 喫煙と循環器疾患リスク Japan Arteriosclerosis Longitudinal Study 0次研究の成果から
喜多 義邦, 岡山 明, 大橋 靖雄, 原田 亜紀子, 田栗 正隆, 篠崎 智大, 上島 弘嗣
日本心臓病学会誌   5(Suppl.I) 138-138   Aug 2010
【ゲノム疫学の研究】 循環器疾患の遺伝疫学研究
中村 保幸, 環 慎二, 喜多 義邦, 上島 弘嗣
BIO Clinica   25(4) 290-294   Apr 2010
循環器疾患の最も多い疾患である高血圧の約95%は本態性高血圧。その成因には環境因子と共に遺伝素因が関与する。遺伝因子の関与は50%前後、環境因子の関与は40%前後と算出されている。遺伝因子の中にはアセトアルデヒド脱水素酵素2の遺伝子多型のように、そのもの自体には血圧に影響を与えなくても遺伝型が飲酒するという環境因子を支配し、環境因子が高血圧を来すというパターンもある。おそらく血圧に関するその他多くの遺伝因子も程度の差こそあれ何らかの環境因子と相互作用を起こしているものと考えられる。(著者抄録)
【喫煙と糖尿病】 喫煙と循環器疾患、血管への作用
門田 文, 喜多 義邦, 上島 弘嗣
内分泌・糖尿病・代謝内科   30(3) 236-242   Mar 2010
5年間のADL低下もしくは死亡と循環器疾患危険因子のリスク集積との関連
早川 岳人, 岡村 智教, 岡山 明, 三浦 克之, 喜多 義邦, 上島 弘嗣
日本公衆衛生学会総会抄録集   68回 228-228   Oct 2009
高血圧と遺伝子多型
環 愼二, 中村 保幸, 田原 康玄, 岡村 智教, 喜多 義邦, 辻田 靖之, 三浦 克之, 堀江 稔, 三木 哲郎, 上島 弘嗣
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   32回 142-142   Oct 2009
血清レプチン濃度と血圧の関係 日本人とハワイ在住日系米人での検討
中村 保幸, 上島 弘嗣, 奥田 奈賀子, 三浦 克之, 喜多 義邦, 岡村 智教, チューリン・タンヴィール
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   32回 305-305   Oct 2009
境界域危険因子集積と循環器疾患死亡リスクとの関連 NIPPON DATA90,1990-2005
氏門田 文, 三浦 克之, 寳澤 篤, 岡村 智教, 高嶋 直敬, 藤吉 朗, 早川 岳人, 村上 義孝, 喜多 義邦, 岡山 明, 中村 保幸, 上島 弘嗣
日本循環器病予防学会誌   44(2) 90-90   Apr 2009
喫煙による循環器疾患の過剰死亡はメタボリックシンドロームより大きい NIPPON DATA90
高嶋 直敬, 寳澤 篤, 門田 文, 三浦 克之, 岡村 智教, 中村 保幸, 早川 岳人, 奥田 奈賀子, 門脇 崇, 村上 義孝, 喜多 義邦, 岡山 明, 上島 弘嗣
日本循環器病予防学会誌   44(2) 92-92   Apr 2009
中年男性の肥満と脂肪エネルギー比率との関連 INTERMAP日本における検討
上田 博子, 東山 綾, 岡山 明, 岡村 智教, 奥田 奈賀子, 由田 克士, 斎藤 重幸, 坂田 清美, ソヘル・レザ・チョウドリ, 門脇 崇, 喜多 義邦, 三浦 克之, 中川 秀昭, 渡邉 至, 上島 弘嗣
日本循環器病予防学会誌   43(2) 123-131   Oct 2008
[目的]地域および職域の日本人集団を対象とした栄養疫学調査の結果を用いて、脂肪及び炭水化物、たんぱく質の各エネルギー比率、総エネルギーと肥満の関連を明らかにする。[方法]本研究は、1996〜1998年に国際共同研究INTERMAPの一環として行われた。対象は札幌、富山、和歌山の工場従業員、滋賀の地域住民から無作為抽出された40-59歳の男性574名(平均年齢49.5歳)とした。INTERMAP研究の標準プロトコールに従って24時間思い出し法による栄養調査を4日間行い、INTERMAP食品成...
日本人およびハワイ在住日系人における高血圧に対する肥満の寄与割合ERA-JUMP study
門田 文, 関川 暁, 門脇 崇, 三浦 克之, 門脇 紗也佳, 高嶋 直敬, 奥田 奈賀子, 喜多 義邦, 岡村 智教, 中村 保幸, 上島 弘嗣
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   31回 217-217   Oct 2008
高血圧と肥満・インスリン抵抗性との関連の日本人、日系米人、米国白人における比較 ERA JUMP研究
門脇 崇, 関川 暁, 三浦 克之, 岡村 智教, 中村 保幸, 環 愼二, 喜多 義邦, 門田 文, 門脇 紗也佳, 上島 弘嗣
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   31回 218-218   Oct 2008
地域一般住民における脳卒中、心筋梗塞発症と遺伝子多型、背景因子との関連(信楽研究)
環 愼二, 中村 保幸, 田原 康玄, 岡村 智教, 喜多 義邦, 門脇 崇, 辻田 靖之, 堀江 稔, 三木 哲郎, 上島 弘嗣
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   31回 273-273   Oct 2008
内臓脂肪、皮下脂肪と血圧、メタボリックシンドロームの関連(ERA-JUMP研究)
中村 保幸, 関川 暁, 門脇 崇, 環 愼二, 岡村 智教, 喜多 義邦, 門脇 紗也佳, 門田 文
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   31回 282-282   Oct 2008
一般地域住民におけるPWVと高感度CRPの関連性 Takashima Cohort Study
高嶋 直敬, Turin Tanvir, 喜多 義邦, 中村 保幸, 三浦 克之, 上島 弘嗣
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   31回 309-309   Oct 2008
保健指導による血圧低下に寄与する生活習慣要因 生活習慣病予防のための大規模介入試験(HISLIM)の再解析
門脇 紗也佳, 三浦 克之, 岡山 明, 中山 秀昭, 日下 幸則, 喜多 義邦, 門脇 崇, 中村 保幸, 上島 弘嗣
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   31回 319-319   Oct 2008
メタボリックシンドロームの形成と飲酒 日本人男性における飲酒とメタボリックシンドロームの疫学
門脇 崇, 岡村 智教, 門田 文, 門脇 紗也佳, 三浦 克之, 喜多 義邦, 上島 弘嗣
日本アルコール・薬物医学会雑誌   43(4) 566-567   Aug 2008
肥満者に対する体重および腹囲減少への支援 草津市国保ヘルスアップ事業を通して
村田 智香, 守沢 香織, 前川 千恵美, 大隅 勝允, 太田 ひろみ, 相井 麻希, 木村 太朗, 喜多 義邦
日本循環器病予防学会誌   43(1) 35-35   Apr 2008
肥満度の変化と冠動脈石灰化との関連
門脇 崇, Sekikawa Akira, 門脇 紗也佳, 寳澤 篤, 奥田 奈賀子, 高嶋 直敬, 門田 文, 家門 裕子, 藤吉 朗, 岡村 智教, 中村 保幸, 村上 義孝, 喜多 義邦, 三浦 克之, 上島 弘嗣
日本循環器病予防学会誌   43(1) 37-37   Apr 2008
厳密に測定された診察室血圧値は家庭血圧値よりも高値か?
寳澤 篤, 門脇 崇, 三浦 克之, 門脇 紗也佳, 門田 文, 高嶋 直敬, 奥田 奈賀子, 村上 義孝, 喜多 義邦, 岡村 智教, 関川 暁, 上島 弘嗣
日本循環器病予防学会誌   43(1) 39-39   Apr 2008
HbA1Cおよび随時血糖値と全循環器疾患死亡の関連 NIPPON DATA90、1990-2000
門田 文, 岡村 智教, 寳澤 篤, 門脇 崇, 早川 岳人, 喜多 義邦, 斉藤 重幸, 前川 聡, 岡山 明, 中村 保幸, 柏木 厚典, 上島 弘嗣
糖尿病   51(Suppl.1) S-192   Apr 2008
中壮年期男性では高血圧と喫煙により約60%の循環器疾患死亡が説明される。NIPPON DATA80
寳澤 篤, 岡村 智教, 村上 義孝, 門脇 崇, 中村 幸志, 早川 岳人, 喜多 義邦, 中村 保幸, アボット・ロバート, 岡山 明, 上島 弘嗣
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   30回 152-152   Oct 2007
アルコール摂取頻度別の血圧と循環器死亡リスク NIPPON DATA90
高嶋 直敬, Choudhury Sohel Reza, 實澤 篤, 岡村 智教, 門脇 崇, 村上 義孝, 中村 幸志, 奥田 奈賀子, 喜多 義邦, 早川 岳人, 中村 保幸, 岡山 明, 上島 弘嗣
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   30回 192-192   Oct 2007
地域一般住民における脳卒中、心筋梗塞発症とAGTR1遺伝子多型、背景因子との関連
環 愼二, 中村 保幸, 田原 康玄, 岡村 智教, 喜多 義邦, 門脇 崇, 辻田 靖之, 堀江 稔, 三木 哲郎, 上島 弘嗣
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   30回 244-244   Oct 2007
大規模日本人一般集団サンプルを用いた、Angiotensinogen遺伝子M235T多型と高血圧の関係
平和 伸仁, 田原 康玄, 喜多 義邦, 勝谷 友宏, 大久保 孝義, 目時 弘仁, 菊谷 昌浩, 環 愼二, 中村 保幸, 杉本 研, 楽木 宏実, 小原 克彦, 小川 桃子, 谷津 圭介, 志和 忠志, 今井 潤, 上島 弘嗣, 荻原 俊男, 三木 哲郎, 梅村 敏
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   30回 244-244   Oct 2007
NIPPON DATA80における血清アルブミン、コレステロールと日常生活動作・死亡の関連
岡村 智教, 早川 岳人, 門脇 崇, 寳澤 篤, 村上 義孝, 喜多 義邦, 岡山 明, 上島 弘嗣
日本公衆衛生学会総会抄録集   66回 483-483   Oct 2007
5年間の手段的ADLの推移と循環器疾患危険因子のリスク集積との関連 NIPPON DATA90
早川 岳人, 岡村 智教, 岡山 明, 喜多 義邦, 上島 弘嗣
日本公衆衛生学会総会抄録集   66回 490-490   Oct 2007
40歳代および60歳代男性の中等度飲酒の潜在性動脈硬化予防効果
門脇 崇, 岡村 智教, 宮松 直美, 寳澤 篤, 喜多 義邦, 上島 弘嗣
日本アルコール・薬物医学会雑誌   42(4) 352-353   Aug 2007
危険因子の集積と循環器疾患死亡の関連 NIPPON DATA90,1990-2000
門田 文, 寳澤 篤, 岡村 智教, 門脇 崇, 早川 岳人, 喜多 義邦, 岡山 明, 前川 聡, 中村 保幸, 柏木 厚典, 上島 弘嗣
糖尿病   50(Suppl.1) S-193   Apr 2007
臨床研究・基礎研究からみた循環器疾患予防の視点 循環器疾患登録からみた予防の視点
喜多 義邦
日本循環器病予防学会誌   42(1) 40-40   Mar 2007
メタボリックシンドローム対策の視点 メタボリックシンドロームと潜在性動脈硬化症
門脇 崇, Sekikawa Akira, 岡村 智教, 中村 保幸, 喜多 義邦, 上島 弘嗣
日本循環器病予防学会誌   42(1) 47-47   Mar 2007
【脳卒中の病型と危険因子】 地域発症登録からみた脳卒中病型 性別、年齢別の検討
喜多 義邦
動脈硬化予防   5(4) 14-21   Jan 2007
わが国の脳卒中の発症状況とその生命予後を明らかにするため、1999年から2001年の初発登録症例385例を用いて、脳卒中病型別、性別および年齢階級別の発症率と急性期死亡割合を検討した。脳卒中全病型の発症率は女性より男性で高く、この傾向はいずれの年齢階級においても同様であった。脳卒中初発年齢の比較から、男性は女性に比べて若年での発症が特徴的であった。男性における脳卒中の罹患は依然としてわが国の脳卒中対策の中心的な問題で、男性の若年層に焦点を当てた具体的な対策を行う必要のあることが示唆された。
日本人の脳卒中・虚血性心疾患の動向と将来予測 地域での脳卒中・心筋梗塞罹患率の推移
喜多 義邦, 上島 弘嗣
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   38回 119-119   Jul 2006
Angiotensinogen M 235 T多型およびα-Adducin G 460 W多型と高血圧の関連-日本人住民での検討
中村 保幸, 田原 康玄, 三木 哲郎, 環 愼二, 山本 貴子, 喜多 義邦, 岡村 智教, 上島 弘嗣
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   28回 120-120   Sep 2005
松井 健志, 喜多 義邦
生命倫理   15(1) 210-217   Sep 2005
日本人成人男性の飲酒量と栄養摂取の関係
中村 保幸, 喜多 義邦, 岡村 智教, 岡山 明, 上島 弘嗣, 柳川 洋
日本アルコール・薬物医学会雑誌   40(4) 356-357   Aug 2005
働き盛りの農村住民、都市部勤務者の循環器疾患危険因子の比較研究
岡村 智教, 田中 太一郎, 武林 亨, 菊地 有利子, 由田 克士, 喜多 義邦, 三浦 克之, 上島 弘嗣, 中川 秀昭
日本公衆衛生学会総会抄録集   64回 607-607   Aug 2005
動脈硬化診療ガイドライン 日本のエビデンスNIPPON DATA
上島 弘嗣, 岡村 智教, 喜多 義邦, 門脇 崇, 早川 岳人, 岡山 明
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   37回 147-147   Jul 2005
日本人の代表集団におけるHDLコレステロールと総死亡の関連 NIPPON DATA90における10年間の追跡による検討
岡村 智教, 早川 岳人, 門脇 崇, 喜多 義邦, 岡山 明, 上島 弘嗣
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   37回 269-269   Jul 2005
脳卒中罹患率の1990年代の推移と有病者数の将来推計
喜多 義邦, 上島 弘嗣, 桂田 富佐子, 中村 保幸
日本循環器病予防学会誌   40(2) 113-113   Apr 2005
【糖尿病と喫煙・アルコール】 糖尿病患者における喫煙の害 とくに血管合併症の視点から
喜多 義邦
プラクティス   22(2) 150-154   Mar 2005
早期心不全予防を目的とした新しい心機能評価法の地域スクリーニング応用に関する研究
神田 秀幸, 喜多 義邦, 岡村 智教, 上島 弘嗣
健康医科学研究助成論文集   (20) 56-64   Mar 2005
早期心不全予防を目的として,某地域の35〜69歳の一般住民686名を対象に,性別,BNPを含む血液検査,血圧,生活習慣に関して統計学的に検討を行い,地域スクリーニングを行った.BNP濃度とBMI,DBP,総コレステロール,HDLコレステロール,血糖値,喫煙状況とは関連性がなかった.尿中1日塩分排泄量とBNP濃度,心電図のR波高電位とは正相関がみられ,ヘモグロビン濃度とBNP濃度は負の相関を示した.女性は男性よりもBNP濃度は有意に高い傾向を示し,SBPとgrade2以上の高血圧および年齢も...
高齢者の転倒・骨折発生に関わる身体的リスク要因 骨指標,下肢筋力および重心動揺の経時的変化
今本 喜久子, 北村 文月, 喜多 義邦, 高田 政彦, 日浦 美保, 藤本 悦子
滋賀医科大学看護学ジャーナル   3(1) 13-19   Feb 2005
高齢者の転倒・骨折発生に関わる身体的リスク要因を検討することを目的に,29名(男性10名,女性19名,平均年齢80.2歳)を対象に,骨量・握力・重心動揺などの身体要因を4年間に8回測定するとともに,半年ごとに転倒・骨折の発生などについて聞き取り調査を実施した.その結果,調査期間中の転倒者は女性のみ4名,骨折者は女性7名と男性2名であり,転倒群では閉眼重心動揺が有意に高値で,女性骨折群においても閉眼重心動揺が有意に高値であった
国民の代表サンプルを用いた高齢者日常生活動作の5年間の推移
早川 岳人, 岡村 智教, 上島 弘嗣, 谷原 真一, 岡山 明, 喜多 義邦, 藤田 委由
厚生の指標   51(13) 7-12   Nov 2004
常松 典子, 上島 弘嗣, 奥田 奈賀子, 由田 克士, 岡山 明, 斎藤 重幸, 坂田 清美, 岡村 智教, ソヘル・レザ・チュウドリ, 門脇 崇, 喜多 義邦, 中川 秀昭
日本循環器病予防学会誌   39(3) 149-156   Oct 2004
International study of macro-and micro-nutrients and blood pressureの日本国内4センターのデータを用い,「減塩をしている人」の食塩排泄量,食塩摂取量を「減塩をしていない人」と比較することで,実際に減塩できているのかを検討した.また,栄養素,食品群別摂取量を同様に比較し,食事の違いを明らかにすることを試みた.対象は40〜59歳の男女1145名とした.その結果,減塩食群は普通食群より,性,年齢,BMIを調整した食塩排泄量が1.0...
降圧療法と循環器疾患死亡 NIPPON DATA90より
斎藤 重幸, 高木 覚, 島本 和明, 上島 弘嗣, 岡村 智教, 喜多 義邦, 岡山 明, 児玉 和紀, 笠置 文善
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   27回 32-32   Oct 2004
アンジオテンシノーゲン遺伝子M235T多型,αAdducin遺伝子Gly460Trp多型と高血圧,生活習慣との関連(信楽研究)
環 愼二, 中村 保幸, 田原 康玄, 喜多 義邦, 門脇 崇, 岡村 智教, 堀江 稔, 三木 哲郎, 上島 弘嗣
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   27回 163-163   Oct 2004
滋賀県高島郡で実施した糖尿病予防教室の評価(第1報) 栄養指導の実際と評価
齋藤 佳子, 土肥 裕子, 丹 遊子, 中川 ますみ, 森田 京子, 高島 さち子, 呉屋 由子, 喜多 義邦
日本公衆衛生学会総会抄録集   63回 230-230   Oct 2004
滋賀県高島郡で実施した糖尿病予防教室の評価(第2報) 体重とHbA1cの変化
丹 遊子, 中川 ますみ, 森田 京子, 齋藤 佳子, 土肥 裕子, 高島 さち子, 呉屋 由子, 喜多 義邦
日本公衆衛生学会総会抄録集   63回 231-231   Oct 2004
滋賀県高島郡で実施した糖尿病予防教室の評価(第3報) 血清脂質の変化
森田 京子, 丹 遊子, 中川 ますみ, 齋藤 佳子, 土肥 裕子, 高島 さち子, 呉屋 由子, 喜多 義邦
日本公衆衛生学会総会抄録集   63回 231-231   Oct 2004
メタボリック症候群と脳卒中,心筋梗塞死亡率 NIPPON DATA80,1980-94
中村 保幸, 山本 貴子, 岡村 智教, 門脇 崇, 早川 岳人, 喜多 義邦, 斎藤 重幸, 岡山 明, 上島 弘嗣
Journal of Cardiology   44(Suppl.I) 281-281   Aug 2004
動脈硬化診断ガイドライン UP TO DATE 日本人の代表集団における総コレステロールと総死亡および死因別死亡の関連 NIPPON DATA80の19年間の追跡による検討
岡村 智教, 早川 岳人, 門脇 崇, 喜多 義邦, 岡山 明, 上島 弘嗣
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   36回 137-137   Jul 2004
卵摂取と健康
中村 保幸, 環 愼二, 岡村 智教, 門脇 崇, 早川 岳人, 喜多 義邦, 岡山 明, 上島 弘嗣
治療   86(6) 1982-1984   Jun 2004
事業所における定期的な禁煙キャンペーンの効果
門脇 崇, 岡村 智教, 舩越 傅, 岡山 明, 神田 秀幸, 宮松 直美, 喜多 義邦, 上島 弘嗣
日本循環器病予防学会誌   39(2) 107-107   Apr 2004
糖尿病及び合併症の原因遺伝子はどこまで解明されたか? ヒト2型糖尿病性腎症感受性遺伝子を同定する研究
服部 正和, 藤井 貴弘, 成田 牧子, 櫻井 真紀子, 原 茂子, 上島 弘嗣, 岡村 智紀, 喜多 義邦, 大石 明, 井村 満男, 小山 一憲, 竹岡 浩也, 大浦 孝, 升谷 一宏, 山田 憲一, 西 紀, 石川 和夫, 梶山 静夫, 小出 純子, 福島 正樹, 小林 哲郎, 能登 裕, 山崎 直樹, 泰地 睦夫, 古閑 良彦, 北江 郁緒里, 坂井 幸二, 深海 邦子, 山田 和範, 河野 茂夫, 島津 章, 粉川 皓仲, 葛谷 英嗣
糖尿病   47(Suppl.1) S16-S16   Apr 2004
鶏卵摂取量とKeys公式予測血清総コレステロール値-NIPPON DATA80
中村 保幸, 岡村 智教, 環 愼二, 門脇 崇, 早川 岳人, 喜多 義邦, 岡山 明, 上島 弘嗣
日本病態栄養学会誌   6(3) 265-265   Nov 2003
日本人の代表集団における安静時心拍数と死因別死亡に関する16.5年間のコホート研究-NIPPONDATA80
岡村 智教, 早川 岳人, 門脇 崇, 喜多 義邦, 岡山 明, 上島 弘嗣
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   26回 81-81   Oct 2003
NIPPON DATAを用いた健康度評価チャートの作成
上島 弘嗣, 笠置 文善, 児玉 和紀, 早川 岳人, 喜多 義邦, 門脇 崇, 岡村 智教, 岡山 明
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   26回 118-118   Oct 2003
鶏卵摂取量と総コレステロール値,総死亡率,心筋梗塞死亡率の関連
中村 保幸, 環 愼二, 岡村 智教, 門脇 崇, 早川 岳人, 喜多 義邦, 岡山 明, 上島 弘嗣
Journal of Cardiology   42(Suppl.I) 264-264   Aug 2003
【冠動脈の臨床 21世紀の診断治療体系】 日本人の虚血性心疾患 我が国における虚血性心疾患の疫学統計
中村 保幸, 吉田 道明, 喜多 義邦, 上島 弘嗣, 木之下 正彦
日本臨床   61(増刊4 冠動脈の臨床(上)) 719-725   Apr 2003
テレビドラマにおける喫煙描写場面の実態
神田 秀幸, 岡村 智教, 門脇 崇, 早川 岳人, 喜多 義邦, 上島 弘嗣
日本公衆衛生雑誌   50(1) 62-70   Jan 2003
地域一般住民におけるアルデヒド脱水素酵素2(ALDH2)遺伝子多型と飲酒量,高血圧との関係(信楽研究)
辻田 靖之, 環 愼二, 張 奇山, 中村 保幸, 木之下 正彦, 天本 健司, 喜多 義邦, 岡村 智教, 上島 弘嗣, 野崎 昭彦
滋賀医学   25(1) 101-101   Nov 2002
地域一般住民におけるアルデヒド脱水素酵素2(ALDH2)遺伝子多型と飲酒量,高血圧との関係(信楽研究)
辻田 靖之, 環 愼二, 張 寄山, 中村 保幸, 木之下 正彦, 天本 健司, 喜多 義邦, 岡村 智教, 上島 弘嗣, 野崎 昭彦
Therapeutic Research   23(10) 2050-2050   Oct 2002
21世紀の循環器臨床と遺伝子 地域一般住民における遺伝子多型と高血圧との関連(信楽研究)
環 愼二, 辻田 靖之, 上野 義紀, 中村 保幸, 天本 健司, 門脇 崇, 喜多 義邦, 岡村 智教, 上島 弘嗣
Journal of Cardiology   40(Suppl.1) 81-81   Aug 2002
【生活習慣病 一次予防から治療まで】 予防 循環器 循環器疾患死亡とADL低下予防における血圧管理の重要性 NIPPON DATAより
早川 岳人, 喜多 義邦, 岡村 智教, 門脇 崇, 上島 弘嗣
最新医学   57(6月増刊) 1360-1368   Jun 2002
NIPPON DATAは地域的な偏りのない国民を代表する集団の追跡調査で,循環器疾患死亡やその他の主要な死亡に与える危険因子や日常生活活動度(ADL)低下の要因を明らかにしてきた.この研究から本邦でもWHO1999年の高血圧分類の重症度に妥当性があることが明らかとなった.またADL低下をきたす疾患は,脳卒中と下肢骨折であり,継続した追跡調査により,5年間のADL低下の発症率を示すことができた
日本人の代表集団における総コレステロールと壮年期死亡 コホート研究NIPPON DATA80による検討
岡村 智教, 早川 岳人, 門脇 崇, 喜多 義邦, 岡山 明, 上島 弘嗣
動脈硬化   (34回抄集) 187-187   Jun 2002
地域住民におけるCETP TaqIB遺伝子多型と血清HDLコレステロール値,虚血性心疾患との関係(信楽研究)
辻田 靖之, 張 奇山, 環 愼二, 中村 保幸, 喜多 義邦, 岡村 智教, 野崎 昭彦, 上島 弘嗣
動脈硬化   (34回抄集) 208-208   Jun 2002
日本人集団における低血清コレステロール血症の規定要因に関する検討
茅 旭, 岡村 智教, Choudhuryl Sohel R., 喜多 義邦, 門脇 崇, 岡山 明, 仁木 偉瑳夫, 上島 弘嗣
日本循環器病予防学会誌   37(2) 112-112   Apr 2002
日本人の代表集団における飲酒量の変化に伴う循環器疾患死亡の相対リスク,絶対リスク変化量の推計 NIPPON DATA
岡村 智教, 早川 岳人, 門脇 崇, 天本 健司, 喜多 義邦, 岡山 明, 上島 弘嗣
日本アルコール・薬物医学会雑誌   36(6) 586-595   Dec 2001
平均的日本人の集団における飲酒に伴う循環器疾患死亡の相対リスク,絶対リスクに与える影響について検討した.対象は,全国から層化無作為抽出された集団のNIPPON DATA80及び90のベースラインデータを用いた.飲酒量が多いほど血圧値とHDLコレステロール値は高くなり,総コレステロール/HDLコレステロール比は低くなる傾向を示した.40〜59歳男性の場合,飲酒・年齢・BMIは収縮期・拡張期血圧値と有意な正の関連を示し,HDLコレステロール値と飲酒・運動は有意な正の,喫煙・BMIは有意な負の関...
地域一般住民における候補遺伝子の検討 信楽研究
環 愼二, 中村 保幸, 辻田 靖之, 天本 健司, 喜多 義邦, 岡村 智教, 上島 弘嗣, 木之下 正彦
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   24回 130-130   Oct 2001
飲酒と中年期肥満の関連性についての検討
喜多 義邦, 上島 弘嗣, 野崎 昭彦
日本アルコール・薬物医学会雑誌   36(4) 418-419   Aug 2001
飲酒量の変化に伴う虚血性心疾患発症・死亡の相対・絶対リスク変化量の推計に関する疫学研究
岡村 智教, 早川 岳人, 門脇 崇, 天本 健司, 喜多 義邦, 上島 弘嗣
動脈硬化   29(Suppl.) 212-212   May 2001
ある農山村地域の男性住民におけるアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)遺伝子多型と循環器疾患リスクファクターの関連
天本 健司, 岡村 智教, 上島 弘嗣, 喜多 義邦, 中村 保幸, 木之下 正彦, 野崎 昭彦, 環 慎二, 辻田 靖之, 門脇 崇
動脈硬化   29(Suppl.) 238-238   May 2001
65歳以上日本人の日常生活動作能力低下の5年間推移(NIPPON DATA80)
早川 岳人, 岡村 智教, 門脇 崇, 喜多 義邦, 上島 弘嗣, 岡山 明
日本循環器病予防学会誌   36(2) 87-87   May 2001
コホート研究(NIPPON DATA80)による日本人の脳卒中死亡の絶対リスクに関する推計
岡村 智教, 早川 岳人, チョウドリ・SR, 門脇 崇, 喜多 義邦, 上島 弘嗣, 岡山 明
日本循環器病予防学会誌   36(2) 88-88   May 2001
【循環器疾患のコホート研究】 NIPPON DATA 高齢者の循環器疾患による生活の質低下予防に関する研究
上島 弘嗣, 早川 岳人, 岡山 明, 岡村 智教, 喜多 義邦, 門脇 崇
循環器科   48(2) 139-145   Aug 2000
循環器疾患基礎調査(NIPPON DATA)の対象者を追跡調査し,高齢者の循環器疾患による日常生活動作能力(ADL)と生活の質(QOL)低下要因を検討した.対象は14年追跡できた1980年NIPPON DATA の対象者2672名と5年追跡できた1990年NIPPON DATAの対象者2100名で, 追跡調査時に65歳以上であった.高齢者のADLおよびQOLの低下要因に,循環器疾患が大きな影響を与えていることが明らかになった.高齢者のADL低下を予防することがQOLの低下を防ぐ手だてであり...

Research Grants & Projects

 
Ministry of Health、Labour and Welfare: Health and Labor Sciences Research Grant
Project Year: Apr 2007 - Mar 2010    Investigator(s): Ueshima Hirotsugu
Ministry of Education、Culture、Sports、Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(A)
Project Year: Apr 2007 - Mar 2009    Investigator(s): Ueshima Hirotsugu