講演・口頭発表等

2014年5月8日

無線メッシュネッ トワークにおける伝送タイミング制御に関する一検討

研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS)
  • 北須賀 輝明
  • ,
  • 中原 史博
  • ,
  • 眞鍋 雄貴
  • ,
  • 有次 正義

記述言語
日本語
会議種別

無線メッシュネットワーク上での中継伝送では,単一の TCP フロー内のセグメント間でさえパケットが衝突しうる.本報告では,経路上の次ホップのノードに伝送権を譲渡する仕組みと,TCP のエンドノードで連続したパケット送信の間隔を適切に空ける仕組みを,データリンク層に導入することを検討する.予備評価の結果,伝送権を譲渡する仕組み単独ではパケット衝突が増えることが分かり,間隔をあける仕組みと組み合わせることでパケット衝突を減らしながらスループットを向上させられることが分かった.In wireless mesh networks, relaying transmissions among mesh access points are collided with each other, even if there exists only one TCP flow. In this report, we study about a continuous relaying transmission mechanism on all access points and a delaying mechanism on TCP end node. Through a preliminary evaluation, continuous relaying transmission mechanism increases collision probability. However, the mechanism decreases collision probability and increases throughput, when delaying mechanism are also added.

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/170000083494
CiNii Resolver ID
http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000290368579