MISC

2015年3月

カリキュラム改正に伴う看護技術学習ノート第3版改訂

長崎県立大学看護栄養学部紀要
  • 片穂野 邦子
  • ,
  • 永峯 卓哉
  • ,
  • 山谷 麻由美
  • ,
  • 竹口 和江
  • ,
  • 新田 祥子
  • ,
  • 河口 朝子
  • ,
  • 堀内 啓子
  • ,
  • 松本 幸子
  • ,
  • 李 節子
  • ,
  • 大塚 一徳
  • ,
  • 立石 憲彦
  • ,
  • 大重 育美
  • ,
  • 中尾 八重子
  • ,
  • 林田 りか
  • ,
  • 山澄 直美
  • ,
  • 吉田 恵理子
  • ,
  • 高比良 祥子
  • ,
  • 山口 多恵
  • ,
  • 山田 貴子
  • ,
  • 三重野 愛子

13
開始ページ
63
終了ページ
77
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
長崎県立大学看護栄養学部

本大学の看護基礎教育における看護師養成に特化したカリキュラム改正に伴い、看護技術学習ノートの第3版改訂を行った。看護技術項目は、1)保健師関連の科目削減に伴う技術項目の削除、2)新設科目に関連する技術項目の追加、さらに、3)技術項目の卒業時の到達水準および教授領域を見直した。本学科の看護技術に対する考え方および看護技術の5つの枠組み、【I.看護実践に共通する技術】、【II.日常生活にかかわる援助技術】、【III.診断・治療にかかわる援助技術】、【IV.健康生活維持にかかわる援助技術】、【V.看護システムにかかわる技術】と看護技術の到達水準I〜IVのレベルの内容は、看護技術学習ノート第3版においても変更はなく、大項目は28項目、中項目は261項目で構成された。また、教授領域の一覧表に総合看護を追加し領域を超えた科目にかかわる看護技術項目を明示した。この学習ノートは、学生が主体的に自己の学習習熟度を確認する本大学の学士課程における看護実践能力の卒業時到達水準を示した学習支援ツールであり、看護職として生涯にわたり成長していくためのポートフォリオの第一段階として自己学習力を育む土台となるものである。(著者抄録)

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/40020394870
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J05493&link_issn=&doc_id=20150317410004&doc_link_id=40020394870&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40020394870&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

エクスポート
BibTeX RIS