MISC

2011年2月

看護技術学習ノート第2版を使用した縦断的な看護技術到達度の評価と学習支援の検討

長崎県立大学看護栄養学部紀要
  • 高比良 祥子
  • ,
  • 大重 育美
  • ,
  • 堀内 啓子
  • ,
  • 堂下 陽子
  • ,
  • 藤丸 知子
  • ,
  • 山崎 不二子
  • ,
  • 松本 幸子
  • ,
  • 永峯 卓哉
  • ,
  • 吉田 恵理子
  • ,
  • 赤司 千波
  • ,
  • 大塚 一徳
  • ,
  • 貞森 直樹
  • ,
  • 立石 憲彦
  • ,
  • 李 節子
  • ,
  • 氏田 美知子
  • ,
  • 河口 朝子
  • ,
  • 島田 友子
  • ,
  • 中尾 八重子
  • ,
  • 林田 りか
  • ,
  • 片穂野 邦子
  • ,
  • 吉原 麻由美
  • ,
  • 家永 愛子
  • ,
  • 岩永 洋子
  • ,
  • 稗圃 砂千子
  • ,
  • 山口 多恵

11
開始ページ
11
終了ページ
24
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
長崎県立大学看護栄養学部

看護技術学習ノート第2版を使用した2006年度入学生の看護技術の到達度の縦断的変化を明らかにし、長崎県立大学看護栄養学部看護学科における看護技術の学習支援のあり方を検討した。2006年度入学生55名を対象に、3年次と4年次に看護技術学習ノート第2版262項目を4段階尺度で調査し、統計的解析はχ2検定を行い有意水準は5%未満とした。結果、4つの到達水準別、5つの枠組み構成別では3年次に比べ4年次で到達度は高くなった(p<0.05)。水準別の4年次の到達度は、水準I97.8%、水準II87.0%、水準III69.0%、水準IV63.0%であった。枠組み別の4年次の到達度は、『3.診断・治療にかかわる援助技術』、『4.健康生活維持にかかわる援助技術』が70%未満であった。3年次と比較し4年次で到達度が有意に上昇したのは63項目、4年次の到達度が50%未満は41項目であった。水準III、水準IVの項目はシミュレータの活用や自己学習機会の促進、臨地実習で主体的に体験を増やす工夫が必要である。4年次の到達度の低い項目は授業計画の検討および看護基礎教育の中で到達すべき看護技術項目の精選の必要性が示唆された。(著者抄録)

リンク情報
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J05493&link_issn=&doc_id=20110322270002&doc_link_id=120005475032&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F120005475032&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_3.gif
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J05493&link_issn=&doc_id=20110322270002&doc_link_id=1100919&url=https%3A%2F%2Fkango-sakuin.nurse.or.jp%2Fnid%2F1100919&type=%8D%C5%90V%8A%C5%8C%EC%8D%F5%88%F8Web&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00014_1.gif
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J05493&link_issn=&doc_id=20110322270002&doc_link_id=http%3A%2F%2Fhdl.handle.net%2F10561%2F717&url=http%3A%2F%2Fhdl.handle.net%2F10561%2F717&type=%92%B7%8D%E8%8C%A7%97%A7%91%E5%8Aw%81F%92%B7%8D%E8%8C%A7%97%A7%91%E5%8Aw%8Aw%8Fp%83%8A%83%7C%83W%83g%83%8A&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F80065_3.gif

エクスポート
BibTeX RIS