OOUCHIDA Yutaka

J-GLOBAL         Last updated: Sep 25, 2019 at 09:49
 
Avatar
Name
OOUCHIDA Yutaka
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/ef0e560baf50092c682c3d18c54dbf80.html
Affiliation
Osaka Kyoiku University
Section
Faculty of Education, Courses for School Teachers Special Needs Education

Academic & Professional Experience

 
Apr 2006
 - 
Mar 2008
Advanced Telecommunications Research Institute (ATR))
 
Apr 2008
 - 
Mar 2018
Assistant Professor, Tohoku University Graduate School of Medicine Disability Sciences Functional Medical Science Physical Medicine and Rehabilitation
 

Published Papers

 
Synchronous Neural Oscillation Between the Right Inferior Fronto-Parietal Cortices Contributes to Body Awareness
Naoyuki Takeuchi, Tamami Sudo, Yutaka Oouchida, Takayuki Mori and Shin-Ichi Izumi
Frontiers in Human Neuroscience   13(Sep) 1-9   Sep 2019   [Refereed]
Mayumi Nagai, Naofumi Tanaka, Yutaka Oouchida, Shin-Ichi Izumi
Case Reports in Medicine   2018 1-5   2018   [Refereed]
Aizu N, Oouchida Y, Izumi SI
Neurology   91(8) e751-e758   Aug 2018   [Refereed]
幻肢・幻肢痛を通してみる身体知覚
Oouchida Yutaka
基礎心理学研究   36(1) 142-147   Sep 2017
OOUCHIDA Yutaka, SUDO Tamami, IZUMI Shin-ichi
J. of SICE   56(3) 181-186   2017
奥山 淳子, 大内田 裕, 出江 紳一
言語聴覚研究   13(4) 249-257   Dec 2016   [Refereed]
話し言葉の理解では,音声だけでなく話者の顔の視覚情報も利用されており,視線計測はその実際に取得された情報を知るうえで有用である.本研究では音声言語知覚における視線の影響を検討するため,マガーク効果に着目し,2つの実験を行った.日本語を母語とする健常者を対象として,実験1ではマガーク効果における視線を計測した.その結果,マガーク効果が生起するときは様々な顔の部位を注視して視線の移動距離が長く,マガーク効果が生起しないときは口を限定的に注視して視線の移動距離が短かった.これを受けて,実験2では...
須藤 珠水, 会津 直樹, 大内田 裕, 出江 紳一
高次脳機能研究   36(3) 426-431   Sep 2016
近年、脳神経科学の進歩により、主観的な意識的経験も科学的研究対象として扱われるようになってきた。リハビリテーションの臨床場面で、思い通りに麻痺肢を制御できないことが、麻痺肢における身体所有感の低下を導き、さらなる使用頻度の低下を招くと考えられているが、ここで得られる「思い通りに動かすことができない」という愁訴は極めて私的な感覚で、外部から観察することが困難であり、また「運動を引き起こす主体がまさに自分である」という運動主体感や「観測している身体が自分のものである」という身体所有感などの私的...
義足に対する空間注意と義足歩行能力との関係 身体性注意に着目して
会津 直樹, 大内田 裕, 須藤 珠水, 鈴木 栄三郎, 鈴木 雄大, 出江 紳一
日本基礎理学療法学雑誌   20(1) 300-300   Aug 2016
Oouchida Yutaka, Sudo Tamami, Inamura Tetsunari, Tanaka Naofumi, Ohki Yukari, Izumi Shin-Ichi
Neurosci Res   104 38-43   Mar 2016   [Refereed]
リハビリテーションにおけるミラーニューロンの臨床応用
Oouchida Yutaka, Izumi Shin-Ichi
BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   66(6) 655-663   Jun 2014   [Refereed][Invited]
ミラーニューロンシステムは,主に視覚入力された他者の運動から運動情報を抽出し,それと同様の運動プログラムをつくりだす働きがある。この他者の運動からつくりだされた運動プログラムを実行することにより,観察している運動と同じ運動が出力することが可能となる。この模倣運動を利用し,中枢神経障害後の運動障害と四肢切断などの身体の変化により生じる幻肢痛という2つの病態に対する観察・模倣運動の臨床的応用を紹介する。(著者抄録)
角井 俊幸, 大内田 裕, 出江 紳一
総合リハビリテーション   41(11) 1045-1052   Nov 2013   [Refereed]
運動イメージは,脳卒中患者のリハビリテーションとして有効と考えられ,運動イメージを用いた具体的な訓練方法が求められている.本研究は手の心的回転課題が運動イメージ訓練に応用できるかを検証することを目的とした.対象は健常者12名と慢性期脳卒中患者11名とし,患者は麻痺手の肘屈筋腱振動刺激による運動錯覚あり群となし群の2群に分け解析を行った.被験者は,自己の手の位置を変化させ課題を行いその反応時間が計測された.その結果,健常群と錯覚あり群では手の位置変化により,最も遅くなる反応時間の回転角度(ピ...
Sugiyama Ken Kondo Takeo, Suzukamo Yoshimi, Oouchida Yutaka, Sato Mari, Watanabe Hiroshi, Izumi Shin-Ichi
Case Rep Med   2013 321496-321496   2013   [Refereed]
Abe, Hiroaki Kondo, Takeo Oouchida, Yutaka Suzukamo, Yoshimi Fujiwara, Satoru Izumi, Shin-Ichi
Stroke   43(6) 1654-1656   Jun 2012   [Refereed]
H. Abe, T. Kondo, Y. Oouchida, Y. Suzukamo, S. Fujiwara, S.-I. Izumi, 2012, 'Prevalence and Length of Recovery of Pusher Syndrome Based on Cerebral Hemispheric Lesion Side in Patients With Acute Stroke', Stroke, vol. 43, no. 6
脳卒中後の上肢麻痺に対するtheta burst stimulationを含めた経頭蓋磁気刺激 プロトコルの作成
森隆行, 大内田裕, 出江紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   S340-S340   Oct 2012   [Refereed]
Kuramatsu, Yuko Muraki, Takayuki Oouchida, Yutaka Sekiguchi, Yusuke Izumi, Shin-Ichi
Gait Posture   36(1) 90-94   May 2012   [Refereed]
Yuko Kuramatsu, Takayuki Muraki, Yutaka Oouchida, Yusuke Sekiguchi, Shin-Ichi Izumi, 2012, 'Influence of constrained visual and somatic senses on controlling centre of mass during sit-to-stand', Gait & Posture, vol. 36, no. 1
運動麻痺に対する模倣運動を利用した運動学習の効果検討
大内田裕, 出江紳一
ナノ医工学年報   241-246   Mar 2012   [Refereed]
Elnimr, Eman M Kondo, Takeo Suzukamo, Yoshimi Satoh, Michihiro Oouchida, Yutaka Hara, Azusa Ohkubo, Takayoshi Kikuya, Masahiro Hirano, Mikio Hosokawa, Aya Hosokawa, Toru Imai, Yutaka Izumi, Shin-Ichi
Clin Exp Hypertens   34(8) 541-547   2012   [Refereed]
Eman M. Elnimr, Takeo Kondo, Yoshimi Suzukamo, Michihiro Satoh, Yutaka Oouchida, Azusa Hara, Takayoshi Ohkubo, Masahiro Kikuya, Mikio Hirano, Aya Hosokawa, Toru Hosokawa, Yutaka Imai, Shin-Ichi Izumi, 2012, 'Association Between White Matter Hyperi...
Takeuchi, Naoyuki Oouchida, Yutaka Izumi, Shin-Ichi
Neural Plast   2012(6) 823285-823285   2012   [Refereed]
Naoyuki Takeuchi, Yutaka Oouchida, Shin-Ichi Izumi, 2012, 'Motor Control and Neural Plasticity through Interhemispheric Interactions', Neural Plasticity, vol. 2012, no. 6
Fumiko Anzaki, Yoshimi Suzukamo, Yutaka Oouchida, Takeo Kondo, Shin-Ichi Izumi
The Official Journal of the Polish Neuropsychological Society   10(1)    2012   [Refereed]
Fumiko Anzaki, Yoshimi Suzukamo, Yutaka Oouchida, Takeo Kondo, Shin-Ichi Izumi, 2012, 'Lesions responsible for phonological paraphasia and auditory–verbal short-term memory disturbances in aphasia', The Official Journal of the Polish Neuropsych...
身体所有感の運動制御に対する影響
会津直樹, 大内田裕, 鈴木栄三郎, 内野すみ江, 角井俊幸, 出江紳一
臨床神経生理学   408-408   Oct 2011   [Refereed]
脳卒中片麻痺患者に対する健側半球への抑制性反復経頭蓋磁気刺激が患側半球の脳活動に及ぼす影響
阿部玄治, 大内田裕, 鈴木栄三郎, 内野すみ江, 会津直樹, 角井俊幸, 出江紳一
臨床神経生理学   461-461   Oct 2011   [Refereed]
経頭蓋磁気刺激方法の違いが脳卒中片麻痺者の運動機能へ与える影響
大内田裕, 森隆行, 出江紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   S341-S341   Oct 2011   [Refereed]
Wang Y Kondo T Suzukamo Y Oouchida Y Izumi S.
Tohoku Journal of Experimental Medcine   222(2) 155-165   Sep 2011   [Refereed]
Naito Eiichi, Matsumoto Riki, Hagura Nobuhiro, Oouchida Yutaka, Tomimoto Hidekazu, Hanakawa Takashi
Neurocase   17(2) 133-147   Apr 2011   [Refereed]
Eiichi Naito, Riki Matsumoto, Nobuhiro Hagura, Yutaka Oouchida, Hidekazu Tomimoto, Takashi Hanakawa, 2011, 'Importance of precentral motor regions in human kinesthesia: A single case study', Neurocase, vol. 17, no. 2, pp. 133-147
高次脳機能障害を呈すびまん性軸索損傷患者に対する拡散テンソル画像の有用性検討
杉山謙, 近藤健男, 大内田裕, 鈴鴨よしみ, 遠藤実, 渡邉裕志, 新藤恵一郎, 出江紳一
東北医学雑誌   122(1) 80-85   Jun 2010   [Refereed]
音楽の周波数特性が心理及び自律神経系活動に与える影響
中島淑恵, 大内田裕, 出江紳一
医療看護研究   7(1) 47-52   Mar 2011   [Refereed]
大内田 裕, 出江 紳一
総合リハビリテ-ション   38(2) 129-133   Feb 2010   [Invited]
K. Sugiyama, T. Kondo, Y. Oouchida, Y. Suzukamo, S.-I. Izumi
Clinical Neurophysiology   121    2010   [Refereed]
K. Sugiyama, T. Kondo, Y. Oouchida, Y. Suzukamo, S.-I. Izumi, 2010, 'P19-16 Clinical utility of diffusion tensor imaging for evaluating patients with diffuse axonal injury and cognitive disorders', Clinical Neurophysiology, vol. 121, p. S218
Y. Oouchida, T. Mori, E. Suzuki, S. Izumi
Clinical Neurophysiology   121    2010   [Refereed]
Y. Oouchida, T. Mori, E. Suzuki, S. Izumi, 2010, 'P11-1 Inhibitory 1Hz TMS to supplementary motor area reduced action tremor', Clinical Neurophysiology, vol. 121, p. S165
Sugiyama Ken, Kondo Takeo, Oouchida Yutaka, Suzukamo Yoshimi, Higano Shuichi, Endo Minoru, Watanabe Hiroshi, Shindo Keiichiro, Izumi Shin-Ichi
J Neurotrauma   26(11) 1879-1890   Nov 2009   [Refereed]
Ken Sugiyama, Takeo Kondo, Yutaka Oouchida, Yoshimi Suzukamo, Shuichi Higano, Minoru Endo, Hiroshi Watanabe, Keiichiro Shindo, Shin-Ichi Izumi, 2009, 'Clinical Utility of Diffusion Tensor Imaging for Evaluating Patients with Diffuse Axonal Injury ...
Satoshi Hirose, Yutaka Oouchida, Michikazu Matsumura, Eiichi Naito
NeuroReport   20(16) 1477-1480   Oct 2009   [Refereed]
Satoshi Hirose, Yutaka Oouchida, Michikazu Matsumura, Eiichi Naito, 2009, 'Viewing hand grip enhances observerʼs grip force in a body-part-specific manner', NeuroReport, vol. 20, no. 16, pp. 1477-1480
臨床神経心理学の架け橋となる神経科学と生理心理学 ミラーニューロンシステムを利用した運動制御メカニズム
大内田 裕
生理心理学と精神生理学   26(2) 79-79   Aug 2008
Oouchida Yutaka, Okada Tomohisa, Nakashima Tokuro, Matsumura Michikazu, Sadato Norihiro, Naito Eiichi
Neuroreport   15(13) 2019-2023   Sep 2004   [Refereed]
N. Hagura, Y. Oouchida, Y. Aramaki, T. Okada, M. Matsumura, N. Sadato, E. Naito
Cerebral Cortex   19(1) 176-186   2008   [Refereed]
N. Hagura, Y. Oouchida, Y. Aramaki, T. Okada, M. Matsumura, N. Sadato, E. Naito, 2008, 'Visuokinesthetic Perception of Hand Movement is Mediated by Cerebro-Cerebellar Interaction between the Left Cerebellum and Right Parietal Cortex', Cerebral ...

Misc

 
脳卒中患者の運動機能回復に対する最適反復経頭蓋磁気刺激の個人差
阿部 玄治, 大内田 裕, 鈴木 栄三郎, 内野 すみ江, 唐 志明, 会津 直樹, 長井 真弓, 出江 紳一
臨床神経生理学   40(5) 445-445   Oct 2012
振動刺激が強制把握の力制御に与える影響
大内田 裕, 鈴木 栄三郎, 西嶋 一智, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   47(Suppl.) S354-S354   Apr 2010

Books etc

 
NANO-BIOMEDICAL ENGINEERING 2012
OOUCHIDA Yutaka (Part:Contributor, Application of Imitation Learning for Rehabilitation of Stroke patients.)
Imperial College Press   2012   

Conference Activities & Talks

 
EMG Biofeedback Training Improves Motor Impairment of Mental Disease: A Case Study of Conversion Disorder
Oouchida Yutaka, Ortiz-Catalan Max, Sudo Tamami, Inamura Tetsunari, Ohki Yukari, Izumi Shin-ichi
40th International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   17 Aug 2018   
身体表現性障害の運動障害に対する神経機能的診断と筋電フィードバックを用いたリハビリの一例
古澤 義人, 泉山 祐美, 大内田 裕, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   May 2017   
会津 直樹, 鈴木 栄三郎, 大内田 裕, 須藤 珠水, 出江 紳一
理学療法学   Apr 2017   
Oouchida Yutaka
The Japanese Journal of Psychonomic Science   2017   
<p>Almost all the amputees feel the existence of the amputated limb after limb amputation, which is known to be phantom limb. Many amputees can move and control their phantom limb at their will and they report that they receive sensory feedback of...
会津 直樹, 大内田 裕, 須藤 珠水, 鈴木 栄三郎, 鈴木 雄大, 出江 紳一
理学療法学   Oct 2016   
Decline of bodily attention to a paretic limb in the stroke patients with hemiparesis
OOUCHIDA Yutaka
38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   16 Aug 2016   
Sudo Tamami, Aizu Naoki, Oouchida Yutaka, Izumi Shin-ichi
HBFR   2016   
<p>&ensp;&ensp;It is well known that patients with chronic hemiplegia following brain damage often face difficulties in improving motor function, owing to maladaptive changes to cortical representation of the affected limbs. However, frequent trai...
Neurorehabilitation based upon brain plasticity on body representations
OOUCHIDA Yutaka
37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   25 Aug 2015   
慢性期の脳損傷片麻痺患者の上肢麻痺に対するrTMSと理学療法、作業療法の併用が歩行に及ぼす影響について
関口 雄介, 村木 孝行, 泉 香苗, 森 隆行, 大内田 裕, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   May 2014   
脳卒中片麻痺患者に対する観察・模倣運動と経頭蓋磁気刺激法を組み合わせた治療方法の検討
佐藤 洋介, 大内田 裕, 森 隆行, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   May 2014   
The effect of imitation movement on motor impairment after brain damage; Clinical application of mirror neuron system
OOUCHIDA Yutaka
International Conference of Complex Medicine 2014   2014   
脳卒中片麻痺患者の上肢の運動イメージ能力と麻痺手の運動能力 Hand Mental Rotation Taskを用いた計測指標の検討
角井 俊幸, 大内田 裕, 出江 紳一
日本作業療法学会抄録集   Jun 2013   
阿部 浩明, 近藤 健男, 大内田 裕, 鈴鴨 よしみ, 藤原 悟, 出江 紳一
理学療法学   May 2013   
会津 直樹, 大内田 裕, 鈴木 栄三郎, 阿部 玄治, 長井 真弓, 鈴木 雄大, 内野 すみ江, 出江 紳一
理学療法学   May 2013   
失語症患者に対する右Broca相同領域と補足運動野への経頭蓋磁気刺激
森 隆行, 大内田 裕, 近藤 健男, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   May 2013   
健常高齢者の脳MRIでの微小脳血管病変と認知機能の関係についての検討
近藤 健男, Elnimr Eman, 鈴鴨 よしみ, 大内田 裕, 出江 紳一, 今井 潤
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   Mar 2013   
立ち上がり動作における知覚運動制御の最適化 視覚と体性感覚の制約が身体質量中心の制御に及ぼす影響
倉松 由子, 村木 孝行, 大内田 裕, 関口 雄介, 出江 紳一
バイオメカニズム学術講演会予稿集   Dec 2012   
脳卒中患者の運動機能回復に対する最適反復経頭蓋磁気刺激の個人差
阿部玄治, 大内田裕, 鈴木栄三郎, 内野すみ江, 唐志明, 会津直樹, 長井真弓, 出江紳一
日本臨床神経生理学会   8 Nov 2012   
Hand Mental Rotation Task(HMRT)を用いた脳卒中片麻痺患者の運動イメージ能力の測定
角井 俊幸, 大内田 裕, 出江 紳一
日本作業療法学会抄録集   Jun 2012   
To Exicite the Inhibition of Response Initiation: Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation to Dorsal Premotor Cortex.
Suzuki E, Oouchida Y, Izumi SI
第18回東北大学グローバルCOE   5 Mar 2012   
低酸素脳症児の不随意運動に対する補足運動野への経頭蓋直流電気刺激法の効果
長井真弓, 大内田裕, 鈴木栄三郎, 内野すみ江, 会津直樹, 唐志明, 岩坂憂児, 角井俊幸, 阿部玄治, 出江紳一
第3回ニューロリハビリテーション学会   25 Feb 2012   
Hand Mental Rotation Task (HMRT) を用いた脳卒中片麻痺患者の麻痺手の運動イメージ能力の測定
角井俊幸, 大内田裕, 鈴木栄三郎, 内野すみ江, 会津直樹, 阿部玄治, 唐志明, 長井真弓, 岩坂憂児, 出江紳一
第3回ニューロリハビリテーション学会   25 Feb 2012   
運動観察の学習転移効果
岩坂憂児, 大内田裕, 鈴木栄三郎, 内野すみ江, 角井俊幸, 阿部玄治, 唐志明, 長井真弓, 会津直樹, 出江紳一
第3回ニューロリハビリテーション学会   25 Feb 2012   
身体所有感は運動制御を促進する?麻痺側手指運動機能の変化?
会津直樹, 大内田裕, 鈴木栄三郎, 内野すみ江, 角井俊幸, 阿部玄治, 唐志明, 長井真弓, 岩坂憂児, 出江紳一
第3回日本ニューロリハビリテーション学会   25 Feb 2012   
Imitation movement reduces the phantom limb pain caused by the abnormality of body schema.
OOUCHIDA Yutaka
International Conference of Complex Medicine 2012   2012   
Effect of Low-frequency Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation over the Dorsal Premotor Cortex on Response Inhibition in Healthy Adults.
Suzuki E, Oouchida Y, Izumi S
5th East Asian Pacific Student Workshop on Nano-Biomedical Engineering   12 Dec 2011   
身体所有感の運動制御に対する影響
会津直樹, 大内田裕, 鈴木栄三郎, 内野すみ江, 角井俊幸, 出江紳一
日本臨床神経生理学会   10 Nov 2011   
脳卒中片麻痺患者に対する健側半球への抑制性反復経頭蓋磁気刺激が患側半球の脳活動に及ぼす影響
阿部玄治, 大内田裕, 鈴木栄三郎, 内野すみ江, 角井俊幸, 出江紳一
日本臨床神経生理学会   10 Nov 2011   
脳卒中後の上肢麻痺に対するtheta burst stimulationを含めた経頭蓋磁気刺激 プロトコルの作成
森隆行, 大内田裕, 出江紳一
日本リハビリテーション医学会   2 Nov 2011   
経頭蓋磁気刺激方法の違いが脳卒中片麻痺者の運動機能へ与える影響
大内田裕, 森隆行, 出江紳一
日本リハビリテーション医学会   2 Nov 2011   
Inhibitory 1 Hz TMS to supplementary motor area reduced action tremor
Oouchida,Y. Izumi, S
29th International Congress of Clinical Neurophysiology   28 Oct 2010   
振動刺激が強制把握の力制御に与える影響
大内田裕 鈴木栄三郎 出江紳一
第47回日本リハビリテーション医学会学術集会   20 May 2010   
強制把握における反応抑制障害の検討
大内田 裕, 鈴木 栄三郎, 西嶋 一智, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   Apr 2010   
小脳腫瘍術後に無言症を呈した一例
森 隆行, 古澤 義人, 西嶋 一智, 大内田 裕, 杉山 謙, 瀬田 拓, 鈴鴨 よしみ, 近藤 健男, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   Apr 2010   
ラットの上部消化管運動に及ぼす低強度トレッドミル走行運動の影響
近藤 健男, 王 曄, 鈴鴨 よしみ, 大内田 裕, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   Apr 2010   
他者運動観察が片麻痺患者の随意運動に与える促通効果
大内田裕 出江紳一
日本ニューロリハビリテーション学会   30 Jan 2010   
摂食障害患者への音楽療法の試み
内野すみ江 遠藤由香 大内田裕 市江雅芳 出江紳一
第9回日本音楽療法学会学術大会   12 Sep 2009   
びまん性軸索損傷の高次脳機能障害に対する拡散テンソル画像を用いた画像評価
杉山 謙, 近藤 健男, 大内田 裕, 鈴鴨 よしみ, 遠藤 実, 渡邉 裕志, 新藤 恵一郎, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   May 2009   
経頭蓋磁気刺激の失語症への応用
森 隆行, 古澤 義人, 西嶋 一智, 大内田 裕, 杉山 謙, 瀬田 拓, 鈴鴨 よしみ, 近藤 健男, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   May 2009   
経頭蓋磁気刺激用コイルのパルス磁場強度測定装置の開発
出江 紳一, 高木 敏行, 永富 良一, 大内田 裕, 中里 信和
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   May 2009   
髄腔内バクロフェン療法の施行後に歩行機能の低下を来した不全対麻痺症例の歩行解析
関口 雄介, 大内田 裕, 古澤 義人, 西嶋 一智, 近藤 健男, 出江 紳一
臨床歩行分析研究会定例会抄録集   Nov 2008   
55歳男。3年前に発症した原因不明の脊髄神経根症によりTh7以下の不全対麻痺が残存し、髄腔内バクロフェン療法の適応となった。術後に、歩行能力は10m程度の監視レベルでの独歩が可能とほぼ不変であったが、歩行速度の低下を生じた。3次元動作解析をポンプ埋め込み術前と術後3ヵ月後に行った。術前と比較し術後の1歩行周期、両脚支持期は増加し、遊脚期の時間は低下した。術前、劣位側足関節パワーは1峰性の波形を示し、単脚支持期に移行する直前で最大となった。劣位側と優位側の合成床反力前後方向成分は増加した。術...
リハビリテーションにおける臨床研究の意義と重要性?神経画像情報の重要性?
阿部浩明、近藤健男、大内田裕、出江紳一
脳機能とリハビリテーション研究会   5 Oct 2008   
The characteristic of the muscle tone of gastrocnemius and soleus muscles in patients with cerebrovascular disease.
Sekiguchi Y, Oouchida Y, Kondo T, Izumi S
Asian Confederation for Physical Therapy   29 Aug 2008   
Relationship between prognosis of contraversive pushing and lesion sites in stroke patients
Abe H, Kondo T, Oouchida Y, Suzukamo Y, Izumi S
Asian Confederation for Physical Therapy   29 Aug 2008   
ブローカ領域のリズム生成機能:fNIRSによる検討
内野すみ江、西嶋一智、大内田裕、出江紳一、市江雅芳
日本光脳機能イメージング研究会   19 Jul 2008   
歌唱におけるBroca領域と側頭葉前部の脳血流変化の研究
池田奈央、西嶋一智、大内田裕、出江紳一、市江雅芳
日本光脳機能イメージング研究会   19 Jul 2008   
Mirror Neuron Systemに注目した模倣遂行中の運動前野腹側部の脳機能Imaging
塙杉子、西嶋一智、大内田裕、出江紳一
日本光脳機能イメージング研究会   19 Jul 2008   
ミラーニューロンシステムを利用した運動制御メカニズム
大内田裕
日本生理心理学会   5 Jul 2008   
岩木 信喜, 大内田 裕, 上野 彩, 富永 大介, 宮森 孝史
日本心理学会大会発表論文集   Oct 2006