基本情報

所属
広島大学大学院教育学研究科(博士課程後期) 社会認識教育学領域

連絡先
d190516hiroshima-u.ac.jp
J-GLOBAL ID
201901001928375910

1993年 愛知県生まれ。

専門は,主権者教育・シティズンシップ教育・社会科教育・歴史教育など。

特に博士論文では、「学校教育のどのような経験が子どもの社会参加につながるか」に関心を持ち、子どもが社会参加していくための教科のあり方・学級/学校経営のあり方・教師教育のあり方を研究しています。

【現在取り組んでいる研究】

・顕在的カリキュラムが子どもの社会参加に与える影響(調査研究)
・潜在的カリキュラムが子どもの社会参加に与える影響(調査研究)
・社会参加における「エンパワーメント格差」は起きているのか(調査研究)
・定時制高校に通う子どもの社会参加を目指したデザイン研究(実践研究、後援:日本生命財団)
・世界的な市民性・市民性教育の調査ICCSが構想する市民性・市民性教育の在り方-評価フレームワークから(規範研究)
・デジタルシティズンシップ教材を用いた高等学校公民科の授業開発・実践研究(実践研究)
・性的マイノリティの包摂を目指した教科連携型授業開発・実践研究(実践研究)

【これまで取り組んできた研究】

・外部人材を踏まえた主権者教育の開発(実践研究)
・社会的レリバンスの高い社会科授業実践の開発・実践(実践研究)
・社会系教員志望学生は、社会科教育に関する講義の何にレリバンスを見出したか(調査研究)
・「歴史的意義」の再構築を促す社会科単元の開発・実践研究(実践研究)

※【これまで取り組んできた研究】は、以下より論文等の形でご覧いただけます。

 

ご意見・ご質問等どなたでもお気軽にご連絡ください。


論文

  9

MISC

  2

書籍等出版物

  3

講演・口頭発表等

  17

Works(作品等)

  4

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

社会貢献活動

  5

メディア報道

  2