論文

査読有り
2017年7月

幌延深地層研究センター250m水平坑道の地下水中の微生物群集の経時変化

Geomicrobiology Journal
  • 伊勢 孝太郎
  • ,
  • 佐々木 祥人
  • ,
  • 天野 由記
  • ,
  • 岩月 輝希
  • ,
  • 南條 功*
  • ,
  • 浅野 貴博*
  • ,
  • 吉川 英樹

34
6
開始ページ
489
終了ページ
499
記述言語
英語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
DOI
10.1080/01490451.2016.1152329

幌延深地層研究センターの250m水平坑道に掘られた09-V250-M02 and 09-V250-M03ボアホール中における微生物群集変化について調査を行った。09-V250-M02において、掘削直後に採取したサンプルについてクローンライブラリー解析を行ったところ、$\varepsilon$-Proteobacteriaが最も優占していた。$\varepsilon$-Proteobacteriaは硫化物を硫黄に酸化して増殖する独立栄養細菌であることが知られている。4年経過後の微生物群集は大きく変化し、OP9やChloroflexiなどの深海底において検出されることが多い種が優占していた。これらのことから、掘削直後には空気による酸化の影響が大きく見られたが、時間経過とともに微生物群集は深海底などで検出される微生物群集と似た構造と変化することが示された。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.1080/01490451.2016.1152329
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5052287
Scopus
https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85016498147&origin=inward
Scopus Citedby
https://www.scopus.com/inward/citedby.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85016498147&origin=inward
ID情報
  • DOI : 10.1080/01490451.2016.1152329
  • ISSN : 0149-0451
  • eISSN : 1521-0529
  • SCOPUS ID : 85016498147

エクスポート
BibTeX RIS