宮崎 由樹

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/20 11:25
 
アバター
研究者氏名
宮崎 由樹
 
ミヤザキ ユウキ
URL
http://y38zaki.weebly.com/
所属
福山大学
部署
人間文化学部 心理学科
職名
専任講師
学位
博士 (心理学)(首都大学東京)
その他の所属
神奈川大学
科研費研究者番号
70600873

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
福山市医師会看護専門学校 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
現在
福山大学 人間文化学部心理学科 専任講師
 
2014年4月
 - 
現在
神奈川大学 マルチモーダル研究所 プロジェクト研究員
 
2012年4月
 - 
2016年3月
中京大学 心理学部 心理学科 応用心理学領域 助教
 
2014年4月
 - 
2016年3月
名城大学 人間学部 非常勤講師
 
2011年1月
 - 
2014年3月
神奈川大学 視科学研究所 プロジェクト研究員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
神奈川大学 人間科学部 非常勤講師
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2012年3月
首都大学東京 人文科学研究科 人間科学専攻
 
2006年4月
 - 
2008年3月
中京大学 心理学研究科 実験・応用心理学専攻
 
2002年4月
 - 
2006年3月
中京大学 心理学部 心理学科
 

委員歴

 
2015年9月
 - 
2015年9月
第20回日本顔学会大会 (フォーラム顔学2015)  実行委員
 
2014年8月
 - 
2014年8月
日本応用心理学会  第81回大会委員会事務局幹事
 

受賞

 
2017年9月
日本心理学会 優秀論文賞
受賞者: 宮崎 由樹・河原 純一郎
 
2016年10月
日本基礎心理学会 第34回大会優秀発表賞
 
2015年9月
日本心理学会 2014年度学術大会特別優秀発表賞
受賞者: 宮崎由樹・佐藤史織・河原純一郎
 
2011年5月
日本学生支援機構 平成22年度特に優れた業績による返還免除 (全額免除)
 

論文

 
Being watched by anthropomorphized objects affects charitable donation in religious people.
Miyazaki, Y.
Japanese Psychological Research   59(3) 221-229   2017年7月   [査読有り]
The sanitary-mask effect on perceived facial attractiveness.
Miyazaki, Y. & Kawahara, J.
Japanese Psychological Research   58(3) 261-272   2016年7月   [査読有り]
特集③人間工学のための計測手法 第3部:心理計測と解析(4)ー心理実験による計測と解析(1)ー
宮崎 由樹・山下 利之
人間工学   51(5) 304-314   2015年10月   [査読有り]
Influence of being videotaped on the prevalence effect during visual search.
Miyazaki, Y.
Frontiers in Psychology   6 1-7   2015年5月   [査読有り]
Increasing visual search accuracy by being watched.
Miyazaki, Y.
PLoS ONE   8 1-8   2013年1月   [査読有り]

Misc

 
衛生マスクが顔の魅力と大きさの知覚に及ぼす効果
河原 純一郎・宮崎 由樹
FRAGRANCE JOURNAL   45(11) 48-52   2017年11月
Overestimation of the effect of monetary reward on visual search accuracy.
Miyazaki, Y.
58th Annual Meeting of the Psychonomic Society      2017年11月   [査読有り]
顔の大きさ知覚における顔面下部の物理的大きさの重要性
宮崎 由樹・伊藤 資浩・神山 龍一・柴田 彰・河原 純一郎
日本心理学会第81回大会      2017年9月
How do we think collaboration affects visual search performance: Metacognitive accuracy in collaborative search process
Yuki Miyazaki
57th Annual Meeting of the Psychonomic Society      2016年11月   [査読有り]
共同探索のパフォーマンスに対するメタ認知の正確さ
宮崎 由樹
日本基礎心理学会第35回大会      2016年10月

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
共同研究
ユニ・チャーム株式会社: 北海道大学・福山大学・ユニ・チャーム株式会社 三者共同研究
研究期間: 2017年9月 - 2018年3月    代表者: 河原純一郎 (北海道大学)・ 宮崎 由樹 (福山大学)
福山大学におけるICT活用による教材開発と学修支援ー心理学検定の合格率を向上させる受講者参加型オンライン学習教材の開発ー
福山大学: 平成29年度教育振興助成金
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 宮崎 由樹
産業心理学関係の研究
福山大学: 福山大学研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 宮崎 由樹
顔・視線による注意捕捉効果推定ソフトウエアの開発
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 河原 純一郎
共同研究 
ユニ・チャーム株式会社: 北海道大学・福山大学・ユニ・チャーム株式会社 三者共同研究
研究期間: 2016年10月 - 2017年3月    代表者: 河原 純一郎 (北海道大学)・宮崎 由樹 (福山大学)
心理実験用プログラミング教育の導入
福山大学: 平成28年度福山大学教育振興助成
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 宮崎 由樹
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 宮崎 由樹
共同研究
ユニ・チャーム株式会社: 北海道大学・中京大学・ユニ・チャーム株式会社 三者共同研究
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 河原純一郎 (北海道大学)・宮崎由樹 (中京大学)
論文掲載
中京大学: 出版助成
研究期間: 2016年3月       代表者: 宮崎 由樹
平均・加重を越えた多要素集団の持つ魅力評価手法の確立
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 河原 純一郎
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 宮崎 由樹
近年,交通事業所を筆頭に交通事故発生前後の動画像を記録する映像型ドライブレコーダーの導入が進んでいる。元々ドライブレコーダーは,交通事故が生じた際の事後処理を円滑にするために開発された経緯があるが,ここ最近の調査では,ドライブレコーダーを搭載することで,(搭載前と比較して) 事故率が減少することが報告されている。このことは,“ビデオカメラで監視されている”という意識が安全運転に対する判断基準の変容や認知機能・運動機能の向上に寄与する可能性を示す。しかし,この効果のメカニズムについてはよくわ...
論文掲載
中京大学: 出版助成
研究期間: 2013年3月       代表者: 宮崎 由樹
平成21-22年度給付奨学生
財団法人中董奨学会: 
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 宮崎 由樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 和氣 典二, 和氣 典二
1)変化検出課題や二重課題による注意やパタン知覚の研究や触覚と視覚の比較研究を行った。変化検出課題を視野狭窄が生じている緑内障や網膜色素変性の眼球運動は人為的に視野を制限したときの4゜から8゜の場合と類似していることや変化を検出するときの反応時間は視力に影響されずに加齢や視野の障害の程度に依存することを明らかにした。触覚で変化検出課題を行うと、触覚の反応時間は視覚より顕著に長くなる。この知見から手の触野を視野で表すと、約0.5゜に相当する。二重課題では偏心度を変えたときの輝度コントラストと...

社会貢献活動

 
見落とし事故はなぜ起きるのか?
【講師】  株式会社奈良運送  2017年7月8日
見落とし事故はなぜ起きるのか?
【講師】  中国トラック交通共済協同組合  2016年11月8日
学部学科ガイダンス (講座: 心理学)
【講師】  広島県立広高等学校  高校出張講座  2016年7月14日
見落とし事故はなぜ起きるのか?
【講師】  広島県公安委員会/一般社団法人広島県安全運転管理協議会  広島県安全運転管理者等講習  2016年6月9日 - 現在
笑顔がもたらすたくさんの魔法
【講師】  愛知県立名古屋西高等学校  社会人サポーター講演会  2015年12月10日
日常に活かす認知心理学
【講師】  岐阜県立岐阜北高等学校  高校出張講座  2015年10月16日
社会人サポーターインタビュー
【講師】  愛知県立名古屋西高等学校  総合学習「360人の主張」  2015年8月18日
日常に活かす認知心理学ーEmbodied Cognitionの紹介ー
【講師】  岐阜県立岐阜北高等学校  高校出張講座  2014年1月30日
脳とこころの不思議体験 (代表者 神奈川大学 和氣洋美)
【運営参加・支援, 実演】  日本学術振興会  ひらめき☆ときめきサイエンス ~ようこそ大学の研究室へ KAKENHI~  2010年8月28日
脳とこころの不思議体験 (代表者 神奈川大学 和氣洋美)
【運営参加・支援, 実演】  日本学術振興会  ひらめき☆ときめきサイエンス ~ようこそ大学の研究室へ KAKENHI~  2008年8月23日