神谷之康

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/07 23:56
 
アバター
つながるコンテンツへ
研究者氏名
神谷之康
URL
http://kamitani-lab.ist.i.kyoto-u.ac.jp/
所属
京都大学
部署
情報学研究科
職名
教授
学位
Ph.D.(California Institute of Technology)
その他の所属
ATR脳情報研究所
科研費研究者番号
50418513
Twitter ID
ykamit
ORCID ID
0000-0002-9300-8268

プロフィール

神谷之康(かみたにゆきやす)
京都大学 情報学研究科 教授・ATR情報研究所 客員室長(ATRフェロー)

奈良県生まれ。東京大学教養学部卒業。カリフォルニア工科大学でPh.D.取得後、ハーバード大学、プリンストン大学、ATR脳情報研究所を経て、2015年から現職。機械学習を用いて脳信号を解読する「ブレイン・デコーディング」法を開発し、ヒトの脳活動パターンから視覚イメージや夢を解読することに成功した。SCIENTIFIC AMERICAN誌「科学技術に貢献した50人」(2005)、塚原仲晃賞(2013年)、日本学術振興会賞(2014年)、大阪科学賞(2015)等を受賞。2018年、ATRフェローの称号を授与される。サーペンタイン・ギャラリー(ロンドン)でのピエール・ユイグの展示 “UUmwelt”(2018年)のための映像を提供するなど、アーティストとのコラボレーションも進めている。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
京都大学大学院 情報学研究科 教授
 
2018年10月
 - 
現在
ATR フェロー
 
2011年
 - 
現在
高知工科大学 客員教授
 
2008年10月
 - 
現在
ATR脳情報研究所・神経情報学研究室 室長
 
2011年
 - 
2015年
奈良先端科学技術大学院大学 客員教授
 
2011年4月
 - 
2013年3月
大阪大学情報科学研究科 招へい教授
 
2007年4月
 - 
2008年9月
ATR脳情報研究所 主任研究員
 
2004年9月
 - 
2007年3月
ATR脳情報研究所 研究員
 
2003年
 - 
2004年
日本学術振興会 特別研究員(SPD)
 
2003年
 - 
2004年
プリンストン大学 客員スタッフ
 

受賞

 
2018年3月
公益財団法人電気通信普及財団 第33回電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞)
受賞者: 堀川友慈, 神谷之康
 
2017年11月
BCI Award 2017
受賞者: 柳沢琢史、神谷之康ら
 
2015年9月
大阪科学賞
 
2014年2月
日本学術振興会 日本学術振興会賞
 
2013年6月
ブレインサイエンス振興財団 塚原仲晃記念賞
 
2010年
Research Foundation for Opto-Science and Technology Hiruma-Wagner Award
 
2009年
朝日新聞社 朝日21関西スクエア賞
 
2009年
日本神経科学会 奨励賞
 
2009年
日本神経回路学会 論文賞
 
2006年
日本神経回路学会 研究賞
 

論文

 
End-to-end deep image reconstruction from human brain activity.
Shen, G., Dwivedi, K., Majima, K., Horikawa, T., Kamitani, Y.
bioRxiv   272518   2018年1月   [査読有り]
Deep image reconstruction from human brain activity.
Shen, G., Horikawa, T., Majima, K., Kamitani, Y.
bioRxiv   240317   2018年12月   [査読有り]
Ryohei Fukuma, Takufumi Yanagisawa, Hiroshi Yokoi, Masayuki Hirata, Toshiki Yoshimine, Youichi Saitoh, Yukiyasu Kamitani, and Haruhiko Kishima
Frontiers in Neuroscience   12 478   2018年7月   [査読有り]
Miyakawa N, Majima K, Sawahata H, Kawasaki K, Matsuo T, Kotake N, Suzuki T, Kamitani Y, Hasegawa I
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   28(4) 1416-1431   2018年4月   [査読有り]
Satake E, Majima K, Aoki SC, Kamitani Y
Frontiers in neuroinformatics   12 51   2018年   [査読有り]
Abdelhack M, Kamitani Y
eNeuro   5(3)    2018年5月   [査読有り]
Yanagisawa T, Fukuma R, Seymour B, Hosomi K, Kishima H, Shimizu T, Yokoi H, Hirata M, Yoshimine T, Kamitani Y, Saitoh Y
Neurologia medico-chirurgica   58(8) 327-333   2018年7月   [査読有り]
Hasegawa M, Majima K, Itokazu T, Maki T, Albrecht UR, Castner N, Izumo M, Sohya K, Sato TK, Kamitani Y, Sato TR
Cell reports   18(11) 2676-2686   2017年3月   [査読有り]
Horikawa T, Kamitani Y
Nature communications   8 15037   2017年5月   [査読有り]
Stiles NRB, Li M, Levitan CA, Kamitani Y, Shimojo S
PloS one   13(10) e0204217   2018年   [査読有り]

Misc

 
幻肢痛患者の主観的な幻肢運動の皮質表現
福間 良平, 柳澤 琢史, 田中 將貴, Seymour Ben, 細見 晃一, 貴島 晴彦, 吉峰 俊樹, 神谷 之康, 齋藤 洋一
PAIN RESEARCH   33(2) 123-123   2018年6月
皮質可塑性の制御による幻肢痛の病態解明と治療
柳澤 琢史, 福間 良平, Seymour Ben, 細見 晃一, 清水 豪士, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 横井 浩史, 吉峰 俊樹, 神谷 之康, 齋藤 洋一
PAIN RESEARCH   33(1) 26-31   2018年3月
BMIによる幻肢痛の病態解明と新たな治療法開発
柳澤 琢史, 福間 良平, Seymour Ben, 細見 晃一, 清水 豪士, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 横井 浩史, 吉峰 俊樹, 神谷 之康, 齋藤 洋一
機能的脳神経外科   56 41-45   2017年12月
【はじめに】腕神経叢引き抜き損傷や四肢切断後の幻肢痛は、障害部位に起因する痛みだけでなく、脊髄や中枢での異常活動が痛みの原因となっている。特に、感覚運動野では、求心路遮断後の大脳皮質再構築が痛みを生じていると考えられている。しかし大脳皮質での異常な活動に起因する疼痛は制御が難しく、有効な治療法に乏しい。我々はbrain-machine interface(BMI)を用いて皮質活動に可塑的変化を誘導し、難治性疼痛の病態を解明し、新たな治療法につながる成果を得た(Nature Communic...
Tomoyasu Horikawa, Yukiyasu Kamitani
   2016年11月
Dreaming is generally thought to be generated by spontaneous brain activity
during sleep with patterns common to waking experience. This view is supported
by a recent study demonstrating that dreamed objects can be predicted from
brain activity du...

書籍等出版物

 
BMI (Brain-Machine Interface)の現状と展望
神谷之康 (担当:分担執筆)
2014年   
Technological Advancements in Biomedicine for Healthcare Applications
神谷之康 (担当:分担執筆)
2012年   
Visual Population Codes: Toward a Common Multivariate Framework for Cell Recording and Functional Imaging
神谷之康 (担当:分担執筆)
2011年   
信原 幸弘, エクスナレッジ
エクスナレッジ   2010年1月   ISBN:4767809290

Works

 
"UUmwelt" (ロンドン、サーペンタイン・ギャラリー)
Pierre Huyghe (映像提供、神谷研究室)   芸術活動   2018年10月 - 2019年2月
dissonant imaginary(霧島アートの森)
真鍋大度、神谷之康研究室   芸術活動   2018年11月 - 2019年1月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2015年 - 2019年    代表者: 神谷 之康
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 神谷 之康

学歴

 
2001年3月
 - 
1997年9月
カリフォルニア工科大学博士課程  計算神経システム
 
1989年4月
 - 
1993年3月
東京大学 教養学部 
 

特許

 
▲柳▼澤 琢史, 福間 良平, 齋藤 洋一, 吉峰 俊樹, 神谷 之康
長谷川 功, 宮川 尚久, 澤畑 博人, 川嵜 圭祐, 神谷 之康, 間島 慶, 鈴木 隆文
平田 雅之, 柳澤 琢史, 神谷 之康, 横井 浩史, 吉峰 俊樹, 後藤 哲, 福間 良平, 加藤 龍
平田 雅之, 柳澤 琢史, 神谷 之康, 横井 浩史, 吉峰 俊樹, 後藤 哲, 福間 良平, 加藤 龍
神谷 之康, 大須 理英子, 大▲高▼ 洋平, 川人 光男