MISC

2014年

判例研究〔商法〕自己のためにする養老共済契約の死亡共済契約の死亡共済金請求権が第三者に遺贈されたと評価したうえで、第三者による死亡共済金請求権の原始取得を否定し、共済者による共済契約者兼被共済者に対する貸金債権と共済金の相殺を適法とした事例

法学研究
  • 金尾 悠香

87
7
開始ページ
101
終了ページ
111