川本 裕輔

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/10 14:02
 
アバター
研究者氏名
川本 裕輔
所属
国立研究開発法人産業技術総合研究所
部署
情報技術研究部門
職名
研究員
学位
博士(情報理工学)(東京大学)
ORCID ID
0000-0002-2151-9560

プロフィール

情報セキュリティの理論、特に確率的プログラム・プロトコルの設計・解析・検証に関して、
1. 記号論理的アプローチ(数理論理学に基づく形式検証)
2. 情報理論的アプローチ(情報理論・統計学に基づく量的性質の解析・推定)
3. 計算論的アプローチ(計算量理論に基づく証明可能安全性)
の3種類について研究しています。
最近は特に、(A) 確率的プログラムの量的性質の検証技術と、(B) 定量的プライバシメカニズム(差分プライバシ、ゲーム理論の応用など)の設計について研究しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年
 - 
現在
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 研究員
 
2013年
 - 
2015年
フランス 理工科学校,国立情報学自動制御研究所 博士研究員
 
2012年
 - 
2013年
イギリス バーミンガム大学計算機科学科 研究員
 
2011年
 - 
2012年
フランス カシャン高等師範学校 仕様・検証研究所,国立情報学自動制御研究所 博士研究員
 
2010年
 - 
2011年
フランス カシャン高等師範学校 仕様・検証研究所,日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2009年
 - 
2010年
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 

学歴

 
 
 - 
2010年3月
東京大学大学院 情報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻 博士課程
 
 
 - 
2007年3月
東京大学大学院 情報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻 修士課程
 
 
 - 
2005年3月
東京大学 理学部 情報科学科
 

受賞

 
2008年9月
日本応用数理学会 2008年度論文賞(理論部門)
 

論文

 
Leakage and Protocol Composition in a Game-Theoretic Perspective
Mário S. Alvim, Konstantinos Chatzikokolakis, Yusuke Kawamoto, and Catuscia Palamidessi
submitted to a conference      2017年11月
[alphabetical authorship]
Fabrizio Biondi, Yusuke Kawamoto, Axel Legay, and Louis-Marie Traonouez
submitted to a journal      2017年11月
[alphabetical authorship]
Mário S. Alvim, Konstantinos Chatzikokolakis, Yusuke Kawamoto, and Catuscia Palamidessi
Proc. of the 8th International Conference on Decision and Game Theory for Security (GameSec 2017), Lecture Notes in Computer Science   10575 437-457   2017年10月   [査読有り]
DOI: 10.1007/978-3-319-68711-7 23
[alphabetical authorship]
Fabrizio Biondi, Yusuke Kawamoto, Axel Legay, and Louis-Marie Traonouez
Proc. of the 15th International Symposium on Automated Technology for Verification and Analysis (ATVA 2017), Lecture Notes in Computer Science   10482 156-163   2017年10月   [査読有り]
DOI:10.1007/978-3-319-68167-2_11
[alphabetical authorship]
Yusuke Kawamoto, Konstantinos Chatzikokolakis, and Catuscia Palamidessi
Logical Methods in Computer Science   13(3:11) 1-31   2017年8月   [査読有り]
DOI: 10.23638/LMCS-13(3:11)2017
Yusuke Kawamoto, Fabrizio Biondi and Axel Legay
Proc. of the 21st International Symposium on Formal Methods (FM 2016), Lecture Notes in Computer Science   9995 406-425   2016年11月   [査読有り]
DOI: 10.1007/978-3-319-48989-6_25
川本 裕輔
コンピュータソフトウェア   33(4) 67-83   2016年11月   [査読有り][招待有り]
DOI: 10.11309/jssst.33.4_67
Yusuke Kawamoto and Thomas Given-Wilson
Proc. of the 13th International Workshop on Quantitative Aspects of Programming Languages and Systems (QAPL 2015), Electronic Proceedings in Theoretical Computer Science   194 48-62   2015年9月   [査読有り]
DOI: 10.4204/EPTCS.194.4
Tom Chothia, Yusuke Kawamoto and Chris Novakovic
Proc. of the 19th European Symposium on Research in Computer Security (ESORICS 2014), Part II, Lecture Notes in Computer Science   8713 219-236   2014年9月   [査読有り]
DOI: 10.1007/978-3-319-11212-1_13
[alphabetical authorship]
Yusuke Kawamoto, Konstantinos Chatzikokolakis, and Catuscia Palamidessi
Proc . of 11th International Conference on Quantitative Evaluation of SysTems (QEST'2014), Lecture Notes in Computer Science   8657 368-383   2014年9月   [査読有り]
DOI: 10.1007/978-3-319-10696-0_28
Tom Chothia, Yusuke Kawamoto and Chris Novakovic
Proc. of 25th International Conference on Computer Aided Verification (CAV 2013), Lecture Notes in Computer Science   8044 690-695   2013年7月   [査読有り]
DOI: 10.1007/978-3-642-39799-8_47
[alphabetical authorship]
Tom Chothia, Yusuke Kawamoto, Chris Novakovic and David Parker
Proc. of 26th IEEE Computer Security Foundations Symposium (CSF 2013)   193-205   2013年6月   [査読有り]
DOI: 10.1109/CSF.2013.20
[alphabetical authorship]
Romain Bardou, Riccardo Focardi, Yusuke Kawamoto, Lorenzo Simionato, Graham Steel and Joe-Kai Tsay
Advances in Cryptology - 32nd International Cryptology Conference (CRYPTO 2012), Lecture Notes in Computer Science   7417 608-625   2012年8月   [査読有り]
DOI: 10.1007/978-3-642-32009-5_36
[alphabetical authorship]
Hubert Comon-Lundh, Masami Hagiya, Yusuke Kawamoto, and Hideki Sakurada
Proc. of the 8th International Conference on Information Security Practice and Experience (ISPEC 2012), Lecture Notes in Computer Science   7232 63-79   2012年4月   [査読有り]
DOI: 10.1007/978-3-642-29101-2_5
[alphabetical authorship]
Hubert Comon-Lundh, Yusuke Kawamoto, and Hideki Sakurada
JSIAM Letters   1 28-31   2009年5月   [査読有り]
DOI: 10.14495/jsiaml.1.28
[alphabetical authorship]
Yusuke Kawamoto, Hideki Sakurada, and Masami Hagiya
Formal to Practical Security, Lecture Notes in Computer Science   5458 158-180   2009年5月   [査読有り]
DOI: 10.1007/978-3-642-02002-5_9
Yusuke Kawamoto, Hideki Sakurada, and Masami Hagiya
Proc. of Joint Workshop on Foundations of Computer Security, Automated Reasoning for Security Protocol Analysis and Issues in the Theory of Security (FCS-ARSPA-WITS'08)   161-175   2008年6月   [査読有り]
川本 裕輔, 真野 健, 櫻田 英樹, 萩谷 昌己
日本応用数理学会論文誌   17(4) 559-576   2007年12月   [査読有り]
DOI: 10.11540/jsiamt.17.4_559

書籍等出版物

 
応用数理ハンドブック
川本 裕輔 (担当:分担執筆, 範囲:形式手法の計算論的健全性)
朝倉書店   2013年11月   

Misc

 
Chothia Tom, Kawamoto Yusuke
Manuscript available at http://www.cs.bham.ac.uk/research/projects/infotools/leakiest      2014年4月
[alphabetical authorship]
Formal Verification of Cryptography (II)
Yusuke Kawamoto
東京大学大学院情報理工学系研究科「計算システム検証論」      2014年1月   [依頼有り]
Yusuke Kawamoto
東京大学大学院情報理工学系研究科「計算システム検証論」      2014年1月   [依頼有り]
川本 裕輔
応用数理ハンドブック, 朝倉書店   262-263   2013年11月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
川本 裕輔
日本応用数理学会2017年度年会   2017年9月6日   日本応用数理学会
Hybrid method for program analysis ー combining statistical analyses with symbolic techniques [招待有り]
川本 裕輔
ERATO MMSD Project Colloquium   2017年8月25日   ERATO MMSD
プログラム解析と統計手法の融合による定量的情報流解析
Yusuke Kawamoto, Fabrizio Biondi and Axel Legay
第19回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2017)   2017年3月9日   日本ソフトウェア科学会 プログラミング論研究会
Yusuke Kawamoto
Second Joint Workshop between France and Japan on Cybersecurity   2016年9月22日   
Combining Static and Statistical Approaches to Quantitative Information Flow [招待有り]
Yusuke Kawamoto
NII Shonan Meeting Seminar 069   2015年10月26日   
Formal and Statistical Approach to Quantitative Information Flow of Programs
Yusuke Kawamoto
Workshop on Formalization of Applied Mathematical Systems   2015年10月1日   
Tom Chothia, Yusuke Kawamoto and Chris Novakovic
日本応用数理学会2015年度年会   2015年9月11日   
[alphabetical authorship]
Quantitative Information Flow for Scheduler-Dependent Systems
Yusuke Kawamoto and Thomas Given-Wilson
3rd Quantitative Information Flow Day, PRINCESS workshop   2014年12月16日   
Romain Bardou, Riccardo Focardi, Yusuke Kawamoto, Lorenzo Simionato, Graham Steel and Joe-Kai Tsay
2013年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2013)   2013年1月24日   
[alphabetical authorship]
The "Million Message Attack" in 15,000 Messages -- Efficient Padding Oracle Attacks on Estonian Electronic ID Card, Security Tokens and Smart Cards [招待有り]
Yusuke Kawamoto, Joe-Kai Tsay
Cryptography Seminar, University of Tartu, Estonia   2012年9月   
[alphabetical authorship]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 川本 裕輔
日本学術振興会およびフランスInria: 二国間交流事業(フランスInriaとの共同研究)
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 岡田 光弘
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 川本 裕輔
セキュリティプロトコルの形式的検証の計算論的健全性に関する研究
日本学術振興会: 研究者海外派遣基金助成金(優秀若手研究者海外派遣事業(特別研究員))
研究期間: 2010年4月 - 2011年1月    代表者: 川本 裕輔
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 川本 裕輔
セキュリティプロトコルの形式的検証の計算論的健全性に関する研究
東京大学: 博士課程研究遂行協力制度(研究奨励費)
研究期間: 2008年6月 - 2008年11月    代表者: 川本 裕輔

社会貢献活動

 
日仏サイバーセキュリティ研究協力 形式手法ワーキンググループ
【その他】  2015年7月 - 現在

その他

 
2014年1月   「暗号の形式検証 (I)」, 「暗号の形式検証 (II)」
東京大学大学院情報理工学系研究科「計算システム検証論」
2012年6月
CRYPTO 2012に受理された論文がアメリカの一般紙「Boston Globe」で報道されました。New York Times紙のブログでも紹介されました。また、世界中の非常に多くの新聞・雑誌(英語、仏語、独語、露語など)で報道されました。
2007年4月
東京大学理学部「情報科学演習I(論理学)」TA (~ 2007 年9 月)
http://hagi.is.s.u-tokyo.ac.jp/~y_kwmt/course/logic_enshu07/
2005年10月
東京大学理学部「アルゴリズムとデータ構造演習(Scheme)」TA (~ 2006 年 3 月)