Yoshiaki Miyamoto

J-GLOBAL         Last updated: Sep 20, 2018 at 16:18
 
Avatar
Name
Yoshiaki Miyamoto

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Miyamoto Y, Iegaki N, Fu K, Ishikawa Y, Sumi K, Azuma S, Uno K, Muramatsu SI, Nitta A
The international journal of neuropsychopharmacology   20(12) 1027-1035   Dec 2017   [Refereed]
Sumi K, Uno K, Noike H, Tomohiro T, Hatanaka Y, Furukawa-Hibi Y, Nabeshima T, Miyamoto Y, Nitta A
Scientific reports   7(1) 16872   Dec 2017   [Refereed]
Fu K, Miyamoto Y, Otake K, Sumi K, Saika E, Matsumura S, Sato N, Ueno Y, Seo S, Uno K, Muramatsu SI, Nitta A
Scientific reports   7(1) 13084   Oct 2017   [Refereed]
Uno K, Miyazaki T, Sodeyama K, Miyamoto Y, Nitta A
PloS one   12(3) e0174196   2017   [Refereed]
Fu K, Miyamoto Y, Sumi K, Saika E, Muramatsu SI, Uno K, Nitta A
PloS one   12(12) e0189006   2017   [Refereed]

Misc

 
宮本嘉明, FU Kequan, 宇野恭介, 新田淳美
分子精神医学   18(1) 22‐28   Jan 2018
【依存の生物学】 薬物依存において発現変化する分子とそのシグナル経路
宮本 嘉明, 傅 柯せん, 宇野 恭介, 新田 淳美
分子精神医学   18(1) 22-28   Jan 2018
依存性薬物は多種多様で、脳内における初期標的も異なっているため、それらの摂取により発現が変化する分子は数多く存在する。しかし、さまざまな薬物作用機序も、最終的には依存形成を担う病態機構へと収束する。つまり、各種の依存性薬物により発現が変化する分子は、すべて何らかのつなかりをもっていると考えられる。そこで、わが国で最も問題となっている覚醒剤(アンフェタミン類)を軸に、各種依存性薬物により脳内で発現変化する共通の分子を紹介する。さらに、われわれが見出した薬物依存関連分子transmembran...
新田淳美, 鷲見和之, 野池悠, 宮本嘉明, 宇野恭介
日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集   133rd 27   2018
幼若期のミエリン形成の遅延によるSHATI/NAT8L KOマウスの社会性低下や不安作用の増大
新田 淳美, 鷲見 和之, 友廣 岳則, 畑中 保丸, 日比 陽子, 宮本 嘉明, 鍋島 俊隆, 宇野 恭介
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   39回・47回 201-201   Sep 2017
東颯太, 宮本嘉明, 傳柯せん, 鷲見和之, 家垣典幸, 石川雄大, 石川雄大, 村松慎一, 村松慎一, 宇野恭介, 新田淳美
日本薬理学会北部会プログラム・抄録集   68th 65   2017