共同研究・競争的資金等の研究課題

2009年 - 2011年

会話エージェントの異文化適応に関する研究

文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究(C))
  • 中野有紀子

課題番号
21500147
担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
4,290,000円
(直接経費)
3,300,000円
(間接経費)
990,000円
資金種別
競争的資金

ドイツのアウグスブルグ大学と共同で収集した2か国間での対照可能なコーパス(CUBE-Gコーパス)の分析を進めた.今年度は,昨年度まで取り組んでいた文化と非言語行動との関連に加え,社会的関係と非言語行動との関係についてもデータ分析を進めた.まず,初めて出会う学生同士の会話と,彼らの課題遂行結果を評価する立場の人との会話とを比較した.その結果,後者の状況において,姿勢変化の頻度が減少し,より小さく,かたく緊張した姿勢が頻出することが明らかになり,社会的関係によって,姿勢の出現特徴が異なることがわかった.次に,心理学の関連研究を参考にし,社会的関係を特徴づけるパラメータとして,Power, Sense of like mindedness, Frequency of contact, Length of relationの4つを提案した.さらに,文化的要因と社会的関係の2つの要因から会話参加者の姿勢を予測するベイジアンネットワークモデルを構築した.予備的な評価の結果,このモデルにより,国(日本,ドイツ)と社会的関係(対等な者同士の初対面の会話,目上の人との会話)との組み合わせによって,異なる姿勢が予測され,コーパスの分析でも予測結果の妥当性が確認された.この研究成果により,文化的要因のみを考慮していた従来のモデルよりも,多様な予測が可能になった.また,2009年7月に,ドイツのアウ...

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/p/21500147