大野 雄太

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/26 10:38
 
アバター
研究者氏名
大野 雄太
URL
http://scw.asahi-u.ac.jp/~pharmaco/
所属
朝日大学
部署
歯学部歯科薬理学分野
職名
助教
学位
博士(薬学)(岐阜薬科大学)
その他の所属
岐阜薬科大学
科研費研究者番号
30796644

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
朝日大学 歯学部 助教
 
2013年4月
 - 
2018年3月
岐阜大学医学部附属病院 薬剤師
 
2016年4月
 - 
2016年12月
千葉大学大学院医学研究院 研究生
 
2015年10月
 - 
2016年3月
獨協医科大学 医学部 研究生
 

学歴

 
 
 - 
2013年3月
岐阜薬科大学 薬学部 薬学科  
 

論文

 
Otsuka Y, Furihata T, Nakagawa K, Ohno Y, Reien Y, Ouchi M, Wakashin H, Tsuruoka S, Anzai N
The journal of physiological sciences : JPS   69(4) 635-642   2019年7月   [査読有り]
Yamada Y, Ohno Y, Niwa T, Kato-Hayashi H, Hayashi H, Ibuka T, Araki H, Sugiyama T, Shimizu M, Suzuki A
Journal of clinical pharmacy and therapeutics   44(3) 409-414   2019年1月   [査読有り]
Ohno Y, Niwa T, Hirai K, Suzuki K, Yamada Y, Hayashi Y, Hayashi H, Suzuki A, Itoh Y
Therapeutic drug monitoring   40(4) 507-511   2018年8月   [査読有り]
Imamura T, Tsuruma K, Inoue Y, Otsuka T, Ohno Y, Ogami S, Yamane S, Shimazawa M, Hara H
Experimental eye research   167 44-50   2018年2月   [査読有り]
Soda M, Ito S, Matsumaru N, Nakamura S, Nagase I, Takahashi H, Ohno Y, Yasuda M, Yamamoto M, Tsukamoto K, Itoh Y, Deguchi T, Kitaichi K
Antimicrobial agents and chemotherapy   62(1)    2018年1月   [査読有り]

Misc

 
【腎疾患とトランスポーター】 Hartnup病
大野 雄太, 大塚 裕介, 野原 正勝, 安西 尚彦
腎臓内科・泌尿器科   4(5) 459-464   2016年11月

講演・口頭発表等

 
Involvement of AQP5 and YAP in hyposecretion in lacrimal gland of male NOD mice.
大野 雄太
The 2019 Gordon Research Conference on Salivary Glands and Exocrine Biology   2019年2月6日   
雄性NODマウスの涙腺におけるMARCKS及びAQP5の発現減少
大野 雄太
第60回歯科基礎医学会学術大会   2018年9月5日   
Creation of a novel animal model for hyperuricemia with renal underexcretion: mechanism of urate-lowering effect by calcium channel blockers.
大野 雄太
The 15th Asian Pacific Congress of Nephrology   2016年9月20日   
尿中フルオロキノロン系抗菌薬の膀胱上皮への移行におけるトランスポーターの関与の検討
大野 雄太
第2回日本医薬品安全性学会学術大会   2016年7月23日   
腎尿酸排泄低下型マウスの創製とCa拮抗薬およびロサルタンによる尿酸降下作用の検討
大野 雄太
第134回日本薬理学会関東部会   2016年7月9日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
RNAシーケンスを用いた外分泌破綻を免れる仕組みの解明
日本学術振興会: 科研費/若手研究
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 大野 雄太
外分泌不全モデル動物から紐解くエクソサイトーシス分子機構
日本学術振興会: 科研費/研究活動スタート支援
研究期間: 2018年8月 - 2019年3月    代表者: 大野 雄太