基本情報

所属
東京大学大学院学際情報学府
学位
学士(文学)(2018年3月 早稲田大学)
修士(社会情報学)(2020年3月 東京大学)

連絡先
yaarugannwgmail.com
J-GLOBAL ID
202001006644167245

専門は政治社会学・文化社会学。  現在、以下のような研究プロジェクトを進めています。

①「混血」「ハーフ」「ダブル」「ミックス」など、国籍や民族や人種を異にする両親の間に生まれた人々に言及するカテゴリーについて歴史社会学的な研究をしています。これらのカテゴリーが近代日本社会のなかでいかなる歴史的な軌跡をたどってきたのか、その過程にどのような制度やアクターが関与してきたのか、そうしたカテゴリーの使用が当事者をはじめとする様々な人々にどのような帰結をもたらしてきたのかについて明らかにすることを目的としています。

②差別やマイノリティといったトピックについてジャーナリスト、専門家、公的・民間組織などのアクターが展開しているメディア上でのコミュニケーションについてインタビューやエスノグラフィーの手法で研究しています。「ダイバーシティ」という掛け声が飛び交う今日の社会で、差別やマイノリティについてのいかなる情報がいかなる基準に照らして評価・管理・選別されているのか、そうした経過を通じてそれらのトピックについての理解や評価がどのように組織されているのかに関心があります。

③「ハーフ」「ダブル」「ミックス」といったカテゴリーに帰属している人々の生活史についてインタビューの手法で研究しています。かれらが日常生活や社会関係を営むにあたってそうしたカテゴリーをどのように運用しているのか、それらのカテゴリーのもとでどのような経験や活動が展開されているのかに関心があります。

④不登校や高校中退を経験した人々について、ライフコースの視点から研究をしています。不登校や高校中退経験が彼らのライフコースにどのような意味や帰結をもたらしているのか、当人やその家族、支援者などがそれに派生する困難やスティグマをいかに処理しているのか、それが現代社会におけるメリトクラシーや新自由主義の規範とどう関連しているのかなどに関心があります。


論文

  1

講演・口頭発表等

  2

担当経験のある科目(授業)

  4