基本情報

所属
東京大学大学院学際情報学府 社会情報学コース
独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(DC2)
独立行政法人労働政策研究・研修機構 人材開発部門 アシスタントフェロー
学位
学士(文学)(2018年3月 早稲田大学)
修士(社会情報学)(2020年3月 東京大学)

連絡先
yaarugannwgmail.com
J-GLOBAL ID
202001006644167245
researchmap会員ID
R000000123

1995年長野県生まれ。専門は社会学。研究テーマは人種・エスニシティ、現代日本社会。特に、現代日本における複数の人種的背景を持つ人々のアイデンティティと生活のあり方に主要な関心があります。現在、以下のような研究プロジェクトを主に進めています。

1. 人種をめぐるカテゴリーにかんする歴史社会学的研究

「混血」「ハーフ」「ダブル」「ミックス」など、複数の人種的・民族的背景をもつ人々に言及するカテゴリーについて、アーカイブ調査やオーラルヒストリーによる研究をしています。これらのカテゴリーが近代日本社会のなかでいかなる歴史的な軌跡をたどってきたのか、その過程にどのような制度やアクターが関与してきたのか、そうしたカテゴリーの使用が当事者をはじめとする様々な人々にどのような帰結をもたらしてきたのかについて、明らかにすることを目的としています。

2. 外国にルーツをもつ若者にかんする文化社会学的研究

複数の人種的・民族的背景をもつ人々のアイデンティティとライフスタイルの関係について、インタビューにもとづく質的な研究をしています。かれらが日常生活や社会関係を営むにあたってそうしたカテゴリーをどのように運用しているのか、それらのカテゴリーのもとでどのような経験や活動が展開されているのかに関心があります。

3. 外国にルーツをもつ人々にかんするメディア社会学的研究

TwitterやYouTube、FaceBook、TikTokといった各種ソーシャルメディアにおける「ハーフ」「ダブル」「ミックス」当事者の活動について、会話分析や内容分析の視点から量的・質的な研究を行っています。ソーシャル・メディアを通じてどのようにアイデンティティや境界が表現・管理されているのか、どのように人種的経験が描写・共有されているのか、そうしたコミュニケーションのあり方にジェンダーやナショナリティがどのように結びついているのかに関心があります。

4. その他の研究

このほか、スポーツとスポーツイベントをめぐるマスメディア言説に関するスポーツ社会学的研究なども副次的に行っています。

 

ウェブ公開されていない成果物は、ご連絡いただければ可能な限りお送りいたします。 


論文

  3

書籍等出版物

  1

講演・口頭発表等

  6

メディア報道

  2