後藤康夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/18 07:56
 
アバター
研究者氏名
後藤康夫
 
ゴトウヤスオ
所属
龍谷大学
部署
世界仏教文化研究センター

研究分野

 
 

論文

 
中国因明における“pakṣa”〈宗〉の“viśiṣta”〈差別〉について
後藤康夫
中国-社会と文化   33 106-124   2018年7月   [査読有り]
東アジアにおける仏教論理学の展開
後藤康夫
岐阜聖徳学園大学仏教文化研究所紀要   18 146-158   2018年3月   [査読有り]
唐代における『因明入正理論』についての一論争ー中国・日本の理解ー 下
後藤康夫
岐阜聖徳学園大学仏教文化研究所紀要   17 57-96   2017年3月   [査読有り]
唐代における『因明入正理論』についての一論争ー中国・日本の理解ー 上
後藤康夫
岐阜聖徳学園大学仏教文化研究所紀要   16 51-73   2016年3月   [査読有り]
貞慶の「因明四種相違」解釈Ⅱー『四相違短冊』翻刻研究ー「法差別相違因」②ー
後藤康夫
岐阜聖徳学園大学仏教文化研究所紀要   15 43-85   2015年5月   [査読有り]

Misc

 
書評・紹介 張忠義・張曉翔・淮芳『漢傳因明史論』
後藤康夫
岐阜聖徳学園大学仏教文化研究所紀要   15 153-202   2015年5月
「于」と「千」について
後藤康夫
日本精神文化   20 80-91   2010年12月
日本における漢訳受容について
後藤康夫
日本精神文化   18 80-93   2008年10月
唯識教学における「霊魂観」:「実在」視への批判
後藤康夫
日本精神文化   17 69-74   2007年7月
書籍紹介・書評 王恩洋『中国佛教与唯識学』(宝慶講寺叢書)
後藤康夫
仏教文化   16 29-43   2007年3月

書籍等出版物

 
禿氏文庫本
後藤康夫 (担当:共著)
2010年10月   
仏典入門事典
大蔵経学術用語研究会編 (担当:分担執筆, 範囲:p394・p534)
2001年6月   
日本中世の唯識思想
後藤康夫 (担当:共著)
1997年6月   

講演・口頭発表等

 
玄奘訳『因明入正理論』の理解について [招待有り]
後藤康夫
日本古写経研究所   2018年5月   
因明蠡測“日本における『因明入正理論』の古写本について-因明論義展開の起点-
後藤康夫
日本仏教の形成と展開   2018年1月   
中国、仏教の受容と展開 [招待有り]
後藤康夫
岐阜聖徳学園大学エクステンションセンター公開講演   2012年12月   
基調講演 こころを探るー唯識ということー
後藤康夫
日本佐渡学   2009年8月   
中国の仏教の世界
後藤康夫
種智院大学公開講座   2000年12月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
日本唯識の転換点ー蔵俊・貞慶と法相論義ー
科学研究費補助金研究 基盤研究(C)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 楠淳證
日本中世における唯識思想の研究
科学研究費補助金研究 基盤研究(B)
研究期間: 1994年 - 1998年    代表者: 北畠典生