八木伸行

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/13 09:55
 
アバター
研究者氏名
八木伸行
 
ヤギ ノブユキ
所属
東京都市大学
部署
メディア情報学部 情報システム学科
職名
教授
学位
博士(工学)(京都大学)

プロフィール

1980年,京都大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程了.同年NHK(日本放送協会)入局,甲府放送局,技術局,編成局,放送技術研究所で勤務.2005~2008年,東京工業大学特任教授(兼任).2012年より,東京都市大学教授.画像・映像・メディア情報処理,コンテンツ制作技術,コンピュータアーキテクチャ,ディジタル放送などの研究開発,ITU,SMPTE,EBU,ARIBなどでの標準化活動に従事.博士(工学).電子情報通信学会,情報処理学会,映像情報メディア学会、IEEE各会員.

研究分野

 
 

論文

 
Shigeru Motoi,Toshie Misu,Yohei Nakada,Tomohiro Yazaki,Go Kobayashi,Takashi Matsumoto,Nobuyuki Yagi
Pattern Anal. Appl.   15(1) 59-72   2012年2月   [査読有り]
河合 吉彦, 住吉 英樹, 藤井 真人, 八木 伸行
映像情報メディア学会誌   66(11) J444-J452   2012年
News programs often have sudden brightness changes caused by electronic flashes from still cameras. This paper proposes a correction method for the video deterioration caused by flashes using the frame interpolation technique. The proposed method ...
Masanori Sano, Masahiro Shibata, Nobuyuki Yagi, Norio Katayama, Shin'ichi Satoh
Proceedings - 5th International Conference on Signal Image Technology and Internet Based Systems, SITIS 2009   279-286   2010年12月
This paper describes a method of generating of a visual summary from archived news video that clearly shows a topic shared by several news items. To grasp the whole topic, recognizing each news item at a glance and the flow of the news items from ...
Hideki Sumiyoshi, Masanori Sano, Jun Goto, Takahiro Mochizuki, Masaru Miyazaki, Mahito Fujii, Masahiro Shibata, Nobuyuki Yagi
IEEE International Symposium on Broadband Multimedia Systems and Broadcasting 2010, BMSB 2010 - Final Programme      2010年6月
We developed a new way of viewing TV, CurioView, which uses metadata and retrieval technology to satisfy viewers' curiosity by recommending wide-ranging video content related to the content the viewer is currently watching. We describe a general a...
河合 吉彦, 住吉 英樹, 柴田 正啓, 八木 伸行, 馬場口 登
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   64(1) 85-93   2010年1月
Video summarization is one of the most efficient methods for retrieval from large video archives. An automated method is described for generating TV program trailers (short video clips to advertise the program). Our method uses introductory text f...
Masaru Miyazaki,Masahiro Shibata,Nobuyuki Yagi
Journal of Multimedia   5(4) 343-351   2010年   [査読有り]
Hitoshi Matsushima,Koichi Miyazaki,Nobuyuki Yagi
J. Economic Theory   145(6) 2241-2259   2010年11月   [査読有り]
Masaki Takahashi,Mahito Fujii,Masahiro Shibata,Nobuyuki Yagi,Shin'ichi Satoh
IJMDEM   1(1) 12-36   2010年   [査読有り]
高橋 正樹, 藤井 真人, 柴田 正啓, 八木 伸行
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   92(7) 1036-1044   2009年7月
ゴルフ中継番組で利用可能なティーショット軌道表示システムを開発した.広角で撮影したカメラの実映像上へ軌道を表示できるため,軌道の把握が容易である.また1台の放送カメラから得られる情報のみを用いて軌道を作画できるため,撮影機材や人員を追加する必要がなく,運用性に優れている.2005年日本オープンゴルフ選手権中継にて,放送応用を実現した.しかしショット直後や着地直前のボール追跡が困難なため,打点,着地点,静止点を手動指定する必要があり,「軌道表示まで時間を要する」,「バウンド軌道を表現できない...
佐野 雅規, 八木 伸行, 片山 紀生, 佐藤 真一
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   92(1) 141-152   2009年1月
本論文では,コンテンツ制作技術の一つとして,ニュース番組からのクイズ生成を試みる.この研究は,放送局においても,従来の放送だけでなく,様々なコンテンツの開発や,その制作手法の研究を行っており,その中の一つに位置づけられる.この技術が確立されれば,新しいサービスを低コストに制作できるだけでなく,人々が楽しみながら時事について学習することができるなど,社会的な貢献も大きい.本論文では,たくさんあるクイズのタイプから,画像付き選択クイズに対象を絞り,はじめに問題の定式化を行う.具体的には,クイズ...
Masanori Sano,Masahiro Shibata,Nobuyuki Yagi,Norio Katayama,Shin'ichi Satoh
Fifth International Conference on Signal-Image Technology & Internet-Based Systems, SITIS 2009, Marrakesh, Morocco, November 29 - December 4, 2009   279-286   2009年   [査読有り]
Toshie Misu,Atsushi Matsui,Simon Clippingdale,Mahito Fujii,Nobuyuki Yagi
Advances in Multimedia Modeling, 15th International Multimedia Modeling Conference, MMM 2009, Sophia-Antipolis, France, January 7-9, 2009. Proceedings   5371 39-50   2009年   [査読有り]
Masanori Sano,Hideki Sumiyoshi,Masahiro Shibata,Nobuyuki Yagi
Proceedings of the 17th International Conference on Multimedia 2009, Vancouver, British Columbia, Canada, October 19-24, 2009   1017-1018   2009年   [査読有り]
Shigeru Motoi, Yohei Nakada, Toshie Misu, Takashi Matsumoto, Nobuyuki Yagi
Proceedings of the IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Applications, AIA 2008   52-57   2008年12月
This paper proposes a novel Bayesian Hidden Markov Model for multi-dimensional discrete time-series data. The proposed model has hyperparameters, which correspond to the dependencies of the data components on the hidden states. By adjusting these ...
Yagi Nobuyuki, Senda Yoshihito, Ariji Masahiko
FISHERIES SCIENCE   74(6) 1229-1234   2008年12月   [査読有り]
河合 吉彦, 住吉 英樹, 八木 伸行
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   91(10) 2529-2539   2008年10月
ショット境界検出は,映像解析における最も基本的な処理の一つであり,高い検出精度と高速な処理が求められる.本論文では,複数の特徴量に基づいてディゾルブ,フェードを含むショット境界を高速に検出する手法を提案する.提案手法では,ショット境界の可能性が低いフレームに対しては処理を省略し,可能性がある部分についてのみ様々な特徴量を逐次的に算出することにより,精度良く高速にショット境界を検出する.マルチメディア解析の国際的な競争型評価ワークショップであるTRECVID 2007に参加し提案手法を評価し...
河合 吉彦, 住吉 英樹, 八木 伸行
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   91(8) 2157-2165   2008年8月
大量の映像データから,所望の映像を効率的に検索するための技術の一つとして映像の要約がある.本論文では,要約映像の一種である番組紹介映像の自動生成手法を提案する.番組紹介映像は,重要シーンを漏れなく含むダイジェスト映像とは異なり,番組内容を紹介することを目的とした予告映像である.提案手法では,電子番組表に記載される紹介テキストが番組紹介映像と同様の目的で制作された情報であることに着目し,紹介文に対応する映像区間を抽出することによって意味内容に基づいた紹介映像の生成を試みる.紹介文と映像区間と...
石川 清彦, 柴田 正啓, 八木 伸行
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. A   91(3) 296-305   2008年3月
大量の映像コンテンツから,ユーザが好みのコンテンツを容易に検索・選択できるようにするためには,メタデータと呼ばれるコンテンツの詳緋情報が必要になる.メタデータは,インターネットや放送・通信において,近年規格化・標準化が進み,放送系では,蓄積された番組の視聴を想定したサーバー型放送の運用規定がまとめられた.本解説論文では,映像放送サービスにおけるメタデータとその運用法について概説するとともに,メタデータ制作技術についても論ずる.この中で,制作系のメタデータ規格,コンテンツ解析によるメタデータ...
三浦 菊佳, 山田 一郎, 住吉 英樹, 八木 伸行, 奥村 学, 徳永 健伸
映像情報メディア学会誌   62(1) 110-116   2008年
This paper proposes a method for automatically generating a multimedia encyclopedia composed of video clips using closed-caption text information. The goal is to automatically index each video segment of the television program by the principal vid...
松井 淳, 後藤 祐, 木村 彰夫, 中田 洋平, 松本 隆, クリッピングデル サイモン, 藤井 真人, 八木 伸行
映像情報メディア学会誌   62(3) 408-413   2008年3月
We propose non-deterministic methods for automatically detecting occlusions of people's faces by superimposed symbols. We trained a face detector using an ensemble-learning algorithm (GibbsBoost) that is based on the sequential Monte Carlo method....
Yoshihiko Kawai,Noboru Babaguchi,Masaki Takahashi,Masanori Sano,Mahito Fujii,Masahiro Shibata,Nobuyuki Yagi
TRECVID 2008 workshop participants notebook papers, Gaithersburg, MD, USA, November 2008      2008年   [査読有り]
Masanori Sano,Nobuyuki Yagi,Norio Katayama,Shin'ichi Satoh
Proceedings of the 16th International Conference on Multimedia 2008, Vancouver, British Columbia, Canada, October 26-31, 2008   929-932   2008年   [査読有り]
Masanori Sano,Yoshihiko Kawai,Nobuyuki Yagi,Shin'ichi Satoh
Proceedings of the 2nd ACM Workshop on Video Summarization, TVS 2008, Vancouver, British Columbia, Canada, October 31, 2008   95-99   2008年   [査読有り]
Masaru Miyazaki,Masahiro Shibata,Nobuyuki Yagi
Tenth IEEE International Symposium on Multimedia (ISM2008), December 15-17, 2008, Berkeley, California, USA   503-508   2008年   [査読有り]
Toshie Misu,Masahide Naemura,Mahito Fujii,Nobuyuki Yagi
Large-Scale Knowledge Resources. Construction and Application, Third International Conference on Large-Scale Knowledge Resources, LKR 2008, Tokyo, Japan, March 3-5, 2008, Proceedings   4938 194-209   2008年   [査読有り]
Masaki Takahashi,Mahito Fujii,Nobuyuki Yagi
Tenth IEEE International Symposium on Multimedia (ISM2008), December 15-17, 2008, Berkeley, California, USA   15-22   2008年   [査読有り]
Masahide Naemura,Masaki Takahashi,Mahito Fujii,Nobuyuki Yagi
8th IEEE International Conference on Automatic Face and Gesture Recognition (FG 2008), Amsterdam, The Netherlands, 17-19 September 2008   1-8   2008年   [査読有り]
Kikuka Miura,Ichiro Yamada,Hideki Sumiyoshi,Nobuyuki Yagi
Int. J. Semantic Computing   2(2) 191-206   2008年   [査読有り]
山田 一郎, 三浦 菊佳, 河合 吉彦, 住吉 英樹, 八木 伸行, 奥村 学, 徳永 健伸
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   90(9) 2624-2633   2007年9月
テレビ番組のナレーションでは,「場所紹介」や「人物紹介」など特定の事柄を表現するために同じような言い回しが多用される.このような言い回しを含む文章区間が抽出できれば,対応する番組映像区間に対して場所紹介や人物紹介といったメタデータを付与することができる.そこで本論文では,番組のナレーションとほぼ同じ内容のテキストデータであるクローズドキャプションから定型的な文章区間を統計的に抽出する手法を提案する.提案手法では,複数文のテキストデータから木構造を生成し,木構造から飛び越えを許した大域的な範...
望月 貴裕, 藤井 真人, 八木 伸行, 篠田 浩一
映像情報メディア学会誌   61(8) 1139-1149   2007年
A method has been developed for automatically classifying baseball video scenes into some events that describe their content.The baseball scenes are patternized using a set of rectangles with image features and motion vectors.The basic unit for pa...
三須 俊枝, 苗村 昌秀, 藤井 真人, 八木 伸行
映像情報メディア学会誌   61(9) 1367-1375   2007年9月
We have developed a method that analyzes player formations in order to classify kick and throw-in events in soccer matches.Formations are described in terms of local head counts and mean velocities,which are converted into canonical variates using...
Masanori Sano,Nobuyuki Yagi,Jean Martinet,Norio Katayama,Shin'ichi Satoh
Proceedings of the 2007 IEEE International Conference on Multimedia and Expo, ICME 2007, July 2-5, 2007, Beijing, China   1547-1550   2007年   [査読有り]
Yoshihiko Kawai,Hideki Sumiyoshi,Nobuyuki Yagi
TRECVID 2007 workshop participants notebook papers, Gaithersburg, MD, USA, November 2007      2007年   [査読有り]
Toshihiko Misu,Atsushi Matsui,Masahide Naemura,Mahito Fujii,Nobuyuki Yagi
Proceedings of the IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, ICASSP 2007, Honolulu, Hawaii, USA, April 15-20, 2007   937-940   2007年   [査読有り]
Yoshihiko Kawai,Hideki Sumiyoshi,Nobuyuki Yagi
Proceedings of the 6th ACM International Conference on Image and Video Retrieval, CIVR 2007, Amsterdam, The Netherlands, July 9-11, 2007   49-56   2007年   [査読有り]
Mamoru Doke,Narichika Hamaguchi,Masaki Hayashi,Nobuyuki Yagi
Systems and Computers in Japan   38(13) 1-14   2007年   [査読有り]
Ichiro Yamada,Timothy Baldwin,Hideki Sumiyoshi,Masahiro Shibata,Nobuyuki Yagi
IEICE Transactions   90-D(10) 1534-1541   2007年10月   [査読有り]
Masanori Sano,Ichiro Yamada,Hideki Sumiyoshi,Nobuyuki Yagi
IEICE Transactions   90-D(1) 224-232   2007年1月   [査読有り]
浜口 斉周, 道家 守, 林 正樹, 八木 伸行
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   89(10) 2194-2205   2006年10月
我々は,ブログを書くような感覚で,だれでも簡単にテレビ番組を制作し,公開できる,インターネットテレビシステムを開発した.これを実現するためにテレビ番組型コンテンツを台本と演出,素材という三つの部品に分割し,別々に制作・流通させる手法を考案した.制作ユーザはワープロ型ツールで台本を書き,用意されている演出を選び,素材をリンクするだけで,簡単にテレビ番組を作り,サーバにアップロードして公開することができる.視聴ユーザが公開されている番組を選択すると,その番組を構成する台本,演出,素材がダウンロ...
道家 守, 浜口 斉周, 林 正樹, 八木 伸行
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   89(10) 2206-2218   2006年10月
我々は,視聴者がCGをベースとした映像コンテンツを視聴中に,いつでもCG出演者に問いかけることで,映像コンテンツに割り込み,出演者と直接対話できる,シームレスインタラクションと呼ぶ対話手法を提案する.本論文では,シームレスインタラクションを実現する上で重要な要件を述べ,それを踏まえた実装例を示す.続いて,シームレスインタラクションと,対話専用CGキャラクタを用いるCGキャラクタとの対話の印象を,主観評価実験により比較する.この結果から,シームレスインタラクションが,テレビ番組視聴のように,...
山田 一郎, 佐野 雅規, 住吉 英樹, 柴田 正啓, 八木 伸行
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   89(10) 2328-2337   2006年10月
番組内容を詳細に説明するセグメントメタデータは,視聴者による番組選択やダイジェスト視聴,更には放送局における番組管理に重要な役割を果たす.しかし,生放送のスポーツ番組などに対してこのようなセグメントメタデータを付与する作業には大変な労力を要する.そこで本論文では,アナウンサーや解説者がサッカー中継番組で発した言葉であるコメントを利用して,サッカー中継番組に対して,イベントなどの内容を時間ごとに説明するセグメントメタデータを自動付与する手法を提案する.アナウンサーや解説者が発したコメントには...
Narichika Hamaguchi,Mamoru Doke,Masaki Hayashi,Nobuyuki Yagi
Proceedings of the 15th international conference on World Wide Web, WWW 2006, Edinburgh, Scotland, UK, May 23-26, 2006   971-972   2006年   [査読有り]
Kikuka Miura,Ichiro Yamada,Hideki Sumiyoshi,Nobuyuki Yagi
Eigth IEEE International Symposium on Multimedia (ISM 2006), 11-13 December 2006, San Diego, CA, USA   873-880   2006年   [査読有り]
Masanori Sano,Yoshihiko Kawai,Hideki Sumiyoshi,Nobuyuki Yagi
Proceedings of the 14th ACM International Conference on Multimedia, Santa Barbara, CA, USA, October 23-27, 2006   789-790   2006年   [査読有り]
三須 俊彦, 高橋 正樹, 合志 清一, 蓼沼 眞, 藤田 欣裕, 八木 伸行
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理   88(8) 1681-1692   2005年8月
実時間画像処理に基づくサッカー中継映像用のオフサイドライン可視化システムを開発した. 本システムは, 固定カメラ画像中の人物を抽出し, そのワールド座標を求める. 更に色情報に基づいてユニフォームを分類することでフォーメーション解析を行ってオフサイドライン位置を特定する. 中継用カメラのパン・ズーム操作をロータリエンコーダによって計測することで, ワールド座標を実写ハイビジョン映像上に変換し, パン・ズーム操作に連動したオフサイドラインを仮想表示することができる. 本論文では, システムの...
Kinji Matsumura,Kenjiro Kai,Hiroyuki Hamada,Nobuyuki Yagi
Proceedings of the 7th Conference on Human-Computer Interaction with Mobile Devices and Services, Mobile HCI 2005, 2005, Salzburg, Austria, September 19-22, 2005   323-324   2005年   [査読有り]
Takahiro Mochizuki,Makoto Tadenuma,Nobuyuki Yagi
Proceedings of the 2005 International Conference on Image Processing, ICIP 2005, Genoa, Italy, September 11-14, 2005   1212-1215   2005年   [査読有り]
Masanori Sano,Hideki Sumiyoshi,Masahiro Shibata,Nobuyuki Yagi
2005 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, ICASSP '05, Philadelphia, Pennsylvania, USA, March 18-23, 2005   1145-1148   2005年   [査読有り]
Kyoko Ariyasu,Ichiro Yamada,Hideki Sumiyoshi,Masahiro Shibata,Nobuyuki Yagi
IEICE Transactions   88-D(5) 836-842   2005年   [査読有り]
二階堂良樹, 佐藤裕幸, 新実豊, 八木伸行
映像情報メディア学会誌   58(2) 226-232   2004年2月
In order to use video materials efficiently and create a variety of programs, the characteristics, descriptions, suitability of materials metadata is as important as the materials themselves. The framework needed to manage this metadata is very im...
Yuko Yamanouchi,Hideki Mitsumine,Takashi Fukaya,Masahiro Kawakita,Nobuyuki Yagi,Seiki Inoue
Proceedings of the ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology, VRST 2002, Hong Kong, China, November 11-13, 2002   194-200   2002年   [査読有り]
Hideki Sumiyoshi,Ichiro Yamada,Nobuyuki Yagi
Proceedings of the 2002 IEEE International Conference on Multimedia and Expo, ICME 2002, Lausanne, Switzerland. August 26-29, 2002. Volume II   385-388   2002年   [査読有り]
Nobuyuki Yagi, Nobuyuki Yagi, Nobuyuki Yagi, Nobuyuki Yagi, Nobuyuki Yagi, Sang Gil Lee, Sang Gil Lee, Sang Gil Lee, Sang Gil Lee, Hideo Noguchi, Hideo Noguchi, Hideo Noguchi, Hideo Noguchi, Hideo Noguchi
SMPTE Journal   107 353-358   1998年1月
A visualization system called "Multi-motion" has been developed, which shows a gymnast's form and locus in performing a vault. It extracts player's images quickly and automatically and displays forms from jump to finish, overlaying forms in a scen...
李 相吉, 八木 伸行, 野口 英男
映像情報メディア学会誌   51(11) 1881-1887   1997年11月
A visualization system called “Multi-motion” has been developed. It shows a gymnast's form and locus in the vault. It extracts player's image area quickly and automatically, and displays image of their form sequentially from the jump t...
Kazumasa Enamf, Kazuo Fukuf, Nobuyuki Yagp
IEICE Transactions on Information and Systems   E79-D 659-666   1996年1月
In order to produce high quality multimedia contents efficiently, DTPP -desktop program production system- has been proposed. The DTPP is capable of supporting all the necessary procedures of program production, from planning to broadcasting, by m...
Y. Itoh, N. Yagi, K. Fukui, K. Enami, N. Sasaki
IEEE Workshop on VLSI Signal Processing, Proceedings   108-117   1995年12月
A programming environment for the multi-processor system - HD-Picot System - has been developed. HD-Picot System is a programmable real-time video signal processing system. It has an architecture suitable for video-rate processing of signals, incl...
佐々木 信之, 八木 伸行, 福井 一夫, 榎並 和雅
テレビジョン学会誌   49(4) 553-561   1995年4月
論文では, 放送映像信号処理内容を分類, 考察し, 映像信号のプログラマブルな処理の適用に必要な機能を考察した.その結果を基に, 複数の乗算器, 加減算器, 入出力ポート, 可変ディレーなどを自由に組合せることができるようなスイッチングネットワークを, 1つのIC内に実装する信号処理プロセッサのモデルの考え, 各種ケーススタディを行った.特に, HDTVに対応できる高速演算器群を効率よくNTSC等の低速信号処理に適用させるため, 可変ディレーと演算器間接続をダイナミックに可変することで, ...
Jong Il Park, Nobuyuki Yagi, Kazumasa Enami
IEICE Transactions on Information and Systems   E77-D 973-986   1994年9月
This paper describes an image synthesis method based on an estimation of camera parameters. In order to acquire high quality images using image synthesis, we take some constraints into account, which include angle of view, synchronization of chang...
Jong-Il Park,Nobuyuki Yagi,Choong Woong Lee
Proceedings 1994 International Conference on Image Processing, Austin, Texas, USA, November 13-16, 1994   368-372   1994年   [査読有り]
Jong-Il Park,Nobuyuki Yagi,Kazumasa Enami,Kiyoharu Aizawa,Mitsutoshi Hatori
IEEE Trans. Circuits Syst. Video Techn.   4(3) 288-296   1994年   [査読有り]
Nobuyuki Yagi, Kazuo Fukui, Nobuyuki Sasaki, Hidetaka Saitou, Kazumasa Enami, Yuji Konno, Ryuichiro Tomita
Proceedings - IEEE International Symposium on Circuits and Systems   3 1754-1757   1993年1月
A programmable video signal processor (HD-Picot system) has been developed, which has 64 homogeneous processors and processes signals at video rate including conventional TV and HDTV signals, by adopting a reconfigurable structure and sophisticate...
Nobuyuki Yagi,Kazuo Fukui,Kazumasa Enami,Nobuyuki Sasaki,Hidetaka Saitou,Yuji Konno,Ryuichiro Tomita
1993 IEEE International Symposium on Circuits and Systems, ISCAS 1993, Chicago, Illinois, USA, May 3-6, 1993   1754-1757   1993年   [査読有り]
N. Yagi, K. Fukui, K. Enami, R. Yajima, N. Sasaki, K. Hoshino, K. Harukawa, M. Kogure
SMPTE Journal   100 860-868   1991年1月
A real-time video signal-processing system (the Picot system) has been developed that is composed of several hundred processors. It can handle a number of color time-varying images and includes such image-processing functions as edge detection, ge...
八木 伸行, 田中 勝行, 榎並 和雅
テレビジョン学会誌   45(10) 1221-1229   1991年
物体自身が移動・変形する場合やカメラがパン・ズームする場合など, 特殊な背景を用いず撮影した映像に対し, 最初のフィールドのみで抽出用キー信号を与え, 以降のフィールドでは対象物の動きを検出し, キー信号を移動・変形させて自動的に抽出用キーを作成し映像合成する手法を提案し, 本手法において重要な動き検出法について, 検討・実験を行った.実験の結果, (1)カメラがパン・チルトまたは対象物が平行移動する場合は, 対象物上の輪郭近辺の離れた4エリアに検出点を設定し, (2)カメラがズームまたは...
八木 伸行, 福井 一夫, 榎並 和雅, 矢島 亮一, 佐々木 信之
テレビジョン学会誌   44(9) 1269-1278   1990年9月
標準テレビ信号を, ビデオレートで処理可能な映像信号処理LSI-Picotを開発した.放送用映像信号処理においては, 入力される映像信号に対して出力を止めることなく処理を続ける実時間性が要求されるとともに, 映像特殊効果として幾何学変換や効果波形発生などが頻繁に行われ, しかも, 高い標本化周波数と演算精度が要求される.Picotは, これらの要求を満すプロセッサで, 全ての演算を70ns (=1/14.3MHz) の速度と16bits (一部22bits) の精度で処理する.本論文では,...
マックス オット, 榎並 和雅, 羽鳥 光俊, 福井 一夫, 八木 伸行, 相澤 清晴
テレビジョン学会誌   44(11) 1570-1578   1990年11月
マルチプロセッサシステムを実用していくには, 多数あるプロセッサのプログラムを効率よく開発できる道具が必要不可欠である.筆者らは, こうしたシステムのために, グラフィックス形式での入力が可能なプログラミング環境-PicPEn-を開発した.この環境のもとでは, ユーザはあたかもノートに書くように, コンピュータのスクリーン上にシグナルフローグラフを描くだけで, 容易にPicotシステム (実時間映像信号処理用マルチプロセッサシステム) で実行可能な形に変換し, 実行させることができる.Pi...
八木 伸行
電子情報通信学会論文誌 C-(0xF9C2) エレクトロニクス (0xF9C2)-電子素子・応用   72(5) p346-353   1989年5月
榎並 和雅, 春川 和弘, 小暮 勝, 八木 伸行, 矢島 亮一, 福井 一夫, 金井 清昌, 三上 繁実, 村上 敬之助, 佐々木 信之, 星野 浩二
テレビジョン学会誌   43(2) 178-186   1989年
番組制作形態の多様化, 放送メディアの多元化に対処するために, 映像信号を高度に, 効率よく処理する「汎用映像処理システム」を提案する.このシステムは, 規格化された同種のハードウェアを用いて, ソフトウェアを変えることにより広汎な映像信号処理のニーズに対応しようとするものである.この概念を具体化するために, 約200台のプロセッサを持つ並列コンピュータ, Picotシステムを開発した.このシステムは, 14.3MHz, または13.5MHzでサンプリングされた映像信号を実時間で処理する....
Nobuyuki Yagi,Ryoichi Yajima,Kazumasa Enami,Shigemi Mikami,Nobuyuki Sasaki,Kouji Hoshino,Kazuhiro Harukawa,Hideki Yamada
Proceedings of IAPR Workshop on Computer Vision - Special Hardware and Industrial Applications, MVA 1988, Tokyo, Japan, October 12-14, 1988   237-240   1988年   [査読有り]
K. Murakami, K. Enami, N. Yagi
SMPTE Journal   96 527-531   1987年1月
The diversification of television production methods and the appearance of new broadcast services have made current production systems more complex. The authors propose a new approach to developing a simpler and more flexible production system in ...
Kazumasa Enami, Nobuyuki Yagi, Keinosuke Murakami
SMPTE Journal   96 1158-1165   1987年1月
A multiprocessing system that can operate at video rate on inputs from television cameras or VTRs has been developed. This system, called the real-time video signal processor (RTVP), consists of identical processing units (PUs) and can be used in ...
Kazumasa Enami, Nobuyuki Yagi, Keinosuke Murakami
ICASSP, IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing - Proceedings   793-796   1986年12月
The authors describe a new multiprocessing architecture which carries out real-time video rate operations on inputs from television cameras or VTRs. They also present the experimental hardware for this processor. The system, which consists of iden...
榎並和雅, 八巻英明, 八木伸行, 村上敬之助
電子通信学会論文誌 D   69(11) 1617-1623   1986年11月

Misc

 
板橋龍之介, 八木伸行
映像情報メディア学会年次大会講演予稿集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.33B‐1   2018年8月
板橋龍之介, 八木伸行
映像情報メディア学会技術報告   42(6(ME2018 44-69)) 65‐68   2018年2月
小林大悌, 井上誠喜, 八木伸行
映像情報メディア学会技術報告   42(6(ME2018 44-69)) 45‐48   2018年2月
鳥海心, 宮崎太郎, 後藤淳, 山田一郎, 八木伸行
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   24th ROMBUNNO.A6‐2 (WEB ONLY)   2018年
鳥海心, 宮崎太郎, 後藤淳, 山田一郎, 八木伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   16th 195‐196   2017年9月
小林大悌, 八木伸行
映像情報メディア学会年次大会講演予稿集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.22D‐2   2017年8月
小林 大悌, 千葉 匠, 八木 伸行
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(464) 345-348   2017年2月
板橋 龍之介, 八木 伸行
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   42(6) 65-68   2018年2月
小林 大悌, 千葉 匠, 八木 伸行
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(463) 345-348   2017年2月
小林 大悌, 井上 誠喜, 八木 伸行
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   42(6) 45-48   2018年2月
笹山綾香, 小嶋仁美, 久富彩, 八木伸行
映像情報メディア学会技術報告   41(6(BCT2017 23-38)) 1‐4   2017年2月
小林大悌, 千葉匠, 千葉匠, 八木伸行
電子情報通信学会技術研究報告   116(463(ITS2016 42-76)) 345‐348   2017年2月
鳥海心, 宮崎太郎, 後藤淳, 山田一郎, 八木伸行
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   23rd ROMBUNNO.D4‐2 (WEB ONLY)   2017年
鳥海心, 宮崎太郎, 後藤淳, 山田一郎, 八木伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   15th 111‐112   2016年8月
鳥海心, 宮崎太郎, 山田一郎, 八木伸行
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   22nd P18‐2 (WEB ONLY)   2016年
八木 伸行
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア   69(7)    2015年9月
笹山 綾香, 小嶋 仁美, 久富 彩, 八木 伸行
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   41(6) 1-4   2017年2月
伊藤 晋, 鹿喰 義明, 長谷山 美紀, 須川 成利, 中須 英輔, 中西 洋一郎, 八木 伸行
映像情報メディア学会誌   69(9) 641-644   2015年
平岩巧真, 田中千晴, 八木伸行
映像情報メディア学会技術報告   38(14(BCT2014 46-55)) 13-16   2014年2月
平岩 巧真, 田中 千晴, 八木 伸行
映像情報メディア学会技術報告   38(0) 13-16   2014年
HbbTV, YouView, Hybridcastなどにより,本格的な放送通信連携のハイブリッド放送が開始され,リッチな番組関連情報やキャッチアップサービスなどが提供されている.また,インターネットサービスと連携したSmart TVも販売され,タブレット,スマートフォンなどをセカンドスクリーンとして活用したサービスも提供されている.このようにハイブリッドサービスが展開されつつあるものの,視聴者がどのような形のハイブリッド放送を期待しているのかは,あまり明確になっていない.そこでネットリサ...
八木 伸行
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   67(5) 351-354   2013年5月
八木伸行
東京都市大学環境情報学部紀要   (14) 108-115   2013年2月
Nobuyuki Yagi, Norifumi Egami, Naoki Shimidzu, Miki Haseyama
ITE Transactions on Media Technology and Applications   1 10-19   2013年1月
Copyright © 2013 by ITE Transactions on Media Technology and Applications (MTA). This paper presents a survey of research trends in broadcasting technology from production to distribution and from fundamentals to applications. It briefly reviews w...
Ichiro Yamada, Yohei Nakada, Atsushi Matsui, Takashi Matsumoto, Kikuka Miura, Hideki Sumiyoshi, Masahiro Shibata, Nobuyuki Yagi
ITE Transactions on Media Technology and Applications   1 157-166   2013年1月
© 2013 by ITE Transactions on Media Technology and Applications (MTA). Broadcasting stations store a large volume of TV programs and manage them in their archives. To enable such programs to be used effectively, the technique for analyzing what is...
Miki Haseyama, Takahiro Ogawa, Nobuyuki Yagi
ITE Transactions on Media Technology and Applications   1 2-9   2013年1月
Copyright © 2013 by ITE Transactions on Media Technology and Applications (MTA). Research trends in new video retrieval based on image and video semantic understanding are presented in this paper. First, recent studies related to image and video s...
八木 伸行
東京都市大学環境情報学部紀要 = The journal of Environmental and Information Studies, Tokyo City University   (14) 108-115   2013年
柴田賀昭, 八木伸行
映像情報メディア学会誌   66(10) 835-841   2012年10月
柴田 賀昭, 八木 伸行
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   66(10) 835-841   2012年10月
FIMSは,ファイルベース制作・送出システムに,最新のICT技術を導入することで,放送局の局内システムを従来よりも柔軟な構成にしようとする取組みである.本稿では,放送局における制作・送出システムのこれまでの変遷を概観した後,SOAアプローチに基づくFIMSの狙いを紹介し,続いてFIMS 1.0の内容とその実装事例,そしてFIMSフェーズ2の現状について解説する.
河合吉彦, 住吉英樹, 藤井真人, 八木伸行
映像情報メディア学会誌(Web)   66(11) J444-J452 (J-STAGE)   2012年
柴田 賀昭, 八木 伸行
映像情報メディア学会誌   66(10) 835-841   2012年
矢崎智浩, 本井滋, 小林剛, 松本隆, 三須俊枝, 八木伸行, 中田洋平
画像ラボ   22(1) 9-16   2011年1月
佐野雅規, 住吉英樹, 藤井真人, 柴田正啓, 八木伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   9th 129-130   2010年8月
佐野 雅規, 住吉 英樹, 藤井 真人, 柴田 正啓, 八木 伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   9(3) 129-130   2010年8月
河合吉彦, 住吉英樹, 柴田正啓, 八木伸行, 馬場口登
画像ラボ   21(8) 69-74   2010年8月
河合吉彦, 住吉英樹, 八木伸行
NHK技研R&D   (121) 34-41   2010年5月
河合吉彦, 住吉英樹, 八木伸行
NHK技研R&D   (121) 56-62   2010年5月
佐野雅規, 八木伸行, 片山紀生, 佐藤真一
NHK技研R&D   (121) 63-73   2010年5月
望月貴裕, 藤井真人, 八木伸行, 篠田浩一
NHK技研R&D   (121) 42-55   2010年5月
住吉英樹, 佐野雅規, 後藤淳, 望月貴裕, 宮崎勝, 藤井真人, 柴田正啓, 八木伸行
NHK技研R&D   (121) 16-25   2010年5月
佐野雅規, 住吉英樹, 藤井真人, 柴田正啓, 八木伸行
NHK技研R&D   (121) 26-33   2010年5月
河合 吉彦, 住吉 英樹, 八木 伸行
NHK技研R&D   (121) 34-41   2010年5月
佐野 雅規, 八木 伸行, 片山 紀生
NHK技研R&D   (121) 63-73   2010年5月
河合 吉彦, 住吉 英樹, 八木 伸行
NHK技研R&D   (121) 56-62   2010年5月
佐野雅規, 住吉英樹, 藤井真人, 柴田正啓, 八木伸行
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2009(6) ROMBUNNO.AVM-68,8   2010年4月
榎並和雅, 栗田泰市郎, 清水孝雄, 高橋和子, 八木伸行
映像情報メディア学会誌   64(1) 5-12   2010年1月
高橋正樹, 藤井真人, 柴田正啓, 八木伸行
画像ラボ   21(3) 27-32   2010年3月
矢崎智浩, 三須俊枝, 中田洋平, 本井滋, 小林剛, 松本隆, 八木伸行
電子情報通信学会技術研究報告   109(471(HIP2009 118-210)) 401-406   2010年3月
矢崎 智浩, 三須 俊枝, 中田 洋平, 本井 滋, 小林 剛, 松本 隆, 八木 伸行
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   109(471) 401-406   2010年3月
時系列データから興味のあるイベントを自動的に検出する問題は,信号処理やパターン認識,画像処理など,様々な分野に現れる.本研究グループでは,これまで,サッカー動画像データから抽出された選手位置情報に基づく時系列データをもとに,ベイズ隠れマルコフモデルによるイベント検出アルゴリズムを構築してきた.しかし,隠れマルコフモデルでは状態が滞留する確率として「幾何分布」が仮定されるため,必ずしもふさわしくない場合があった.隠れ状態の状態滞留確率を改善することでイベント検出性能に対する向上の余地があった...
矢崎 智浩, 三須 俊枝, 中田 洋平, 本井 滋, 小林 剛, 松本 隆, 八木 伸行
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   109(470) 401-406   2010年3月
時系列データから興味のあるイベントを自動的に検出する問題は,信号処理やパターン認識画像処理など,様々な分野に現れる.本研究グループでは,これまで,サッカー動画像データから抽出された選手位置情報に基づく時系列データをもとに,ベイズ隠れマルコフモデルによるイベント検出アルゴリズムを構築してきた.しかし,隠れマルコフモデルでは状態が滞留する確率として「幾何分布」が仮定されるため,必ずしもふさわしくない場合があった.隠れ状態の状態滞留確率を改善することでイベント検出性能に対する向上の余地があったた...
佐野 雅規, 住吉 英樹, 藤井 真人, 柴田 正啓, 八木 伸行
研究報告オーディオビジュアル複合情報処理(AVM)   2010(8) 1-6   2010年2月
本稿では,映像コンテンツのシーン毎に,内容に沿ったメタデータを効率よく付与するためのフレームワークについて紹介する.このフレームワークは,さまざまな情報処理技術を自由に組み合わせて,メタデータ制作を協調的かつ効率的に進めることができる共通基盤として利用されることを目的としている.また,その設計にあたり,学術分野だけでなく,産業分野にも受け入れやすい枠組みを有するよう配慮をしている.はじめに,本フレームワークの位置づけと,規定項目について説明する.次に,機能検証用に提供しているリファレンスソ...
榎並 和雅, 栗田 泰市郎, 清水 孝雄, 高橋 和子, 八木 伸行
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   64(1) 5-12   2010年1月
佐野雅規, 八木伸行, 片山紀生, 佐藤真一
画像ラボ   20(10) 50-55   2009年10月
佐野 雅規, 八木 伸行, 片山 紀生
画像ラボ   20(10) 50-56   2009年10月
高橋正樹, 藤井真人, 柴田正啓, 八木伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   8th 199-200   2009年8月
佐野雅規, 住吉英樹, 後藤淳, 望月貴裕, 宮崎勝, 三浦菊佳, 河合吉彦, 高橋正樹, 三須俊枝, 松井淳, CLIPPINGDALE Simon, 藤井真人, 柴田正啓, 八木伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   8th 647-648   2009年8月
高橋 正樹, 藤井 真人, 柴田 正啓, 八木 伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   8(3) 199-200   2009年8月
藤井真人, 柴田正啓, 住吉英樹, 後藤淳, 佐野雅規, 望月貴裕, 宮崎勝, 八木伸行
映像情報メディア学会年次大会講演予稿集(CD-ROM)   2009 ROMBUNNO.6-5   2009年8月
佐野雅規, 住吉英樹, 柴田正啓, 八木伸行
映像情報メディア学会年次大会講演予稿集(CD-ROM)   2009 ROMBUNNO.6-7   2009年8月
森田寿哉, 八木伸行
NHK技研R&D   (114) 4-9   2009年3月
森田 寿哉, 八木 伸行
NHK技研R&D   (114) 4-9   2009年3月
佐野雅規, 八木伸行, 片山紀生, 佐藤真一
電子情報通信学会論文誌 D   J92-D(1) 141-152   2009年1月
佐野雅規, 住吉 英樹, 後藤 淳, 望月 貴裕, 宮崎 勝, 三浦 菊佳, 河合 吉彦, 高橋 正樹, 三須 俊枝, 松井 淳, クリピングデル サイモン, 藤井 真人, 柴田 正啓, 八木 伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   647-648   2009年
藤井 真人, 柴田 正啓, 住吉 英樹, 後藤 淳, 佐野 雅規, 望月 貴裕, 宮崎 勝, 八木 伸行
映像情報メディア学会年次大会講演予稿集   2009(0) _6-5-1_-_6-5-2_   2009年
We have proposed a new TV viewing style "Curio View", that an audience satisfies various interests about viewing contents by automatic information retrieval technology. We developed an architecture which makes different systems to realize Curio Vi...
佐野 雅規, 住吉 英樹, 柴田 正啓, 八木 伸行
映像情報メディア学会年次大会講演予稿集   2009(0) _6-7-1_-_6-7-2_   2009年
We have proposed "Metadata Production Framework (MPF)" for efficient generation of content-based metadata. It has been more than three years since its first release to the public. This paper describes the latest MPF's specification and features, a...
Alberto Messina, Jean Pierre Evain, Robbie De Sutter, Werner Bailer, Matteo Baldoni, Roberto Basili, Gloria Bordogna, Roberto Borgotallo, Selcuk Candan, Alberto Del Bimbo, Hermann Hellwagner, Franciska De Jong, Rosa Meo, Maurizio Montagnuolo, Gabriella Pasi, Natalia Pavlova, Maria Luisa Sapino, Birgit Schroeter, Nicu Sebe, Birgitte Stannius, Nobuyuki Yagi, Rik Van De Walle
Proceedings - International Workshop on Database and Expert Systems Applications, DEXA      2008年12月
佐野雅規, 柴田正啓, 八木伸行, 佐藤真一
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集(CD-ROM)   2008 ROMBUNNO.7-7   2008年11月
高橋正樹, 藤井真人, 柴田正啓, 八木伸行
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集(CD-ROM)   2008 ROMBUNNO.4-2   2008年11月
高橋正樹, 三須俊枝, 藤井真人, 合志清一, 八木伸行, 藤田欣裕
NHK技研R&D   (112) 22-29   2008年11月
八木伸行, 菅原正幸, 江上典文, 清水直樹, 岡野文男
ITUジャーナル   38(10) 7-13   2008年10月
八木 伸行, 菅原 正幸, 江上 典文
ITUジャーナル   38(10) 7-13   2008年10月
河合吉彦, 住吉英樹, 八木伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   7th 101-102   2008年8月
三浦菊佳, 山田一郎, 小早川健, 住吉英樹, 柴田正啓, 八木伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   7th 163-164   2008年8月
望月貴裕, 藤井真人, 柴田正啓, 八木伸行, 酒井善則
情報科学技術フォーラム講演論文集   7th 289-290   2008年8月
山田一郎, 三浦菊佳, 小早川健, 住吉英樹, 柴田正啓, 八木伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   7th 167-168   2008年8月
住吉英樹, 佐野雅規, 柴田正啓, 八木伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   7th 85-86   2008年8月
柴田正啓, 後藤淳, 山田一郎, 望月貴裕, 松井淳, 三須俊枝, 宮崎勝, 高橋正樹, 河合吉彦, 三浦菊佳, 住吉英樹, 藤井真人, 八木伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   7th 77-78   2008年8月
小林彰太, 山田一郎, 柴田正啓, 八木伸行, 羽鳥光俊
情報科学技術フォーラム講演論文集   7th 221-222   2008年8月
三須俊枝, 松井淳, CLIPPINGDALE Simon, 藤井真人, 八木伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   7th 9-12   2008年8月
宮崎勝, 柴田正啓, 八木伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   7th 387-388   2008年8月
三須 俊枝, 松井 淳, クリピングデル サイモン, 藤井 真人, 八木 伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   7(3) 9-12   2008年8月
三浦 菊佳, 山田 一郎, 小早川 健, 住吉 英樹, 柴田 正啓, 八木 伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   7(2) 163-164   2008年8月
山田 一郎, 三浦 菊佳, 小早川 健, 住吉 英樹, 柴田 正啓, 八木 伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   7(2) 167-168   2008年8月
小林 彰太, 山田 一郎, 柴田 正啓, 八木 伸行, 羽鳥 光俊
情報科学技術フォーラム講演論文集   7(2) 221-222   2008年8月
宮崎 勝, 柴田 正啓, 八木 伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   7(2) 387-388   2008年8月
柴田 正啓, 後藤 淳, 山田 一郎, 望月 貴裕, 松井 淳, 三須 俊枝, 宮崎 勝, 高橋 正樹, 河合 吉彦, 三浦 菊佳, 住吉 英樹, 藤井 真人, 八木 伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   7(3) 77-78   2008年8月
住吉 英樹, 佐野 雅規, 柴田 正啓, 八木 伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   7(3) 85-86   2008年8月
河合 吉彦, 住吉 英樹, 八木 伸行
情報科学技術フォーラム講演論文集   7(3) 101-102   2008年8月
望月 貴裕, 藤井 真人, 柴田 正啓, 八木 伸行, 酒井 善則
情報科学技術フォーラム講演論文集   7(3) 289-290   2008年8月
松井淳, 後藤祐, 木村彰夫, 中田洋平, 松本隆, CLIPPINGDALE Simon, 藤井真人, 八木伸行
画像ラボ   19(8) 16-21   2008年8月
住吉英樹, 柴田正啓, 藤井真人, 後藤淳, 山田一郎, 望月貴裕, 松井淳, 三須俊枝, 宮崎勝, 高橋正樹, 河合吉彦, 三浦菊佳, 八木伸行
映像情報メディア学会年次大会講演予稿集(CD-ROM)   2008 ROMBUNNO.7-5   2008年8月
住吉英樹, 藤井真人, 八木伸行
映像情報メディア学会年次大会講演予稿集(CD-ROM)   2008 ROMBUNNO.7-7   2008年8月
Clippingdale Simon, 藤井 真人, 八木 伸行
電子情報通信学会技術研究報告   108(93) 133-138   2008年6月
動画シーケンスまたは静止画の集合に登場する人物の顔における複数の特徴点の二次元観測データから,各フレームまたは静止画に示されるポーズ(顔の向き)と特徴点の三次元配置(形状)の同時推定問題を検討する.観測データに特徴点の遮蔽が無い場合には,特異値分解(SVD)による観測データ行列の因数化方法がよく知られている.しかし遮蔽がある場合にはSVDによる方法が一部の観測データから始め,解の範囲を段々拡張していき,順によって解が異なり後処理で修正する必要がある.本報告では,因数化を分割しポーズと形状を...
Clippingdale Simon, 藤井 真人, 八木 伸行
電子情報通信学会技術研究報告   108(94) 133-138   2008年6月
動画シーケンスまたは静止画の集合に登場する人物の顔における複数の特徴点の二次元観測データから,各フレームまたは静止画に示されるポーズ(顔の向き)と特徴点の三次元配置(形状)の同時推定問題を検討する.観測データに特徴点の遮蔽が無い場合には,特異値分解(SVD)による観測データ行列の因数化方法がよく知られている.しかし遮蔽がある場合にはSVDによる方法が一部の観測データから始め,解の範囲を段々拡張していき,順によって解が異なり後処理で修正する必要がある.本報告では,因数化を分割しポーズと形状を...
CLIPPINGDALE Simon, 藤井真人, 八木伸行
電子情報通信学会技術研究報告   108(93(DE2008 1-29)) 133-138   2008年6月
クリピングデル サイモン, 藤井 真人, 八木 伸行
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   108(94) 133-138   2008年6月

書籍等出版物

 
井上 誠喜, 林 正樹, 中須 英輔, 奥井 誠人, 三谷 公二, 八木 伸行 (担当:共著)
オーム社   2008年11月   ISBN:4274502031
オーム社   2008年7月   ISBN:4274205754
八木 伸行, 加井 謙二郎, 吉村 俊郎 (担当:共著)
オーム社   2005年10月   ISBN:4274500489
八木 伸行
オーム社   2008年   ISBN:9784274205750
井上 誠喜, 住吉 英樹, 八木 伸行 (担当:共著)
オーム社   2005年4月   ISBN:4274500160
八木 伸行, 加井 謙二郎, 吉村 俊郎 (担当:共著)
オーム社   2002年2月   ISBN:4274942953
八木 伸行
オーム社   2001年1月   ISBN:4274946371
映像情報メディア学会, 八木 伸行 (担当:監修)
オーム社   2000年4月   ISBN:427407899X
八木 伸行, 林 正樹, 合志 清一, 井上 誠喜, 奥井 誠人 (担当:共著)
オーム社   1995年5月   ISBN:427494056X
井上 誠喜, 林 正樹, 三谷 公二, 八木 伸行, 中須 英輔, 奥井 誠人 (担当:共著)
オーム社   1999年12月   ISBN:4274946193
井上 誠喜, 八木 伸行, 住吉 英樹 (担当:共著)
オーム社   1994年6月   ISBN:4274945227
八木 伸行, 金次 保明, 林 正樹, 三谷 公二, 鈴木 正一, 井上 誠喜, 中須 英輔, 奥井 誠人 (担当:共著)
オーム社   1992年5月   ISBN:4274077039

特許

 
宮崎 勝, 後藤 淳, 柴田 正啓, 三浦 菊佳, 住吉 英樹, 藤井 真人, 八木 伸行
宮崎 勝, 後藤 淳, 柴田 正啓, 三浦 菊佳, 住吉 英樹, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 高橋 正樹, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 高橋 正樹, 藤井 真人, 八木 伸行
山田 一郎, 三浦 菊佳, 住吉 英樹, 柴田 正啓, 八木 伸行
山田 一郎, 三浦 菊佳, 住吉 英樹, 柴田 正啓, 八木 伸行
三須 俊彦, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 藤井 真人, 八木 伸行
山田 一郎, 宮崎 勝, 三浦 菊佳, 住吉 英樹, 柴田 正啓, 八木 伸行
山田 一郎, 宮崎 勝, 三浦 菊佳, 住吉 英樹, 柴田 正啓, 八木 伸行
三須 俊彦, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 高橋 正樹, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 高橋 正樹, 藤井 真人, 八木 伸行
山田 一郎, 宮崎 勝, 三浦 菊佳, 住吉 英樹, 八木 伸行
苗村 昌秀, 三須 俊彦, 高橋 正樹, 藤井 真人, 八木 伸行
苗村 昌秀, 三須 俊彦, 高橋 正樹, 藤井 真人, 八木 伸行
藤井 真人, 八木 伸行
藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 八木 伸行, 高橋 正樹, 苗村 昌秀, 藤井 真人
三須 俊彦, 八木 伸行, 高橋 正樹, 苗村 昌秀, 藤井 真人
三須 俊彦, 八木 伸行, 高橋 正樹
三須 俊彦, 八木 伸行, 高橋 正樹
三須 俊彦, 松井 淳, 高橋 正樹, 苗村 昌秀, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 松井 淳, 高橋 正樹, 苗村 昌秀, 藤井 真人, 八木 伸行
山田 一郎, 三浦 菊佳, 住吉 英樹, 八木 伸行, 松井 淳, 中田 洋平, 松本 隆
山田 一郎, 三浦 菊佳, 住吉 英樹, 八木 伸行, 松井 淳, 中田 洋平, 松本 隆
高橋 正樹, 三須 俊彦, 苗村 昌秀, 藤井 真人, 八木 伸行
高橋 正樹, 三須 俊彦, 苗村 昌秀, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 苗村 昌秀, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 苗村 昌秀, 藤井 真人, 八木 伸行
高橋 正樹, 三須 俊彦, 苗村 昌秀, 藤井 真人, 八木 伸行
高橋 正樹, 三須 俊彦, 苗村 昌秀, 藤井 真人, 八木 伸行
苗村 昌秀, 三須 俊彦, 高橋 正樹, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 苗村 昌秀, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 苗村 昌秀, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 八木 伸行, 苗村 昌秀, 藤井 真人
三須 俊彦, 苗村 昌秀, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 苗村 昌秀, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 高橋 正樹, 苗村 昌秀, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 高橋 正樹, 苗村 昌秀, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 高橋 正樹, 藤井 真人, 八木 伸行
三須 俊彦, 高橋 正樹, 藤井 真人, 八木 伸行
山田 一郎, 三浦 菊佳, 住吉 英樹, 八木 伸行