山辺恵理子

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/19 14:59
 
アバター
研究者氏名
山辺恵理子
URL
http://erikoyamabe.com
所属
都留文科大学
部署
文学部 国際教育学科
職名
講師
学位
博士(教育学)(東京大学), 修士(教育学)(東京大学)
その他の所属
東京大学

プロフィール

1984年生まれ。東京都出身。アメリカ ニューヨーク州で幼少期を過ごし、東京大学教育学部を卒業、東京大学教育学研究科の修士課程を修了後、同大学院の博士課程在学中に日本学術振興会特別研究員(DC2)、スタンフォード大学客員研究員などを経て、2014年4月より2017年3月まで東京大学 大学総合教育研究センター 特任研究員を務める。2017年4月より現職。東京大学博士(教育学)。 専門は教育の倫理、教師教育学。主に教師や教師教育者のリフレクションに注目して研究している。また、教師向けワークショップや研修も多数実施。

研究分野

 
 
  • 教育学 / 教育学 / 教育哲学、教師教育学、教育の倫理、教育臨床学

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
都留文科大学 文学部 国際教育学科 講師
 
2018年10月
 - 
現在
東京大学 教育学部 非常勤講師
 
2017年4月
 - 
2018年3月
東京大学 大学総合教育研究センター 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2017年3月
武蔵大学 教職課程 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2017年3月
東京大学 大学総合教育研究センター 特任研究員
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2014年3月
東京大学 教育学研究科 博士課程
 
2006年4月
 - 
2008年3月
東京大学 大学院 教育学研究科 修士課程
 
2002年4月
 - 
2006年3月
東京大学 教育学部 
 

受賞

 
2017年3月
武蔵大学 学生が選ぶベストティーチャー賞
 

論文

 
Globalization in Japanese education: T-SAP as a catalyst in preparing “ignorant” teachers that can be accelerators rather than obstacles for learning
Eriko Yamabe
"Global Educator" 都留文科大学 国際教育学科 平成29年度 重点領域研究 報告書   1 14-20   2018年3月
丸橋 静香, 村松 灯, 田中 智輝, 渡邉 優子, 町支 大祐, 山辺 恵理子, 竹内 伸一, 丸山 恭司
教育哲学研究 = Studies in the philosophy of education   (117) 105-111   2018年5月
Missing Pieces in the Japanese Argument on "Zero Tolerance" Policies in Schools
Eriko Yamabe
Teacher Education Research: Journal of the Center for Teacher Education Research   Vol.3 1-14   2018年3月   [招待有り]
規範をつくり直す:共同的省察プロセスとしての修復的正義と教師
山辺恵理子
東京大学、博士学位請求論文      2016年1月
山辺 恵理子
日本教師教育学会年報   (23) 148-158   2014年

書籍等出版物

 
道徳教育はこうすれば〈もっと〉おもしろい:未来を拓く教育学と心理学のコラボレーション
荒木寿友、藤本文 編 (担当:分担執筆, 範囲:第8章「法教育と道徳教育」)
北大路書房   2019年11月   
書評 『リフレクティブ・プラクティス入門』(雑誌『英語教育』68 所収)
山辺恵理子
大修館書店   2019年9月   
リフレクション(省察)で教師は育つ!トークイベント記録(パンフレット)
石川晋、山辺恵理子、渡辺貴裕 (担当:共著)
くろしお出版   2019年8月   
リフレクション入門
坂田哲人・中田正弘・村井尚子・矢野博之・山辺恵理子(共著) (担当:共著, 範囲:第1部2章、第2部7・8章)
学文社   2019年1月   
リフレクション大全
授業づくりネットワーク編集委員会編 (担当:分担執筆, 範囲:特別寄稿「経験学習の落とし穴:成長を歪ませないための「コア・リフレクション」のアプローチ」)
学事出版   2018年12月   

講演・口頭発表等

 
ラウンドテーブル「ケースメソッドと教育哲学」
山辺恵理子
教育哲学会第60回大会   2017年10月15日   
高等学校におけるアクティブ・ラーニング型授業の展開:全国実態調査のデータと個別の事例から
山辺恵理子、田中智輝、酒井淳平、佐々木宏、成田秀夫、木村充
日本教育方法学会第52回大会   2016年10月   
教師教育者の専門性とは何か:リフレクションの視点から
山辺恵理子
日本教師教育学会第25回研究大会   2015年9月   
高等学校の教師はアクティブラーニングについてどのような困難を感じ、克服しているか
木村充、山辺恵理子、松尾駿、堤ひろゆき、成田秀夫、中原淳
日本教育工学会第31回大会   2015年7月   
オンラインFDプログラム「インタラクティブ・ティーチング」の開発と評価
栗田佳代子、小原優貴、山辺恵理子、中原淳
大学教育学会第37回大会   2015年6月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日本における「教師教育者」観と教師教育者が教育の倫理に果たす役割に関する研究
日本学術会議: 若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 山辺恵理子
教員養成に携わる若手大学教員の教師教育者としての課題に関する調査研究
日本学術振興会: 研究スタート支援
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 山辺恵理子
Rethinking Relationships in School Settings with the Term of Justice
日米教育委員会: 博士論文研究プログラム
研究期間: 2012年9月 - 2013年7月    代表者: 山辺恵理子
「修復的正義」の教育的意義と道徳教育への導入可能生に関する研究
日本学術振興会: 特別研究員(DC2)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 山辺恵理子