山田 優

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/14 01:44
 
アバター
研究者氏名
山田 優
 
ヤマダ マサル
eメール
yamadaapple-eye.com
URL
http://www.apple-eye.com/yamada/
所属
関西大学
部署
外国語学部, 外国語教学育研究科
職名
教授
学位
博士(立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科), 修士(ウエストバージニア大学)

プロフィール

ビジネス通訳と翻訳、ローカリゼーションの実務を経て、現在は研究と教育にも取り組む。研究の関心は、通訳翻訳研究全般、訳出プロセス、翻訳支援ツール、翻訳メモリ、機械翻訳、ポストエディット等、翻訳通訳教育、翻訳通訳リテラシー教育、TILT。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
関西大学 外国語学部 教授
 
2015年4月
 - 
2017年3月
関西大学 外国語学部 准教授
 
2014年4月
 - 
2015年3月
東京外国語大学 非常勤講師
 
2012年9月
 - 
2015年3月
青山学院大学 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
現在
神戸女学院大学 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2015年3月
麗澤大学 非常勤講師
 
2008年8月
 - 
2009年5月
モントレー国際大学大学院 客員研究員
 

学歴

 
2007年
 - 
2012年
立教大学大学院 博士課程後期  異文化コミュニケーション研究科 (翻訳通訳学)
 
1995年
 - 
1999年
ウエストバージニア大学 大学院 修士  TESOL/ 言語学
 
1991年
 - 
1994年
ウエストバージニア大学 英米文学 
 

委員歴

 
2015年10月
 - 
現在
日本通訳翻訳学会  理事
 

論文

 
The impact of Google Neural Machine Translation on Post-editing by student translators.
YAMADA, Masaru
The journal of specialised translation, 31 (Jostrans 31)      2018年7月   [査読有り]
Literality and cognitive effort: Japanese and Spanish
Isabel Lacruz, Michael Carl, Masaru Yamada
LREC 2018      2018年5月   [査読有り]
山田優 (関大), 松下佳世 (立教大), 石塚浩之 (広島修道大), 歳岡冴香 (近大), Carl Michael (CBS)
   2018年3月
大西菜奈美 山田優 藤田篤 影浦峡
翻訳研究への招待   (18) 88-106   2017年12月   [査読有り]
豊倉省子 山田優
翻訳研究への招待   (18) 33-52   2017年12月   [査読有り]
山田優 (関大), 松下佳世 (ICU), 石塚浩之 (広島修道大), 歳岡冴香 (阪大), Carl Michael (CBS)
言語処理学会第23回年次大会(NLP2017) 2017年3月      2017年3月
藤田篤 (NICT), 山田優 (関大)
言語処理学会第23回年次大会(NLP2017) 2017年3月      2017年3月
Michael Carl, Akiko Aizawa, Masaru Yamada
10th Language Resources and Evaluation Conference (LREC 2016)      2016年5月   [査読有り]
Michael Carl, Isabel Lacruz, Masaru Yamada, Akiko Aizawa
言語処理学会第22回年次大会(NLP2016)      2016年3月   [査読有り]
Isabel Lacruz, Michael Carl, Masaru Yamada, Akiko Aizawa
言語処理学会第22回年次大会(NLP2016)      2016年3月   [査読有り]
山田優, 立見みどり, 武田珂代子
言語処理学会第22回年次大会(NLP2016)      2016年3月   [査読有り]
Michael Carl, Isabel Lacruz, Masaru Yamada, Akiko Aizawa
言語処理学会第22回年次大会(NLP2016)      2016年3月   [査読有り]
山田 優
関西大学外国語学部(紀要)   (13) 107-128   2015年10月
「翻訳通訳リテラシー教育」の提案に向けて
武田珂代子, 山田優, 辛島デイヴィッド
通訳翻訳研究   (14) 1-14   2014年12月   [査読有り]
山田 優
翻訳研究の招待10号   51-64   2013年8月   [査読有り]
山田 優
翻訳研究への招待   (6) 1-14   2011年8月   [査読有り]
Applying ‘machine translation plus post-editing’ to a case of English-to-Japanese translation
山田 優
異文化コミュニケーション論集   (9) 97-114   2011年   [査読有り]
山田 優
通訳翻訳研究   (9) 159-176   2010年   [査読有り]
山田 優
Translation Project   (3) 63-74   2010年   [査読有り]
山田 優
翻訳研究への招待   (3) 133-144   2009年   [査読有り]
山田 優
翻訳研究への招待   (2) 121-132   2008年   [査読有り]
山田 優
通訳翻訳研究   (8) 191-207   2008年   [査読有り]
山田 優
翻訳研究への招待   57-68   2007年   [査読有り]
山田 優
修士論文      1999年   [査読有り]

Misc

 
山田 優, 藤田 篤, 影浦 峡
AAMT ジャーナル   (63) 36-40   2016年10月   [依頼有り]
山田 優
日本翻訳ジャーナル(JTFジャーナル)   (283) 26-27   2016年5月   [依頼有り]
立教SFR翻訳研究プロジェクト
   2013年3月   [依頼有り]
山田 優
AAMTジャーナル   (49)    2011年6月   [依頼有り]
山田 優
AAMTジャーナル   (48)    2010年12月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
翻訳通訳学の新地平
山田 優 (担当:分担執筆)
晃洋書房   2017年2月   
よくわかる翻訳通訳学
山田 優 (担当:分担執筆)
ミネルヴァ書房   2013年11月   
異文化コミュニケーション辞典
石井敏・久米昭元 (担当:分担執筆)
春風社   2013年1月   
翻訳理論の探求
アンソニー・ピム (担当:共訳)
2010年   
翻訳学入門
ジェレミー・マンデイ (担当:共訳)
みすず書房   2009年   
通訳学入門
フランツ・ポェヒハッカー (担当:共訳)
2008年   

講演・口頭発表等

 
How good is Google NMT for Pre- and Post-editing by student translators? [招待有り]
YAMADA, Masaru
Conference 2017 @ University of Portsmouth   2017年11月4日   
Multimodal Integration of Written and Spoken Translation Production [招待有り]
CARL, Michael, YAMADA, Masaru
4th International Conference on Cognitive Research on Translation and Interpreting   2017年11月1日   
「原文の歪曲」の謎:MNH-TT の校閲カテゴリ「X3」から見る学習者の訳出プロセスと学習効果
山田 優(関西大学)、大西菜奈美(関西大学M)、藤田 篤(情報通信研究機構)、 影浦 峽(東京大学)
日本通訳翻訳学会第18回年次大会   2017年9月9日   
Efficiency of English-to-Japanese Translation Dictation
Michael Carl 1, Isabel Lacruz2, Masaru Yamada3, Akiko Aizawa4
EST Conference 2016   2016年9月17日   
The cognitive load of self-revision during translation
Masaru Yamada1, Michael Carl2, Isabel Lacruz3
EST Conference 2016   2016年9月15日   
文理・産学を越えた翻訳関連研究:端緒䛾議論と今後䛾展望
山田優, 藤田篤, 影浦峡, 武田珂代子, 立見みどり
2016年9月10日   
国際関係における通訳翻訳の文化構築性と社会的役割:世界共通語としての翻訳
山田 優
日本国際文化学会:第15回全国大会   2016年7月17日   
Fansub in the Japanese university classroom: The emergence of translation norms through collaborative subtling
YAMADA, Masaru
The 2nd East Asian Translation Studies Conference (EATS2)   2016年7月9日   
ENJA15: a free corpus of English to Japanese Translation Process Data
Michael Carl, Akiko Aizawa, Masaru Yamada
Eighth Asia-Pacific Translation and Interpreting Forum (APTIF8)   2016年6月   
An Investigation into the Efficiency of Translation Dictation
YAMADA, Masaru; CARL, Michael
TAUS Executive Forum in Tokyo 2016   2016年4月19日   
Collaborative audio-visual translation in the Japanese classroom
山田 優
ATISA 2016   2016年4月2日   
CRITT TPR-DB(ENJA15)を用いた翻訳プロセス研究の暫定分析結果
山田 優
日本通訳翻訳学会関西支部第41回例会   2016年3月19日   
翻訳テクノロジー教育のe ラーニング化の提案
山田優、立見みどり
日本通訳翻訳学会 第16回年次大会   2015年9月12日   
同年6月に発表したベータ版のフィードバックを受けてコンテンツを改善し、正式版のリリースに至った。その改善内容と最終目標の発表。
翻訳通訳教育のオンライン教材化(e-learning化)に向けて
立見みどり・山田優
日本通訳翻訳学会第3回翻訳通訳テクノロジー研究プロジェクト会合   2015年6月13日   
User feedback: Rikkyo University
山田 優
Minna no Hon'yaku for Translation Training (MNHTT) trial users' workshop   2015年1月26日   
武田珂代子、山田優、辛島デイビッド
日本通訳翻訳学会第15回年次大会   2014年9月14日   
ローカリゼーションソフトの大学教育への活用〜Expense Recorder他を事例に〜
山田 優
日本通訳翻訳学会第2回翻訳通訳テクノロジー研究プロジェクト会合   2014年9月7日   
大学・大学院における実務翻訳教育の再考〜翻訳初心者に対する機械翻訳+ポストエディットの導入の試み〜
山田 優
日本通訳翻訳学会第14回年次大会   2013年9月5日   
Who can be a post-editor: An investigation into the possibili- ties for college students to be post-editors in machine trans- lation plus post-editing settings
山田 優
The 7th Congress of the European Society for Translation Studies, Germersheim, Germany.   2013年8月29日   
A pilot investigation on possibilities for novice translators to be post-editors in MT+PE settings
山田 優
TAUS Executive Forum in Tokyo   2013年4月11日   
機械翻訳を使った実務翻訳への挑戦: 日英翻訳におけるプリエディットとポストエディットの研究
立見みどり、山田 優
日本通訳翻訳学会第13回年次大会   2012年9月9日   
MT plus post-editing in an English-to-Japanese localization context: How useful can it be, compared to translation memory, and how does it change professional translators’ production style?
山田 優
TAUS Executive Forum in Tokyo   2012年4月19日   
機械翻訳は使えるのか- Post-editing の観点から検証する
山田 優
日本通訳翻訳学会   2010年9月   
中間訳出物を通してみる翻訳プロセスの一考察
山田 優
日本通訳翻訳学会   2009年9月   
Effect of the use of TM in localization industries on the translation products and process
山田 優
Graduate conference at Universitat Rovira I Virgili   2009年6月   
The Roles of Translators in Localization Industries
山田 優
FIT 国際翻訳家連盟   2008年8月   
Registerの観点から考察した翻訳メモリの有効性
山田 優
日本通訳翻訳学会   2007年   
ローカリゼーションにおける翻訳と翻訳理論研究
山田 優
日本通訳翻訳学会   2006年9月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
脳機能イメージングによる翻訳プロセスの解明
関西大学 若手研究者育成経費: 
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 山田 優
翻訳知のアーカイヴ化を利用した協調・学習促進型翻訳支援プラットフォームの構築
文部科学省研究補助金:基盤研究(A): 
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 影浦 峡
記者会見通訳の二言語並行コーパスの構築と応用研究
文部科学省研究補助金:基盤研究(B): 
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 松下 佳世
「大学における『翻訳通訳リテラシー』教育のコンテンツおよびデリバリー方法の研究
文部科学省科学研究費補助金: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 武田珂代子
「翻訳「革命」期における翻訳者養成の新たなコンテンツと方法に関する学際的研究」
立教大学学術推進特別重点資金: 立教SFR
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 武田珂代子
ローカリゼーション翻訳における翻訳メモリを使用した翻訳作業への有効性の研究
立教大学学術推進特別重点資金(個人研究): 
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 山田 優

その他

 
2015年10月   【翻訳】John Benjamins Handbook of Translation Studies
共同翻訳
2015年10月   【翻訳】John Benjamins Handbook of Translation Studies
ローカリゼーションと翻訳
2015年10月   【翻訳】John Benjamins Handbook of Translation Studies
コンピュータ支援翻訳
2014年11月   いまさら聞けない機械翻訳〜動作原理から上手な活用方まで〜
JTF翻訳祭(セッション4 パネルディスカッションE)
<パネリスト>
秋元 圭   AAMT機械翻訳課題調査委員会委員
内山 将夫  独立行政法人情報通信研究機構 主任研究員
山田 優  ㈱翻訳ラボ 代表、麗澤大学・青山学院大学ほか兼任講師
<モデレータ>
井佐原 均  豊橋技術科学大学教授、AAMT理事
2011年11月   HT, TM, MT+PEの比較検証〜学術的翻訳研究としての実務翻訳〜
JTF翻訳祭にて発表