山形方人

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/11 06:23
 
アバター
研究者氏名
山形方人
 
ヤマガタ マサヒト
eメール
yamagatmmcb.harvard.edu
URL
https://about.me/masahito.yamagata
所属
Harvard University
学位
理学博士(名古屋大学)
科研費研究者番号
00202375
Twitter ID
yamagtm3
ORCID ID
0000-0001-8193-2931

プロフィール

在米20年以上。日本国内だけで、長年にわたり求職しております。その研究は、神経科学の有力な教科書「カンデル神経科学」「Fundamental Neuroscience (Squire&Berg)」などでも紹介されています。

神経科学をバイオインダストリーに紹介し、神経科学関連産業を触発、育成することにも大きな関心があります。産学協同研究の実績あり。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141227/181436/

また教育など後進の育成、若手研究者を大切にして、多様な研究者を激励することにも熱心です。もちろん、英語による授業や指導もできます。

神経科学、神経発生
神経回路形成(網膜、網膜視蓋系)
細胞表面相互作用によるシナプス結合の決定因子と可視化ツール
細胞外マトリックスと細胞接着分子

総合ホームページ
https://about.me/masahito.yamagata

Google Scholar
https://scholar.google.com/citations?user=FMfzdX4AAAAJ&hl=ja

新しい学問領域を創生 「Biology5.0」
https://academist-cf.com/journal/?s=Biology+5.0

https://bsd.neuroinf.jp/wiki/コネクトーム
10.14931/bsd.7096

https://bsd.neuroinf.jp/wiki/ナノボディ
10.14931/bsd.7719

Yamagata M. (2017) Lamina-specific neuronal connections.
In: Reference module in Neuroscience and Biobehavioral Psychology (Elsevier).
In: Encyclopedia of Neuroscience (Squire LR (ed.)) Oxford, England, Academic Press. Volume. 5, pp. 299-305.
https://doi.org/10.1016/B978-0-12-809324-5.02636-5

Yamagata M. (2009) Synaptic adhesion molecule.
In: Encyclopedia of Neuroscience (Binder MD, Hirokawa N, Windhorst U (eds.)) Springer-Verlag, Berlin, Germany. pp. 3945-3948.
https://doi.org/10.1007/978-3-540-29678-2_5807

論文目録(英語・日本語)
https://drive.google.com/file/d/1Kje7ll0Br29NAny71WsWldGbT4_-eqKO/view?usp=sharing

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
 - 
現在
Harvard University
 
1998年
 - 
2004年
Washington University School of Medicine
 
1994年9月
 - 
1998年8月
基礎生物学研究所・岡崎国立共同研究機構 感覚情報研究部門(野田昌晴教授) 助手
 
1991年
 - 
1994年
Washington University School of Medicine Dept Anatomy and Neurobiology
 
1990年
 - 
1991年
愛知医科大学 分子医科学研究所(木全弘治教授) 助手
 
1988年
 - 
1990年
京都大学 理学部生物物理学科(竹市雅俊教授) 特別研究員(学振)
 

受賞

 
1996年
チバ・ガイギー科学振興財団 研究奨励金
 
1996年
上原記念生命科学財団 研究奨励金
 
1996年
住友財団 基礎科学研究助成金
 
1995年
病態代 研究会(山ノ内財団) 研究奨励金
 
1991年
東京生化学会 研究奨励金
 

論文

 
Wide-area all-optical neurophysiology in acute brain slices
The Journal of Neuroscience      2019年4月   [査読有り]
Oliver Skocek, Tobias Nöbauer, Lukas Weilguny, Francisca Mart{\'{\i}}nez Traub, Chuying Naomi Xia, Maxim I. Molodtsov, Abhinav Grama, Masahito Yamagata, Daniel Aharoni, David D. Cox, Peyman Golshani, Alipasha Vaziri
Nature Methods   15(6) 429   2018年6月   [査読有り]
Duan X, Krishnaswamy A, Laboulaye MA, Liu J, Peng YR, Yamagata M, Toma K, Sanes JR
Neuron      2018年9月   [査読有り]
Masahito Yamagata, Joshua R. Sanes
Proceedings of the National Academy of Sciences   115(9) 2126   2018年2月   [査読有り]
Yamagata M, Duan X, Sanes JR
Frontiers in Molecular Neuroscience      2018年   [査読有り]
Basu R, Duan X, Taylor MR, Martin EA, Muralidhar S, Wang Y, Gangi-Wellman L, Das SC, Yamagata M, West PJ, Sanes JR, Williams ME
Neuron      2018年5月   [査読有り]
The International journal of developmental biology      2017年   [査読有り]
Goodman KM, Yamagata M, Jin X, Mannepalli S, Katsamba PS, Ahlsén G, Sergeeva AP, Honig B, Sanes JR, Shapiro L, eLife, vol. 5
5    2016年9月   [査読有り]
Goodman KM, Yamagata M, Jin X, Mannepalli S, Katsamba PS, Ahlsén G, Sergeeva AP, Honig B, Sanes JR, Shapiro L, eLife, 2016, vol. 5, 2016
Kerry M Goodman, Masahito Yamagata, Xiangshu Jin, Seetha Mannepalli, Phinikoula S Katsamba, Göran Ahls{é}n, Alina P Sergeeva, Barry Honig, Joshua R Sanes, Lawrence Shapiro
eLife   5    2016年9月   [査読有り]
Maximilian Joesch, David Mankus, Masahito Yamagata, Ali Shahbazi, Richard Schalek, Adi Suissa-Peleg, Markus Meister, Jeff W Lichtman, Walter J Scheirer, Joshua R Sanes
eLife   5    2016年7月   [査読有り]
Rousso DL, Qiao M, Kagan RD, Yamagata M, Palmiter RD, Sanes JR, Cell reports, vol. 15, no. 9, pp. 1930-1944
15(9) 1930-1944   2016年5月   [査読有り]
Rousso DL, Qiao M, Kagan RD, Yamagata M, Palmiter RD, Sanes JR, Cell reports, 2016, vol. 15, no. 9, pp. 1930-1944
Martell JD, Yamagata M, Deerinck TJ, Phan S, Kwa CG, Ellisman MH, Sanes JR, Ting AY, Nature biotechnology
   2016年5月   [査読有り]
Martell JD, Yamagata M, Deerinck TJ, Phan S, Kwa CG, Ellisman MH, Sanes JR, Ting AY, Nature biotechnology, 2016
Poliak S, Norovich AL, Yamagata M, Sanes JR, Jessell TM, Cell, vol. 164, no. 3, pp. 512-525
164(3) 512-525   2016年1月   [査読有り]
Poliak S, Norovich AL, Yamagata M, Sanes JR, Jessell TM, Cell, 2016, vol. 164, no. 3, pp. 512-525
Joesch M, Mankus D, Yamagata M, Shahbazi A, Schalek R, Suissa-Peleg A, Meister M, Lichtman JW, Scheirer WJ, Sanes JR, eLife, vol. 5
5    2016年   [査読有り]
Joesch M, Mankus D, Yamagata M, Shahbazi A, Schalek R, Suissa-Peleg A, Meister M, Lichtman JW, Scheirer WJ, Sanes JR, eLife, 2016, vol. 5, 2016
Krishnaswamy A, Yamagata M, Duan X, Hong YK, Sanes JR, Nature, vol. 524, no. 7566, pp. 466-470
524(7566) 466-470   2015年8月   [査読有り]
Krishnaswamy A, Yamagata M, Duan X, Hong YK, Sanes JR, Nature, 2015, vol. 524, no. 7566, pp. 466-470
Yamagata M, Sanes J.R.
Frontiers in Molecular Neuroscience   (FEBRUARY 2012)    2012年   [査読有り]
Yamagata M, Sanes J.R.
Journal of Neuroscience   32(41) 14402-14414   2012年   [査読有り]
Kay J.N, de la Huerta I, Kim I.-J, Zhang Y, Yamagata M, Chu M.W, Meister M, Sanes J.R.
Journal of Neuroscience   31(21) 7753-7762   2011年   [査読有り]
Yamagata M, Sanes J.R.
Journal of Neuroscience   30(10) 3579-3588   2010年   [査読有り]
Yamagata M.
Encyclopedia of Neuroscience   299-305   2010年   [査読有り]
Hong Y.K, Yamagata M.
The Sticky Synapse: Cell Adhesion Molecules and Their Role in Synapse Formation and Maintenance   223-234   2009年   [査読有り]
Sanes J.R, Yamagata M.
Annual Review of Cell and Developmental Biology   25 161-195   2009年   [査読有り]
Kim I.-J, Zhang Y, Yamagata M, Meister M, Sanes J.R.
Nature   452(7186) 478-482   2008年   [査読有り]
Yamagata M, Sanes J.R.
Nature   451(7177) 465-469   2008年   [査読有り]
Yamagata M, Weiner J.A, Dulac C, Roth K.A, Sanes J.R.
Molecular and Cellular Neuroscience   33(3) 296-310   2006年   [査読有り]
Yamagata M, Sanes J.R.
Journal of Neuroscience   25(37) 8457-8467   2005年   [査読有り]
Yamagata M.
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   77(5) 431-435   2005年   [査読有り]
Yamagata M, Sanes J.R, Weiner J.A.
Current Opinion in Cell Biology   15(5) 621-632   2003年   [査読有り]
Yamagata M, Weiner J.A, Sanes J.R.
Cell   110(5) 649-660   2002年   [査読有り]
Yamagata M, Mai A, Pollerberg G.E, Noda M.
Development Growth and Differentiation   41(5) 575-587   1999年   [査読有り]
Sanes J.R, Yamagata M.
Current Opinion in Neurobiology   9(1) 79-87   1999年   [査読有り]
Yamagata M, Noda M.
Neuroscience Letters   249(1) 33-36   1998年   [査読有り]
Yamagata M.
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   9(SUPPL.)    1997年   [査読有り]
Leber S.M, Yamagata M, Sanes J.R.
Methods in Cell Biology   (51) 161-183   1996年   [査読有り]

Misc

 
山形方人
academist      2016年12月   [依頼有り]
山形方人
脳科学辞典(日本神経科学学会)      2016年6月   [査読有り][依頼有り]
コネクトームは、神経系のすべての神経細胞が接続することでできた神経回路の全体を意味する。本来は、ある動物個体、あるいはある動物種の神経系において、全神経細胞の接続の総体を意味する概念である。しかしながら、神経系の一部で神経細胞が化学シナプスや電気シナプスで接続された局所的な接続ダイアグラム(Wiring diagram)に言及する場合にも、しばしば使われる。更に、神経細胞レベルでの接続だけでなく、脳の大まかな領域同士が接続する様相の説明にも使われている。コネクトミクス(connectomi...
シナプス研究 分子から個体機能へ 網膜におけるシナプス特異性に関与する免疫グロブリンスーパーファミリーコード(An immunoglobulin superfamily code for synaptic specificity in retina)
山形 方人
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回 2S25-2   2008年11月
YAMAGATA Masahito
生化学   2S25-2   2008年
山形方人
生化学   77(5) 431-435   2005年5月

書籍等出版物

 
山形方人 (担当:分担執筆, 範囲:リバースト遺伝学によるプロテオグリカン機能の解明)
産業調査会 バイオテクノロジー情報センター   1992年1月   ISBN:4882825155
山形方人、木全弘治
丸善   1989年5月   ISBN:4621033700

講演・口頭発表等

 
谷口国際シンポジウム生物物理学 [招待有り]
山形方人
1996年3月14日   
第10回 基礎生物学研究所バイオサイエンストレーニングコース [招待有り]
山形方人
1995年12月11日   
第12回 慶應大学ニューロサイエンス研究会 [招待有り]
山形方人
1995年12月9日   
第22回 FCCAセミナー「糖鎖生物学と糖鎖工学のインターフェイス」 [招待有り]
山形方人
1994年12月12日