共同研究・競争的資金等の研究課題

2016年4月 - 2019年3月

正課教育とラーニング・コモンズにおける学習支援の連環を促す学習環境デザイン

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 岩崎 千晶
  • ,
  • 村上 正行
  • ,
  • 山田 嘉徳
  • ,
  • 山本 良太
  • ,
  • 竹中 喜一

課題番号
16K01143
配分額
(総額)
4,550,000円
(直接経費)
3,500,000円
(間接経費)
1,050,000円

「研究課題①正課と学習支援の連環によるディープラーニングを促すデザイン要件の提示」では、「ライティング支援の利用傾向分析」「初年次生のレポート分析」を行い、ライティング指導の観点・教材を提示した。「研究課題②多様なアクターが関わるラーニング・コモンズ(LC)における学びのプロセスモデルの提示」では「初年次学生の正課外学習」「LC/ライティングセンター活用」における学びのモデルを示した。「研究課題③学習支援を提供する組織における学生スタッフを含めた教職員を対象としたSD・FD研修プログラム・eラーニングの開発と評価」では、教育の質保証、授業設計等をテーマに研修をデザイン、評価をした。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-16K01143/16K01143seika.pdf